-PR-
解決済み

親鸞の言葉の意味

  • すぐに回答を!
  • 質問No.30784
  • 閲覧数173
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 32% (30/91)

1.善悪のふたつ総じてもって存知ざるなり  2.無ざんぎは名づけて人とせず蓄生とす
この二つの親鸞の言葉についてどういう意味がふくまれていると思いますか?おしえてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

歎異抄の中で参照されこう解釈がついています。

そのゆえは、如来の御こころによしとおぼしめすほどにしりとおしたらばこそ、よきをしりたるにてもあらめ、如来のあしとおぼしめすほどにしりとおしたらばこそ、あしさをしりたるにてもあらめど、煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろずのこと、みなもっ*641て、そらごとたわごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします。
補足コメント
mikimitsushi

お礼率 32% (30/91)

それは何条ですか??おしえてください。
投稿日時 - 2001-01-21 20:16:20
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

私の思い違いでなければ18条です。

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ