• ベストアンサー
  • 困ってます

「誇顔」の意味・用法は?

こんばんは、いつもお世話になっております。 漢検の勉強をしていたところ、どうしてもわからない単語が出てきてしまったので質問させていただきます。 「誇顔 (こがん)」 この言葉の意味と用法がどうしてもわかりません。 ネットのめぼしい国語辞書で検索してもヒットしませんでした。 「誇顔」とかいて「ほこりがお」と読む場合は「誇り顔」として「自慢そうな顔つき」という意味でヒットしましたが、「こがん」と読んだ場合も全く同じ意味なのでしょうか。 意味と用法がおわかりになる方、教えていただけると大変助かります。 よろしくお願いいたします。

noname#33457
noname#33457

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数237
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • garamond
  • ベストアンサー率53% (1119/2111)

誤用か造語のどちらかですから、無視してください。 お書きになったように「誇顔」は「ほこりがお」と読むものであり、音読の漢語ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 この読み仮名は漢検のオフィシャル問題集に載っていたものでした。 >誤用か造語のどちらかですから、無視してください。 ということなのですが、オフィシャルの書籍に載っていたものですので無視するのもいまいち納得しきれません。 ですのでこの本について問い合わせをした方がよいのかなぁと思いました。 誤用か造語のどちらかだとしても、大抵の場合誤用か造語ということで資料が存在するかとも思います。 もしご存じでしたら教えていただけるとありがたいです。 自分でもまた探してみます!

関連するQ&A

  • 同じ意味・用法

    いつもお世話になっています。中学生です。 国語が大の大の苦手です(>_<) このままではいけないと感じました。 「どこを探してもない」の「ない」と同じ意味・用法のものはどれか。 1,彼らは納得してくれない。 2,とうてい受け取れない。 3,信じられない。 4,俳句にかぎったことではない。 答えは4です。どうして4になるのでしょうか。ちなみに私は3にしてしまいました(泣 国語がすごく苦手で変な質問かもしれません。 すみません。よろしくお願いします。

  • 「欺瞞」の意味と用法

    岩波哲学小事典を持っているのですが、その中にも「欺瞞」という言葉の説明がありませんでした。 国語というより哲学的な直感・主観で良いので(平坦な言葉であれば助かりますが…)その用法、対義語をどなたか教えて下さい。 私は普段からよく侮辱的な意味合いはなく使っていなかったのですが、やはり「それは欺瞞だろ」というと侮辱されたように憤慨されてしまいます。 「それを勲章にする」とか「誇りにしている」の対義語だと思っていたのですが、違いますか?

  • 元々間違っていた用法なのに今では正しい?

    昔は間違いだったのに、今では正しいとされている言葉や用法についての質問です。 例えば、全然+肯定。 これは今では正しいとされているみたいですね? でもどうしても慣れません。聞くと違和感を感じます。 1.これはいつ頃正しいとされたのでしょうか?  辞書に載るのはやはり周りが使い始めてもう手遅れになり言葉の意味を正せなくなったからでしょうか? また、うざいという言葉も慣れません。 何かあるたびにこの言葉を使っている場面に遭遇します。 2.この言葉はそんなに便利なのでしょうか?  どんな意味合いで使っているのか知りたいです。もっとたくさんあるような気がします。  元々はどんなときに使っていたのでしょうか? 役不足という言葉は褒め言葉なのに、違う意味になっている時があるみたいです。 例えば、お笑いのネタで「お前なんか役不足だ!」といっていたり、これを言われた人が何故か怒り出したり…。年上に対してこの言葉を使うと怒られる可能性があるのでは? 3.何故こうなったのでしょうか?  上記の言葉と同様に、新たにマイナスの意味が加えられたのでしょうか? 4.最近国語辞典を購入していませんが、書店で販売されているものにもこの手の新しい言葉や用法が載っているのでしょうか?  他に新しい言葉、意味、用法が加えられたのであれば知りたいのですが…。 この話題に関して何か意見があれば挙げてください。 他の方はどう思っているのかが知りたいです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • garamond
  • ベストアンサー率53% (1119/2111)

#3です。 若干補足します。 「誇(り)顔」は「かこち顔」、「したり顔」、「人待(ち)顔」など同類です。 現代表記の本則は「人待ち顔」ですが、昔は「人待顔」と書きました。 これを「ひと【たいがん】」と読むでしょうか? http://www.google.co.jp/search?q=%90l%91%D2%8A%E7&lr=lang_ja&num=20&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 「時を得顔に」を「ときをとくがんに」と読むか「ときをえがおに」と読むかを考えてみれば、わかると思います。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E6%99%82%E3%82%92%E5%BE%97%E9%A1%94&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=13724113211400 現代表記の本則には、読み方の紛らわしさをなくすという利点があることは認めます。 ただ、そのルールに従って書かれたのではない過去の表記について、注意しないと誤読に導くおそれもあるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは、たくさんご回答くださりありがとうございました。 やはりわたしには難しすぎて十分に理解できませんでした。すみません。 また書き込みくださった内容を理解していく段階でわからないことが出てきたら別の質問をするかもしれませんので、そのときはよろしくご指導くださいませ。 ご回答ありがとうございました!

質問者からの補足

実は他の回答者様のご回答も含めまして、質問の趣旨が「いかに『こがん』という読み方が誤用ということを証明するか」の方に傾いてきてしまっていたので、先日漢字検定の事務所にメールにて問い合わせをいたしました。 もともとは質問すればきっとすぐにわかることだろうと思っていたのですが、皆様のご回答を拝見しましてより気になってしまったので、思い切って問い合わせをしてしまいました。 2週間ほどたって、ご親切にもちゃんと回答をいただきました。 それによりますと、講談社の「新大字典」という本に「こがん」と「ほこりがお」の両方の読みで載っているそうです。 意味は「自慢の顔色、したりがお、得意顔」となっているようです。 皆様、いろいろなご意見ありがとうございました。 大変勉強になることが多く、質問して本当によかったです。 この単語はきっと二度と忘れない単語になると思います。(笑) ありがとうございました。

  • 回答No.4

1 大修館の大漢和辞典によると「誇」で始まる熟語は33あって、ここに「誇顔」はありませんでした。このことは諸橋轍次を頂点とする漢学者達が「誇顔」を漢語とも和製漢語とも認めていないことを意味しませんか。この33語以外は”誤用か造語”の類としてよい、一つの”根拠”になりそうです。 2 “ネットのめぼしい”国語辞典には「誇顔」が収録されていないのを、ご自身で確認されています。このことは当該国語辞典の編集者が「誇顔」を標準語と認めていないことを意味しませんか。 3 “ネットのめぼしい”国語辞典には「誇り顔」が収録されているのを、ご自身で確認されています。このことは当該国語辞典の編集者が「誇り顔」を標準語と認めていることを意味しませんか。 4 「誇顔」の使用例があるとの指摘について 例えば辞書によっては見出し語の直下に「持(ち)主」と()付きで表記をしているものがあります。これは「持ち主」と書こうが「持主」と書こうが「もちぬし」と読むことを示していませんか。「持主」は「じしゅ」とでも読まないといけないのですか。同様に「持ち場」であれ「持場」であれ「もちば」であって「じじょう」や「じば」ではないでしょう。「誇り顔」と書こうが「誇顔」と書こうが「ほこりがお」と読んでいたのだと思います。また今日では発音の通りに記すのが基本ですから「誇り顔」に落ち着くのではないでしょうか。 5送り仮名を読むけど書かない慣習は珍しくなかったのではないでしょうか。今でも俳句の世界では多いです。「初笑ひ」と書いても「初笑」と書いても発音は「はつわらい」であって「しょしょう」ではありません。「誇顔」と書いても「ほこりがお」と読んでいたのだと思います。 6 4と5の理由だけでは水掛け論になってしまい、論より証拠で「誇顔=こがん」の使用例があるではないかとの主張を覆し難いですが、1、2の辞典の取り扱いに異議立てするのは大変そうです。1、2の事実は十分「誇顔=こがん」を拒否する根拠になると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは、ご回答ありがとうございます。 お礼が遅くなってしまったこと、お詫びいたします。 >“ネットのめぼしい”国語辞典には「誇顔」が収録されていないのを、ご自身で確認されています。このことは当該国語辞典の編集者が「誇顔」を標準語と認めていないことを意味しませんか。 いいえ、ただ記載漏れ、もしくは編集の段階で省かれた言葉なのかなと思うだけです。 また1につきましても「大修館の大漢和辞典」という本に書かれていないからといって存在しないとは言えないとわたしは思いました。 ですので、こちらで「その読み方聞いたことあるよ!」という回答を期待しました。 しかしあるものを証明するよりないものを証明するのは遙かに難しく、自分でも軽率な質問をしてしまったと反省しております。 その反面、ないならないで納得したかった自分もいます。 また、実は誇顔の読み方に「こがん」と記載されている本を見つけることができました。 一番最後の回答者様の補足欄においてその経緯と説明を書かせていただきましたので、よろしければご一読くださいませ。 大変勉強になりました! ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • garamond
  • ベストアンサー率53% (1119/2111)

#2さんの示された 「不夜城を誇顔の電気燈」は間違いなく「ほこりがほ」です。 「不夜城を」は「ほこりがお」の「誇り<誇る」の目的語です。 “不夜城を誇っているかのような顔をして”といった意味合いですね。 「不夜城を『コガン』の」では意味をなさないでしょう。 「誇顔に繰返せり」も同断です。 こういうことの分からなくなった人が“漢検のオフィシャル問題集”を作っているということが嘆かわしい現実です。 「月極」を「げつごく」、「借入金」を「しゃくにゅうきん」、「続柄」を「ぞくがら」(これは重箱読み) などと読むのと同じです。 戦後の送仮名の「本則」のため、昔の表記が読めなくなっているのです。 そのうち「差出人」を「さしゅつにん」と読むようになるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

こんにちは、お礼が遅くなり申し訳ありません。 わたしの勉強不足のようで、おっしゃっている説明がよく理解できませんでした。 これから勉強して理解していきたいと思います。 また、今回の質問に関しまして「こがん」と読む読み方が載っている本が見つかりました。 詳しくは一番新しい回答者様の補足欄にてご報告しておりますので、よろしければ一度目を通してみてくださいませ。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

明治時代の小説家、広津柳浪の「今戸心中 」の一節。 「大空は一片の雲も宿(とど)めないが黒味渡ッて廿四日の月は未だ上(のぼ)らず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身も冽(しま)る程である。不夜城を誇顔の電気燈にも、霜枯(しもがれ)三月の淋しさは免れず、大門から水道尻(すいどうじり)まで、茶屋の二階に甲走(かんばし)ッた声のさゞめきも聞こえぬ。」 http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/bungaku/imadosinjyuu.html ここでは、どちらかというと「こがん」と読むほうが語呂が良いですね。 大阪朝日新聞の紀行文(明治三十九[一九〇六]年十二月十一日)より。 方丈に入れば山僧出でゝ對面し、自ら百姓坊主と名乘りて、芋と寒竹との煮〆など馳走しつゝ、兩子大權現が申子に靈驗あるを説き、毎年二月の初午には、遠近の參詣人四五萬を下らず、十幾年間も連添へど子なかりし人の、此處に詣でゝより孕[はら]みたりとの禮状は山の如し、是れ見たまへとて數十通持出で、三井高福も權現の申子なりと云ふことを、誇顔に繰返せり、申子の祈祷料はと問へば、白米一升三合、蝋燭[ろふそく]十二本、米袋代六錢、郵便代六錢を為替にて送らるゝ よしと云ふ、いと廉價[れんか]なる申子かな、此の位にて三井ほどの金持になる子を生まば、好き商賣なりなど打笑ひつゝ暇を告げぬ。 http://www4.ocn.ne.jp/~primrose/meiji-kiji04-3.html ここでは「ほこりがお」でも「こがん」でも良さそうですね。 永井荷風訳の「菊花の歌」より。 誇顔(ほこりがほ)なる百合の花、冷(ひやゝか)に造りしやうなる椿の花束、 何(なん)となく恐しき罪の戯れいざなふを、 野にさく菊の花束は露持つ冷き風にゆらめきて、 蒸暑き夜宴(やえん)の都には因縁(ちなみ)なし。 (pdfファイル、29~30頁を参照) http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/guest/pdf/nagaikafu03.pdf 「ほこりがお」のルビがふられていますね。 いずれも、文脈からして「自慢げな顔(表情)」の意味のようですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 お礼が大変遅くなってしまい申し訳なく思っております。 自慢げな顔、というのはそのまま言葉からも推測して理解できますね☆ 実は今回の質問に関しまして、「こがん」と読むこともあるというちゃんとした資料が出てまいりました。 詳しくは一番新しい回答者様の補足欄にて説明いたしますので、ご一読いただければと存じます。 誇顔という単語は自分にとって全く聞いたことのない言葉でしたので、たくさんのこの言葉を含んだ文章、とても参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • いまさら訊けない「インスパイヤ」の用法。

    インスパイアとも言うようですが、この際不問に付します。 例の「のまネコ問題」以降「インスパイヤする」という文を良く見かけますが、これの用法が間違っている気がしてなりません。 例えば、 ・AがBをインスパイヤした。 というと、「AがBを盗作した」というような意味で使われていますが、これは言葉の使い方として正しいのでしょうか? inspireという単語を辞書で引くと「霊感を与える; (思想・感情を)吹込む」とあります。ですから、上の例文でいくと、「AがBを感化した」とか「BがAを元ネタにした」が正しい意味だと思うのですが。 「インスパイヤした/された」の正しい用法を教えてください。

  • てらいない とは?

    先日聞いて疑問に思いました。 てらう てらわず てらいもなく は理解できるのですが、 てらいない、という言葉は正しいのでしょうか? 文法として間違っていないのでしょうか? 辞書でひいても、てらう・てらいは出てきますが、 ”てらいない”という単語としては載っていませんでした。 グーグルで検索したところ、2000件位ヒットしましたが、 最近の用法として定着しているのでしょうか。

  • ドイツ語 Heiliges の読み方、用法

    ドイツ語で神聖ローマ帝国の”神聖な”にあたる単語 Heiliges ですが、日本語で近い発音としては『ハイリゲス』で宜しいのでしょうか。 また聖なるの意味でHeiliger(ハイリガー?ハイリゲル?)も よく使われるようですがどのような用法の違いがあるのでしょうか。 辞書で調べてもいまいち要領を得なかったもので 恐縮ですがご回答頂けると幸いです。

  • 「酒浸りときている」何の意味ですか?

    「彼は家で朝から酒浸りときている。あれじゃそのうち奥さんに愛想をつかされるよ」 1.「酒浸りときている」何の意味ですか?「きている」の辞書形は何ですか。固定用法ですか? 2.「愛想をつかされるよ」は固定の単語ですか?何の意味ですか? 教えてください。お願いします。

  • 「××に続く」の「続く」の用法について質問

    「××に続く」の「続く」という言葉には、「××に向かって続く」と「××の後に続く」という2通りの意味があると、以前見ました。 ある国文法の教科書で、「未然系とは、「ない、う、よう」等に続く形」と定義されてました。 質問1:この定義で使用されている「続く」の意味は、「××に向かって続く」ということであり、たとえば「走らない」という語であれば、「ない」を先頭として、それに向かって続くような形で「走ら」という単語が続くというイメージでしょうか? 質問2:「××に向かって続く」という用法においては、××が先頭ということでしょうか?

  • バニラの他の意味を教えていただけないでしょうか。

    バニラとは製菓材料のバニラの他にどんな意味合いで使われることが多いのでしょうか。 バニラビーンズを使ったレシピを探そうとバニラという言葉を使ったところ、アダルトな書籍ばかりにヒットしてしまいました。 辞書で調べましたが、製菓材料になる植物という意味と平凡な・つまらないという意味でしたが、他に意味があるのでしょうか。 うっかり使わない方が良い言葉なのでしょうか。 注意事項やバニラを使った単語や意味も教えて頂けると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • 「バリスト」「チンコロ」「腕ぶす」の意味

    以下の言葉の意味を教えてください。 「バリスト」 学生運動関係の言葉だと思われます。 「チンコロ」 たぶん密告する、チクるという意味の俗語、隠語だと思われますが.....。 「腕ぶす」 読み方及び意味、品詞。gooの国語辞書でヒットしなかったもので.....。

  • 「区節がない」という意味について、

    小説をよんでいたら、「顔も姿も崩壊してしまって区節がなくその不正確な声も輪郭も、もうとうてい覚えきれる物ではないと味けなかった。」と出てきたのですが、ここに出てくる「区節がない」という言葉の意味を知っている方おしえてください。私は辞書にものっていないので、「苦節」という単語を間違って表記したように思ったのですが違うのでしょうか。

  • 「〇○にひきかえ」の用法について

    私が「ひきかえ」と言われてすぐに思いつくのは「代金とひきかえにする」のように、「交換する」という意味の用法です。 しかし、よく考えると「妹にひきかえ、兄貴は…」のように「…とは違って」という意味の用法もあります。これについては大辞泉には載っておらず、大辞林に載っています。 ある外国人から質問されたことですが、その人が使用している日本語の問題集には、次の問題が載っているそうです。 問 次の会話に対する返事として、適切なものは1~3のどれか(正解は一つのみ) 会話:ケンさんの日本語の特訓の成果が出たわね。 返事: 1 そうだね、以前にも増して上手になったよね。 2 そうだね、以前に引き替え上手になったよね。 3 そうだね、以前につけても上手になったよね。 まず3は不適当だと思います。さらに正しいものがひとつしかなく、出題に間違いがないとすれば、1と2のいずれかが間違いということになります。 そこでお尋ねしたいのですが、この問題は作問時の検討不十分(この用法が載っていない辞書もある)で正解がふたつあると判断するべきなのでしょうか、それとも「以前に引き替え」は誤用なのでしょうか(「引き替え」という言葉で以前と比較するのは不適当なのでしょうか)。 我ながら「日本語に弱い日本人だ」と思わざるを得ませんが、恥を忍んでお尋ねしていますので、真摯なご回答をお願いします。

  • 言葉の意味から検索する

    言葉の意味から単語を検索する方法ご存知の方いらっしゃいませんか。 たとえば、「動き」という意味から 動作、所作、仕草、発動、始動・・・など、を検索する方法です。 「動き」程度の割と短い単語なら辞書等でもある程度望む単語に行き着く検索が可能ですが、 「生み出す」とか、「考え出す」とか、「歩き回る」などの2語が組み合わさった単語は辞書で調べても短い単語を見つけることができません。 どうしたらいいか教えてくださいor皆さんは動詞等を短い単語にするときどうしていますか。

専門家に質問してみよう