• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

連帯保証人と自己破産、相続放棄について教えてください

過去の質問を見ても今ひとつはっきりしないので質問します。 1、連帯保証人は、債権者(銀行)から代位弁済を迫られたときには自己破産が認められれば連帯保証人の義務を免除されますか? 2、親の遺産の相続権を放棄することにより、子供は連帯保証人の相続も放棄できますか?もし出来るのならどの範囲(相続権のある甥、姪など)の人が放棄の手続きをしなければならないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2627
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

>お答えの中の ”他に連帯保証人がいれば、連帯保証人間で負担部分の求償権が発生しますので、ご注意を(民法464条)”と言うのはどんなことでしょうか? 追加の質問の件ですが、多くの場合、連帯保証人は複数人います。分かりやすく具体例を上げます。主債務者が100万円の債務を抱えていて、連帯保証人が2人いたとします。債権者が連帯保証人の1人に100万円の債務のうち80万円を支払えと請求してきたとします。保証人と違って、催告の抗弁、検索の抗弁が主張できません。(454条)支払わされたとします。本来、金借りた張本人たる債務者が全額100万円払うべきですから、連帯保証人が支払った80万円も主債務者に請求できるのですが、多くの場合、主債務者が債務不履行に陥っているので、主債務者は払ってくれません。これを予測して、債権者は連帯保証人を立てているのですが・・・そこで、連帯保証人は主債務者のケツを拭くべく、債務を負担しなければならないのですが、払った人が80万円負担するのではなく、連帯保証人が2人いるのだから、自分の負担する額を覚悟している100万円÷2人の50万円を越えて支払った30万円についてはもう一人の連帯保証人に請求できるということです。そして、この30万円を逃れるためには自己破産の上、免責をうけてないと、免れないということを言いたかったのです。 蛇足ですが、連帯保証人ではなく連帯債務者であったなら3人が債務者(上で主債務者と連帯保証人2人)で、上記の主債務者にあたる連帯債務者の一人が履行不能な場合で、一人が80万円支払った場合、もう一人に40万円請求できることになります。 短い文章で説明しようとすると難しいものです。分かりにくい答えで申し訳ございませんでした。ついつい民法の論文試験と同様の書き方をしてしまって、専門用語で説明するのは良くなかったです。 別の方への質問ですが、ついでに答えておきます。 >”債務を相続したくないのであれば、今度は、兄弟、甥、姪が相続放棄をしなければなりません”と言うのは何親等まででしょうか? 相続で傍系は代襲の代襲はできません。(887条3項、889条2項)つまり、自分が死んで、自分に子や親が無く、もしくは相続放棄がなされていて、自分に兄弟がいて、兄弟が相続することになったとします。しかし、その兄弟も死んでいた場合は、兄弟の子、つまり甥か姪が相続することになります。さらに、甥や姪まで死んでいた時は甥や姪の子まで相続が代襲されるかというと、この代襲相続はされないということです。 直系の卑属であれば、自分が死んだときに、子や孫が先に死んでいても、孫の子に代襲の代襲相続されるのですが。(887条1項)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とてもよく分りました。疑問点が晴れてすっきりしました。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • ★自己破産(連帯保証人)/車のローンについて

    (法律と実情について教えてください) 『自己破産前の車のローンの連帯保証人になれるかどうかと、 それに伴っての自己破産時とその後の影響について』 (前書き) ★要介護の高齢の父が経営者の個人会社(家業)の返済において、銀行が数千万借入を一括返済を求めてきたため、今月か来月早々に銀行から保証協会へ代位弁済として債権が移りそうです。 今後、事業は廃業するか母と兄が保証協会へ毎月細々返していくことになると思うのですが、困った事は、(諸事業は省きますが)今回その事業融資に第三者の個人連帯保証人として次男の私がその個人連帯保証人として銀行に名義を取られております。保証協会からの代位弁済後は個人ではあまりに連帯保証債務の金額が大きいため、将来の為、悔しいですが自己破産の手続きを2~3ヶ月後に取ることになると思うのですが、、、そこで今後、父も高齢のため、どうしても病院の送迎など車が必要になってきます。 そこで、 現段階の自己破産前または自己破産時申請において、車のディーラーローンの連帯保証人の欄の記載と影響について教えてください。もしかして半年先でも自己破産を検討しなければいけなくなる場合、今の私が、いま車ローンの連帯保証人になっていいのかどうか。 今後、車が必要で、、 (1)母が主債務者でローン組み(高齢65~66歳)で新規、車のローンを今考えています。年齢的にギリギリですが、ディーラーローンの申込はできるかも知れないとこういった掲示板で知りました。 そこで車のローン申込用紙の連帯保証人(もしくは保証人)の欄なのですが私は連帯保証人(もしくは保証人)になってもいいのでしょうか? おそらく、まだギリギリ代位弁済させる前の今の私でしたら今(今日明日)の段階で連帯保証人につけばローンは通ると思います。しかし、この上記の事業性融資の保証協会へ代位弁済がされたらもう車のローンであれ、なんであれ 私は連帯保証人として通らないと思われます。(代位弁済まで後1ヶ月)この間にローンを通すなら、通さないといけないと思われます。 (2)まだ確定ではありませんが、おそらく私は数ヶ月後に自己破産の決定をくださいなといけない場合、この車ローンの私の連帯保証債務は、自己破産時における債務として申請(申告)しないといけないのでしょうか?あくまで車のローンの主債務者は母で、私は連帯保証人としての立場です。車のローンの連帯保証債務を自己破産時に申告していなかった場合、もし万が一母が突然他界してしまった場合、今度はその債務が自己破産後の私にまた降り掛かり、もう7年以内の場合自己破産も免責できず、矢のような請求がくるのでしょうか?(車はとりあげられたとしても、、)もし母の他界後も私が毎月母の口座へ入金し返済していくか、もしくは他界時に車は一括返済すれば、途中で車はとりあげられませんか? 自己破産時における連帯保証債務の消滅についておしえてください。 (3)田舎なため、どうしても病院の送迎など、この先10年~15年はやはり車の必要性があり、高齢ですが母名義で車のローンを通せる最後の機会になります。私自身が今、車のローンを組んでも、自己破産で没収されると思いますので。。 車のローン(母が主債務者+自己破産前の今の私が連帯保証人)の今でしたらローン通せると思いますが、、数ヶ月後に控えた自己破産時における問題が心配です。 ★数ヶ月後もしかしたらもしかして自己破産しないと決断した場合の今の私が、そもそも車の連帯保証人になってもいいかどうか、、 (ローン会社からすれば主債務者が払っている以上は、途中連帯保証人が自己破産しても影響はないと考えていいのでしょうか?毎月払っている状況でも、すぐ代わりの連帯保証人をもとめてきますか??) ★自己破産申請時にその車の連帯保証人としての債務も自己破産の裁判時、申告の必要があるのかないのか。。申告すればその車の連帯保証債務も外れると思います。あっていますか?(私が主債務ではなく、主債務者名義は母で、私と母で車の支払いはしていく予定です) そのあたりの影響お分かりの方、アドバイスいただけませんか?? 長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

  • 連帯保証と相続

    債務者である兄が2年前に自己破産し、連帯保証人である父は5年前に他界し、その相続人である私に債権者から先月、支払請求がきました。 自己破産時に兄から、父が連帯保証人であることは知らされていませんでした。 私としては、兄の身勝手さから、感情としては、一銭も支払いたくありません。 第一回口頭弁論日も間近です。 そこで質問です 1.私の答弁書によって、債権者から直接兄へ請求はできないものでしょうか。 2.自己破産している兄の分の連帯保証の相続は、どうなるのか。  自己破産している為、消滅するのか、免除される兄の分は、私達に上乗せさ れるのか。 3.今回の場合、私は今からでも相続放棄が出来るのか。 4.もし相続放棄できたとして、その後債権者から取立ては無いのか。  (相続放棄を無効として、再度債権者から取り立てがあることもある。と、何かで見ましたが) 切羽詰っております。どうぞよろしくお願い致します。

  • 連帯保証と自己破産について

    大変困っております。よいお知恵があればお願いいたします。  状況を説明しますと、伯父が経営する会社Aの銀行借入4000万円の連帯保証人に私の父がなっておりました。父が病気で亡くなって、母と私を含めた兄弟3人は父の財産を相続しました(資産の中に必要なものがあったため相続放棄はあえてしませんでした)。会社Aは経営が立ち行かなくなり、債務の返済が滞ったため銀行は信用保証協会(県)に請求して、保証協会が代位弁済しました。それ以来、保証協会からは、毎年残高の通知がきますが、元の債務者に対して非常にあまい取立て(はっきりって取り立ててないような状況、つまり他の取立てのきついところから返していいよ的なこともいっているようです)をし、また我々に対しては年一回の残高通知しか送ってこず返済しろともなんともいってきません。  連帯保証も相続で引き継いでいる(法定相続分)ことは分かるのですが、そこで質問です。(1)あくまで立場は連帯保証人なので、自己破産はできないのでしょうか?(2)また、保証協会の返済は債権額のカット、遅延損害金の免除など、どの程度融通がきくのでしょうか?  以上、よろしく願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

何名の方の回答と、それに対するあなたの意見があるので、それを前提として答えたいと思います。 1 連帯保証人は、主債務者(借りた本人)が債権者(銀行)に対して支払えなくなると、連帯保証人という立場で、本人に支払能力があるか否かにかかわらず払わなくてはなりません。   自己破産の申立ては、申立人本人が支払不能である場合に申し立てることができます。この支払不能とは、必ずしも申立人自身の債務でなくても良く、他人の保証債務でも構いません。自己破産申立後の手続きは、おおむね次のとおりです。(申立人に財産がほとんど無い場合)  破産申立→裁判官による申立人審問→破産宣告・同時廃止決定→免責申立て→免責に関する破産者審尋→免責決定→免責決定確定(免責決定の官報公告から2週間の経過)   免責決定が確定することにより、免責申立時に裁判所に提出した債権者一覧表に記載した債権者に対する債務の支払いを免れることができます。  (つまり、保証債務があるということで、債権者一覧表に記載する必要があるということ) 2 相続放棄とは、親が死亡してから3か月以内に親の死亡時の住所地の家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出して行います。つまり、親の死亡後でないと相続放棄はできません。   相続放棄をすると、その者は当初から相続人とならなったものとみなされますから、被相続人(親)の債務を相続しないだけでなく、親の財産も相続しないことになります。   相続人の順位は、第1順位として被相続人の配偶者と子であり、それらの者全員が相続放棄した場合には、第2順位として被相続人の親(自分からみて親の親つまり祖父母)が相続人となり、また第2順位の者も相続放棄すると第3順位として被相続人の兄弟姉妹が相続人となります。ただし、兄弟姉妹が被相続人よりも先に死亡していた場合には、その子供が死亡した者に代わって相続することになります。(代襲相続といいます。)   この第3順位の者も相続放棄すると、これで相続は終わりです。これ以上は、相続する者がいなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

連帯保証の相続は通常相続の順位と同じと考えて良いわけですね。第一順位が放棄ー>第二順位が放棄ー>第三順位となると甥や姪がオジの連帯保証を、知らない内に相続していて突然債権者から連帯保証の弁済を請求されると言うような悲劇も起きうると言うことですね。とてもはっきりしました。ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • chakuro
  • ベストアンサー率65% (157/239)

1について、「自己破産が認められれば・・」の自己破産が、「連帯保証人について」の自己破産であれば、#1の1の回答のとおりです。  「主債務者の」自己破産については、破産宣告も、免責決定も、主債務者についての判断に過ぎないので、連帯債務者については債務の支払義務が免除されません。つまり、主債務者だけが破産して免責決定を得た場合、結果的に保証人に請求が集中することになります。  2について、「子供が親の保証人で、親が亡くなった」という場合は、相続放棄をしても、子供は相続開始前から保証人なのですから、連帯保証債務まで放棄できるわけではありません(#1,2の回答に同じ)。  「親が第三者の保証人で、亡くなった」というのであれば、相続放棄できる権利義務のなかには、連帯保証債務も含まれます。  この場合、兄弟や、片親がいるのであれば、その人たちもそれぞれ放棄しなければ、債務を相続してしまいます。仮に、当初(第一順位)の相続人が子供数人で、その者が全員相続放棄した場合は、被相続人の直系尊属(親など)も死んでいれば、被相続人の兄弟、場合によっては、甥、姪が次順位の相続人ですから、今度は、兄弟、甥、姪が債務を相続することになります。  ですので、債務を相続したくないのであれば、今度は、兄弟、甥、姪が相続放棄をしなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ”債務を相続したくないのであれば、今度は、兄弟、甥、姪が相続放棄をしなければなりません”と言うのは何親等まででしょうか?

  • 回答No.2

質問1については、MasaGasuさんのおっしゃる事が正しいです。自己破産の債務免除は自己破産したその当人の免責の場合に必要です。ただ、主債務者が健在で、連帯保証人が自己破産した場合、銀行はもともと主債務者に弁済を請求できる立場にあります。そして銀行は、人的担保が欠ける場合、連帯保証人が自己破産してなくても、資力を失った段階で、別の保証人を立てることを請求できます。(民法450条2項)このことからも、自己破産しなくても連帯保証の請求を銀行からされるおそれはなくなると思います。ただ、ちゃんと自己破産の免責決定を受けてないと、他に連帯保証人がいれば、連帯保証人間で負担部分の求償権が発生しますので、ご注意を(民法464条)。 質問2についてはMasaGasuさんの前提ではなくて、親が死亡して、親の連帯保証の債務を子どもが相続放棄できるかという前提の場合を想定して答えます。 継続的保証(信用保証や身元保証)の場合は非相続となります。(身元保証に関する法律にも条文はないですが、このように解されています。)具体的な損害が発生していれば別ですが。 しかし、被相続人が負っていた連帯保証債務は相続人に相続されます。よって、被相続人が死亡すれば、子どもが親の代わりに主債務者の連帯保証人になってしまいます。(保証額は持分権割りになります) そこで、被相続人が死亡すると、相続人は親の財産をしらべて、債務が財産よりも多ければ放棄した方が得となるので、3ヶ月間の猶予が家庭裁判所への申請によって可能となります。(限定承認、民法915条) よって、私の前提からすると、限定承認して放棄の手続きをしないと、単純承認したとみなされてしまうので、放棄の手続きをしなければなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 お答えの中の ”他に連帯保証人がいれば、連帯保証人間で負担部分の求償権が発生しますので、ご注意を(民法464条)”と言うのはどんなことでしょうか?

  • 回答No.1

1、について   そもそも自己破産で債務が免除となるわけではなく、破産宣告後(破産終結後)に免責決定を得てその決定が確定して初めて免責となります。(但し、一部例外はあります)したがって、連帯保証人が上記の状態となれば義務が無くなることになります。 2、について   親が主債務者で子供が連帯保証人という前提ですが、親の主債務を相続したことによる債務と連帯保証債務は別ものです。したがって、親の相続人全員(連帯保証人である子供も含む)が相続放棄しても主債務の承継者がいなくなるだけで、結果的に連帯保証債務については全額連帯保証人である子供が負担することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお答えをありがとうございました。質問の仕方が悪かったようで訂正させてください。 親が第三者の連帯保証人になっている場合、妻子は相続権の放棄によりその連帯保証人の義務の相続も放棄できるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 連帯保証人であることを知った後の相続放棄について

    連帯保証人であることを知った後の相続放棄について 先週、突然父の連帯保証人である私と母のところへ督促状が届き、この状況をどうにかできないかいろいろ調べております。どうか皆さんの知恵をお貸しください。 家族構成  ・父、母、兄、姉、私 今回の状況  ・10年ほど前 父が兄のローンの連帯保証人になった  ・ 6年ほど前 父が他界(母、兄、姉は遺産相続、私は無し)  ・ 2年ほど前 兄が自己破産  ・ 1週間前  兄のローンについて、私と母(多分姉のところも)に督促状?がきた 6年前の相続内容  ・土地、家(来月売却することが決定していて、来週登記を済ませる予定でした) 債権額  ・多分、姉と合計して1,000万ほどと思われます ネットでいろいろ検索してみましたが、同様案件がなかったため、今回質問させていただきました。 相続放棄は、被相続人が死亡したときから債務を知ったときから3ヶ月以内なら特例として認めてもらえる、という判例がある、というのを見たのですが、、、 質問内容  (1)私、母、姉はこれから相続放棄ができるのでしょうか。  (2)相続放棄ができた場合、6年前の相続分はどうやって放棄するのでしょうか。(売却してしまったとしても相続放棄できるのでしょうか) わかりづらい文章で申し訳ございませんが、ご指導よろしくお願いします。

  • 連帯保証人の自己破産について

    連帯保証人の自己破産について 自分で会社を経営している者です。 数年前に銀行から運転資金を借りる際に私の父親に連帯保証人になってもらいました。 しかし、その後父親は個人的にクレジット会社や信販会社からお金を借りて自宅を売り払っても 返済できないほどの借金を作ってしまい、今現在自己破産の準備をしています。 (それらの父親の借入に関しては私は一切、連帯保証人にはなっていません。) 父親は自己破産をするにあたり、自分が自己破産してしまうと債権者が私に返済を求めてきて、 私の会社に迷惑がかかるのではないか心配をして、なかなか自己破産に踏み切れないようです。 ?父親が実際に自己破産をした場合、私に法的な(父親の借金の)債務の返済義務などが発生する  ことはないのでしょうか。 ?父親が連帯保証人となっている銀行の借入について、事情を説明した上で父を連帯保証人から  外してもらえるように銀行に話をしているのですが、銀行は全く応じてくれません。  そのような銀行側の対応には問題はないのでしょうか。 どなたか教えて頂けますでしょうか。

  • 連帯保証人の相続人はやはり連帯保証人ですか

    父が連帯保証人になりました。2年前死亡しました。 父が連帯保証人になりました件で、債権者より支払いのことで相談されています。 自分自ら連帯保証人になったわけではないのですが、相続人としてなら 保証人に格下げとか、減免のような措置はないものなのでしょうか?

  • 自己破産者が連帯保証人になりましたが・・・?

    教えてください。 父(75歳)が亡くなって6ケ月経ちました。相続財産など無いと思っていましたので、相続放棄の手続きはしていませんでした。今日、私に金融機関からあなたに250万円の債務がありますと連絡がきて途方にくれています。 父は、7年前に知人(6年前に死亡)の年金担保融資の連帯保証人なっていたことがわかりました。しかし父はその2年前に自己破産をしています。知人の連帯保証人になるときに、金融機関が父の信用調査をしていれば、ブラック情報?はわかると思うのですが、なんで連帯保証人として通っているのか疑問です。そこで質問です。 1.自己破産者を連帯保証人として認めた融資を国民公庫がしていいのでしょうか?融資するしないは自由なのですか? 2.知人は6年前に死亡しています。父の生前に国民公庫から債務の請求はなかったようです。なんでいまごろ?という感じです。時効とかないのでしょうか? 以上よろしくご回答のほどお願いいたします。

  • 相続放棄後の連帯保証の扱いについて

    先日亡くなった父が、第3者(Aとします)の連帯保証人 になっていることが判りました。額は1000万程度です。 資産もありますので、全額返済するとトントンか+- 数百万程度ですが、Aと遺族は現在何の関わりもなく、 Aの人柄等も考慮すると、心情的にはAを救済したくない (1円も払いたくない)と思っています。 そこで相続放棄した場合、誰も相続人がいなければ遺産は 国庫に帰属し、債権者に分配されると思いますが、 連帯保証人になっている件の債権者にも、全額1000万支払 われてしまうのでしょうか。(遺産で賄えればですが) そうなると結局はAを救済するのと同じことになってしまう のでしょうか。 どうやっても主たる債務者だけが救われるような気がして 釈然としないものがあります。

  • 連帯保証人の死亡と自己破産について

    私の父親が今入院しており、医者からもう長くないといわれております。 このような状況になって母親から、私の父が親戚の住宅購入時に連帯保証人になっていると聞かされました。 その親戚は今までローン返済を滞りなく支払っていたみたいですが、最近返済できなくなってきているらしいのです。 このままでいくと当然、連帯保証人の父親に支払いの義務が生じてくるのですが、父親は近いうちに他界してしまいます。このような場合以下の点について教えていただけないでしょうか? 1.連帯保証人の相続は母親1人にくるのでしょうか?それとも私や兄弟にも相続されるのでしょうか? 2.もし母親1人に連帯保証人が相続された場合、母親が自己破産すれば連帯保証人は消えるのでしょうか? 3.仮に母親、兄弟全て相続放棄をした場合、私の子供(未成年)や姉妹の子供(未成年)、父親の兄弟や子供にも連帯保証人が相続されるのでしょうか? 以上です。母親には資産というものが無く、土地等全て父親名義です。母親は自分が自己破産すれば、誰にも迷惑がかからないからと言っているのですが、わかりません。 どうかご回答お願いします。

  • 連帯保証人の同意または放棄

    主たる債務者が契約書上の不備を発見。債権者に請求。債権者はその不備を認めず、連帯保証人に請求しない旨の同意、または請求の放棄を要求。連帯保証人のした、同意または放棄により主たる債務者の請求も出来なくなるのでしょうか?

  • 連帯保証人の相続放棄

    7年前、母が他界。 15年前母が義父の銀行系の連帯保証人になっていたみたいです。 元々義父と合わないので母が死んでからは一切義父と連絡を取っていませんでした。 その義父が先日、自己破産をしたみたいで、突然、銀行から、母の相続放棄をしていないのでその借財を払えと普通郵便で送ってきました。 この事実を知ってから3ヶ月以内に相続放棄手続きをすればいいこともわかってきました。しかし、本当にその封書が来るまで知らなかったことをどうやって証明するのでしょうか。(事実まったく知りませんでした) また、母の死亡時に保険金が3000万円下りています。 受け取り人は法定相続人になっていました。法定相続人は私と義父だけです。そのお金は全額、義父の口座に入り、私は義父から直接、現金で、車でも買ったらと300万円受け取りました。あとは一切受け取っていません。というかもらえませんでした。 この場合、300万円は相続した事になるのでしょうか。もし相続なら、相続放棄はできないと思います。 また、相続でなかったとしてもこのことは家庭裁判所に伝えるべきでしょうか。 私が相続放棄ができたとして、債権は次にどこに行くのでしょうか。 義父の兄弟あり。(義父の実子なし) 母の兄弟あり。(母の親は健在) 申し訳ありませんがよろしくお願いします。

  • 自己破産に対し連帯保証人がやらなくてはいけないこと

    ある人の連帯保証人になっています。 そのある人が数日後に自己破産するらしいのですが、それに対して私の財産も差し押さえられるのかどうか教えてください。 債権者が銀行の場合、預金が差し押さえられたりすると聞きました。積み立て式の生命保険がありますがそれも差し押さえられてしまうのでしょうか。教えてください。

  • 連帯保証人の地位相続

    連帯保証人の地位相続 亡くなった父が事業の借金をのこしました。 その借金について母は連帯保証人になっていて 返済義務を逃れなれないので、 母以外、私を含めた相続人全員が相続放棄しました。 現在、母に相続人兼連帯保証人として 債権者との減額交渉をやってもらっています。 仮定の話ですが、 今後もしも母がこの借金を返済しきれずに亡くなった場合、 相続時、私に連帯保証人の地位は継承されてしまいますか? 詳しいかたのお力を借りることができれば幸いです。

専門家に質問してみよう