• 締切
  • すぐに回答を!

SDS-PAGEによる選択曲線。

  • 質問No.305614
  • 閲覧数1859
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
たんぱく質の電気泳動の実験で、たんぱく質のゲル中の移動度と分子量の関係で、必ず「移動度と分子量の対数は直線関係になる。」と書いてありますが。しかし、自分の実験結果やホームページを見てみると、どう見てもプロット自体は双曲線のような形をしています。
近似線を求めるときに、必ず直線にしなければならないのですか?累乗関数ではいけないのですか?

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (10/40)

ゲルの濃度と分画可能な分子量の関係は確認されましたか?
  • 回答No.1
軸はちゃんと対数をとっいていますか?
対数でなければ、おっしゃるような形になります。

また、グラフがねてくる値は、分画可能な範囲ですか?

直線性がある=定量性があると言うことです。

その意味をもう一度よく考えればおわかりになると思います。
例えば分光光度計で、吸光度の直線性が落ちてくるような
値ではかると言うことはよいのでしょうか?
定量性と言う意味では同じですよね。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ