• 締切済み
  • すぐに回答を!

農生態系について。

生物学のほうでもしつもんしたんですけど、農学のほうからの意見もお伺いしたいと思いまして。。。 あの、人は農生態系のなかで他の種個体群とどのように関係しあっているか?また、人が21世紀を幸せに暮らすためには他の種個体群とどのような生物学的かんけいを保てばよいのでしょう。 レスおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数145
  • ありがとう数29

みんなの回答

  • 回答No.2

下記は、自然界の循環している仕組みを重視しているブログです。 http://blog.new-agriculture.net/blog/2010/05/001103.html 自然界の循環を促す働きが出来るのが、人です。これからはそのような働き・関係が重要だと思います。 また、最初の質問についてですが、農業の方法が異なれば、関係もかなり異なってくるのではないでしょうか。昔は水田で見られた鳥や虫、草花も、今は見られなくなってきていますし。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 農生態系について。

    人は農生態系の中で種個体群とどのように関係しあってるのでしょう. 農生態系って、農業生態系のことですよね。今はいろいろな農業方法の改善とかがおこなわれているようなのですが。いまいちよくわからないので、だれか教えてください。できればすぐに・・・

  • 生態学について

    ウィキペディアに 生態学は、生物にかかわる研究をするので、大方は生物学に属するものと考えられる。生物学では、その扱う対象に様々な階層がある。(核酸を含む)分子を扱う分子生物学、細胞を対象にする細胞生物学、(組織や個体そのものの意味での)生物体を対象とする生物学、個体群を対象とする研究、群集の研究、生態系や生物圏に体する研究などである。最後の3つ(あるいは4つ)がほぼ生態学の範囲にあたる。 生態学では、生物とそれをとりまく環境間の相互の関係に焦点を当て、生物について俯瞰的に説明を行おうとする。そのため、地質学・生化学・地理学・土壌学・物理学・気象学などの他の学問分野とも深い関連をもち、綜合的な(=非還元主義的な)科学であるとされる。 とあったんですがこれってあってますか?

  • 生物多様性と生態系の関係

    生物多様性を守るためには、各地域の生態系を守る事が大切といいますが、具体的にはどういうことなんでしょうか?  その地域にしかすまない種がいるからですかねぇ・・・。

  • 回答No.1

 生態系は作用と反作用を有します。この意味で、自然の生態系とは独立した、「農生態系」:人為的につくった農業など作物をつくるうえで、つくられた生態系は、(この意味で良かったのですか?)当然、人間社会に作用、反作用をもちます。過去には生産量増加のための品種改良、肥料の開発、病害虫を防ぐための農薬の開発などがありますが、これによる増産の人間界の人口の増加→耕地の増加→作物のさらなる増産などが考えられます。  しかし、現在では、薬害による人間界への悪影響のため、無農薬栽培などがもてはやされています。さらに、DNAを転換した、特殊な作物がつくられています。これらが、どのように人間に作用し、それを人間が作物に対してどうするかが、今後の21世紀の課題でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 おかげでなんか疑問がとけました。 すっごく助かりました.

関連するQ&A

  • 概要紹介生態系とは・・・?

    ダーウィンの悪魔というドキュメンタリー映画を見る前にあらすじなどをネットで調べていた所、 『概要紹介生態系の宝庫で「ダーウィンの箱庭」と呼ばれたビクトリア湖は~(ここでは以下省略)』と書かれているあらすじを見付けました。 ですが『概要紹介生態系』というのがどういう意味かがよく分かりません。 なにか生物学特有の言葉なのでしょうか・・・? 何か知っている方、教えて下さい。 ※その他にダーウィンの悪夢の細かいあらすじを知っている人がいるのならその細かいあらすじも教えて下さい、お願いします。

  • 外来種が野生化、放っておけば新しい生態系、基準はい

    環境保護のために外来種の捕獲や殺処分などが行なわれていますが、これってどういった基準で行なわれているのですか?というのも外来種の野生化なんて昔っから起こってきたことですよね。江戸時代、明治時代、それ以前などにも多くの動物が日本に渡って来て今では野生で暮らしていたりします。 極端な話では、日本人も元々はユーラシア大陸から渡ってきた外来種であり、ユーラシア大陸に住む人類もアフリカから来た、みたいな話で生物の生息域は常に変化し続けるものだということで、現在その地域の生態系の頂点にいる生物でも元々は他の地域に居たものだったりします。 じゃあ、ペットとして何でもかんでも輸入して、その辺に捨てていいのかといえば、そりゃ危険生物もいるでしょうし、ダメでしょうというのは分かります。 では、どの時代のどの生態系を基準に外来種選定したり捕獲や殺処分などが行なわれているのですか?

  • 外来生物と遺伝的多様性

    外来生物が持ち込まれ個体数が増えた場合、「遺伝的多様性の保護」の点から見て生態系に従来から生息する生物にどのような問題が生じる可能性があるのでしょうか?

  • エントロピー論的化学反応式

    生態系または生物個体における糖分の燃焼に対するエントロピー論的化学反応式はどのようにかくのですか?

  • 生物の撹乱についての問題

    撹乱とは「生物個体群を死滅させるか大打撃を与えて、その個体群が利用していたニッチが開き、そのニッチを他の生物が利用できるようになる働きという定義が問題文で与えられていて (1)非生物的な撹乱を挙げよ。 (2)撹乱がない場合に、その空間における生物多様性はどのようになるか? とういうもんだいが与えられています。 (1)は内分泌撹乱物質のような性ホルモンの働きを撹乱することで生殖器の異常⇒交配できずに個体数低下ということを述べればいいのでしょうか?あと、「非生物的でない(生物的な)撹乱」はどのようなものをいうのでしょうか? (2)は分りません よおろしくおねがいします

  • 何故、多様でなければいけないのか 生物多様性につい

    生物多様性について教えてください。 生物多様性とは、「種の多様性」「遺伝子の多様性」「生態系の多様性」と解説されています。 ここで、何故、多様(多く)でなければいけないのか分かりません。 1.「種」が多様でなければいけない理由(良さ)   多様であるが故の不合理(悪さ)など 2.「遺伝子」が多様でなければいけない理由(良さ)   多様であるが故の不合理(悪さ)など 3.「生態系」が多様でなければいけない理由(良さ)   多様であるが故の不合理(悪さ)など 宜しくお願いします。

  • 回答お願いします

    1 平衡状態にある生態系では、生態的ピラミッドはきれいな形をとるが、構成種類は少ない 2 生態系における生産者の全体としての生物量は、消費者の全体としての生物量とほぼ等しい 3 長い間、大気中の酸素や二酸化炭素の量がほぼ一定に保たれてきたのは、地球生態系の平衡が保たれていたから どの文が正しいのかと、他の文章を正しく訂正お願いします。

  • longitudinallyとlatitudinallyの意味

    <質問>  生物学の論文で「(緯度方向・南北方向に)長く並んで分布・配置している個体群」という表現を英語で書きたいと考えています。この場合、何と言えば良いのでしょうか。 <背景> 緯度はlatitudeですが、「縦に」という副詞はlongitudinallyです。南北方向に並ぶ個体群は「横方向」ではなく「縦方向」に並ぶというイメージなので、the populations distributed longitudinallyという表現を用いて執筆をし(学術雑誌に論文投稿をし)ました。ここでpopulationとは個体群(群れ)を意味します。しかし、論文原稿を査読・チェックした審査員(恐らく欧米人)から、「populations distributed longitudinally」は「経度に沿って並ぶ個体群」を意味するのでは?という指摘があり、困惑しています。 latitudinallyが適切かlongitudinallyが適切か、ご教示下さい。

  • 「外来生物は是か非か」

    さっそく本題に入らせて頂きます。 高校から「外来生物は是か非か」という 討論会用の原稿を作ってこいという課題が出ました。 自分なりに考えてはみたものの、どうも文章がまとまらず、 こちらで質問させて頂いた次第です。 (段落ごとの改行だと読みづらくなってしまうので、短く区切って改行しました。) 原稿 ――――――――――――――――――――――― 外来生物は日本固有の生態系を破壊してしまいます。 とりわけ、日本は島国であり、閉ざされた環境下で固有の生態系を形成してきました。 その環境に、他の生物を捕食する一方、捕食圧を受けない外来生物が入り込むと、一気に繁殖し、生態系を破壊してしまう可能性があります。 日本の生態系は、「里山」などに見られるように、人間の生活に寄り添う形で保たれてきました。 外来生物によって生態系のバランスが壊されると、人間の生活も脅かすことになります。 さらに感染症の心配もあります。 アライグマによるアライグマ回虫や狂犬病の媒介や、その他の外来生物の輸入による新興感染症の侵入の可能性が問題となっています。 従来その地域では見られなかった病原菌や寄生虫が外来種とともに移入されると、人間や在来種に被害を与える場合があります。 以上のことから、外来生物は人間にとっても環境にとっても良くないと私は考えます。 しかし、現在施行されている外来生物法には問題点が多いと思います。  一つは、これは外来生物を自然界から排除するための法律で生かすことが想定されてないということです。 外来生物問題は人間が引き起こした問題です。 処分ではなく、生かす方法を盛り込むべきでしょう。 現在捕らえられた外来生物は餓死、撲殺、溺死などの手法で多くは殺処分されています。 これは動物愛護の観点からも問題です。 動物愛護法では、人の占有下にある動物(ほ乳類、鳥類、爬虫類)の虐待禁止を定めています。 また、ペットの場合はできる限り生存の機会を与えるように努めるとともに、やむを得ず殺処分しなければならない場合は「動物の処分に関する指針」に従うように定めています。 わなで捕獲された動物は、人の占有下に入ることから、動物愛護法が適用されるべきです。 また、これ以上無駄に命を奪うようなことをしないために、遺棄又は逸走によって生態系に影響を及ぼす恐れのある地域では、 不必要な繁殖を制限するための不妊措置や、マイクロチップによる個体識別の普及も合わせてする必要があると思います。 二つ目は、日本の生態系に定着している生物や、産業に影響を与える生物までもが特定外来生物となっていることです。 蜂をトマトやナスの受粉目的に使用している農業者などにこの法律は大きな影響を与えかねません。 証明書発行や免許制を取り入れ、これまでの産業を続けていくことができるようにすべきです。 ――――――――――――――――――――――― つたない文章で申し訳ありません。 「こういうことも根拠として盛り込んだほうがいいのでは」など 何でも構いませんので、皆様からアドバイス等々頂ければ幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 長文・乱文失礼致しました。 補足… 予想される、自分の意見に対する反対意見とそれに対する反論も考えなければならないのですが、 考えても良いものが思いつきません。 (「今までも種の絶滅と誕生を繰り返してきたのに何故こだわるのか。 在来種と外来種が交雑すればまた新しい種が生まれるのではないか。」 というようなものしか思いつきませんでした…。) これについてもアドバイス頂ければとても嬉しいです。

  • 早稲田大学 教育学部 生物学専修について

    よろしくおねがいします。 今まで明治大学の農学部 農学科をめざしていたのですが、7月の模試でA判定が出ました。 そこでもう少し上のランクも受けてみようと思い、早稲田の教育学部 生物学専修を考えてます。 そこで質問なんですが、 1、教育学部は忙しいと聞いたのですが、どの程度の忙しさなんでしょうか。   バイトやサークルをする余裕はありますか?   (ちなみに教員になるつもりはありません。) 2、生物学の中でも分子生物学などではなく、農学に特に興味があるのですが、   早稲田大学でも農学を専門的に学ぶことができるでしょうか? 3、キャンパス内の雰囲気など、どんなことでもいいので教えてください。

専門家に質問してみよう