• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

なぜIL-1とIL-6とTNF-αが主流なんですか?

はじめまして。 今、血液浄化(AFB)の勉強をしています。 炎症系のサイトカインはいっぱいありますが、なぜ生態適合性の指標ではIL-1、IL-6、TNF-α、あるいはIL-2が主流なのですか? これらに絞られる理由がよくわかりません。 また、生態適合性が良いと判断するのに一番あてになる検査はなんですか?IL-6だけで判断することは可能でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1438
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • unos1201
  • ベストアンサー率51% (1110/2159)

http://hobab.fc2web.com/sub4-cytokine.htm >IL-6は、IL-1により刺激された単核食細胞(単球/マクロファージ)、血管内皮細胞、線維芽細胞、ケラチノサイトなどから産生される。 >IL-6は、B細胞や形質細胞(プラズマ細胞)を増殖させ、IgG、IgM、IgAを産生させる(抗体産生増強)。 >IL-6は、T細胞の分化や活性化にも関与する。 >IL-6は、肝細胞に作用し、CRP、ハプトグロビンなどの急性期蛋白を誘導する。 >IL-6は、関節リウマチ患者の関節液中に、著明に増加している。 IL-6で判断することはB細胞や形質細胞の増殖(Ig産生)、肝細胞のCRP産生、発熱の様子を疑わせる以外にも免疫応答そのものの強弱をある程度しか反映しませんので、生態適合性の指標として総合判断する上で参考値の一つにしか使えません。免疫学の基礎を勉強すると、単独で動くものでなく、他のサイトカインとのバランスによるものであると理解できると思います。 >これらに絞られる理由 http://hobab.fc2web.com/sub4-TNF.htm#TNF-α >TNF-αは、細胞膜表面のTNF receptorに結合して、炎症を起こした細胞の細胞死(アポトーシス)を誘発し、炎症を収束させると考えられる。 >TNFレセプターは、INF-γで増加し、IL-1で減少する。 TNFを部分的に抜き出しましが、これに限らず、どういう作用があり、どこから産生され、どういう状況のときに増えたり減ったりするか、そのときに、他のサイトカインとの相互作用、バランスはどうなるかがある程度調べられるようになったのは、ここ20年程度です。まだまだ未知の部分が多く、その値がどういうときに何を反映しているのか、単独判断できるものは殆んど無いし、例えて言えば、海水中の微量元素、イオンを調べることにより、何がその原因か予測しているみたいなものです。いろんなことでサイトカインは増減するし、炎症などの進行の前期後期では変化するし、時間変動も、採取部位によっても意味合いが違うこともあるのです。 海水に近いといったのは、湾内で採取したものは外洋で採取したものと比較することにより、よりその湾内特殊な状況を推定できる可能性もあるわけで、関節液内の濃度によりサイトカインのIL-6が、著明に増加していれば、関節リューマチの診断を支持する指標になるなどです。 海水に例えたのは、体液、血液を含む、その中でのサイトカインが海水中の微量成分みたいなものですので、それだけに産生されるようなものは極微量でも診断価値があるし、より一般的なものはそれだけでは検査しただけになるのです。同時にいろいろなバランス、ターゲットを絞ったサンプルの採集、時間による変化なども必要なのです。全部調べるには、費用もサンプル量も膨大になるので、当たりをつけるために検討しているに過ぎません。 もっと細かく正確に数値化し、それで状態の反映が伴えば意味があるのですが、現状では、海水中の微量成分を比較しているみたいなものなのです。 詳しくは免疫学を勉強してみると、回答ではないものの見方が変わると思います。

参考URL:
http://hobab.fc2web.com/sub4-cytokine.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 参考にいたします。

関連するQ&A

  • レミケード(リウマチです)

    炎症発生原因物質(サイトカイン)は色々あるという事らしいのですが TNFαとインターロイキン1とインターロイキン6の数値がメインだから それを追えばいいらしいと聞きました。 どこの病院でもTNFαとインターロイキン1とインターロイキン6の数値を 検査してくれるのでしょうか TNFαが高い数値の場合と低い場合の数値とでは レミケードの効果に違いがあるのでしょうか? また、TNFαとインターロイキン1とインターロイキン6の結果により、どんな薬が向いているというのは、わかるのでしょうか?

  • 鉄欠乏性貧血が血小板増加につながる理由は?

    自分の子どもが小児膠原病です。検査データの読み方やそのデータが引き起こされる理由など、自分なりに勉強していますが、今、どうしてもわからないのが鉄欠乏性貧血がなぜ血小板増加につながるかということです。 血小板増加について自分なりに調べてわかった部分は 1.膠原病で炎症状態が続くと、様々なサイトカインが分泌される。サイトカインのひとつであるIL-6は、骨髄に働きかけて血小板産生を促進させるので、慢性炎症の状態が続くと、血小板は増加する。 2.鉄欠乏性貧血があると、血小板は増加傾向になる。ウチの子が鉄欠乏性貧血を引き起こす理由(の可能性)としては (1)炎症が強くなると、血液中の鉄分がリンパ球系に取り込まれて減る。 (2)非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)やステロイドの副作用で胃潰瘍など消化管の出血があると、出血による鉄欠乏性貧血となる。 (3)偏食が強いと、食べ物からの鉄分の摂取が不足することがある。 (4)生理のある年齢だと、生理による出血が鉄欠乏性貧血の原因のこともある。 (5)成長期の子どもで1年に5~10cmも身長が伸びるような場合、体の中を巡る血液も急に増えるが、これに対して赤血球の増産が追いつかなくて貧血になる。(ウチの子の病気だと、慢性的な炎症やステロイドのため低身長のことが多いので、このケースは少ない) この2.について、鉄欠乏性貧血を引き起こす理由までは納得できましたが「ではなぜ鉄欠乏性貧血があると血小板が増えるのか?」がどうしてもわかりません。どうぞよろしくご教授ください。

  • 炎症、マクロファージについて詳しい方!!

    慢性炎症、マクロファージについていくつか疑問があります まず慢性炎症時においてマクロファージとTリンパ球が相互に刺激しあって炎症を継続させています。この慢性炎症に対してステロイドを投与するとマクロファージが分泌するサイトカインTNF-α,IL-1を抑制します。これはあくまで抑制なので、ステロイドの量を増やしたりしても慢性炎症は完全には消えないと思っているのですかどうでしょう? また慢性炎症においてステロイドを投与し、さらに炎症の原因を取り除いたときに炎症の活動性はかなり低下するでしょう。 しかし慢性炎症の場合、発火・腫脹が収まるには相当な時間を要するはずです。 これは炎症の原因が取り除かれていてもしばらくTリンパ球との相互作用が続いているためだと思うのですが、この一見必要ない炎症はどの程度続くものなのでしょうか? また慢性炎症はマクロファージが病巣から消失して初めて完治となるのでしょうか?それならばTリンパ球との相互作用が終了しても、病巣からマクロファージが死滅するまでは刺激を与えてはならないのでしょうか? 最後に慢性炎症病巣におけるマクロファージの寿命を教えてください。在住型マクロファージの場合は数ヶ月となっていますが具体的にはどの程度なのでしょう?

  • リウマチの治療

    リウマチ5年目にしてこの4月から始めてMTXを使用しました。 MTXを4mg7週6mgを2週8mgを8週目です。←この間血液検査は良くならずです MTXの効き目が出るまでと最近処方されたブレドニンを5mg/日(2週間続け)その後ブレドニンorMTXどちらか効いているらしくCRPは1.6→0.5に低下 ブレドニンを4mgにしてこれからもっと減らし様子をみるという。 ゆっくりすぎるほどの治療の進み方だと思えるのですが こんなものなのでしょうか? もっと自分の体を徹底的に調べて、この薬がだめならこの薬というように 薬の量も最初からMAXを使用してほしいのです なかには 炎症発生原因物質(サイトカイン)は色々あってTNFαとインターロイキン1とインターロイキン6の数値がメインだから それを追えばいいと、TNFαとインターロイキン1とインターロイキン6の数値を 検査してくれるところもあるらしいです(どんな参考になるかは不明ですが...) 4年も通院しているのにmmp数値も最近検査しだしました。数値は400ぐらいです←これは非常に高いんでしょうか? ゆっくりやっている間にどんどん軟骨はダメージを受けています。 もっと色んな薬を前向き治療したいし、治験でもいいと思っています。 総合病院の一般内科(リウマチ認定医師)に通院していますが(そこがすごく混み合ってます。) やはり大学病院の専門科に通院したほうが良いのでしょうか? 現在通院している医師はとても良い先生ですので、“紹介状”がほしいなんて 言えません。 紹介状無しでリウマチ暦5年のものが大学病院へ行くのは、あまり良くないのでしょうか?

  • 妊娠前にどんな検査を受けたほうがいいでしょうか

    三十歳になったら、急に子供がいればいいなと思い始めました。妊娠についてはまったく知識がなくて、これから勉強しようとおもっております。年末頃妊娠しようと思いますが、妊娠までに何か受けたほうがいい検査とかがありませんか?旦那の血液はAB型ですが、私はO型ですので、血液不適合の可能性があるので、検査を受けたほうがいいかな。 すみませんが、何もわからず、ぜひ教えてください、

  • 炎症時の白血球とCRPの反応の違いについて

    はじめまして。 炎症反応として血液検査で白血球が先に増えその後CRPが増加し、また逆に炎症が治まったときに白血球の方が先に元の値に戻ることがありますがどうして反応に差がでてしまうのでしょうか? アドバイス等いただけたら幸いです。 お願いします。

  • 母の姉が白血病の一種なんですが問題が

    私の母親(三女)の姉(長女)が白血病の一種なんですが、骨髄移植が必須である状態です。やらないと長くないです。そこで、私の母と次女が病院に行き血液検査をした所、適合しました。(55~60代です)。適合ドナーも1名います。しかし、母親、次女共に骨髄移植をやりたくないと言っています。理由としては、冷たいと思うかもしれませんが二人とも軽い神経痛などがあり、後遺症も気になっていて、できるなら避けたいと思っています。更に、 長女には娘と息子がいますが、娘は不適合、息子は検査にも行ってないようです。兄弟姉妹の方が適合率が高いようなんですが、普通は家族が血液検査(適合検査)を受けてから頼むのが筋だと思うんですが、どうなんでしょうか?私は息子が受けてない事や娘が携帯メールでお願いしてきた事、長女の夫からは一言も話が無い事等も含め誠意が無く反対しています。 それと1つ大きな問題がありまして、血液検査に行って結果が出ますよね。適合した場合、まず本人に結果を知らせて骨髄移植を「やるか」「やらないか」の選択を考えるのですが、長女が世話になっている病院の先生が長女とその家族の方に適合した事を最初に知らせてしまって、母と次女は断りずらい状況になってしまいました(長女との家の距離が離れている為、血液検査に行った病院は長女の病院とは別で、そこの先生は本人以外には結果を知らせないし法律で決まっていると聞いていました)。結果を本人より先に知らせた事に母と次女は怒り心頭でまいっています。 こういった経験や骨髄移植された方はぜひアドバイスを欲しいです。お願いします。

  • インフルエンザと血液検査

    よろしくお願いします。中学生の息子が発熱し,昨日インフルエンザ検査を受けましたが陰性でした。まだ早かったかもしれません。それから熱が上がり症状が辛そうになってきたので、今日も検査をしたらまた陰性でした。そこで血液検査をしたら炎症反応が高いのに、白血球の数値は正常なので、二度陰性だったけれどインフルエンザだろうとの事でリレンザを処方されました。 先生が仰るには、新型インフルエンザの検査(キット)は陽性と出ない事がよくある、陰性だからインフルエンザではないと言い切れない、だから血液検査で判断します。との事。どこもそうなんでしょうか?同じように陰性→血液検査→インフルエンザ判定された方がいたらお話聞かせて下さい。あまり関係ないかと思いますが、息子はアレルギー(喘息と鼻炎)体質です。よろしくお願いします。

  • 首のしこりの診断方法について

    実は最近首のしこり(左側に小指の先位のものが2つほど)ある事に気がつきました。怖くなってすぐに行きつけの内科に行き、先生が触診したあとに血液検査、尿検査を行い、「CRPもWBCも範囲内だし触っても痛がらないしほうっておいて大丈夫だよ」と言われました。つまり炎症もないし白血球数も正常だからOKとの事なのですが、私の考えすぎなのかもしれませんが、「悪性腫瘍などが血液検査の数値に現れた時ってもう手遅れなんじゃ?」などと考えてしまいます>< このような症状の場合の検査法として触診と血液検査、尿検査のみで判断出来るものなのでしょうか? その先生はもちろん信頼していますし、素人の私があれこれと考えても仕方ない事は分かっていますがどうしても不安で専門家の方のご意見を是非伺わせて頂きたく質問させて頂きました。大変お手数ですがどうか宜しくお願いいたします。

  • 出生前診断と羊水検査

    いつもこちらで勉強させていただいています。 血液採取のみで胎児の染色体異常が判断出来る 出生前診断が少し前に話題になりましたが、 羊水検査は認められているのに、この血液で判定できる出生前診断が なかなか進まないのはなぜですか? 簡単にできるから堕胎が増える懸念があるという理由からでしょうか? 命の選別という表現を使われる方もいらっしゃいますが、 もし、検査の結果によって堕胎を決断する妊婦さんがいても それは否定できないことだと私は思います。 (賛成しているわけではありません。 何が正しいのかわかりません。) 羊水検査ができる時期は、すでに胎動を感じ始める 時期ですので、検査の結果によって堕胎を決断した場合の 妊婦さんの身体と心に与える傷は 計り知れないものがあると思います。 一生背負っていかなければなりません。 羊水検査を認めているならば、なぜ血液による出生前診断も同様に 認められないのでしょうか? 胎動が感じられない時期だからと安易に考えるわけではなく 検査後の選択によって、母体の負担を考えると どうも納得ができません。 早く血液による出生前診断ができるようになってほしいです。 みなさんどう思われますか?