• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

知覚動詞について

先ほど質問して解決したので締め切ったのですが、解いていたら違う疑問が出てきたので質問します。 Harrison was last seen alive around 9:30 p.m.,so we think he was killed some time after that. という文で toが入っていないのって何故ですか? 第五文型でseeが知覚動詞なので受動態にすると間にtoが入るのではないんですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数104
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 1. このseeは知覚動詞と呼ばれ、能動態にすると、SVOCの第5文型になります。この例文を能動の文にしてみると Someone saw Harrison alive~ 「人はハリソンが生きているのを見た」 ここではHarrisonが目的語O、aliveが補語Cとなります。aliveは動詞ではなく「生きて」という意味の形容詞になります。 これを受動態にすると、目的語のHarrisonを主語にして、ご質問文のような例文になります。この時、aliveにtoがついて不定詞にならないのは、aliveが動詞ではないからです。 「不定詞」という言葉は「動詞の不定の形」=「動詞の原形」になります。動詞でない形容詞には、存在しない形です。 2. ちなみに、知覚動詞で、受身になるとto不定詞がつく原形不定詞の例を下記に記しておきます。 例: I saw him cross the street.「私は彼が通りを渡るのを見た」 He was seen to cross the street by me.「彼は通りを渡るのを、私に見られた」 ここでは、cross「渡る」という一般動詞なので、受身の場合to不定詞となるのです。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

to be aliveになぜしないのか?という質問ですね。 してもいいです。が答えです。しなくてもいいです。この場合。 でも推理小説などではあまり不定詞つきで seen to be dead(とかalive) などは使わず seen aliveとか seen deadということが多いです。 長すぎる言い方はこのまれないのでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!

  • 回答No.1

alive は「生きて(いる)」という意味の形容詞で,Both my parents are alive.「両親は存命しています」のように用います。  They last saw Harrison alive で 「彼らは,ハリソンが生きているのを最後に見た」という意味になります。  この受動態が Harrison was last seen alive です。  alive は動詞でなく,形容詞ですので,to がつくことも,消えることもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 知覚動詞の受動態の後に続くものは形容詞も可?

    以下の文章の構文が分かりません He was last seen alive around 9:30 p.m. (彼が生きているのを最後に見られたのは、午後の9時30分ごろだった) この文章は受動態ですが、これを能動態に直すと、 They see last him alive around 9:30p.m. になると思います。 ただ、動詞のseeは知覚動詞です。それで辞書で調べてみたのですが、see+O+原型動詞という形はあるのですが、aliveなどという形容詞を取る構文はありませんでした。 ではなぜ、was seenの後にaliveが来るのでしょうか?これが、 They see last him live around 9:30p.m. だったとして、受動態にして He was last seen to live around 9:30p.m. ならば分かるのですが・・・。 また、類似のものとして The old man was found dead in his house yesterday. という文章の構文ならわかります。 能動態にすれば、 They found the old man dead in his house yesterday. となって、何ら問題ありません。 このseeという知覚動詞のときに、(受動態のときに) 何故aliveという形容詞が来ることができるのか、が分かりません。 どうかその辺の所を教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 知覚動詞の受動態について

    知覚動詞seeの受動態はto+原形不定詞ですよね? なのにどうしてHe was seen shoplifting in the supermarket.という文があるのでしょうか? seen to shopliftでは成立しないのですか? 両者の違いはなんでしょう? 日本語訳にも微妙な違いが生まれますか? よろしくお願いします!!

  • 英ナビからの質問です。

    お世話になります。 英文法のナビゲーター(研究社、伊藤和夫著)上 p120の慶応大の問題です。 Harrison was last seen (alive, live, lively, living) around 9:30p.m., so we think he was killed some time after that. でカッコの中から適当なものを選べというものです。 答えは alive となっていますが、私はliving と思いますが、いかがでしょうか? ライトハウス英和辞典には、seeを5型動詞で使う場合、目的補語は原形動詞、現在分詞、過去分詞とあり、形容詞の用例はなかったからです。

  • 英語の知覚動詞のことです。

     よろしくお願いします。 次の三つのセンテンスを見て下さい。 (1)  A thief was seen to steal my car by me. (2)  A thief was seen stealing my car by me. (3)  A thief was seen steal my car by me. 私の考えとしましては、(1)が、正解だと思うのです。 知覚動詞ですから、動詞の原型か、もしくは、している最中なら、現在分詞を使うのは分かります。 しかし、受動態になった場合、過去分詞の後に、to 不定詞が来るのではないでしょうか。 知り合いのアメリカの方が、(2)番が、ナチュラルイングリッシュだと言い、(1)と(3)はおかしいと言いました。 日本語でいうところの、「泥棒は私に私の車を盗むのをみられた」って、英語ではどういうのでしょうか。  また、「泥棒は私に車を盗んでいるところを見られた」という、過去進行形のような英語表現はありますでしょうか。 どうぞ、どなたか・・教えて下さい。

  • 知覚動詞の受動態はなぜ to 挿入になるの?

    なぜ知覚動詞の受動態は、to 挿入になるのでしょうか?生成文法ではどういっていますか?また他の切り口から、to がはさまるのはどういう感じからそうしたくなるのでしょうか? -He felt a Bee sting him. -A bee was felt to sting him. -He felt an ant crawling on his arm. -An ant was felt crawling on his arm.

  • 知覚動詞の受動態についての疑問です。

    知覚動詞の受動態についての疑問です。 参考書(アルクの『キク英文法』p237)に、 We hear the Spanish language spoken.を受動態にしたら、 The Spanish language is heard spoken.になると書いてあったのですが、 私は、この文を受動態にしたら、 The Spanish language is heard to be spoken.になるのではないかと思うのです。 違いは"to be"のあるなしだけなのですが、これは省略されたと考えればいいのでしょうか?省略するのが通常の使い方なのでしょうか?それとも私は何か根本的に間違っているのでしょうか。受動態にする前の文で使われているのが原型不定詞なら受動態にしたときにto不定詞になることはわかっているのですが…。 以上、どなた様か教えてください。よろしくお願いします。

  • S+be+X+X について

    彼女は夜遅くハンドバッグを奪われた。(1語不要の並べ替え) She (of・was・stolen・handbag・robbed・her) late at night. 答→was robbed of her handbag Harrison was last seen (alive,live,lively,living) around 9:30 p.m.,so we think he was killed some time after that. 答→alive 二つの問題の答が上のそれぞれになる理由を教えてください。 今、S+be+X+Xを勉強していて上の二つはS+be p.p.+名詞(形容詞)の分類で、後にS+be p.p.+to 不定詞、S+be p.p.+分詞・・・と問題が続いているのですが、一番最初から突っかかってしましました↓

  • 知覚動詞と使役動詞の受身

    知覚動詞と使役動詞が入った文を受動態にすると原形不定詞だったところがto不定詞になりますよね。 なぜtoが入ってくるのか、知っていらっしゃる方がおられましたら、教えてください。 例)Katsuo made Wakame clean his room. ⇒ Wakame was made to clean his room by Katsuo. 『知覚動詞や使役動詞は不定詞の部分と同時に事が起こっているので、「未来を志向する」toはつかない。』ということは、他の方の質問で理解することができたのですが、受身になるとなぜ、toがつくのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 知覚動詞の受動態で分詞状態を繋げる?

    説明文や解説文などをなかなか見つけられないでいます。 1)Mary was seen playing the piano in her room yesterday. を習いました。  知覚動詞seeの受身was seenのときはto原型動詞 とも習いました。 なら2)Mary was seen to be playing the piano ~. となりませんか?ほんの少しだけ載っている本の欄には、『知覚動詞は分詞も取れる』という部分しかありませんでした。2)文は間違っていますか? 間違っているなら、  (1)知覚動詞が受身になると to 動詞原型  (2)「~しているのを」となるときには 分詞  で、受身形に繋げるのがルールであると覚えるべきでしょうか? ちゃんと勉強したいです。教えてください。   

  • 知覚動詞の受動態について

    重複してたらスミマセンが、疑問に思っていることの回答が見つからなかったので、質問させて頂きます。 知覚動詞の受動態なのですが、 (1)We saw him enter the room.→He was seen to enter the room. (2)We saw him entering the room.→He was seen entering the room. 上記は一応理解しています。 (3)We heard his name called→ His name was heard・・・・・・ 上記(3)のような過去分詞の場合はheardの後どのようになるのでしょうか? そもそもWe heard his name call.なのかWe heard his name callingなのか、 という部分も少し理解が乏しいので、どなたか詳しい方の解説をお願い致しますm(_ _)m