• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

エーテル、ヒッグス粒子、暗黒物質

  • 質問No.3035329
  • 閲覧数1368
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
エーテルとは、光を伝達するのに必要な物です。
ヒッグス粒子関連。

一方 暗黒物質は
光との相互作用を持たない粒子です。

さて、これらの意味がわかりにくいです。高校生以下にもわかるように解説をお願いできませんか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (508/1743)

音声が空気などの粗密波として伝達するように、空間には光を波として伝達する物質があるのでは?と仮説が出され、その仮想の伝達物質がエーテルですが。現在では、光速度の不変性の観測によって否定されています。

ヒッグス粒子は、質量を発生させる場のゲージ粒子として予想されていますが、未発見です。発見できたらノーベル賞確実でしょう。

暗黒物質(ダークマター)とは、恒星として「光っている」質量が、実際に存在するだろう質量よりはるかに少ないことから、その「見えない」質量に対して付けられた仮の名前であって、特定物質/粒子の名前ではありません。
「見えないけど質量を持つ」ものなら、なんでも候補です。ニュートリノの質量から、恒星にいたらなかった褐色矮星や。超対称性理論で予測される重力以外で相互作用しない粒子など、いろいろ候補が挙げられていますし。この問題において、これらはすべて「暗黒物質」です。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ