-PR-
解決済み

ブレーキの使い方

  • 困ってます
  • 質問No.302911
  • 閲覧数199
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

お礼率 38% (2172/5670)

普段はスクーターに乗っていますがバイクの免許を取ろうと思います。
しかし、スクーターのブレーキは自転車のブレーキと同じように右手と左手を
握ってブレーキをかけますがバイクは左はクラッチで右は前ブレーキで右足で後ろブレーキをかけると思いますが不安です。
友達の店の駐車場で少し運転させてもらいましたが原付の癖で両手だけでブレーキをかけてしまいます。右足はかけるのを忘れてしまいました。やはり、慣れていないと両手だけでブレーキかけてしまうのでしょうか?
その癖はどのくらいで抜けるのでしょうか?原付は5年くらいです。
みなさんはどのように克服しましたか?
通報する
  • 回答数10
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5

 自分はペーパーライダーを自認する者です。が、以前は結構熱中して乗ってたこともあり、お答えする気になりました。

 結論から言えば、教習所にいる内に右手・右足でのブレーキなどは体が勝手に覚えてしまうので、心配する必要はありません。

 2輪の場合、足を使わずに手だけでブレーキを掛けようとすると、前輪だけにブレーキが掛かることになります。いわば前のめりにつんのめった状態になってしまうので、車体が不安定になります。そうすると乗っているライダーはその不安定さを察知して恐怖を感じるので、おのずと安定感を保ちながらブレーキングできる、足でのブレーキに主に頼るようになるのです。

 スピードが上がるほど前輪ブレーキ、つまり手ブレーキを上手に使う必要が出てきますが、それまでは全然手ブレーキを使わずに、足ブレーキだけで済ましてしまう悪いクセがついてしまう初心者ライダーもいます。つまりそれほど足ブレーキは安心感のあるブレーキなのです。これは乗れば分かります。

 そういう訳で、教習所を卒業する段階になっても「ついつい足を忘れて手だけでブレーキを掛けちゃうんだ」というのはちょっと考えられません。大丈夫ですので、安心して免許を取ってください。

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.3

教習所に通ってるうちに
克服できます。

逆にでかいの乗るとゲンチャリ乗ったときに右しか
レバー引かなくなちゃいましたが。。

人間思ったより適用性ありますからがんばってください。


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 26% (99/371)

 そんなに気に病む必要はありませんよ。スクーターとバイクは、まったく違う乗り物であると思えば良いのです。

 第一、同じものであると思いこんでいるうちは、発進すらできませんから、ブレーキの心配も意味が無くなります。

 そんなことよりも、バランス感覚に伴ったクラッチの微妙な操作を身に付けるように努力しましょう(たとえばハンドルをガチンと当たるまで切る状態を左右交互に行い、半クラッチと適度なアクセルワーク、それにフットブレーキのチョイがけで、もちろん絶対に足は地面に付かず、車体を直立させたまま、ゆっくりと8の字旋回する練習。親切な教習所では、こんなこともやらせて貰えます)。そうしていくうちに、あなたの杞憂は、自然と消え去ることでしょう。

 一度憶えてしまえばこっちのもので、バイクでもスクーターでもチャリでも、何でも大丈夫になりますよ。まずは、初心者にとっては難しいとされる?クラッチワークを憶えることを目指して下さい。

 頑張って!
お礼コメント
winer

お礼率 38% (2172/5670)

ありがとうございました。
確かにまったくの別物だから怖がることないですね。
投稿日時 - 2002-07-13 23:20:53
  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 50% (20/40)

こんにちは。
私も原付から単車へ乗り換えたのですが、
やっぱり、初めてギヤつきに乗ったときは、
両手でレバーを握ってしいました。

でも、教習所にいったら、事細かく教えてくれますし、
そんなに心配することではないのかも知れません。

克服法ではないのですが、以前フロントブレーキが壊れた
時に、リアのペダルと、エンブレだけでバイク屋さんに
向かったことがありましたがめちゃめちゃ危険でした。

やはり、教習所で体に癖がつくまで教わるのが
一番いいのではないでしょうか。
お礼コメント
winer

お礼率 38% (2172/5670)

ありがとうございました。
確かに教習所でしっかり教えてもらうことですね。
投稿日時 - 2002-07-13 23:18:38
  • 回答No.4

ブレーキなんか、一日乗ってれば慣れます。
他にもクラッチ操作や左足でのギアチェンジなど、心配すれば不安な事だらけだと思います。タンクのニーグリップなんかもうるさく言われるでしょうし、事前に考え過ぎるとろくな事はありません。しまいには、はたして自分にできるのかな、なんてマイナス思考のスパイラルにはまってしまいますよ。
教習所に通われるおつもりならば、No.1のかたのおっしゃるとおりです。
普通の運動神経があればちゃんと乗れるようになりますし、免許も取れます。
しったかぶり、できるふりをしないことです。
身を任せて素直に従っていれば心配する事など何もありません。
  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 28% (2/7)

はじめましてwinerさん。

ブレーキ操作が不安なご様子ですが、これは体が覚えてしまうまでの辛抱でしょう。(短い期間だと思います)
スクーターから二輪への乗換えでもっとも難しいのは、ギア(ミッション)の操作だと思います。
スクーターでは加速、減速共にスロットルとブレーキレバーだけで行いましたが、二輪ではこの二つにギアの操作が加わります。
もしwinerさんが今までにギア(マニュアル)のついたモーターサイクルを運転したことが無いのであれば、これに慣れるのが免許取得の近道だと思われます。(4サイクルのカブなどで練習すると感じがつかみ易いと思います)

以上、私見ですがご参考になれば幸いです。がんばってください。
  • 回答No.9
レベル9

ベストアンサー率 14% (14/96)

はじめましてwinnerさん。基本的にはすぐになれます。原付のスポーツバイクで練習する場合。左手は絶対にハンドルから手を離さずレバーに指を掛けないで、止まる練習をしてみれば。エンストはするけれど、前ブレーキ、後ろブレーキの違いがはっきりわかると思うよ。もうひとつエンジンブレーキの使い方も同時にわかるし。くれぐれも安全な場所でね。スポーツバイクに乗る場合クラッチ操作が重要になってくるから、何回もチャレンジ.スピードは出さないでね。それと右足は親指の付け根あたりを常にブレーキペダルに乗せておく癖をつけること。
  • 回答No.8

すぐになれますよ!、私の場合は逆で普段自動二輪を運転しているので、たまにスクーターに乗ると、クラッチのつもりでリアブレーキをかけてしまうことがあります。でも、走り出しのちょっとの間だけですぐになれます。それよりもスクーターとバイクではバイクを支える方法が異なります。そちらのほうが大事ですし難しいかも知れませんね。スクーターでは椅子に座ったように乗ってほとんどハンドルと上体だけで運転していたかと思いますが、バイクでは下半身も重要になります。バイクを寝かせるときはタンクを膝で押さえ込むようにし外側のステップに体重を乗せいつでも起こせるようにするなど、スクーターとはちょっと違ったテクニックが必要です。うまくなればハンドルには手を添えているだけでも自然に曲がってくれるようになります。

ブレーキの件は慣れの問題ですから、数時間も乗っていれば自然に慣れるでしょう。
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 36% (2604/7183)

みなさんもおっしゃってますが、特に問題ないと思いますよ。
私はカブに乗ってるんですが、別にスクーターや自転車に乗ったからといって、間違う事はありませんね。自然と体が乗り方を切り替えてくれる感じです。
  • 回答No.10
レベル9

ベストアンサー率 14% (14/96)

winnerさんへ。先ほどの補足になりますが、後ろのブレーキは止まるためと、もうひとつ車体を安定さおせるための2通りの使い方がありますので注意してください。またブレーキをかけた時にクラッチを切っているとどこかへ飛んでいきます。スピードの遅いときはそんなに、気にすることはないけれど。後は慣れるしかないので、教習所でみっちり練習してください。まずは、きっちり安全に止まれるようになること。それが楽しさの第一歩。頑張ってくださいね。微力ながら応援してます。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ