• 締切済み
  • 困ってます

北側斜線の地盤面について

質問なのですが、北側斜線の地盤面のことなんですが、 設計GLより10cmほど高く隣地まで全部犬走りのコンクリートを打つのですが北側斜線の地盤面は、あくまで設計GLからなのでしょうか? 設計GLを犬走りのコンクリートの上バに設定すれば、そこからの高さになるのかあるいは、あくまでも地盤面(土の部分)からなのでしょか? 現時点の基礎はベタ基礎で設計GLから根入れ120、基礎高350なのですが、犬走りを打つと基礎高300以下になってしまいます。 以前、行政の担当はあくまでも地盤面(土の部分)と言っていて、 基礎高が犬走りから300を切っても地盤面から300以上あればいいと言っていたのですが。 ちなみに隣地とは高低差は無ないです。道路よりは100ぐらい上がってるのですが、100ぐらい上がった建物が建つところを所を平らにし 設計GLとしています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6773
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • derr
  • ベストアンサー率17% (8/45)

こんばんわ。 北側斜線制限の高さの起算点は、地盤面からの高さです。 「地盤面」とは、建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面だそうです。 ■建築基準法施工令第2条2項 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25SE338.html#1000000000001000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000 なお、敷地北側に道路などがある場合や北側隣地との高低差がある場合に緩和規定もあります。(緩和された場合には道路斜線の方が厳しくなる場合もあります) 用途地域や他の規制で、よっても高さの上限が変わります。 (低層住居専用地域なら10mとか12mまでしか建てられないなど…) さらに、設計GLは起算点になる地盤面の高さとは、関係ないのでは無いでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 北側制限について質問

    木造住宅の基礎の高さを上げたいのですが (配管の都合上ベタ基礎のスラブ部分を) いま現在北側制限の高さ制限ギリギリの状態です 前面道路と敷地はほぼ同じレベルです 基礎を上げた場合、上げた分だけ盛り土を したいのですが、北側の高さの測定は純粋に 地盤面(この場合盛り土したところのGLから) からの測定なのでしょうか? ちなみに盛り土の上げ幅は20センチくらいです 北側には住宅が建っていますが むしろ隣地 のほうの敷地が高いくらいです 北側の地盤面からの測定なら多少敷地全体を 上げられそうですが (基礎を上げて 盛り土をする) 前面道路や隣地との高さのかねあいもあります 上げられるなら上げられるだけ 上げたいのです 基礎を上げたら 北側斜線制限にひっかかるので 盛り土をする・・ 可能でしょうか・

  • 平均GLと斜線制限について

    教えてください。 平均GLと北側斜線 平均GLと道路斜線の関係です。 平均GLが設計GLよりも下がってくる時 1.北側斜線はその平均GLからですか? 2.高低差が大きい時その平均GL毎に北側斜線を計測するのですか? 図面上で2本の北側斜線のラインが出るって事ですか? 3.道路斜線は平均GLじゃなくて道路高さからですか? (その物件は高低差はほとんどないんですが 平均GLは1m以上下がります) よろしくお願いします。

  • 斜線&天空率

    斜線制限又は、天空率などの算定で、 「建築物の敷地の地盤面から・・・」とありますが、通常は設計GLからの算定になると思いますが、敷地に高低差があり、設計GLとは別に平均地盤面がある場合は、その平均地盤面からの算定でよろしいのでしょうか。

  • 回答No.1
noname#78261
noname#78261

土地の表面の事なので犬走りは考慮に入れません。敷石と同じ感覚です。斜線に余裕が出るわけではありません。 道路の巾が狭い時は道路斜線も考えますがこの算定は道路中心の高さから計算しますので、地盤面をあげてしまうと道路斜線がクリアできないときもあります。注意して下さい。 基礎からの高さが300をきるのは法的に問題がないけど実際は300をきるのでは法の意味から考えたらふさわしい話ではありません。大水や雨の跳ね返りから土台を守る高さとして決まっている事ですし、基礎の中の盛り土やスラブは必ず基礎内に水がたまったりしないよう地盤面より高く設定されます。基礎の内部のほうが下ってしまうと基礎内に水がたまり構造材に悪い影響がでます。ですから家の周りじゅう広~く犬走りといってコンクリのようなものを打ってしまうのはあまりよろしくないと思います。水道などのメンテもしにくくなりますしね。犬走りが狭くて土の部分もあるならそれがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! >土地の表面 土地の表面がほとんどコンクリートになった場合も あくまでもその下の地面が地盤面と言うことなのでしょうか?

質問者からの補足

http://oshiete.homes.jp/qa3021689.html を読むと、 「GLというのは一般的には「建物が接している地盤面の平均高さ」の事を言います。 簡単に言えば「敷地に仕上げができた(土間コンクリートなど)高さ」になります。」 以上のような回答もありますし・・・・。 どうなんでしょう・・・。

関連するQ&A

  • ベタ基礎のベースとGLの高さの関係につきまして

    ご専門のかたお教え頂ければと思います。 我が家は、ベタ基礎なのですが建物の北側に傾斜を取るため、 犬走りを打つこととしました。 その際 犬走りの高さを GL+150とし 犬走りが地面と接するところを GL+100まで上げようとしております。 通常GL(GL+0)は、基礎のベースと立ち上がりの打ち継ぎ部分(GL+50)より下にあるそうなのですが、犬走りを作れば、地面を盛土して、犬走りが地面とぶつかる高さを上げて GL+0→GL+100としても大丈夫との事でした。 後から作る犬走りは基礎から割れて離れてくると聞きます。基礎の立ち上りとベースの隙間から漏水の心配がないかきになります。 また、工事が押していることと、後から犬走りを作ることになったため、基礎の外側にモルタルの化粧がすでに行われています。 それも、基礎と犬走り分離する原因にならないか心配です。 ただ、これを行わないと敷地内に高低差が無く、北側が狭いため集中豪雨で水がたまり漏水しないか心配です。 (特殊な場所で雨水排水設備が道路に無く、道路との段差も2cmしかありません。。) 宜しくお願い致します。

  • 北側斜線規制の緩和規定について

    北側斜線規制について詳しい方、ご教授ください。 ひな壇の土地(南向き)に、現在戸建を新築しようと計画中です。 設計図を確認したところ、北側斜線規制を避けるため、隣地境界から1m20cm離され、屋根の一部がカットされておりました。 ですが、北側の土地は法面となっており、1m30cm程度敷地が高くなっております。 その場合、北側斜線規制が15cm程度緩和され、屋根のカットは特に必要ではなくなるのではないかと思うのです。 余分な費用をかけたくないということもありますが、お隣さんになる方とも仲良くしたいため、心中で「屋根のカットをしてまで北側ぎりぎりに寄せて・・・」と思われたくないという理由もあります。 気にしすぎなら良いのですが。 境界から十分離して建てればよいとも思うのですが、主人は反対しています。 どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • 北側斜線制限、けた落ちについて

    いつもお世話になっております! この度注文住宅をつくるにあたり、重説で北側斜線や、隣地斜線について、説明はされました。 しかし、説明を聞いたところで、わからない部分もありますので このときは、我が家をたてるにあたり、このことでなにか制限はありますか?とおたづねしたところ、 宅建主任者に今回はありませんと言われました。 しかし、先日、間取り決めの打ち合わせで 初めて一級建築士さんとあったときに、 市の条例で、我が家の北西側のおうちが、 北側にあたるので、二階の天井が桁落ちしますという説明になりました(-_-;) え?聞いてませんけど。。。 一番低いところで170センチメートルで、 主人の身長よりも低いわけです! 他の部分は240から250の天井になると聞いていたのに! 今まででモデル間取りプランの設計図にも 桁落ちのことは記入がなく、一方で、 我が家の南西に位置するおうちのモデル間取りプランには、我が家がそのおうちから見たら 北~北東になるので、隣接面は桁落ち表示があるんです! そのお家の北西側にはけた落ち表示はありません。 つまりは、売り主も北西側が北に該当するという認識がなかったのでは!?と思ってみたり。 こういった場合、重説にはんこを押している以上、こちらが悪くなりますか?? 今まで桁落ちについて一言も言われてはなく、 重要説明では、たしかに、北側斜線制限ありと なっていますが、 そのことで、北西がわに隣接する家との境界側の2階天井部分が桁落ちすることは、 説明されてなく、むしろ、その点を重要説明事項の時に言わなくてはならないのでは?! と思うのです!!! 値段やオプション交渉しようと思うのですが アドバイスがあれば、よろしくお願いします。

  • 隣家の北側斜線に疑問がある時

    先月、分譲地に基礎着工をしました。 第一種低層住居専用地域で、北側斜線が設定されているため、 我が家も北側の屋根を低くして、部屋の角が欠けた感じに設計されています。 その少し前に、同じ分譲地内の南に隣接している家が上棟して、全貌が判るようになりました。 北に随分寄せた感じなのに(我が家との境界から1mも無い)周りの他の家のように、 北側の角が欠けた感じにもなっていないのもあってか、随分高い印象でした。 我が家の日当りが当初思っていたより悪くなりそうで、何か今からでも工夫出来ないか苦慮していたのですが、 何度か現地に赴いて、ふと南の家の西隣の家と比べると、 どう見ても我が家側(北側)の屋根の端の高さが西の家よりずっと高いように見えるのです。 敷地は西の家の方が少し高いのですが、それなのに屋根の端は南の家の方が高くなっています。 同じように北側斜線が設定されているなら、隣家とあまり屋根の高さが違うのはおかしく無いでしょうか? 北側斜線での屋根の高さが西隣の家くらいであれば、我が家の二階にもある程度日差しが期待出来るのですが (1階の日当りは厳しいと自覚しているので、ベランダの日当りが頼みの綱なのです) 今のままでは冬の時期の日差しが随分心細くなってしまうので、我が家にとってはかなりの問題です。 南の家は多分来月頃には完成するのではと思います(見た目はあとサイディングをすればほぼ完了な雰囲気) 勿論私の見間違え、勘違いという可能性もあります。 でも将来に渡って家に影響する問題のため、隣家がちゃんとした基準に従っているのかはっきりさせたいのですが 北側斜線がちゃんとされているか他人が確認する事は出来るのでしょうか? また仮にそれがおかしい場合、それを是正してもらう事は出来ますか? 役所とかに問い合わせるのでしょうか… 判りにくい説明で申し訳無いです、ご助言どうぞよろしくお願い致します。

  • 犬走りの施工について

    犬走りの施工について 犬走りの施工についてインターネットで調べると、 アンカーやワイヤーメッシュ、砕石基礎などの言葉が出てきます 現場で左官の方に聞いたのですが、そういうものはいっさいなく 直接コンクリートだけで施工するようです 隣地との間の通路がコンクリートなんですが、少し段差ができるので 犬走りからスロープを付けて擦り付けると言っていました 別にそういうものを使用しなくても問題ないということはあるんでしょうか 玄関のたたきや階段部分もも基礎とかはなく まわりにブロックを使用し土を埋めて その上にタイルを貼るようです よろしくお願いします

  • 地盤調査について

    地盤調査についてご意見いただければと思い相談させていただきます。 もともとは平坦な畑だった造成地に延床32坪程の木造軸組、総二階の住宅を建築予定です。 SS調査を5ヵ所でおこなったところ、地質は粘性土で5ヵ所ともにGLから2.5m位までN値が3.0から4程度で2.5m以降は10から20程になります。 ただ5ヵ所の内3ヵ所の-1.25mにN値2.3の自沈層が25センチだけあります。 残り2ヵ所は-1.0から-2.0mまでN値3.0の自沈層が続いています。 設計の一級建築士さんは現地の状況、調査数値の載ったグラフなどから 地耐力30kn/m2以上はありそうなのでベタ基礎で問題ないでしょうとの事なのですが調査会社は600Фで2.75mの柱状改良を勧めています。 調査会社は5枚の測定データと紙1枚の簡単な考察をくれたのですが上記の状態によりGLから2mまでは支持力は期待できなく地耐力20kn/m2未満につき地盤補強が妥当とのことです。 改良工事の見積もりだけは即日出てきてちょっと?な感じもするのですが・・・ ちなみに隣地との高低差は約200ミリ程度でブロック2段の擁壁があります。造成完了からまだ半年たっていません。 盛土は200ミリ程だと思います。 少ない情報になりますが色々なご意見を聞ければ幸いです。

  • 北側斜線制限の隣地境界の定義の質問

    ひとつの登記上の土地区画が、 北側に第一種低層住居専用地域(低層域)、 南側に第二種中高層住居専用地域(中高層域)、 でまたがる場合、 南側の中高層域部分の建築物には、隣地境界の地上10mを起点として1:1.25の角度で内向きに北側斜線制限がかかると思います。 さて、この場合の隣地境界の定義は、 ・中高層域と低層域の境界 ・低層域と、登記上の北側隣地との境界 のどちらになるのでしょうか? 制限の意味を考えれば、前者なのかもしれませんが、 中高層域、低層域にまたがる建築を考えると、 厳しい制限になると思います。 ご存知の方の回答をお待ちしています。

  • 地盤調査報告後の追加工事について

    地盤調査で「ベタ基礎による対応が可能な地盤」と診断され、地盤改良はナシと言われました。 が、基礎工事が始まって土を一部掘ったところ下から水が出てきたので、工務店さんから「地盤調査会社に確認すると、一部深基礎の部分は改良工事をした方が良いみたいなんです。。。」と連絡がありました。 私ども素人的には「へ?じゃあ地盤調査で何を見てたん?」という疑問と怒りが湧いてきます。 正直、金銭的余裕もありませんし、知識もありません。 この改良工事は言われるがままに受け入れなければならないのでしょうか? また、調査をしていてもこのような事ってあるのでしょうか? 教えてください。

  • 北側斜線の規制の緩和について疑問がある時

    以前、当時建設中の南の家の屋根が高くて北側斜線を考慮すると おかしいのでは、というような案件で相談させて頂きました。 そのときは、「天空率」を使っているのではないかというのと、 役所に適正か確認出来るというご助言を頂きました。 その節はありがとうございました。 南の家の件につきましては、 役所に確認をした所、「天空率」の所にチェックが入っているというような返答で 土地の西側を少しあけて家を建てていて、 午後になるとそこからそれなりに日照を得られるので それで制限を緩和出来たのであろうと推測して、納得致しました。 そして先日、その左隣(我が家の南東)に家がたち始めました。 出来れば北側斜線に準拠した…と望んでいましたが、 こちらも屋根の高さが南の家と同じ位でした。 ですがこちらの家は、南のお宅と違い、 北東西にギリギリ(境界から1m以内と思われる)に基礎があり、 北側の屋根の一部を低くするような造作にもなっていません。 私の中では以前相談した時に調べた限りで、北側に面する部分の一部に空き地を設けたり、屋根を低くする等して部分の北側への日照を多めに確保する事によって、北側斜線の規制の緩和を受けられる、と認識していたのですが 件の家は、そのような処置をしているように見えず、私の認識が当てはまりません。 他にも緩和が認められる方法があるのでしょうか。 役所への確認で天空率を許可した根拠となる、 規制の緩和の事由についても教えてもらえるものでしょうか。 若しくは建設会社に、図面を見せて頂くとか屋根の高さについて伺っても良いものでしょうか。 せっかく得た筈の私の認識が間違っているなら正して、 前のお宅と同じように納得が出来れば良いのです。 上棟しても施工主も工務店も挨拶に来ないので、 ついでに聞いてみるという手も使いかねています。 ご助言をお願い致します。

  • 地盤調査と地盤改良について

    建売住宅を見にいって工務店さん(売主)に地盤について聞いた時のことですが、 「この建物、地盤改良を行った上でベタ基礎で建築しました」 地盤報告書見せて頂けますか?と聞いたところ 「建築前も建物が立っていたので調査はしていません」との回答 確かに以前は倉庫的なものが建っていた記憶があります 代りに地盤改良報告書を出してきて工事中の写真と共に説明を受けました 1.7m~2.0m掘り下げてコンクリート8袋を土に混ぜ転圧にて施行したとのこと 範囲は建物建設エリア+500mm 地盤改良してあるので、何もしていないよりは安心材料ではあるのですが ただ、地盤調査無しと言う点が引っかかります この様な立て直しのケースでは地盤調査なしで地盤改良を行うものなんでしょうか?