• 締切済み
  • すぐに回答を!

WAN技術のカプセル化について(MACアドレス)

ネットワークの初歩的な質問で恐縮ですが、自分自身調べた結果、納得のいく回答が得られなかった為、ご教授下さい。 LAN(イーサネット)では、IPアドレスと、MACアドレスを使用して、同じLAN(イーサネット)上の端末等と通信しており、その仕組みも理解できているのですが、WANを経由して、とあるLAN(イーサネット)上の端末Aが、他の拠点のLAN(イーサネット)上の端末B等と通信する場合に、MACアドレスは、使用されているのでしょうか。 (端末Aと、端末BのLANセグメントは、別セグメントとする) 端末Aは、まず、宛先IPアドレスに、端末BのIPアドレスを、宛先MACアドレスにGW(ルータ)のMACアドレスをセットしたフレームをGWに対して送信するのは、理解していますが、その後のGW(ルータ)は、WANのデータリンク層のプロトコルで、再度IPパケットをカプセル化するという認識でよいのでしょうか。 (端末Aから送信されたイーサネットのフレームを受信したGWは、IPパケットの宛先IPアドレスを確認し、ルーティングテーブルを参照する。その後、ルーティングテーブルの結果により、送信先interfaceを決定し、送信先interfaceに設定されているWANのカプセル化方式に基づき、IPパケットをイーサネットではない、WANのデータリンク層のプロトコルで再度カプセル化する。) ↑の認識であってますでしょうか。今回のWANとは、広域イーサネットではない、専用線や、ISDN、フレームリレーを想定した場合です。 とにかく、ルータからWAN側に送信されるフレームには、MACアドレスが含まれていないかどうかが、知りたいです。 MACアドレスは、イーサネットで用いられるものだと理解しております。PPPやHDLC等のプロトコルを用いて、WANのルータ同士を専用線等で、接続している場合、ルータ同士は、ARPでMACアドレスを解決する事もないのですよね? イーサネットフレームが、PPPやHDLCのフレームに置き換わっているイメージでしょうか。 大変、わかりにくい文章で恐縮ですが、どなたか、ご教授下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数924
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

ご認識の通りで良いと思います. [端末A]--(LAN)--[GW_A]--(WAN)--[GW_B]--(LAN)--[端末B] GW:ルータ LAN:イーサネット WAN:フレームリレーなど というネットワークですと,MACアドレスはあくまでも[端末]-[GW]間の通信に使われるだけになります. ・[端末A]は「宛先IPアドレス=[端末B],MACアドレス=[GW_A]」のイーサネットフレームを送信し,それを[GW_A]が受け取ります(MACアドレス=[GW_A]なので). ・[GW_A]はルータなので,受け取ったイーサネットフレームからIPパケットを取り出し,取り出したIPパケットをルーティングテーブルに従って,[GW_B]あてに,(WAN)のプロトコル(たとえばHDLCやPPP)でカプセル化して(WAN)に送ります. ・[GW_B]は受け取ったフレーム(HDLCやPPP)からIPパケットを取り出し,イーサネットでカプセル化(「宛先IPアドレス=[端末B],MACアドレス=[端末B]」)して[端末B]に送ります. なので,ルータ間のWANにはMACアドレスは流れていかないです. 通常,レイヤ2の通信(イーサネット)はレイヤ3の装置(ルータ,端末)間 の通信に使われるので,MACアドレスがルータを超えて送信されることはないです. [GW]がルータでなかったり,EoMPLSなど特殊なことをしていると話は違いますが,,

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • LANとWANのデータ送信の違いを教えて

    LAN内では、IPデータグラムをほかのコンピュータに渡すとき ARPでMACアドレスを調べてフレームヘッダに送信先のMACアドレスを書き込み データを送信します。このデータ送信は、LAN内にあるすべてのコンピュータ に対して行われ、MACアドレスが同じコンピュータだけフレームを受信します。 この仕組みは、LAN内からルーターをとおって外部に出た場合でも 同じでしょうか? つまり、WANでもARPのようなプロトコルを使って 送信相手のMACアドレスを調べて送信しているのでしょうか? となってくると、1つの外部ネット内のすべてのルータにデータを送信することに なり、輻輳のもとになるのではないでしょうか? LAN内のサブネットであれば、 限られた台数なので、ブロードキャストしてもさして問題ありません。しかし、WANと なるとどうでしょうか? 

  • ホストAとBについて困ってます

    ホストA:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:50:31 IPアドレス <_>192.168.10.5 ホスト1a:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:70:32 IPアドレス <_>192.168.10.3 ホスト1b:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:70:33 IPアドレス <_>192.168.10.5 ホスト2c:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:70:35 IPアドレス <_>192.168.20.3 ホスト2d:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:70:37 IPアドレス <_>192.168.50.5 ホストB:MACアドレス<_>00:00:5F:B3:50:35 IPアドレス <_>192.168.50.10 ホストA-a|ルータ1|bーc|ルータ2|dーホストB と接続されている時にホストAがホストBにパケットを送出したとする。 (1)ホストAが送出するIPパケットの「宛先」に指定されているIPアドレスは何か。 (2) ホストAが送出Ethernetフレームの「宛先」に指定されているMACアドレスは何か。 (3)ルータ1bがルータ2cに送出するIPパケットの「宛先」および「送信元」に指定されているIPアドレスは何か。 (4)ルータ1bがルータ2cに送出するEthernetフレームの「宛先」および「送信元」に指定されているMACアドレスは何か。 今この問題が解らないので教えてください お願いします。

  • NTTモデム SV3だけでアクセス制限は可能?

    タイトルのような事はできますでしょうか? ルーター付ADSLモデムのSV3にハブをつけて 複数の端末でLANとインターネットを組む事を想定しているのですが、 特定の端末だけインターネット側に一切接続させたくないのです。 (LANには参加させたい) 仕様を見る限りではパケットフィルタリングにおいて フィルタ種別、送信/宛先IPアドレス別 プロトコル種別、送信元/宛先ポート別 方向指定 (WAN→LAN、LAN→WAN)可能 となっているのでこれで制限させたい端末のIPだけ全てのポートで LAN→WANを不可能にすればいいのかな?と素人判断で 思っているのですがいかがでしょうか? あまりパケットフィルタリングで探しても この機種にこういう事が出来るのか、という具体的な方法が 見つかりませんでした。 もし不可能なら確実にそのような機能を謳っている 別のルーターの購入を急ぎたいと思っています。

    • ベストアンサー
    • ADSL
  • 回答No.2

自分はルーターベンダーの技術者ではないので、想像ではあるが >イーサネットでカプセル化されたフレームを再度、ルータがPPPでカプセル化しているのでしょうか?  カプセル化とは上位のレイヤーに渡された際に上位のレイヤー側で行うものなので、それは無いと思う。  ルーターはネットワーク層,WAN回線はデータリンク層に相当する筈だから。  わざわざ対向するルーター同士がPPPプロトコルを使ってデータを送り合うだろうか?というのが自分の感想だ。  (正確なところを知りたければ、ルーターのベンダーに問い合わせて下さい)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

使用しているプロトコルはTCP/IPで、ルーターをを使用しており、ルーター間は相手先固定接続しているという前提で答えるならば… TCP/IPかつルーターを使用しているので、広域イーサーネットであろうが無かろうが同じプロトコルで処理されていると思う。 たまたま、隣のLANセグメントが目的地であるだけの事と思えばよいと思うのだが。 TCP/IPプロトコルでは、  ・端末Aは宛先が同一セグメント内でなければ、パケットをデフォールトルーターに投げる  ・ルーター側はパケットのネットワークアドレスを元に宛先に到達出来ると思われるルーターにそのパケットをバケツリレーで投げる  ・バケツリレーの結果宛先の端末Bが居るルーターのLANセグメントに届いたら、そのルーターはARPを使って宛先となっているIPアドレスからMACアドレスを取得する。  ・MACアドレスを取得したら、そのMACアドレスでルーターは端末Bに対してパケットを投げる という動作を行っている。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 という事は、例えばルータ間が、PPPで専用線接続されている場合を考えた場合、ルータが別拠点のルータにパケットを送信する場合、イーサネットでカプセル化されたフレームを再度、ルータがPPPでカプセル化しているのでしょうか?

関連するQ&A

  • MAC/IPアドレスとARPで送信データはどう届く?

    初歩的なご質問です。 「送信端末→LAN→デフォルトゲートウェイ(ルータ)→WAN→ゲートウェイ→LAN→受信端末」とデータが転送される場合、MACアドレスとIPアドレスをどのように使い分けながらデータは届くのでしょう。またAPRなるプロトコルの動作する範囲はどこまでになるでしょうか。(送信端末から受信端末のMACアドレスをARPで割り出して送信する? あるいはデフォルトゲートウェイまで、そうすると受信側は?) ネットワーク機器(ルータやブリッジなど)の動作やTCP/IPプロトコルのひとつひとつはお勉強で少しは解ったつもりですが、実際の通信の場合のMACアドレス、IPアドレス、ARPのからみが今ひとつピンときません。細かい部分はともかく概ねこのようにプロトコルは連続しながら動作する、というところを簡単にご教示いただければ幸甚です。

  • ルーター配下のパソコンとネット上のサーバとの通信

    ルーターにはLANポートが複数ありそれぞれのLANポートにパソコンをつないでいます。 そのポートの1つである LANポート1につないでいるパソコンA(192.168.100.2/24)から デフォルトゲートウェイである ルーター(192.168.100.1)を経由して あるサーバー(74.125.235.95)にパケットを送り 戻りパケットがルーターからパソコンAに届くまで  について。 ルーターのIPマスカレードは  内側 192.168.100.2:4415 あて先 74.125.235.95:80 とします。 ○パソコンAからルーターまで 接続先が 192.168.100.0/24 のネットワークと異なる 74.125.235.95であることから パソコンAはデフォルトゲートウェイにパケットを送ろうとし パソコンAのデフォルトゲートウェイのIPアドレスをARPテーブルから割り出し 次にそのIPアドレスに基づいてARPテーブルからデフォルトゲートウェイのMACアドレスを割り出し そのMACアドレスを含んだMACフレームを送信する。 ルーターはMACフレーム内の送信先MACアドレスがルーター自身のMACアドレスであることから 自身で担当すべきMACフレームであると判断し、そのフレームの処理を引き受ける。 ○ルーターからパソコンAまで サーバーから戻りパケットを受け取ったルーターは、IPマスカレードに基づいて ルーターからそのパケットを送信すべき送信先のIPアドレスを 192.168.100.2 と判定する。 次に IPアドレス 192.168.100.2 に基づいてルーターのARPテーブルから MACアドレスを割り出す。 次に、そのMACアドレスに基づいて MACアドレステーブルから 送出先ポートであるLANポート1 を割り出し、LANポート1からパケットを送りだす。 ○パソコンAからルーターまで ○ルーターからパソコンAまで は上記の理解で合っていますでしょうか? 特に気になるのは、○ルーターからパソコンAまで において 送出先ポートを最終的に決めるのは IPアドレスではなく、 MACアドレステーブルが参照され、結果 MACアドレステーブルのMACアドレスによって決まるのかどうか という点です。

  • PPPプロトコルのことで

    最近ネットワークについて学び始めた者です。PPPプロトコルについて疑問に思うことがあります。企業の本社と支店の各LAN(イーサネット)を専用線で結んでいるWANを想定するとします。本社のPCから送られたパケットが専用線を通過している時、PPPのフレーム上にはイーサネットヘッダも付加されているのでしょうか。付加されているとしたら、宛先MACアドレスはARPによって取得しているのでしょうか? また付加されていないとしたら、データを送りたい支店のPCのMACアドレスはどうやって識別するのでしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • HDLC手順とイーサネットについて

    表記について質問なのですが、唐突ですが、イーサネットでは、HDLC手順のようなことをやっているのでしょうか? というのは、階層モデルや、Ethernetについて調べていたところ、 1 Ethernetには、基本的にEthernet2と呼ばれるものと、IEEE802.3というものがある。 2 802.3では、データリンク層をLLC層(IEEE802.2)とMAC層(IEEE802.3)に分けている。 3 IEEE802.3仕様のLANでは、LLC層でHDLC手順のようなものや、上位プロトコルの識別を行っていて、MAC層で、MACアドレスをつけたりしている。 と解釈しています。 では、Ethernet2では、HDLC手順のようなことはやっているのでしょうか?Ethernet2の規格の中に丸め込まれていて、特に表に出てきていないだけなのでしょうか? それ以前に、イーサネット上では、HDLC手順のようなデータリンク確立等の制御は必要ないのでしょうか?(ほかの層でやっているのか?) 以上、すっとぼけた質問で申し訳ないのですが、ご存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。認識の間違いの指摘等、どんどんしていただければ光栄です。特に上記3でLLC層がやっていることは、かなり怪しい認識です。

  • なぜMACアドレスだけでなく、IPアドレスが必要なのか

    現在ネットワークについて勉強しております。 ・MACアドレスはNICに固定で、隣接区間でのデータリンク通信に必要。 ・IPアドレスはネットワークを越える、エンドツーエンドでのあて先・送信元指定に必要。 という点は理解しております。 ネットワーク超えの通信においても、ホストを特定するための要素はMACアドレスだけで十分では?という疑問が生じました。 上記のエンドツーエンドでのあて先・送信元指定にもMACアドレスを用いる事はできるはずです。 (IPパケットの中に最終的な宛先・送信元MACアドレスを書けばいいのでは?) なぜ「IPアドレス」という概念が必要なのでしょうか。 MACアドレスとIPアドレスという、似たような概念をあえて2つ作っている理由を教えてください。

  • MACアドレスの役割

    LANからWANに出て他のLANにデータを送信するときはMACアドレスが重要なのはわかりますが、同じLAN(小さい会社内)同士のPC1からPC2にデータを送るとき物理的にそのLANのすべてのPCにパケットが送信され、自分のIPと違う場合破棄され、自分のIPならデータを受け取りPC1に応答しますよね。ここでなぜ同じLAN同士にMACアドレスが必要なのでしょうか物理的に全部に送信されるのに・・・、スイッチングハブが学習してトラフィックを減少させるためなのでしょうか?おしえてください。

  • インターネットのWAN側に誤ったグローバルアドレス

    インターネットのWAN側にプロバイダから付与されたIPアドレスを誤って振ってしまったらどうなるのでしょうか?もちろん、通信はできないことはわかっていますがLAN側から送信されたパケットは送信元アドレスが間違ったグローバルIPに変換(NAT)されてインターネットへ出て行くと思います。このとき、プロバイダのルータでやはり送信元アドレスでフィルタをかけているのでしょうか?それともなにもせず、送信先へ運ぶのでしょうか?私はもちろん前者の送信元フィルタはかけていると思っているのですが実際はどうなんでしょうか?

  • LAN間VPNの通信について

    お世話になります。 2つのLANの間でインターネットVPNを組んで、ある音声通信機器同士の(IPアドレスおよびDefaltGWを設定)通信をさせたいと考えています。通信機器には宛先アドレスが設定できません。端末通信となると思うのですが、ルーターのWAN同士でVPNを構築させ、スタティックルーティングを設定するところで行き詰っています。ご教授頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。 端末(192.168.1.2 /Defalt GW 192.168.1.1) == 192.168. 1.1(LAN側) [ルータ] 100.100.100.1(WAN側) ====VPN===== 100.100.100.2(WAN側) [ルータ] 192.168.2.1(LAN側)== 端末(192.168.2.2/Deafalt GW 192.168.2.1)

  • ISDNなどのWANでのフレームについて

    現在ネットワークの勉強をしているものです。 その中のWANとLANのフレームについて分からないことがあります。 ISDNなどの回線を使用する際、 例えばPC-ルータ-ISDN回線というシンプルな接続方式があったとして、 ・PC-ルータ間のデータリンク層は、イーサネットフレームを使用。 ・ルータ-ISDN間(正確にはルータ-ルータ間?)は、PPPやLDAPを使用。 までは分かるのですが、 このルータは、イーサネットフレームをPPPやLDAPフレームに 書き換えて転送するのか、それともイーサネットフレームを更に PPPやLDAPフレームでカプセリングするのか、どちらでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 通信について教えてください

    通信について教えてください。 家庭用の市販のルーターがあり、ルーターの2つのLANポートには、1つのLANポートにつき1台のパソコンという形で パソコンが2台(パソコンA,パソコンB) 接続されているとします。 (パソコンAとパソコンBはルーターを介して接続されています) ルーターはDHCPサーバーとして働き、パソコンにはプライベートIPアドレスが割り振られているとします。 パソコンA 192.168.0.2 パソコンB 192.168.0.3 ルーター 192.168.0.1 LAN内での通信であるパソコンAからパソコンBへ向けて通信するためには まずパソコンAはパソコンBのIPアドレスを事前に知っておく必要があると思います。 そして、パソコンAはARPによってパソコンBのMACアドレスを取得することになりますが =========================== (1) このMACアドレスの取得は、 ○パソコンBからの応答 ○(パソコンBのMACアドレス情報を保有している?)ルーターが応答 のどちらでしょうか? =========================== とにかくパソコンAはパソコンBのMACアドレスを取得したとし、パソコンBと通信を行いますが パソコンAからパソコンBへのの通信では =========================== (2) MACフレームの送信先MACアドレスは、 ○ルーターのMACアドレスになり、ルーターを経由するときにパソコンBのMACアドレスになる ○最初からパソコンBのMACアドレスである、ルーターを経由するときも変わらない のどちらでしょうか? =========================== =========================== (3) MACフレームの送信元MACアドレスは、 ○最初はパソコンAのMACアドレスであるが、ルーターを経由するときにルーターのMACアドレスになる ○最初からパソコンAのMACアドレスである、ルーターを経由するときも変わらない のどちらでしょうか? =========================== (α) LAN内で通信を行う時は、IPパケット内のIPアドレス情報さえあれば十分で、MACアドレスは必要ないように思うのですが 通信の決まりとしてMACアドレス情報を格納するMACフレームが必要となるので 通信を問題なく行うにはIPアドレスだけではなくMACアドレスも必要となってくるのでしょうか? (β) LAN内の通信だけではなく、インターネット上の通信でも常にMACアドレス情報を格納したMACフレームがIPアドレス情報を格納したIPパケットの外側に付いているのでしょうか? 以上、(1)(2)(3)(α)(β)について教えてください。