• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

相続時の不動産登記について

表題の件につき、ご教授願います。 司法書士に依頼せずに、不動産の相続登記をしたいのですが、 どのようにするのが良いのか迷っています。 A(夫) B(妻) C(長女) D(次女) E(三女)の 家族構成です。Aが10年前に亡くなり、A名義の甲土地がAの 単独所有で残っております。 Aが他界した時には、分割協議もなく遺言もありません。しかし、 前述のように10年経った現在も、甲土地は、当時に相続登記はして おらず、A所有で残っております。 さらに、先月Bが亡くなりました。今月、甲土地につき、C単独の 所有権移転登記を行いたいと思っております。それに関しまして、 どのような登記をすればよいかわかりません。ネットで調べたり などして、素人考えで以下の案は浮かびました。 (1)AからB・C・D・Eへの法定相続分による相続登記後、Bから Cへの遺産分割(C単独相続)による持分移転登記+D・EからCへの 譲渡による持分移転登記(合計3申請) (2)AからCへの遺産分割(C単独相続 しかし、Bが亡き今、遡った 遺産分割協議自体が可能かはわかりませんが・・・)による所有権移転 登記(合計1申請) (3)AからC・D・Eへの相続登記(Bに関しては特別受益で相続なし にできる可能性あり)後、D・EからCへの譲渡による持分移転登記 (合計2申請) 上記3パターンの内、可能なもの、あるいは、適しているものはある でしょうか? また、(3)の場合、特別受益証明書は、B本人がいないため、C・D・E の共同作成の証明書でも添付書類として通りますでしょうか? その他、最適な申請方法がありましたら、添付書類と併せてご教授いただ ければ大変幸いです。司法書士に依頼も考えておりますが、できれば自分 で申請したいと思っております。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数171
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

× A名義の甲土地がAの単独所有で ○ A名義の甲土地がBCDE共有で B死亡により A名義の甲土地がCDE共有で (1)できません。 (2)最適(CDEはBの代襲相続人) (3)余計なお金がかかる AとBの遺産分割を家庭裁判所で調停で決着し、 調停調書により登記を申請するのが確実です。 ちなみに(2)です。 (司法書士に登記を依頼するより遥かに安いです)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に的確なアドバイスにとても感謝しております。代襲相続には気づきませんでした。早速、必要な書類をそろえて申請したいと思います。本当に有難うございました。

関連するQ&A

  • 遺産分割の際の不動産登記について

    司法書士受験生です。 相続登記に関連して、質問お願いいたします。 甲が被相続人。A,B,Cと法定相続の割合が同一の相続人が3人いるとします。 所有権名義は甲のままです。 ◎法定相続分A1/3 B1/3 C1/3で登記をする場合 保存行為として、単独で登記申請できますよね。印鑑証明は入りませんよね。 以上と比較で、 1.いきなり遺産分割協議書を添付して、A1/4 B1/4 C2/4 という登記をする場合 Aは単独でできますか?Cはどうですか? また遺産分割協議書につける印鑑証明は全員のをつける必要がありますか? 2.法定相続で登記後、遺産分割協議書を添付して、A1/4 B1/4 C2/4 という登記をする場合 A単独で申請できますか?C単独ではどうですか? その時の遺産分割協議書につける印鑑証明は、どなたのが要りますか? この時、所有権持分が減るAやBの印鑑証明は、所有権を失うという意味での印鑑証明でしょうか。

  • 相続登記

    Aさんが死亡したその相続人がB及びCで、Aさん所有の甲土地は遺産分割協議によりBさんが単独で相続することになりました。この場合の添付書類は甲土地の固定資産課税評価証明書、被相続人Aの戸籍謄本、B及びCの戸籍謄本、Bの住所証明書、遺産分割協議書ぐらいですか? そして、登記申請書に書く添付書類には、登記原因証明情報と住所証明書と書けば足りますか? 司法書士を使わずに登記申請をしようとしているので、アドヴァイス頂けると幸いです。

  • 相続による所有権移転登記・2つの事例の違い

    1・相続による所有権移転登記の申請書に遺産分割協議書を添付する場合、その協議書には、書面の申請を担保するため、相続登記の申請人以外の者全員の印鑑証明書を添付することを要する とあるのに、一方では、 2・遺産分割の協議に基づいて相続を登記原因とする所有権の移転登記を申請する場合には、申請書に戸籍謄本、遺産分割協議書および、「共同相続人全員の印鑑証明書」を添付しなければならない とあります。 1と2は同じ事例ですよね?なのに、なぜ、相続登記の申請人以外の者全員の印鑑証明書でいい場合と、全員の印鑑証明書が必要な場合とに分かれているのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

今は、昔と違って、中間省略登記が出来なくなっています。 従いまして、もし、自分で登記をやろうとするなら、 法務局にいって相談するのが近道です。 これも昔と違って、法務局の敷居は非常に低く、 自分で登記を行うことを積極的に手助けしてくれます。 ここで色々相談するよりも、法務局に行き、そこでの指導に基づき書類を整える事をオススメします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご助言感謝しております。有難うございました。

関連するQ&A

  • 登記原因遺産分割による所有権移転

    登記原因遺産分割による所有権移転 遺産分割協議のやり直しで私なりに整理しましたので再度質問いたします。 これは私の解釈ですので異論があれば投稿を期待しております。 遺産分割協議が成立しますと次の二つの登記申請形態となります。 相続登記未了の場合は民法の遡及の原則に基づき、相続財産取得者の単独申請で原因相続で所有権移転登記がなされます。 既に相続登記がなされている場合は、遺産分割を登記原因として持分全部移転がなされます。 そして既に遺産分割協議成立し登記名義を変更した場合、遺産分割のやり直しが出来るかという問題があります。 民法の立法は明治時代の民法論争の結果、家族法は遅れて立法されたため民法総則の無効・取り消し・契約解除の規定がそのまま家族法に適用出来るかという問題があり、ここに判例がなされており、もっとも多い合意解除は平成2年の最高裁の判例があります。 このことにより既に遺産分割協議で名義変更された登記については、合意解除により相続による所有権登記の抹消をし、更に新しく遺産分割協議が成立した場合は相続による所有権移転が民事局の見解と解してます。 質問の内容は、A名義で相続登記がされている不動産において、共同相続人ABCによる遺産分割協議により、「遺産分割」を原因とするB名義へ所有権移転登記をすることができますかというものでした。 この質問はA単独名義となってますから、既に遺産分割協議が成立し、その遺産分割協議により相続登記がなされているものと推測され、質問は「遺産分割」と書かれてますが、質問内容は遺産分割のやり直しを意味するものと解釈しました。 他の回答者の方が、法定相続て登記した場合だけです。という正解の回答をしたにもかかわらず、質問者は、よくそんな間違った回答ができますね。竹下貴浩著、ブリッジ実戦第2版P347の説明内容と、正反対の回答です。と反論しました。 これはおかしいと思い、竹下貴浩著ブリッジ実戦第2版P347の説明内容を書いてくれるよう依頼したところ、下記の文書がよせられました。 竹下貴浩著ブリッジ実戦第2版P347において、遺産分割協議により法定相続分と違う相続分で、「相続」を原因とする相続登記について、再度、遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができる。 この解説は昭和28年に出されたものを拡大解釈したものと思われます。 当時の民事局の見解としては、遺産分割を登記原因としてAからBへの所有権移転は出来ない、AB共有の場合B持分移転は出来るというものでした。当時の考え方の基本は、登記名義人の権利保護が第一であり、登記申請書は法律で規定された文書が添付されていればよしとする書面形式主義のみでした。 ですから遺産分割のやり直しが民法的に出来るか否かの検討はせずに、形式審査として登記原因遺産分割の登記申請を受理するか否かの判断だったようです。 法律行為の書面を示さない申請書副本で登記出来るという考え方、中間省略登記を容認するという形式書面主義、これらを改めのが今回の不登法改正による登記原因情報という考え方です。 ですから不登法の改正により、遺産分割の合意解除と新たなる遺産分割という二つの法律行為を併せて、一つの遺産分割で所有権移転は出来ないとなったと私は解釈してます。 これに対して、竹下貴浩氏は、再度遺産分割協議を行い「遺産分割」を原因とする持分全部移転登記をすることができると予備校の教科書で説明してますが、この説明は明らかに誤りであると私は判断しましたので、再度質問形式で文書化した次第です。 これは真面目に予備校に通っている受験生には大きな問題なのであると思うのです。 高い授業料を払って誤ったことを教えられているとしたら受験生にとって最悪な問題です。

  • 不動産登記の問題ですが

     職場で,次のような問題を示され,これについてディスカッションをすることになりました。  対抗問題,登記請求権,移転登記の合意の効力が絡んでいるため,確たる解答を出せずにいます。  そこで,「これは」と思うアドバイスや問題提起があれば,ぜひお願いします。 【問題】  甲が所有している建物とその敷地について,甲は乙に売却したところ,乙はすぐにこれを丙に転売した。  ところが,甲はこれらの土地及び建物を丁に売却する旨の契約を行った。  丙は,甲から丁への所有権の移転の登記がされないうちに,自己名義への所有権の移転登記をしたいと考えている。 (1)当該不動産の名義が甲のままとなっている場合,丙名義にするための前提として,乙は甲に対して所有権の移転の登記を請求することができるか。 (2)丙が甲に協力してもらい,甲から丙への所有権の移転の登記を完了してしまった場合,事後にこれを知った乙及び丁は当該登記の抹消を求めることができるか。 (3)丙が甲及び乙から協力を得ることができない場合,丙は自己の所有権の登記名義を受けるためにどのような方策をとることができるか。 (4)甲,乙及び丙の間において,直接甲から丙への所有権の移転の登記を行う旨の合意が成立した場合に,乙は甲に対して所有権の移転の登記を請求することができるか。 (5)当該建物及びその敷地の登記名義が丙に移転した場合,丁は甲に対してどのような請求をすることができるか。 (6)甲,乙及び丙の三者間において,どのような契約を締結すれば,甲から直接丙に対して所有権の移転の登記をすることができるか。

  • 相続の登記

    平成10年1月1日A死亡 BとCが相続 平成10年2月1日BとCが死亡 BにつきD相続 CにつきE相続 DとEが遺産分割協議をしAから、D2分の1・E2分の1への移転登記が可能。 なぜ直接できるのでしょうか?

  • 相続による不動産登記について

    父親が亡くなりました。相続人は母と子(私)です。 父親名義の土地と建物の相続手続きですが、土地のみ母との共有になっています。 協議の末、父親名義の相続はすべて子がします。 時間があるので、自分で相続登記を行いたいと思います。 4点不明な点があるので教えてください。 その後、法務局へ行くので、法務局に聞いたらという回答は遠慮します。 (1)登記申請書の申請人の記入欄について 被相続人が不動産を他人と2分の1ずつ共有していて、 被相続人の持分を相続人(▲▲)が相続する場合  →  相 続 人 ( 被相続人 ×× )           ○○県○○市○○丁目             持分2分の1 ▲▲   印 と書くようですが、土地のみ共有の場合、どのように書くんでしょうか。(持分2分の1の部分) 建物も共有でしたら、サンプルのように書くって分かるんですが、土地のみ共有ですので。 (2)登記申請書の不動産番号は、記入が必要ですか? (3)不動産登記事項証明書は必ず入手することが必要ですか?  素人作成なので、相談コーナーでしっかりチェックしてもらおうと思っています。  また、(2)の不動産番号がこれにしか載ってないようです。 (4)遺産分割協議書  宅地と居宅を分けて記入するんですが、  宅地のほうに、(被相続人 ×× 持分2分の1)との記入が必要ですか? ご存知の方、教えてくださいますようお願いします。

  • 不動産登記について

    数次相続の中間省略登記についてです。 登記実務に精通している方、ご教示下さい。 事実関係を時系列で示しますと、A(私の祖父)死亡→B(Aの妻)死亡→C(ABの長男・私の父)死亡 Cの死亡から8年経過し、ABの他の子2名(DとE)が健在です。 不動産の登記がA名義のままです。 実質的にはAの遺産はCが単独で相続し、Cは死亡時に不動産を妻であるF(私の母)に相続しましたので、 当該不動産はA→C→Fに所有権が移転しています。 この度A→Fへ登記をしようと思い、A死亡時の相続人であるDEには特別受益証明書に署名をしてもらう見込みも 立ったのですが、Bは意思表示することなく故人となっています。 他に利害関係人は存在しないのですが、このケースで中間省略登記は受け付けてもらえるでしょうか。 Bの意思表示がなく、一次相続が単独相続であったことを証明できないとして却下されますでしょうか。 「数次相続の中間省略登記」に知識のある方、同様のケースを扱った事のある司法書士の先生、受け付けてもらえるかどうかお教えください。

  • 相続不動産は全て相続登記しなければならない?

    相続登記の手続きを行ってる最中です。 相続不動産は全て、相続登記しなければならないのですか? 複数の土地と家屋を遺産分割協議により、私が全て相続する事になりましたが、 家屋は全て未登記のままだったので、相続登記しない事にしました。 結局、遺産分割協議書の内容と登記申請書の内容が異なりますが、これでも 差し支えないのでしょうか? 遺産分割協議書には家屋を相続する内容が記載され、登記申請書には家屋の 記載がない状態で法務局に提出予定です。

  • 不動産登記法77条について

    所有権の登記の抹消は 所有権の移転の登記がない場合に限り 所有権の登記名義人が単独で申請することができる。 とあり この条文の「所有権の登記の抹消」は 「所有権の保存の登記」と 「所有権の移転の登記」を併せたものをを指すとあるのですが よく分かりません。 所有権の移転の登記と読み替えた場合は 所有権の移転の登記がしてあって 所有権の移転の登記がない場合と読めるのですが どういうことを言っているのでしょうか。 単独申請の移転登記があって その後に共同申請の移転登記が 入ってない状態のことを指しているのでしょうか?

  • 遺言による登記

    Aが甲土地を相続人である弟Bに相続させる旨の遺言を作成していた場合、 (1)相続させる旨の遺言は遺産分割方法の指定であるから、相続開始時に直ちに所有権がBに移転し、Bは単独で相続登記を申請できる。 (2)他に推定相続人がいる場合はBを含む相続人全員(遺言執行者がいる場合は遺言執行者)が登記義務者になるので、Bが単独で申請するときは他に推定相続人がいないことを証する情報の添付を要する。 どちらが正しいですか?あるいは他の方法によるべきですか?

  • 不動産登記 明確な根拠を教えてください。

    AとBの共有地に,抵当権設定。 A死亡でD,Eが相続(所有権未登記)。 B死亡でFが相続(所有権移転登記済)。 B死亡の保険金で債務弁済したことにより抵当権消滅しました。 DとEで争いがあるため,相続による移転登記はしておりません。 この状態でFが申請人となって義務者とともに抵当権抹消できるでしょうか? 「共有地の抵当権抹消は,共有者の一人が申請人となってできる。」 「相続発生後の抵当権消滅は,相続登記後でないと抹消登記できない。」 これらの先例から、本件の場合どう考えるべきか教えてください。

  • 数次相続の中間省略登記に関して

    祖父A(被相続人)、叔父B(後に被相続人になる),亡父C,孫D(Cの子)、孫E(Cの子) Aの相続人として、B、DE(Cの代襲相続人)です。 Aの遺産分割協議書は未作成のままBがなくなりました。 Bは生涯独身子供なしで、Bの相続人もDE(Cの代襲相続人)です。 この状態で、Bの遺産分割協議をDEの間でおこない、 また、Aの遺産分割協議をCの相続人たるDE、またBがなくなっているため Bの相続人としてDEの間でおこないました。 結果的にはDEの2名になります。 そこで、A名義の例えば土地をDが単独取得することになりましたが 直接A→Dに移転登記(相続登記)することはできますか? お詳しい方よろしくおねがいします。