解決済み

心筋梗塞は簡単な検査では判らないのでしょうか。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.299966
  • 閲覧数484
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 87% (7/8)

先日母が急性心筋梗塞で亡くなりました。(心臓につながる3本の血管のうち、二股になっているほうの根元が詰まっていたそうです)
2ヶ月程前から胸の痛みを訴えていて、かかりつけの医院で紹介された心臓の病院で、5週間ほど前に24時間心拍計をつけて生活する検査をしたところ「軽い不整脈ですね、この程度ならみんなあるものですから」といわれ一安心していました。しかし、胸の痛みは一向に治まらず前述の医院に行ったところ肋間神経痛じゃないかと診断され湿布薬と抗不安剤をもらっていました。薬を飲んでも痛みはとれず、もう一度検査に行ったほうがいいかもね、と家族で話をしていた翌日のことでした。
後になって、家庭の医学などを読んでみたら、母が訴えていた症状と『心筋梗塞』の症状がとてもよく似ていたのです。5週間前の時点では(心筋梗塞を疑った検査ではなかったから)判らなかったのかも知れませんが、素人の私には「では、ずーっと苦しんでいたあの痛みは何だったの?」と気になって仕方がありません。
今更、な話であることは充分わかっているつもりですが、どなたかご意見を聞かせてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 36% (146/395)

お母さん、残念でした。心から、お悔やみ申し上げます。
 私が、ここに書く気になったのは、私は、まったく同じ箇所の冠状動脈が、
95%以上狭窄し、「狭心症」を起こし、バイパス手術を受けたからです。
 私の経験から申し上げますと、同じ箇所の血管が、狭窄を起こしますと、
胸の痛みよりも、日常生活において、100歩連続して歩くことができなく
なりました。
 胸の痛みだけの期間も長かったのですが、日常生活に支障をきたすことは
ありませんでした。
 このころに、病院にゆきましたが、まさしく、急に入院する事もなく、
通院しながらの検査を行う事としました。
 通院と通院の期間の間に、100歩歩いては、休み次の100歩歩く
ようになり、どうするのか、次の検査通院まで待つのか?と、2日ほど、
迷っていましたが、「胸の痛み」が、海岸に波が押し寄せるように、
起こるようになって、救急車を呼び、そのまま緊急入院しました。
 入院後の心電図でも、異常は診られず、発作時の心電図を取りたいと、
医師は嘆いていました。
 2日後に、その病院で、心臓カテーテルが4人行われる予定であったので、
私は、その最後に予定されたのですが、担当医(内科医)の判断で、一番目に
回してもらったのです。
 造影剤を、少しずつ吐き出しながら、冠状動脈にたどり着き、そんの入り口で、
まさしく、狭窄部を発見しました。
 そこで、血管拡張の措置をするのかと思っていましたが、すぐ、カテーテルを
抜き、手術との判断。でした。

 ここで、この内科の担当医に確認しました。
 もし、この箇所が100%詰まったらどうなるのか?・・・「即死」だそうです。
 それから私は、外科の患者となり手術を受けました。
 この医師は、米国でも研修し、心臓移植手術も、立ち会ったといっていました
が、この医師曰く、血管の狭窄の発生期間は、まったくわからないとの事だそう
です。
 数ヶ月の期間をかけて、狭窄が進行することもあれば、なにもない血管が、
1晩で、狭窄する事もあるそうで、まったく、分からないとのことのようです。

 上記は、私のケースで、お母さんにあてはまらないものかもしれません。

 参考までに書き込みました。
お礼コメント
mikenomama

お礼率 87% (7/8)

回答ありがとうございます。
質問はしたけれど、なかなか回答を見る気持ちになれずお礼が遅くなり済みませんでした。
母も、100歩連続して歩くことができないような状態でした。
家のすぐ横にあるゴミ捨て場へ行くのにも何度か立ち止まらなくてはならなかったようです。
bonnnouさんが、お元気になられて本当に良かったです。
お体の方はもう完全に良くなられたのでしょうか。
お大事にして下さいね。
投稿日時 - 2002-07-07 12:30:07

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 24% (94/378)

急性心筋梗塞で、心臓につながる3本の血管のうち、二股になっているほうの根元が詰まった場合は、まず助かる可能性は少ないと思われます。
循環器科の病院でホルター心電図をとられ、不整脈があったようですが、それ以外の検査はしなかったのでしょうか?多分、心電図や血液検査をしてると思うのですが。表題の心筋梗塞の判断に関する検査ですが、やはり基本は心電図です。先生が心筋梗塞を疑った場合は、補助的検査としての血液検査として「GOT、LDH、CRP、CPK、CKMB、白血球」などが判断の助けになります。いくらホルター心電図を行っても、24時間の中で症状が出ない場合は、再度検査することになります。症状が落ち着いていれば、心血管撮影でどの部分が詰まっているかを確認します。そのごバイパス手術で血流を改善させます。
お礼コメント
mikenomama

お礼率 87% (7/8)

アドバイスありがとうございます。
質問はしたけれど、なかなか回答を見る気持ちになれずお礼が遅くなり済みませんでした。
血液検査をしたと聞いたような気もしますが、はっきり記憶していません…。
投稿日時 - 2002-07-07 12:12:37
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

心筋梗塞の場合、原因が心臓の冠状動脈の血栓が主ですので、いつ何時起こるかわかりません。確かに動脈硬化症などの症状がでていればある程度検査でわかるかもしれませんが、心臓の病気はそれこそ急に発作など起こすのでいつも監視していなければなりません。
それと、病名で「急性・・・」という病気はあとでとってつけた名前でそれこそ「あっというまに」というものです。死因で「急性・・・」はもうどうしょうもなかったという病気ですね。
現在、心臓の検査としてBNPというホルモンの検査があるのですが、これでさえ結果がでるまで2~3日かかります。たとえ陽性(高値)にでてもそれは予備軍であって、いつおこるかわかりませんよ、というアラームにすぎません。検査している最中に亡くなるかもしれません。それほど心臓の病変というのは急なのです。
確かに話を聞くと誤診ととられかねない対応だとは思います。医者が患者を理解できていなかったのかもしれませんし、患者も自分の症状を医者に正確に伝えることができなかったのかも知れません。それによって医者が勘違いをしたのかもしれません。本当に肋間神経痛だったのかもしれません。あくまでも可能性です。
ただ、心臓に関しては私も時々痛みますが、自分で不安をもってしまったらどんどん悪くなるような気がします。たとえ、なんともなくても。そう思います。
お礼コメント
mikenomama

お礼率 87% (7/8)

回答ありがとうございます。
質問はしたけれど、なかなか回答を見る気持ちになれずお礼が遅くなり済みませんでした。
心臓の病気がそれほど恐ろしいものだとは思っていませんでした。
変な事を書くようですが「医者が勘違いをしたかも…」と書いていただいて少し気が楽になったような気がします。
医者にどうこうするという事はありませんが、正直言って「他人のせい」だと思い込みたい気持ちがあるのです。
投稿日時 - 2002-07-07 12:21:13
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 58% (151/256)

mikenomamaさん今日は。御心痛の程お察しします。
おっしゃる通り本当に「今さらの話し」ですが・・・。
はじめに狭心症と心筋梗塞は違うということを頭に入れておいて下さい。狭心症は冠動脈に狭窄などがあって心臓に行く血液が足りなくなって胸痛を生じる病気ですが発作が治まればもとに戻って何ごともなかったかのように生活できてしまいます。これは心電図も同じで発作の時は心電図のST部分というところが低下していたりして狭心症だと診断できるのですが発作のない時は診断できません。
そこで24時間心電図などをとる訳ですが運悪く24時間以内にハッキリとしたST低下を伴った所見が出なかったのでしょう。また胸痛を感じていると書いた時間と心電図の変化の見られた時間があわなかったりすると判断が更に難しくなります。まれにST低下でなく心室性不整脈が発作の時に頻発してそれが狭心症だったということもありますが最終的には心臓カテーテルをやらないと確診に至らないのでどの程度の症状なら心臓カテーテルをやるべきかは難しいです。年齢とか本人が入院を承諾するかなどいろいろな問題も絡んできますし・・・。
逆に心筋梗塞となれば死んだ心筋細胞から出た酵素を血液検査で調べられますし心電図でも特異な変化が出ますからまず見のがすことは考えられません。従って少なくても24時間心電図をとった時点では狭心症だったのでしょう。
更についていないことに狭窄の場所が左冠動脈主幹部という詰まればまず助からない場所であったというのも最終的に心筋梗塞で突然の経過をとってしまった原因になっていると思います。
後から考えれば胸痛と24時間心電図の不整脈から狭心症を疑って心臓カテーテルをやり冠動脈バイパス手術をやって(左冠動脈主幹部病変はいわゆる風船療法はできません)手術に成功すれば急激な転帰をとることは無かったかも知れませんが結果論です。実際不安定狭心症で責任病変が左冠動脈主幹部では緊急入院しても手術まで辿り着かない方もいらっしゃいます。
最後に・・・。肋間神経痛を疑ったかかり付けの医師の方は胸痛に関しては「心臓の病院」に紹介して不整脈だけど治療を要する程で無いという返事をもらっているわけですから「狭心症で無いなら肋間神経痛かなー?」と考えたのは無理も無いと思いますよ。それだけ「心臓の病院」でも判断しにくい24時間心電図の結果だったのでしょう。
何となく府に落ちないお気持ちは分かりますが検査結果も見ずにコメントできることはこれくらいが限度だと思います。
疑問点解消の一助になれば幸いです。
それでは。
お礼コメント
mikenomama

お礼率 87% (7/8)

詳しいアドバイスありがとうございます。
質問はしたけれど、なかなか回答を見る気持ちになれずお礼が遅くなり済みませんでした。
やはり、判断は難しいものだったのですか…。
ただ、一般的な肋間神経痛の痛みがでるらしい場所とは全く異なるところの痛みを医者に訴えていたようなので、それだけが今でも残念です。
投稿日時 - 2002-07-07 12:36:18
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ