• 締切済み
  • すぐに回答を!

円とドルの06年の動向について。

Q&A日本経済100の常識2007(日本経済新聞社)のP51から 聞きたいことがあります。 以下に分からなかった箇所をそのまま書きます。 (著作権に絡むようでしたらすみませんが削除なりおねがいします) 二〇〇六年の円相場は対ドルで円安に振れやすくなくなっています。 米連邦準備理事会(FRB)が年央まで利上げを続け、金利面でのドル資産の魅力が回復したのが大きいようです。経済成長もやや減速したとはいえ、依然安定した水準です。 これを読むと、 ドルの人気が高まって、ドル高傾向にある、つまり円はどちらかというと円安に進むはずなのでは?と思うのですが、円安に振れやすくなくなっていると書かれています。これはどういうことなのでしょうか??

noname#103153
noname#103153

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数69
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.2
  • uskt
  • ベストアンサー率49% (361/733)

No.1のusktです。補足ありがとうございました。 なるほど、そういうことだったのですね。理解しました。 ちょっと、前後の記述がないとわからないのですが、この文中では「ドル」ではなく「ドル資産」という記述になっています。 日本には、米国債をはじめとするドル建て資産が非常に多く保有されており、これが(対ユーロなどでの)円ドルの相関性につながっていることがあります。 この記述ではおそらく、ドル資産利回りの上昇に伴って円安にも一定の歯止めがかかった、ということが言いたいのではないのでしょうか? 前後に何か円のドル資産に関する記述がなく、このような内容がポンといきなり出ているようなら、かなり不親切な記述ということになるでしょうねぇ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返事が遅くなってすみません。 なんとかぼんやりですが理解できました!!!もっとはっきり理解できるよう、勉強していきたいです。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 円とドルの関係についての質問です

    「日本がアメリカから株・債券を購入すると円安になるのはなぜ?」というレポートが出されました。 一言でいうと,「アメリカの株や債券はドル建てで売られており,日本人や日本企業がこれらを購入する場合には、円を売って、ドルと交換する必要性がある。そのようになるとドルが買われ、円が売られることになるので円安・ドル高になる。」 で終わるような気がするのですが・・・。 原稿用紙800字程度だそうです。何を記載すると良いと思いますか

  • 円とドルの連動について

    円とドルの連動について 初歩的質問ですみません。。。 なぜ、円高になるとドル安、ドル高になると円安になるのでしょうか? 仕組みがよくわかりません。 どなたか教えていただけませんでしょうか?

  • 強いドル・強い円の意味を教えてください

    稚拙な質問ではございますが、以下の3点について教えてください。 強い円・強いドル、よく聞きますが、 (1) 「強い」の意味は世界経済に対する影響力が強いと解釈してよろしいのでしょうか? (2) 日本なら円安が「強い円」になるのでしょうか?それとも、円高でいることが「強い円」なのでしょうか? (3) 強い通貨のメリットとデメリットは何でしょうか? 以上になります。 教えてください。 よろしくお願いいたします

  • 回答No.1
  • uskt
  • ベストアンサー率49% (361/733)

ごめんなさい。質問のご趣旨がよくわからないのですが…。 そもそも、この記述の根拠がわからないということでしょうか? この記述では、2006年においては、金利が上昇したため、資産の割安感が増し、ドル高になりやすくなってましたよ、ということだと思います。これはすなわち、質問者様がおっしゃっている、円安になっているということで、同じだと思います。 この記述どおりならどちらかというと円安に進むということか?ということなら、その通りです、というのが回答となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

私の中では、ドル高=円安 ドル安=円高という考え方でこの文章を読んでますが、 「2006年では円安に振れやすく無くなった」んですよね。 つまり、円の人気が少し出てきたって感じですよね。 で、これに対する説明として、「ドルの金利が上がって、経済の安定感も出てきたから」と書いてあるように読めますよね? でもこれって、ドルの人気を上げることになる要因だと思いませんか? ドルの人気が上がったということは、円の人気の低下につながるはずだと思ったんです。 なので、私の中では、 「2006年は円安に振れやすく無くなりました、なぜかというとアメリカの経済が不安定な要因を見せたからです」ってなってたら、学校で習った原則どうりとなり、納得行くんですが…。

関連するQ&A

  • NZドルについて

    今、NZドルは上昇要因が高金利なためと思います。豪ドルなどが利上げしNZドルとの金利差が縮小した場合NZドルの魅力がなくなり対円や対ドルでも暴落が見込めるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 円を売るってどういう事でしょうか?

    テレビを見ていて、 日本経済の調整をするために 円を売る場合があるといってたのですが、 (1) 円を売るってどういう事でしょうか? (2) どこに売るのでしょうか? (3) 円を売るという行為があるなら買うという行為もあ  るのでしょうか? (4) 円を売る場合は、円安円高 インフレデフレも関係  しているのでしょうか? 経済初心者なので教えてください。

  • 円安と株高の関係について

    円安は、外国人投資家が日本の経済が危ないと判断して円を売るために起こると聞きます。 その一方で、外国人投資家が日本株を買い、日本株が上昇しています。 日本経済が危ないのなら、円売りと同時に株も売られて暴落するのではないかと思うのですが、 円安と株高がセットで起こるのはなぜなのでしょうか。

  • 為替相場について質問です。

     初歩的な質問だとは思いますが、よろしくお願いします。  たとえば、日本国内で大量の円売り・ドル買いが行われたとします。  この時、為替相場を決めるのは日本国内での円とドルの需給関係のはずすから、当然円安・ドル高になると思います。  ですが、なぜ円とドルの需給関係の変化していないアメリカ国内でも円安・ドル高、すなわち為替レートの一致が起こるのでしょうか?  それとも日本とアメリカでは円とドルの交換比率が異なるのでしょうか? 

  • 為替介入時、誰がドルを売ってくれるの?

    日本政府は過去に数兆という単位で大量のドルを買い付け円安誘導を行って来ました。 この時、ドルを売る側は多額の円を買い付けることになるわけですので、将来を見越して損をしないという見込みが必要であり、リスクを取ることになります。 兆単位のリスクを背負うことが出来る機関は限られていると思います。 日本政府による為替介入時、どこの組織が多額のドルを売ってくれているの? またそのドルを売ってくれる多額のドルを保有しているところって、日本政府みたいに為替介入みたいなことして円高誘導したり、ドル高誘導したりして儲けたりしてないのですか?

  • 強いドルとは?

    「強いドル」という発言をよく聞きます。 この表現はドル高を意味するのではなく、経済に強いという意味ですよね? 今はとてもドル安が続いていますが、ドル高になってほしいのではなく、 貿易赤字をなんとかするために、ドル安を望んでいるということですよね? 新聞でも総理が強いドルを支持すると新聞にもでましたが、 いままでは日銀が市場介入ということで円高に歯止めをかける行為を していましたが、今回はそれが望めないといっていますし、 日本の財政も大赤字なのに大量のドル買いなんてできるのでしょうか?

  • 円を外貨に交換するのは誰にでも出来るのですか?

    銀行で見かける外貨を交換!?している?ところが ありますが何か事前に手続きのようなものが必要なのでしょうか? またもし出来るのなら 例えば円高でドルに交換し、円安になったら ドル高で円に交換する みたいな事が出来ますか? 出来るとしたら手数料はいくらぐらいでしょうか?

  • ドル高で資源価格が下落、日本への影響は

    昨今のドル高で原油を始め資源価格が下落しているそうです(ドル建てでの話)。 ドル高が進むこと、資源価格がドル建てで下落すること、これらは日本経済にはどのような影響があるのですか?

  • 円高懸念でなぜ円売りが進むのでしょうか?

    当方経済に疎くサブプライムショックについて勉強していたところ下記のような説明があり一部合点がいかなかったため質問させていただきます。 緩やかな回復を続けた日本経済にとって、サブプライムショックの影響は株安と円高となって表れた。ドルやユーロに対し、史上最安値を更新していた円相場が欧米市場の混乱で円高に振れ、それまで株高の主役だった海外投資家も円高懸念などで 「日本株売り」に転じた。一時1万8千円を超えていた日経平均株価は7月以降、 下降に転じた 上記の説明で「円高懸念などで日本株売りに転じた」、とあるのですが円高を考慮するとなぜ円を手放したほうが良いのでしょうか? 円高であれば円の価値が高いのですからずっと保持していたほうがベストなのではないでしょうか? ご存知の方宜しくお願いいたします。

  • 経済について

    経済について( )の部分が自信ないのですがご教授ください 日本の輸入企業がアメリカから商品を輸入すればするほど、日本からアメリカに大量の円が支払われるため、アメリカの輸出企業がそれをドルに替える動きが起こるので外国為替市場ではドルをほしい人が (多く)なるからドルの価値が(高く)なり「ドル(高)」 に進む。 また外国為替市場では、円を欲しい人がドルを欲しい人に対して(減ってしまう)ので円の価値は(低くなる)。 よって、アメリカから輸入が増えれば増えるほど(円安ドル高)にすすむ。 円安になると円の価値がドルよりも(下がる)だから、今までよりも(多くの)円を払わないと外国の商品が買えなくなる  外国から商品を買っている日本の輸入企業は円安になると(得)することになる 円安になるとドル高のアメリカから見た日本の商品は(高くなる)ので、アメリカでは今までよりも日本の商品が(売れるように)なる。よって外国に商品を売る日本の輸出企業は円安になると(得)することとなる