• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

確認申請(擁壁)

敷地と前面道路に2mを超える高低差があり、擁壁を設置する場合、確認申請は必要だというのは知っていますが、 一つ疑問があります。 例えば、土木単独の道路工事で、敷地より道路部分が高い(2m超える)場合、擁壁の確認申請は必要になりますでしょうか。 工事関係者に聞くとやってないという答えが返ってきました。 個人的にはやるべきではと思っていますが。 ※(宅地造成法又は、開発許可等は該当せず)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5072
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

補足します。 >道路工事には建築基準法は適法しないのだろうか。 あなたが言う「擁壁」は、道路構造物の一部ですので確認申請は不要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

もう少し補足します 敷地は道路より高く高低差があり、擁壁の基礎が道路側(市道)でなく、敷地側(個人)に入ると考えた場合に道路構造物といえるでしょうか。 個人的に道路を支える擁壁ならば、道路構造物と言えるのかなと考えています。

関連するQ&A

  • 擁壁(2段)?確認?宅造?

    こんばんは、よろしくお願いします。 宅地造成区域内で、新設擁壁1.5mの前面に既存擁壁1.5mがあります。 新設擁壁だけを見ると、宅地造成にも、擁壁の確認申請も要りません。 既存擁壁が新設擁壁の前面1mにある場合、3mとして確認申請、宅地造成許可どちらか必要になるのでしょうか? 2段擁壁として確認等をとる場合、安全性はどのように考えればよろしいでしょうか。

  • 擁壁の工作物申請について

    擁壁の工作物申請について教えてください。 ・高さ2mを超える擁壁は工作物申請(確認申請)が必要と聞きました。 高さ2mとは、工作物自体の高さですか、それとも敷地の高低差のこと をさしているのでしょうか? 擁壁の高さに関しての根拠や条文等があれば教えてください。

  • 確認申請

    新築した家について教えてください。 実家の敷地を分筆し、家を建てました。 分筆は問題なく終了し、建築家に設計を依頼しました。 着工前、確認申請が必要と言われ手続きを依頼し、着工しました。 その後実は確認申請おりていなかったことが発覚し再三依頼しましたが、現在ほぼ工事完了してしまいました。 建築家は○○日までに手続き終了しますというメールを最後に事務所も携帯も連絡取れなくなってしまいました。 確認申請がおりてるかどうかどこで調べればいいか、またおりてなかった場合建ってしまった建物に対してはどうなるのか教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • binba
  • ベストアンサー率47% (513/1090)

工事関係者にお聞きになったようですが、 普通は、擁壁の設計と申請は設計事務所の仕事ですよ。 工事関係者はその設計図に基づいて施工する人です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

おっしゃる通りですね 実は工事関係者とは、お役所(発注者側)の担当者の事でした。 つまり指導する立場側の人間が分からないと答えたのです。 今まで2m超えはざらにあると・・・・。 工作物を申請する場合は、擁壁の構造は宅造法令8条に沿っていくと、RC造、無筋コン、間知ブロック、その他練積み等になります。(構造計算できるもの) 擁壁には上記以外の構造で2m超える(構造計算できない)のもあります。 建築行政側からみるとそれは違反構造物になるのではないか。 単なる道路工事には建築基準法は適法しないのだろうか。 確認申請が必要、不必要のラインはどこで引くのでしょうね

  • 回答No.2

高さ2m以上の擁壁は「工作物確認申請」を提出し、その際に適正な地盤調査を実施した上で、地盤の強度を算定した結果に基づいて擁壁の構造計算まで必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

高さ2m以上の擁壁は、建築基準法で確認申請をおこなわなければならない工作物として定義されています。 したがって建築工事とは、関係なく単独で建築確認をしなければなりません。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 擁壁について

    擁壁について2つ質問します。 1つは構造についてです。敷地が道路面と3M以上高く道路面に垂直擁壁を設置しようと思います。擁壁に水抜き穴など設ける場合の適正な大きさ(φ)とピッチを知りたいです。 2つは法規についてです。敷地面と道路で高低差があり平均地盤面の算定をするのですが、擁壁が高い方の敷地に接しているのですが擁壁自体の高さは3.9Mあります。高い方の平均地盤面からだと高さは500mmとかになるのですが、この場合でも道路面から2Mを超えているので工作物申請が必要なのでしょうか?教えてください。

  • 確認申請・・・

    初歩的な質問で申し訳ないのですが、用途上不可分(同一敷地内に建てて良い)の敷地内に新たに住宅の建築をする際には現在建っている既存の建物も確認申請の範囲に入るのでしょうか?

  • 確認申請(増築)で教えてください。

    高低差のある敷地に建築されたマンションにバイク置き場の増築を計画中です。 増築で確認申請を行うのに、最高高さは現況の設計GLからだと、マイナスになってしまうのです。 増築の場合、新築時のGLは変更できないのですか??

  • 確認申請が必要なのか

    敷地内にゴミ置き場を作ろうと思ってますが、面積が20平米になるんです。 単管パイプで組み立て、波板で屋根、壁を覆います。 この条件では確認申請が必要じゃないかと言われたのですが、本当にそうなんですか? それならビニールハウスとかでも要るということですか?

  • 隣地境界擁壁の費用負担について

    緩やかな坂道沿いにある土地を購入しました。 私の土地も高地側の隣接地も現況は畑ですが、双方既に5条申請済みで建築準備に入っています。 着工は私の方が若干早くなりそうです。 畑なら問題無い程度の傾斜ですが、住宅用地となると、どちらも造成して平坦にするのが一般的だと思います。 私も造成するつもりでいますが、前面道路との高低差の関係から隣地境界で60cmほど切土するつもりです。 相手方の計画は聞いておりませんが、同じく道路との関係、相手方の敷地面積を考えると、2m以上の盛土になりそうで、結果的に2.6m以上の高低差が生じる可能性があります。 原因者負担の考えに基づき、切土断面分の土留擁壁を私の負担で私の敷地内に構築するのは当然だと考えておりますが、相手方も同じく相手方の敷地に盛土分の土留擁壁を作る必要が有ると思います。 双方がそれぞれ必要なものを作っていては、コスト的にも敷地的にも非効率的だと思うので、高地側の敷地内に切土後の私の敷地のGLから擁壁を構築(所有権及び管理責任も相手方)してもらい、私は切土断面分にかかる費用相当額を相手方に支払いたいと考えています。 相手方が条件を受け入れないのであれば、自分の敷地に60cmのC種重量ブロック積み擁壁を作るつもりです。 数日後に相手方と相談するつもりですが、隣人との関係は大事にしたいので、私の考えにおかしな点が有ればご指摘下さい。 宜しくお願いします。

  • 業者が確認申請を出していない

    よろしくお願いします 父が3年前に自宅を増改築しました。100m2の内の30m2を残して70m2を撤去して基礎からすべて新しく造り替えました。 この度父が亡くなり相続することになったのですが、調べてみると工事の見積り書はありましたが、契約書や確認申請書・検査済証がありません。工事を請け負った業者に聞いたところ、正式な契約書はかわしておらず、確認申請も出していないとのこと。確認申請を出していないと違法建築で安全性も不明で売却時に不利ではないかと思うのですが、誰がどう責任を負うべきでしょうか?又、確認申請を出していないことで他に不利益があるでしょうか?

  • 物置の確認申請

    職場の有料老人ホーム(RC造3F)の敷地内にヨドコウなどの既製品物置(4平米ほど)を 置きたいのですが、確認申請がいるとのアドバイスを受けました。 敷地が準防火地域なので面積に関係なく確認申請が必要とか・・・。 その旨、行政に問い合わせた所、厳密に言えば建築物になり確認申請が必要だが 既製品物置で確認申請を通した前例が無く何とも・・・・と言う回答でした。 暗黙の了解で建ててもいいのですが、土地が借地なので家主さんとの契約で建築基準法等を 厳守する事となっていますので、暗黙の了解では家主さんの了解が得られません。 4平米のヨド物置の確認申請は通るのでしょうか?素材は全て亜鉛鋼板です。 ちなみに場所は境界のフェンス沿いに建てたいので延焼ラインというのに入るそうです。 よろしくお願いします。

  • 隣地境界線に沿ったRC擁壁について

    擁壁について良くわからないため教えてください。(宅地造成規制区域内です) 現況地盤は隣地と同レベルです。隣地より、2.3m掘り下げて駐車スペースにする予定なのですが、(駐車場の奥に擁壁を回し宅地とします。)隣地側は住宅が建っています。 駐車スペースを広く取りたいがため、擁壁を可能な限り隣地境界に寄せたいのです。(敷地は前面道路より2.3m高く、道路側が法面です) その場合、2.3mの崖を逆L型擁壁でささえることになると思うのですが、擁壁背面側の施工スペース確保が必要なため、やはり隣地境界線から一定距離開けるしか方法はないのでしょうか? その場合最低どの程度離れが必要でしょうか。 また、プレキャスト擁壁であれば、ある程度寄せられるかもと考え調べてみましたが、大臣認定を取得した擁壁としてはL型、逆T型擁壁はありましたが、逆L型擁壁は見つかりませんでした。逆L型の認定品はやはりないのでしょうか。ぜひご教示願います。

  • 敷地境界のもたれ壁を鉛直擁壁に変更したい

    我が家の道路側の敷地境界は、深さと幅が50cmほどのコンクリート造り側溝に面しています。この側溝の横壁に接するように1:0.5程度の購買で高さ0.5m~2.5mのもたれ壁になっています。もたれ壁ですので、かなり敷地境界に入り込んでいます。この分、敷地が無駄になっているので、前面が鉛直の擁壁をくっつけて立ち上げ、もたれ壁面を滑らないように固定し、敷地を有効に使いたいと思っています。 そこで教えていただきたいのは、次の2点です。 ・このような工事を勝手に行っても良いものでしょうか。宅地造成関連で市役所の許可がいるのでしょうか。 ・このような工事を行った例をご存知の方、この2つの擁壁を一体化させるための良い方法があれば教えてください。

  • プレハブの確認申請について

    自己所有地に7200×7200のプレハブを事務所として設置する予定でいます。 プレハブ会社からは地域によって確認申請が必要な地域と必要ではない地域があるので 確認してくださいとのことでした。 ここで色々調べたところプレハブでも確認申請が必要とのことですね。 ですが、知り合いの2級建築士さんに聞いたところ、地面に束石を置いてその上に ポンとプレハブを乗っける形だと確認申請は不要であり、 基礎工事や風除室をつける際の土間コンクリートの工事をするのであれば 確認申請は必要ですと言われました。 ここで調べた結果とは違うなぁと思いながらも、市役所の建築指導課へメールで相談したところ、 やはりプレハブでも確認申請は必要ですと回答されました。 不必要だという知人の建築士、必要という市役所。 やはり市役所のおっしゃる方が正しいかと思いますが、 確認申請の手続きをせずに事務所を設置している会社を知っていますし、 よく、自宅脇に6畳くらいのプレハブを物置にしておいている家庭も見かけますが、 その方々はちゃんと確認申請をしているのでしょうか? もし、確認申請を行わずプレハブを設置した場合はどうなりますか? ちなみに市街化区域の第一種住居地域になります。