解決済み

秋田新幹線「こまち」で旅行にいきたいのですが。。。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.299267
  • 閲覧数511
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 19% (12/62)

はじめまして。oliveと申します。
7月20日から23日まで秋田へ旅行しようと計画しています。少しでも旅行代金を節約したいのですが、どのようにしたらいいのでしょうか。
金券ショップの相場はだいたいいくらくらいなのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
ちなみに、以前24,000円ほどで行ったことがあるという話しを聞きました。(恐らくシーズン外だと思いますが)

なお、質問が重複していましたらお詫びいたします。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 29% (486/1651)

「おはようこまち秋田往復きっぷ」(22000円)がいいでしょう。
ちなみに「グリーン車タイプ」(25000円)も新登場!
あとは、「秋田・東京フリーきっぷ」(28200円)。こちらは「こまち」のほかに寝台特急「あけぼの」のB寝台とB寝台のソロ(個室)があります。

4/30までは「秋田~田沢湖」の「こまち2・4号」の指定に乗った方に「モーニングサービス」(おにぎりかサンドイッチとお茶)がありましたが...

あとは「こまち回数券」(1枚あたり13300円/ただし金券ショップでバラで買った場合、払い戻しが効きません)があります。(また、8月の一部は利用できない期間あり)

参考URLは、JR秋田支社のHP。JR東日本のHPと合わせてご利用ください。
なお、ホテル利用の際は「びゅうプラザ」にご相談したほうがいいと思いますよ。
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

 恐らく『おはよう秋田往復割引きっぷ』が最安だと思います。ただ往路の列車に乗り遅れると往路の券片が無効となるので、1万6千円程度追加で払うことになります。
 http://www.jreast.co.jp/tickets/de_f.html?ID=224

 ただ20日出発ですので、『3連休パス』か『ふたりの北東北きっぷ』が使えます。
 『3連休パス』はJR東日本全線の特急・急行の普通車自由席・指定席が乗り放題になるものです。24000円ですが、秋田であれば十分に元が取れます。中高生8000円こども4000円もあります。但し注意すべきなのは乗車当日には発売しないので7/19までに購入する必要があることですね。
 http://www.jreast.co.jp/tickets/de_f.html?ID=280
 もし男女カップルでの移動であれば、『ふたりの北東北きっぷ』がお勧めです。盛岡と秋田を結んだラインから上の北東北エリアの普通車自由席が乗り放題です。出発地から北東北エリアまでは新幹線普通車指定席または寝台列車(2人用B寝台個室含む)が使えます。なお値段ですが2人で東京都区内発44000円(1人あたり22000円)です。『こども北東北フリーきっぷ』(オプション 3000円)もあります。
 http://www.jreast.co.jp/tickets/de_f.html?ID=284
  • 回答No.1

ベストアンサー率 64% (67/104)

東京駅←→秋田駅の単純往復、東京駅7:40発の新幹線に間に合う
という前提でしたらJR東日本で「おはよう秋田往復きっぷ 」という
商品を発売しています。料金は22,000円ですが、行きの新幹線に
乗り遅れると追加料金が発生します。

条件があわないようでしたら
出発地、到着地、単純往復か周遊タイプかなどを補足してください。

参考URLはJR東日本の「おトクなきっぷ」コーナーのものです。
条件が合えば金券ショップで購入するよりも安かったりします。
もしよろしければご参照ください。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ