• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生物の進化と自然淘汰説

ダーウィンが唱えた「自然淘汰説」による種の進化について教えて下さい。 簡単に言って、種をとりまく環境からの淘汰圧によって有利な系統が生残し、こうした自然選択と交配を繰り返す事で種が進化する、という理解で正しいでしょうか? 自然淘汰説は、進化を説明する上で不十分または誤っているという意見をいろいろなところで耳にします。私自身は、自然淘汰説は非常に分かりやすくて親しみやすいストーリーだと思っているのですが、どういった点で誤っているのでしょうか。また、種の進化について、現在の主流となっている学説をご紹介いただければ幸いです。参考HPや書籍でも結構です。よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1206
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

んー難しい質問ですね。 私の立場としては「自然淘汰説は否定できないが万能でもない」 ですね。現在の進化論は総合進化説が保守本流であり自然淘汰は 自然選択の一要因です。 例えば初期の進化論では生存競争に有利な種が生き残ったという 思想がありましたが、ライオンのたてがみや孔雀の羽など生存競争には 不利にはたらくであろう進化も生き残っています。これを説明したのが 利己的遺伝子説です。一般の方の中にも「生物はより優秀な遺伝子を 求める」と信じられていますよね。これにより突然変異した個体の 遺伝子が集団に広がり種が進化するという説です。 しかし、社会生物学においては利己的遺伝子という概念は疑問視されて います。つまり、生物においては多様性が重要であって有利、不利で 子孫を残すことはしないということです。実際にサルの群れでも一見、 体力に優れたボスと交尾をしているように思えますが雌はボスの目の 届かないところでは他の雄を誘惑し異なる遺伝子も遺伝させます。 また、動物行動学においても表現型のことなる個体は、それが生存競争に 有利であっても集団から弾かれることがあります。つまり、優秀な遺伝子 であっても配偶者を見つけることができないということです。 同様に発生生物学においても生存競争による自然淘汰には疑問的です。 「個体発生は系統発生を繰り返す」という言葉が有名ですが、ある種の 幼生はより下等な動物の成体に似ているということは生存競争の原理から すると矛盾してしまいます。キリンでいえばより首の長いキリンほど 競争に有利だったとすれば首の短いキリンであるオカピの存在が説明 できません。したがって現在では生存競争による自然淘汰は万能では ないんですね。 生存競争ではない自然選択に集団遺伝学における固定という概念が あります。メンデル遺伝学の考えだと突然変異した遺伝子は必ずしも 子々孫々受継がれるものではありません。あくまでも確率的なものです。 しかも変異遺伝子はホモ状態では致死遺伝子となるものも多いため 多くの変異遺伝子は有利、不利に関係なく世代を重ねるにつれて 淘汰されるます。ただ、まれに集団に固定されるものがあったり 集団に固定される前に環境の変化等によって変異遺伝子を持つ 一部の集団だけが生き残り固定されてしまうのが群淘汰説です。 集団遺伝学においては木村先生の中立説も有名ですが、これは 「分子進化の中立説」であり木村先生自体も形態進化までは普及 していません。むしろ、他の学者がこの概念を形態進化にあてはめて しまった感じがしますね。ちなみに私も遺伝研に所属していましたが すでに木村先生は故人でしたし現在は活発に研究されているようでは なかったですね。 中立説では生物の遺伝情報は有利、不利に関わらず継続的な変異が 起きていることを示しています。これが古生物学者には受入れ られませんでした。というのも化石をもとに考えると生物の進化は 一定期に爆発的におこり次の時代ではほとんど絶滅しているからです。 これを断続平衡説といいます。つまり、生物には進化する時期と 進化しない時期があるので継続的な変異を必要とする中立説では 進化は語れないというものです。ちなみにこの古生物学者こそ スティーブン.J・グルードであり、生物系の学生には魅力的な 書物を残されていましたが、先月お亡くなりなりました。 自然淘汰を否定しているものとしては構造主義進化論というものが ありますが、よく知りません。一度、JTの研究館でオサムシの 進化が血統ではなく平行放散進化説だということは聞いたんですが これも忘れてしまいました。 最近では細胞共生説というものがあります。これは現在の細胞内に 存在する葉緑体やミトコンドリアは元は独立した生物であったという ものです。鉄の枯渇に伴い海中の酸素濃度が急激に高まったときに 単細胞生物が酸素を利用できるバクテリアを細胞内に取り入れることに よって爆発的な進化を遂げたというものです。つまり、自然淘汰に よって競争に有利な生物が生き残るのではなくて、共存によって 進化するという考えです。現在の生物種でも競争ではなく共進化に よって進化したと考えられる生物がたくさんいます。これを地球規模に したのが自然愛好家で流行しているガイア理論です。 更に一度はダーウィニストによって葬られたラマルクの進化論も 捨てがたいですね。もちろん、ラマルクの唱えた獲得形質の遺伝は 否定されていますが(現在は情報伝達子と呼ばれるミームが有力) 要不用説は必ずしも否定できません。これを証明するのが洞窟魚の 目の退化です。実は退化したといっても目の遺伝子そのものは 存在しています。したがって、遺伝子の突然変異により表現型が 変化するというダーウィニズムは当てはまりません。同じことは 工業地帯の蛾の現象にも言えます。自然淘汰というとこの写真が 有名ですよね。白は目立つから黒い蛾が増えたというものです。 しかし、これも蛾が煤を体内に取入れた環境からの個体変異で あって、黒い蛾が選択的に優位であることは証明できませんでした。 発生生物学においては遺伝子重複説も有力だと思います。 ちょっと前までの発生生物学の論文はほとんどがHOM/HOX遺伝子 ばかりでした。簡単に言えば特定の遺伝子はその上流の制御を 受けるために、それらの遺伝子の組合わせによって新しい表現型が 誕生するというものです。対応する遺伝子そのものはハエもヒトも ほとんど同じことが分かっています。よく、SF映画でハエの遺伝子を ヒトに組み合わせて複眼の人間ができたりしますが塩基配列は同じ なので現実的ではありません。 他にも今西進化説やウイルス進化説、先行進化説などがありますが この辺はちょっと無理がありますね。まあ、理論としては面白いんですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただいてからずいぶん長い時間が経ってしまい、申し訳ありませんでした。事情あってネットが使えませんでした。 進化の過程については諸説あり、どの学説も明らかに証明されたものではない。また、一口に進化と言っても種レベルの進化、集団レベルの進化、表現形の進化、遺伝子レベルの進化等々、論じる対象が千差万別であり、これらを十把一絡げに「生物の進化」として説明することは不可能である。という理解でよろしいでしょうか。 どの学説も一方では的を得ていますし、一方では矛盾を説明できていないですよね。そのことが新しい興味を引きますし、同時に隙が生じているために、面白いところだと感じます。 ただ現在の生物学においては、生物の進化という大きなテーマがさまざまな分野に細分化され、全体を通したビジョンが捉えにくいですね。それゆえに、進化というテーマが研究者だけのものになり、一般人からはかけ離れたものになっているように感じます。テレビ等でダーウィンの進化論=生物の進化を説明する唯一の手段、とも捉えられかねない番組が放送されるのは、研究者と一般人の理解レベルの違いがあるからでしょうね。 だからこそ、ダーウィンの進化論は分かりやすくて好きです。けれども、今回いろいろなことを教えて頂いて、ダーウィンの進化論を「信じる」ことは誤っている、とわかりました。 ダーウィンの進化論はある確率で生じる偶然の積み重ねで説明されていると思いますが、私自身、これには以前から疑問を感じていました。例えばカマキリが花弁そっくりの擬態をおこなう事など、確率では論じることができないと思うからです。 今回、さまざまな学説を教えて頂いて、断片的ではありますが、私の頂いていた疑問に少しずつ説明がつけられるようになったと思います。本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • ダーウィンの進化論はラマルクの進化論とは違います

    ダーウィンの進化論は、進化の主役は自然にあり、それを「自然選択」といって、これはデカルトに始まる機械論的世界観によるものですので、目的がありません、偶然により進化します。 それに対してラマルクの進化論は彼の「動物哲学」で述べられているもので、キリンの首が長いのは、高いところのエサを食べようとして意志し、首を伸ばそうとして首が長くなったと言いました。 それを「獲得形質の遺伝」と言っています。 ところが、どなたか、首を伸ばして高いところのエサを食べるのをダーウィンの進化論と同一視して論じる人がいます。 でも、ダーウィンはそんなことは言っていません。 自然が選択して、たまたま首の長いキリンが生まれて、それが環境に適応した結果、首の長いキリンが種を増やした、と言っているだけです。 19世紀の末、英国のハーバート・スペンサーは「社会進化論」で、自然界には生存競争があり、その生存競争によって種は「淘汰」される、そして「淘汰」を生きぬいたものだけが生き残る、と言いましたが、それもダーウィンの進化論とは違うものでした。 19世紀の英国による世界制覇を合理化・正当化するためと、当時の英国の「進歩思想」、歴史は進歩発展するという思想に基づくもので、ダーウィンの進化論とは似てもつかないものでした。 ダーウィンは自然界に「生存競争」があるなんて言っていませんでした。 だから「自然淘汰」と訳していますが、正式には「自然選択」です。 それに「進化」と言っていますが、どちらかといえば「変化」です。 「進化」というと、進歩発展を連想しますが、ダーウィンは環境の変化に応じて、種も変化すると言っているだけです。 自然が進化のイニシアチヴを握っている、という意味で。 確認質問です。 間違っていますか?

  • 大進化について教えてください

    進化論で説明できないところがあります。 遺伝子の変異と自然選択による小進化は大丈夫なんですが、種を超える大進化が説明できません。どう説明すればいいのでしょうか。

  • 多種多様な生物について

    自然淘汰によって進化するはずの生物が、何故こんなに個性豊かに多くの種ととして現存するのか?逆に、一見無駄に見えるものも含め、多様な生物がいることはどんな意味があるのでしょうか? 教えてくださいませ!お願いします!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

現在の進化論の主流派は、ネオダーウィニズムと呼ばれる進化説です。これは、ダーウィン流の自然淘汰説に、現代的な突然変異説を取り込んだ学説です。進化論も、DNAレベルの研究、遺伝学、分子生物学など、色々な角度から議論されています。比較的最近では、木村資生の中立説という成果も上がっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただいてから長い時間が経ってしまい、申し訳ありませんでした。 遺伝的な変異には、有利とも不利とも言えない「ある程度の幅」があり、安定した環境下ではそれらは生物の生存には影響しない。しかし何らかの方向付けが行われるような変化(例えば環境の悪化)などが生じると、こうした遺伝的な変異が有利または不利に働くことがあり、生物の進化が生じる。 というのが中立説ですよね。これは以前から知っていましたが、結局はダーウィンの自然淘汰説を発展させて掘り下げたものではないでしょうか?私は中立説も好きなのですが、私はダーウィンの進化論と同じ方向の考え方だな、と認識しています。 種の進化に関する研究が詳しく進められるのは非常に面白いですが、細分化されて一般人には理解しがたくなってゆくのが残念です。何か、画期的なブレイクスルーが見つかると良いのですが、それは難しいかな?

  • 回答No.2

私も進化論は好きなのですが、考え的にはその様なかんじではないでしょうか。 ただ、証明された説ではないので反論もあるかと思います。 反論の主なところは中間生物がいない事でしょうか。 良くある例では、キリンの首はなぜ長いというのがあります。 ダーウィンの理論だと、より首の長い種が自然淘汰で残っていく事になりますが、そうすると首の短い種と、長い種の間に中間の長さの種もいるはずです。 ですが、その中間種が見つからないという物です。 私は最近は、突然変異説というのも好きですが。 首の短いキリンから、ある日突然首の長いキリンが生まれるというものです。 こちらは、有害宇宙線や隕石の衝突が原因に考えられているようですが、どうでしょうか。 実際の生物の進化とはどの様なものなのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答頂いてから長い時間が経ってしまい、もうしわけありませんでした。 確かに中途半端な首の長さのキリンなどいませんね。極端に長い首ばかりです。そのあたりを説明しようという説が、中立論なのでしょうか。方向付けがなされると、その方向に一気に進化が加速される、という説だったと思います。ただ、中立説は遺伝子レベルの話でしたので、実際にキリンの首の長さが一気に伸びたという意味ではなかったですね。。。 突然変異によってある日首の長いキリンが生まれた、というストーリーには、私は同意しかねます。生物はそれほど不安定なものでは無いと思うからです。どの生物も、長い年月をかけて、現在の地球環境にそれぞれ適応した形態や生活史を持っており、それぞれが完成された生物だと思います。もちろん、環境変化や競争によってどんどん進化は進みますが、いまの瞬間においてはどの生物も安定しているのではないでしょうか。そうして今ある生物が、ある日宇宙から降り注いだ有害宇宙線や隕石などによってガラリと変わってしまうほど、不安定であるとはどうしても思えません。生物には自己修復機能が備わっており、DNAの損傷さえ修復できてしまいます。もちろん、種々の実験動物などを見てもわかるように突然変異によって表現形が変化することは明らかですが、種の進化を説明する場合には、ある日突然変異によってキリンの首が長くなった、とは言えないと思います。 生物の進化には偶然性も感じますし、必然性も感じます。また同時に作為も感じてしまいます。私自身、まだまだ知識が足りませんので考えの及ばぬところですが、これからも進化についての話題には興味を持ちつづけてゆくと思います。今回は御回答、どうも有難うございました。

  • 回答No.1
noname#1892

私自身は・・・聖書の説を支持していますが。 = 進化論はNG派 です。

参考URL:
http://www.meken.med.kyushu-u.ac.jp/~tosakai/chicago.html,http://www.nig.ac.jp/museum/evolution/C/bunsi-01.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御回答いただいてから長い時間が経ってしまい、申し訳ありませんでした。 造物主の存在ですね。私は無神論者ですが、確かに進化には作為を感じるところも多々あります。植物の巧妙な繁殖戦略や、昆虫の擬態、我々人間の存在など、偶然の産物としては出来すぎていると感じてしまいます。 けれども、例えば家畜や農作物など、もともと地球上には存在しなかった生物を作ることに、人間は成功しています。要するに、品種改良です。最も単純な品種改良は、優れた個体同士の交配を繰り返してゆく選抜育種ですね。ホルスタインやお米、ブタ、イヌ等々、こうして生まれた生物はたくさんいます。雄と雌が交配して子供が生まれるという過程を何度も繰り返せば生物が変化するということは、すでに明らかなのではないでしょうか。こうした交配が自然界で生じたとしても不思議は無く、従って生物は自ら変化(進化)することができると言えると思います。 ただ、自然界において実際に優れた個体同士が交配し続けるかどうかは、私にはわかりません。優れた個体を残そうとする繁殖戦略は多く見られますが、同時に多様性を生み出そうとする「ランダムさ」もたくさんあると思うからです。そうした中で本当に進化が生じるのかどうか、ますます興味が持たれるところです。 人間も地球上の生物のひとつに過ぎない以上、品種改良という行為も、生物の進化を促す一要因にすぎないのかもしれませんね。

関連するQ&A

  • 生物の「種」はどうやって出来たのですか?

    「進化」はいわばマイナーチェンジのようなものと思うのですが、「種」はどのように出来たと 最新の科学では考えられているのでしょうか? インテリジェントデザイン論などは思考停止だとかいう人もいますが、突然変異した物の自然淘汰の結果だけではせいぜい「進化」するのが限界で、全く違う「種」がこの世に誕生するとはどうしても想像できません。 お詳しい方のご意見お待ちしております。

  • 生物のギモン。

    この世には自然淘汰によって進化するはずの生物が 何故こんな個性豊かな多くの種として存在するんでしょうか。 食う、食われるの関係によって特定の生物がまた特定の生物を捕らえるので 進化は一方通行にはならないんでしょうか? また、ド派手な模様をした蝶々などは生きていくうえで、 その模様はさほど必要ないように思えますが。。 このように一見無駄に見えるものを含めて、多様な生物の存在ってどんな意味を成しているんでしょうか。

  • 生物の進化について質問があります。

    地球上の生物は地球誕生以来、数十億年をかけて多種多様の種に 分化し進化してきました。ダーウィンやその他の生物学者らの説明では、 その進化の起こり方(メカニズム)について 「無目的な突然変異と自然選択によって形質が変化する」としているようですが 説明しきれていないように思え、なにか釈然としません。 ・・・ある科学番組を見ていたときにナレーターがこんな解説をしていました。 地球上の生物の大多数が可視光領域(360nm~780nm?)で光を知覚するのは 原始の生物は海の中から発生し、水は電磁波の可視光領域をよく通すからという説明でした。 つまり、まだ光の知覚能力の無い原始の生物は可視光領域の光にさらされていたので その領域を知覚できるようになったとの説明でした。 この事例を聞き、自分なりに考えてみました。 生物が進化する(形質が変化する)メカニズムついて、どんな生物にもDNAがある事は 言うまでも無い事ですが、そのDNAが外界から直接刺激を受け取り、 その刺激に応じたDNAの組み換えを行う機構をDNA自体が持っているのではないか という考えが浮かんできました。 もちろん私は学識者でもなければ専門的な知識も持ち合わせていません。 ですからこれは素人の思いつきでしかありません。・・・ ダーウィンらの進化のメカニズムの説明が十分でないと思われる方がみなさんの中にお見えになるのでしたら、この仮説が成り立つと思われるかどうか、また、別の考え方があるかどうかも是非ともお答えください。 ※「YAHOO知恵袋」さんでもこれと同じ質問をさせて頂き、大変参考になりました。   更に、より多くの方々にご意見をお伺いしたいと思いましたので、ここでも質問させて   頂きます。   何卒ご容赦ください。・・・

  • 人間は何故,裸への進化を選んだのか。

    人間は何故,裸なのか?。進化論的には絶対に不利であるが,それを選択した。 島泰三氏の「はだかの起原」という本があります。 要旨はヒト科の中で毛皮を失ったのは現生人類だけだという。毛を失うと、保温や防虫ができず、生存上きわめて不利でそんな進化はダーウィンの「適者生存」で説明できない。進化論には穴があるという。 こうして島氏は「重複する偶然」による「不適者の生存仮説」を唱える。「裸化に利点はない。しかし、裸化した人間が成功した理由は、裸化にある」という。自然淘汰に反していながら結果的に繁栄をもたらすような、一見、目的論的な変異はダーウィンと矛盾するわけではない,と言われる。 島氏の推論は抽象的な表現あって,私のような凡人には理解不能です。他に,人間が何故,裸なのかのご意見をお伺いします。なお「アクア説」はご勘弁願います。

  • 自殺願望・戦争欲とホメオスタシス=自然淘汰?

    餌が多いと生まれた個体が生き残る確立が上がりますが、同時に生き残ったその個体を食べる上層の個体数も増えていくというのは食物連鎖の理、生態学で観察されているところだと思います。 人間が地球上で食糧の獲得に安定性を得(ビニールハウス、養殖、遺伝子組み換え等)、更に医学によって病気がコントロールされ、科学・文明によって衛生が管理されると、子孫の生き残りの確立は俄然高くなりましょう。そのため、少人数の子どもでも遺伝子が継がれていく(種の保存ができる)という動物的にプログラムされた無意識から思考と行動が決められていくというのも、進化論に通じていることだと思います。 個体数を一定に保ち続けようとするホメオスタシスの欲が、種全体として動物的に働くとき、自殺願望あるいは戦いたい欲は避けられない要素になってきますでしょうか?自殺や戦争などの現象からの生き残りは自然淘汰の一種になり得ますか?

  • 「変化論」でなく、「進化論」と呼ばれるわけは?

    進化論について、非常に初歩的なことがわからなくなってしまいましたので、教えてください。 「進化論」は、遺伝子の突然変異と自然淘汰により、生物の進化が進んだという考え方だと思うのですが、もし、そうだとすると、「進化論」は、「生物の性質が変化すること」、すなわち、「様々な多様な生物が発生すること」の説明にはなっていますが、「生物が進化する」ことの説明にはなっていないのではないでしょうか? 「変化」という言葉には、「方向性」の意味は含まれていませんが、「進化」には、「より高度な方向へ向かっての変化」というような方向性の意味が含まれていると思います。 「進化」という言葉の意味をそのように考えると、「進化論」は、生物種が「変化」する理由の説明にはなりますが、「進化」する説明にはならない、すなわち、「生物が高度化する説明」にはならないのではないでしょうか? 何故なら、自然淘汰された種と自然淘汰されなかった種があった場合、後者が前者より「高度」であるという根拠は全くないからです。例えば、「マンモス」が淘汰され、「みみず」が未だに淘汰されていないからと言って、「みみず」の方が「マンモス」より高度だとは言えないからです。 従って、「進化論」は、本当は「変化論」と呼ぶべきなのではないでしょうか?

  • 中立説と自然選択説の論争

    こんにちは。 私は大学で生物学を専門に勉強しているものですが、木村資生著の「生物進化を考える」をよんでいくつか理解できなかったことがあるので質問しました。まず、ダーウィンの自然選択説での自然淘汰と木村資生の中立説がなぜ論争がおこったのかわかりません。まず、私の認識では中立説は突然変異が、塩基配列やアミノ酸を変化させても、表現型やタンパク質を変異させないという中立的なもので生命体にはよく頻繁におこっているという仮説で、自然淘汰はほかの同一種の個体はもってない、生活に有利な遺伝子をもった個体が生存競争を勝ち抜き、そしてその遺伝子が生物集団に固定され、進化が蓄積されるという説というふうに認識しています。しかし、これらの説は違う次元の話をしているようで、どちらが正しいときめつけることは無意味だとおもうのですが、どうして論争がおこったのかおしえてください。

  • 天敵のいない人類はどうなるのか?

    人類には天敵が必要ではないのか?同じような質問で恐縮ですが、論点を整理してみました。医療や食料事情の改善によって、昔なら生きられなかったような人でも生き延びて子孫を残せる現代では、自然淘汰の原理がうまく働かないように思います。モテる 男しか子孫を残せないという性淘汰は働いているけど、性淘汰だけでは、優しい人や顔がいい人など、社会の中で適応性の高い人ばかりが子孫を残すことになります。また現代のー夫一婦制度では、優秀な男が沢山子孫を残せる訳でもありません。性淘汰と自然淘汰の両方が作用して初めて生物としての種の質の維持が出来ると思います。性淘汰だけでは人類はどんどん軟弱になると思います。戦争が自然淘汰の代わりになるという意見もあるけど、戦争の死者は意外に少ないし、弱い人が死ぬのではなくむしろ屈強な若者が兵士として命を落とすし、これから科学戦争の時代になれば、無差別殺人で、適者生存にはならず、淘汰圧とはならないと思います。病原体はどうかと言うと、威力が強すぎるか弱すぎるかだし、医学の進歩もあって、一時期大流行することはあっても、半永久的に淘汰圧として作用するものではないように思います。では科学がもっと進歩して人工受精の精度が上がり人工胎盤によって優秀な人間を人間自身が作れるようになれば良いかと言うとそうでもないと思います。子孫を残そうとする動機として、モテたいとか生きたいという欲望が不可欠だと思います。なんの欲望もない状況で、自分の腹を痛めた訳でもない子供を半永久的に作り続けるのはモチベーションが続かないと思います。現代の少子化傾向も、先進国に顕著なように、本質的には生命の危機が少なくなった事による動機の欠如があると思います。長く生き残っている生物は必ず天敵がいてうまくバランスをとっています。このようにいろいろ考えると、どうしても人類には天敵が必要で、天敵がないと人類は早晩滅びてしまうのではないかという結論に達してしまいます。天敵がいない人類はどうなってしまうのか、またこれからどのようなものが天敵として可能性があるのか、憶測で構わないので意見を教えてほしいです。長文すみません。

  • 現生人類と猿人

    何百年前の猿人の化石が発見されたと新聞によく掲載されてますよね。 そして、人類に進化の過程で様々な種類の原人が存在していたそうですね。 私は、我々の祖先はオーストラロピテクスや北京原人、ジャワ原人、 ネアンデルタール人など「直系」だと思ってました。違うのですね。 アフリカ東部でいろんな種類の人類が進化し、一番繁殖力のある人類 が生き残り世界に渡ったのがホモサピエンス。これも違う。 どうもいろんな人類が世界に渡り、いろんな地域で共存したり、 敵対したりして、淘汰され残ったのがホモサピエンスだと。 これが正解ですよね? さて質問! 1.共存の場合、交配はあったのですか?雑種が出来て遺伝的に   さらに強くなったとか? 2.いろんな種が世界に拡がった・・・であると、   決してホモサピエンスだけが生き残るのか?   ある隔離された、島とか谷などで、一部の種は生き残るのか?   雪男とか狼少年、小人、河童とかは、大昔の先祖が経験、記憶   から来る言い伝えだと聞いたこともあります。 3.生物学知識がないからこんな質問するのですが、   この場合の種はどのくらい違いがあるのか?   犬の種類くらい? 遺伝的に全く違うのか?   

  • 自然界で、劣った生物(人間)は、自然淘汰される

    自然界で、劣った生物は、「自然淘汰」される、、というではありませんか。 なぜ、いまだに 1、頭の悪い人間 2、ブスな女性 3、体の弱い人間 が生まれているのでしょうか?なぜ、淘汰されていないのですか? 独り言(さしずめ私なんぞは、1と2か。イヤになりますよ。)