解決済み

オーディオCD-Rって?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.298577
  • 閲覧数37
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 7% (17/228)

普通のCD-Rと何が違うんですか?パソコンでも使えますよね?それから車のチェンジャーでも使えますか?教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
yuseiさんのおっしゃる通りです。
補足させていただきますと、音楽用CD-Rは購入段階で著作権料を支払っていることになるわけですが、、最近増えてきたCCCD(コピーコントロール変な板、じゃなくてCD)の場合は、オトすことは原則として許可されていませんのでご注意のほどを。
あとカーオーディオですが、CD-R/RW対応機種でない場合は、ダメモトでCD-R(RWは反射率が低いため)を用い、低速で焼いて試してみてください。
メディアは、太陽誘電(That's)等の信頼できるブランド、そうでない場合は「フタロシアニン」という色素を使ったものを利用しましょう。

録音の可否についてですが、オーディオ用のCD-Rドライブは、民生用のものと業務用のものに分かれておりまして、民生用のデッキは「オーディオ用」のものしか受け付けてくれない構造になっています。
また、オーディオ用CD-Rメディアは、確かにcoron101さんのおっしゃるように、使えないパソコン用ドライブもありますので、ご注意ください。
まあ、とにかく「オーディオ用だから音質が良い」というわけではありませので、PCで焼いていらっしゃるのであれば、あまり利用価値がないかと…
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
再登場です。
partsさん、フォローをありがとうございます。
okaasanさん、専門的なことを言えば、partsさんのおっしゃるように、確かにオーディオ用のメディア(ディスク)には、付加価値があるものが多いです。(データ用にも、高品質な製品は出ていますが)
簡単に言うと、いろいろな意味で安定している、ということです。
ジッター(波形の揺れ、と考えてください)が低減すれば、それなりに音質にも影響してきます。
特に音像の輪郭がクリアになった印象が強くなるはずです。
ただ、私は普段はPCにオーディオ用のインテグレーテッドアンプを繋ぎ、オーディオ用スピーカから出力していますので、CD-Rのメディアによる音質の差もよくわかりますが(メーカーによっても全然違います)、標準的なカーオーディオや家庭用一体型コンポで聞いても、私の耳でははっきり言ってあまりよくわかりません。(さすがにMDの音はわかりますが…)
また、海外メーカーを中心に、オーディオ用と言っても、製造工程に何らの差もない製品もかなり多いですね。
そういう意味で、『「オーディオ用だから音質が良い」というわけではない』という表現をしました。
もし誤解を招きましたら、お詫びいたします。

ところで、音質にこだわるのであれば、一般のCD-Rでも、なるべく録音時間の短いものを使うといいですよ。
例えば、今ではほとんど見かけなくなった63分メディアは、トラックピッチ(溝と溝の間の距離と考えてください)が広いためノイズが少なく、クロストーク(隣の溝のデータを拾ってしまう)という現象も起きにくいので、その分音質にも影響してきます。
ですから、80分より74分、74分より63分のメディアを使用できるのなら(手に入り、その録音時間で足りるのなら)、そちらを使ったほうがベターである、ということになりますね。

下記(↓)参考URLもごらんになってみてください。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 62% (6295/10035)

さらに横レス補足です。

Q/普通のCD-Rと何が違うんですか?

A/まず、著作権の保護や著作料(私的録音補償金といいます)などは既にあるので省きます。

本題は、オーディオ用の音質は変わらないということはないですよ。まあ、耳次第ですが・・・
昔のオーディオ専用は確かに普通のデータCD-Rと能力的に変わりませんでした。99年ぐらいまでですが、今の製品は物理的な計算をして、偏心のずれによるサーボ電流の軽減、エラーの低減を最大限考慮した製品が多いですよ。
また、保護層の改善などにより、記録したデータの記録保持性を高めるようにしている製品もある。

元々、書き込みについての基本は同じですからね。ドライブとの相性さえ良ければ、音楽用の方が音が良くなるように開発されている物が多いです。また、記録保持性は音楽用の方が良いという場合も多いですね。元々CD-Rは相変化記録でデータが消えやすいですからね。

これは、メーカー側も著作料分高くなりますから、同じ物では買ってくれないという考えもあってですがね。
ただ、未だに違いがないメーカーもあるのは事実です。

Q/パソコンでも使えますよね?
A/レコーディングは最近のドライブならまず可能な物がほとんどです。(ただし、CD-R Generalのみ、通常市販されているのはGeneralです)
通常は、気にすることはないはずですよ。

Q/それから車のチェンジャーでも使えますか?

A/これは、既に解答があるようにCD-R自体が読めるか、読めないかの問題ですね。CD-R自体がCD-ROMの反射率の8割の反射率ですから、多少パワーが必要です。
しかし、CARステレオは、都合上パワーを通常のCDが再生できるぎりぎりまで下げている場合があります。

ちょっと古い製品で、CD-R非対応なら再生できない場合も多々あります。この場合、太陽誘電の製品を使うのが良いといわれますね。
太陽誘電の音楽用とデータ用の違いは、傷や保護レベルの強さに違いがあります。それだけですから、データ用でも再生できなければ音楽用にしたから再生できるということはないですね。
後は他社の製品(マクセル、アクシアなどは音楽専用に特化した物があります)をいくつか試してみて、ダメならあきらめてください。

ということですね。
まあ、多くは音楽用の方がある程度工夫はしてあります。しかし、工夫のない物もある。車での再生互換については、ハードウェアに依存するということです。

まあ、音楽用を買う価値があるかどうかは、ご自身で試してみてその結果ですね。大事なものであれば、音楽用に取る価値はあるかもしれませんが・・・どちらかというと消えないようにというならMDの方が良いです。(パソコンで聞くだけならMOでもOK)
  • 回答No.2

ベストアンサー率 45% (5/11)

録音について、
オーディオ『専用』CD-Rは、パソコンでは録音は出来ません。
専用のコンポ又はデッキなどで録音します。
(但し、『専用』でないものはどちらでも録音可能です。)
見た目が分かりにくいのでよく確認して下さい。
for Audioなどと書いてあります。
~MBなどとも書いてあるものはどちらも使えます。

聴く時は…
CD-R対応のプレイヤーであれば、どちらでも聴く事は出来ますよ♪
  • 回答No.1

音楽用のCD-R/RWディスクは、著作権保護のため、あらかじめ信号が記録されています。この信号が入っていないPC用のディスクでは、音楽録音用CDレコーダーで録音することができません。 なのでパソコンで使用する場合は音楽用のCD-Rでも使えます。それから車のチェンジャーではCD-R自体の再生できない機種も有るので確認した方がいいですよ。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ