-PR-
解決済み

「ピ-マン」は何語?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.29847
  • 閲覧数254
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 28% (13/46)

ついこの間ふと疑問に思ったことなのですが。英語ではないし、友人に聞いたところスペイン語でもないそうですし、フランス語でもなさそうです(ちょっとしか勉強していませんが)。それとも、外来語ではなくて、日本でもともとの単語をちょっと変えて作った言葉なんでしょうか?くだらない質問ですが、どなたか御存じの方がいらしたら教えて下さい。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

ピーマンという言葉がフランス語のpimentから来たことは正しいと思われます。
ただ、ピーマンはトウガラシの変種で、ナス科のCapsicum属植物です。
ピーマンの学名は Capsicum annuum var. angulosam
ですネ。var.は変種を意味し、Capsicum annuumはトウガラシを意味します。
以上kawakawaでした
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1

ピーマンはフトモモ科ピメント属になります。
このピメントという属名はスペイン語のpimentoに由来しますが、さらに現地の言葉に由来するピメントは、本来トウガラシの仲間のことで、フランス語ではピマン(piment)といい、日本語のピーマンの語源になっているようです。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (593/1595)

フランス語で「ピマン」なまって「ピーマン」だそうです・・・
  • 回答No.4

ごめんなさい。確認したら確かにkawakawaさんの書かれている通りナス科でした。
関連項目を調べて、そのままうのみにしてしまいました。ピーマン(ナス科、原産地:南アメリカ)と書いているサイトもありました。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 51% (23/45)

kawakawa さんへの補足です。
最後の部分は angulosum ですね。

capsicum annuum var. angulosum

直訳すると
一年性の capsicum(の)角の多い変種
となるでしょうか。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

本筋に関係ありませんが、バラエティーまで指定するなら
Capsicum annuum L. var. grossum (L.) Sendt.
としてください。

Capsicum annuum L. var. angulosum Mill.
はシノニムで間違いではないのですが、出来れば統一された方が良いですから。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ