• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

重力圏外?

スペースシャトルやミールは地上300km~400kmを飛ぶということで、もちろん地球の重力をまともに受ける圏内だと思うのですが、無重力状態になっているのは重力加速度と同じ加速度で落ち続けているからだということで一応納得しています。 重力の作用は距離の2乗に反比例して減少しますが、地球をどのくらいはなれるとその影響を無視できるのでしょうか。 月に行くロケットは第2宇宙速度で地球の重力を振り切るので、そのロケットの中は真の?無重力状態と言えるのでしょうか。 どなたか理科の知識のないものにも分るように説明していただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数515
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#58790
noname#58790

一応、ひまわりで作成しました。 急遽改造終了。 http://kujirahand.com/himawari/ 第一宇宙速度、 第二宇宙速度、(km/s) 人工衛星の高度での重力(ニュートン) までは出ます。 高度500キロでは、 地上の9.8Nと殆ど変わりません。 地球の半径(6378.15(キロ))を入力すれば 1/4になりますね。 9.8/4=2.4Nですね。 人工衛星の速度Vについては、 遠心力の公式を使います。 上の結果から、半径が出ます。 重力=遠心力です。 質量を1(kms単位)とすれば隠されたVは出ます。 が、これは質問にはありませんでした。(笑) どうぞご自分で。^^ ここからです。 ’第一第二宇宙速度を求める。 重力定数は、0.000000000667259 質量は、597420000000000000000000 地球半径は、6378150 第一宇宙速度1は、(重力定数*質量)/地球半径 第一宇宙速度2は、SQRT(第一宇宙速度1) 第一宇宙速度は、第一宇宙速度2/1000 第一宇宙速度を、表示。 第二宇宙速度は、第一宇宙速度*SQRT(2) 第二宇宙速度を、表示。 「人口衛星の高度を入力して下さい。(キロ単位)」と、尋ねる。 高度は、それ*1000 高度を、表示。 半径は、地球半径+高度 半径を、表示。 重力は、(重力定数*質量)/(半径*半径) 重力を、表示。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

adw-19様 ていねいなご回答感謝いたします。 「ひまわり」という日本語プログラミング言語を始めて知り、感心しました。たしかに、日本人が日本語でプログラミングできたら一番自然だと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

自分の専門外ではありますが。 たとえば無重力状態は自由落下以外に重力と遠心力のつりあった状態(例えば人工衛星の軌道と飛行速度)で再現できるのではないでしょうか? > 重力の作用は距離の2乗に反比例して減少しますが、地球をどのくらいはなれるとその影響を無視できるのでしょうか。 遠距離になれば数学的に限りなくゼロに近付きますがゼロにはならないでしょう(量子力学等はわかりません)。が、例えば別の天体との間に、重力がつりあう場所があれば無重力状態(どの方向にも力が働かない)場所はあると考えられます。(例えば地球と太陽の間のどこか等。地球の公転は考慮していません)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

pochi2tama様 万有引力はすべての物体のあいだに働いているので、どの力がつりあって無重力状態になっているかというのも考えると難しいということが分りました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 地球の重力加速度の問題です。

    地球の重力加速度の問題です。 地球の半径Rと質量MはR=6360km,M=5.97×10の24乗kgである。地球の中心から距離r(r≧R)にある質量mにかかる重力の大きさFはF=GMm/rの2乗で与えられる。 ここで、Gは重力定数で、G=6.67×10の-11乗mの3乗sの-2乗kgの-1乗である。 (1)地表(r=R)での重力加速度gの大きさを求めよ。ただし、地球の自転による遠心力などの影響は考えないものとする。 (2)国際宇宙ステーションは、地上400kmの高度で等速円運動をしているものとする。この軌道上での地球による重力加速度の大きさは、地表での重力加速度gの何倍になるか求めよ。

  • 何故あらゆる物体に同じ重力加速度が働くのですか?

    何故あらゆる物体に同じ重力加速度が働くのですか? 中学のとき、全ての物質はそれぞれに重力を持つから解りづらいが物質が地球の重力に影響を受けているように地球も物質の重力に影響を受ける と先生が言っていました。 そうなると、重力加速度は地球の持つ重力しか計算に入れていないのではないのですか。地球から受ける重力は同じ大きさでもその物質が地球に与える重力は同じ大きさではないのです。よって、質量の違う物質は同時に落ちないと思うのです。 この考えは、かの有名なガリレオ・ガリレイの主張を否定しているのですが… 私の考えは間違っていますか。それとも、そんなごくごく微量なものは0と計算するということですか。

  • 重力加速度についての問題

    以下の物理の問題がなかなかわかりません。 地球を回る月の運動について、以下の問いに答えよ。ただし、地表の重力加速度をg=9.8m/s^2、地球の半径をRとして周の長さは2πR=4.0×10^4km、月の公転半径rは、r=60Rとして計算し、有効数字2桁まで求めよ。 (a)月の公転周期を27日として、月の速さv(m/s)を求めよ。 (b)1秒当りに、月が地球に向かって落下する距離s(m)を求めよ。 (c)「初速度ゼロで自由落下するときの単位時間当りの落下距離は重力加速度に比例する。」ことを用いて、月の位置での重力加速度g´と、地表の重力加速度gの比g´/gを求めよ。 (d)(c)より、重力加速度(従って万有引力)は、地球の中心からの距離の2乗に反比例していることを示せ。 以上です。(a)(b)はわかったのですが、(c)からがわかりません。回答よろしくお願いします。なるべく詳しい説明を添えていただけると大変助かります。 また、OKWaveは初心者なので、至らない点がありましたらすみません。 どうか、よろしくお願いします。

  • スペースシャトル内はどうして無重力か

     スペースシャトルがエンジンを切って、地球の周りを回っているとき、地球の重力がかかっているのに、中が無重力状態なのはどうしてですか。  過去の質問を見てみたのですが、よくわかりません。私は力がつりあっていれば無重力状態になるのだと思うのですが、自由落下をしているから無重力状態だと書かれていて、わからないです。自由落下をしている時は重力mgがかかっているから無重力ではないのだと思うのですが。  うまく整理できなくてすいません、よろしくお願いします。

  • 重力と無重力が半々なときどちらに引き寄せられますか

    もし宇宙と地球の重力無重力の境目がはっきりしているとして、 惑星の半分が宇宙空間にり、残り半分が重力のある地球側にあった場合、簡単に落下できますか。 それとも宇宙空間に惑星の半分がある状態では落下しないのでしょうか。

  • 第2宇宙速度

    重力加速度の大きさを9.8m/s^2、地球の半径を6.4*10^6とすると、第2宇宙速度は何m/sになるか。 答え…1.1*10^4m/s やり方教えてください。

  • スペースシャトルに乗ると・・・

    ロケットに抱きかかえられたスペースシャトルは、発射時、垂直に上昇しますよネ でも、宇宙ステイションは、地球を回っていますよネ それでしたら、宇宙ステイション行きのスペースシャトルはある位置で地平線と平行に飛ばなければならないです。 そこで疑問があります。 スペースシャトルの乗組員は、どの時点で無重力を感じるのでしようか ? 教えて下さい。 発射時では、平地より重力は増しますが、それが徐々に低下するのか、 又は、ある時点で、急に無重力になるのかわかりません。 私が、乗員となった時のことを教えて下さい。

  • 飛行機におけるGについて

    Gって重力加速度・・・落下時にどれだけ重力による加速がつくかってことですよね?なのになぜ戦闘機やスペースシャトルなどで座席に押し付けられることを”Gがかかる”というのでしょうか?もし日本語で言うとしたら何といいのですか?

  • 大きな重力の働いている場所にいると時間が遅くなる?

    太陽や、その何百倍もの星には物凄い重力が働いていますね。 その重力が働いている場所にいると、無重力状態で過ごしている人より時間の経つのが遅くなるのがどうしてなのかご説明願えませんでしょうか? ※そして上に書いたものは「一般」相対性理論によるもの、という事であってますでしょうか? 物凄いスピード、しかし「等速度」ですれ違う二つのロケットの「お互い若く見えるパラドックス」(これは「特殊」相対性理論ですよね?)は解けたつもりです。 間違っている箇所ありましたらご指摘ください。

  • 重力の大小と、ロケットの燃費の関係

    ロケットを(東向きに)打ち上げる場合、緯度の低いところから打ち上げると、地球の自転エネルギーを利用することができ、燃費が向上します。 参照 http://fanfun.jaxa.jp/faq/detail/303.html 他方、(大雑把な議論ですが)緯度の低いところの方が重力加速度は低くなります。したがって、この点からも緯度が低ければ、燃費が向上するといえると思います(しかし、重力については通常言及されないので、この影響は小さいような気がしています)。 では、地球の自転を利用した加速ボーナスによる燃費向上と、重力低下による燃費向上とを比べると、どれくらい違いがあるのでしょうか。 ロケットの性能によって値も変わってくると思いますが、詳しくないのでよく分かっておりません。 ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご教示ください。