• ベストアンサー
  • 困ってます

構文がよくわかりません。

 この春から英語の勉強を始めたものです。よろしくお願いします。 アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」からの抜粋文です。 With her income so much reduced and so many dividends not being paid,that was indeed something to take into consideration. (収入が減り、配当金が支払われない状況で、これは考慮すべきことだった。)  上記の英文の構文がよくわかりません。  withの役割、so muchの位置、not being paidの役割、thatの役割などが良く理解できません。よろしくご教示くださいませ。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数4
  • 閲覧数303
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

こんにちは。 文を下記のように分析・解釈します。 1.with her income so much reduced: (1)このwithは、付帯状況を表す前置詞withで、コンマの前までかかり、主節を修飾する副詞句となります。主節には「~なので」「~という状況で」「~からみると」という状況説明として使われます。 (2)her incomeが主語S、so much reducedを述部Vとして、「収入が非常に減って」と訳します。With+S+Vで「SがVなので」「SがVとなって」という状況を説明することができます。 この時、SVの態は一致させなければなりません。so much reducedは形容詞的用法の過去分詞で、前の名詞her incomeにかかる分詞構文となっていますが、reducedが現在分詞でなく過去分詞が使われているのは、主語をher incomeとした場合、her income (was) so much reducedと受身になるからです。 2.and so many dividends not being paid,: (1)このandは、前出の<her income so much reduced>と<so many dividends not being paid>を等位接続しています。従って付帯状況を表す前置詞withはso many~の句にもかかっていきます。 (2)so many dividendsが主語S、not being paidが述部Vとして「かなりの配当金が支払われないで」と訳します。 この時、上記の1と同様、SVの態は一致させなければなりません。not being paidは形容詞的用法の現在分詞で、前の名詞so many dividendsにかかる分詞構文となっています。主語をso many dividendsとした場合、so many dividends (were) not paidとなり受身の文になります。 過去分詞paidだけでも受身の意味は表せるので、beingは必要ないように感じます。ところが、notという否定詞がある場合は、このように受身の基本、be動詞+過去分詞をそのまま使って、be動詞を現在分詞にしてnotに接続します。 3.従って、この文は付帯状況を表す分詞構文になります。付帯状況を表す分詞構文はasなどの接続詞を使った副詞節に書き換えることができます。例: As her income was so much reduced and so many dividends were not paid, 4.以上を踏まえ、前文の意味は (直訳)「彼女の収入がかなり減って、相当な配当金も払われない、という状況で」となり、抄訳のような訳となっています。 5.that was indeed something to take into consideration: (1)このthatは前文のwith~コンマまでの副詞句全体を受けている指示代名詞です。「それ」=「彼女の収入がかなり減り相当な配当金も払われないという状況」となります。 (2)もともとはtake into considerationの目的語で、take that into consideration「それを考慮に入れる」だったところが、主語になっている文です。 (3)この文はSVCの第2文型になっており、to不定詞はsomethingという名詞を修飾する、形容詞的用法です。 (4)直訳は「それは、本当に、考慮に入れるべき事だ」で、抄訳のような意訳になります。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりました。ご回答ありがとうございます。大変よくわかりました。親切で丁寧な、また詳しいご説明、私のような初心者には大変助かります。ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

(こういう書き方は削除されると思いますが質問者のためにそれを 承知の上であえて書きます) No.1とNo.2の方の回答ですが、質問者をいい加減な解説でミスリー ディングしないでください。 With以下の節は「分詞構文」ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりました。ご回答ありがとうございます。分詞構文ではないとのご回答ですが、それではどういう構文か教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#34242
noname#34242

「with」が前置詞であることは理解できると思います。例外もありますが、「前置詞」で文がスタートした場合、その前置詞句は「副詞句」になります。たとえば、 On the desk ~ In the park ~ Against the wind ~ などは、すべて原則として「副詞」になります。つまり文全体の主語はこの「前置詞句」の中にはないということです。したがって、「前置詞」で始まる文は、以下のような構造になります。 (前置詞+名詞+~)【S】V ~ さらに、(前置詞+名詞+~)の部分が長い場合は、たいてい「前置詞句」の終了を示す「,」があります。 以上より、問題の文は (WITH her income so much reduced and so many dividends not being paid),【that】was indeed something to take into consideration. という構造になっています。「(IN the park)【we】played tennis.」と構造は同じです。ですから【that】はこの文の主語であり、that以下は「それは実際に考慮すべきことであった」という意味で「主文」を形成しています。 次に( )の中ですが、これはyuu111さんの書かれているように「分詞構文」です。「分詞構文」は意味が「時」「理由」「付帯状況」「結果」「連続」「条件」と多様で苦手な人が多いように思います。 ただ、これらの細かい意味よりも、すべて結局は「副詞句」を作るということのほうが重要です。私は「分詞構文=分詞の副詞的用法」と考えています。つまり「分詞構文」の部分は、主文に対する「補佐」に過ぎないわけです。 したがって、私は「分詞構文」を見たらとりあえず、その部分を「~して」「~されて」と意味をとって「主文」に意識を集中させるようにしています。たとえば、 Trained properly, the monkey ~ とあれば、「適切に訓練される時/ので/ながら/た結果/れば」のいずれかに決定するのではなく、ラフに「適切に訓練されテ、」と意味をとり、主文である「the monkey ~」に意識を持っていきます。結局「主文」の内容次第で分詞構文の意味も決まるのです。また、いずれの意味なのか厳密には決定できない場合も多いのです。 ところで、「with」で始まる分詞構文は「独立分詞構文」と呼ばれているもので、以下のように必ず「with+《名詞》+~」の形になります。 (1) with+《名詞》+(~ing)        例)with her child playing around her⇒彼女の子どもが周りで遊んデ、 (2) with+《名詞》+(過去分詞) 例)with her eyes closed⇒彼女の目が閉じられテ、 (3) with+《名詞》+([being]+補語) 例)with you away⇒あなたが離れテ、 「~テ、」と訳すことで「with ~」の部分が補佐であり、主文がそれ以外にあることが意識できるように思います。以上をあてはめると、 With《her income》(so much reduced) and《so many dividends》(not being paid) ⇒《彼女の収入》が(とても減らされテ、)そして《それほど多くの配当金》が(払われないデ、) ということになります。ちなみに「with~」の分詞構文は「付帯状況」か「理由」を意味します。この場合は「理由」と考えて、 ⇒彼女の収入が激減し、配当金の多くが支払われなかったので、それは実に考慮すべきことだった。 とすればよいでしょう。長文失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりました。ご回答ありがとうございます。大変詳しくしかもご丁寧な回答よく理解できました。こういう分詞構文もあるのですね。ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • yuu111
  • ベストアンサー率20% (234/1134)

こんにちは withは俗に「付帯状況のwith」と呼ばれているもので、ざっくりいうと、「with AB」で「AをBしたまま」か「「AをBしながら」と訳します。 thatは、おそらく前の文を指していると思われます。 so muchはreducedにかかる副詞です 失礼します

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

御礼が遅くなりました。ご回答ありがとうございます。「付帯状況のwith」は昔習ったような気がします。昔のことなのでよく覚えていないことばかりです。参考書を見てみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 翻訳をお願い致します。

    Eventually I want to subsidize my income with other creative outlets that are going to not keep me tied to the road so much.

  • 日本語訳と構文の文法について教えてください

    下記の英文ですが、文章中の一文ではなく、箇条書きの一文です。 この英文に関して、教えてください。よろしくお願いします。 Curently being selected is a possible way that can be used for the purpose with ease of input taken into consideration. 1.文章の構文ですが、主語がCurently being selected、動詞がis、動詞の後ろの部分が補語で、SVCと考えてOKでしょうか? 2.Curently being selectedは、文法的にはどの様な物でしょうか? 3.taken into considerationは、分詞構文と考えるのですが、taking into considerationではとも考えるのですが、どうでしょうか? 4.次の様に訳しましたが、正しいでしょうか?  現在選択されているのは、入力容易化を考慮しながら、その目的の為に使用される可能な方法である。

  • 和訳・文法的にわかりません。

    We bleach knots enough to help hide them, but not so much that the hair sheds too fast. 自分なりに以下のようにしました。 「結び目を隠すことができるほど十分に脱色しますが、髪はとても早く抜けるということはあまりないです。」 上記のように訳しましたが、後半の文法があまり分かりません。 not so much ; あまり that は、なんでthatがあるのでしょうか。 not so much that はなんでしょうか。 分かる方がおりましたら、回答お願いいたします。

  • , so~that...の解釈

    The new discoveries that mathematicians are making are very varied in type, so varied indeed that it has been proposed (in despair) to define mathematics as ‘what mathematicians do': for mathematicians today attack many problems not regarded as mathematical in the past, and what they will do in the future there is no saying. (質問) The new discoveries that mathematicians are making are very varied in type, so varied indeed that...の「,so varied that」の部分ですが、文法的にはどういう説明がつきますか?(so~that構文は分かっていますが、私にはこの部分が、何か宙に浮いたような感じがしてたまりません)更に、似たような文章があれば提供していただけると幸いです。 The sea was very rough―so much so that the ship couldn't get into the harbor.(ジーニアス) これと同じような感じもしますが、ただこれはso much so that...なので、はたしてso much so that=so rough thatという風になるか定かではありません。

  • どういった構文か分かりません

    以下の文の構文が分からないので、よかったら教えてください。 1:It has greatly improved compared with what it was. このcomparedは分詞で良いでしょうか? 2:You can walk or ride a bike almost anywhere you need to go in your neighborhood. anywhere以降の文はどこに掛るのでしょうか? anywhereは接続詞?関係副詞? 3:It's when you are not looking that you always find one. このthatは接続詞でしょうか? so that? 以上3つです。 よろしくお願いいたします。

  • 構文分析よろしくお願い致します

    It is probable that we have all at some time or other had the experience of chancing upon a passage puoted without indication of authorship , and exclaiming ―“ So-and-so must have written that.” In such a case, it is often not the thought that strikes us as familiar so much as the way in which the thought is expressed. 構文分析よろしくお願い致しますm(_ _)m できるだけ丁寧に解説して頂けると嬉しいです。

  • この文がよくわかりません。

    It is not that they are impolite so much as that they are oblivious to sensitive feelings. so much as that...の意味のとり方がよくわかりません。 It is not that...はthat以下全部を否定しているのですか。 解説お願いします。

  • 和訳で困っています・・・

    By giving distribution companies reduced income in the event of a cessation in delivery, provides companies with an incentive to ensure reliability is taken into consideration in their operation and investment decisions. 節としての主語・述語が不明瞭でわかりません。どなたか和訳を教えていただけると助かります。

  • 日本語にして頂けますか?

    We wanted something graphic, with a bright colour to make people stop. Something that was bold and recognisable and the lines not to thin so there would be no issues in repro. The copy on this may change slightly but not enough to affect the layout. Hope you like it as much as we do but welcome comments. ご教授お願い致します

  • ”so much for”の訳し方を教えて下さい。

    よく、”So much for today.”とか”So much for such serious siscussion.”という言い回しがありますが、この場合「~についてはそれだけにしておく」という訳がマッチすると思います。 ところが以下のような文章の中では、どうにも訳できないのですがどんな訳になるのでしょうか? 辞典には、この意味しかありませんでしたが、他の意味もあるのでしょうか? 1.So much for Jim not telling people how to live their lives, she thought sourly. 2.I can not get it off the pan--so much for it being nonstick.