締切済み

世論と自分の意見、真実はわからない。

  • 困ってます
  • 質問No.297524
  • 閲覧数45
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数9
  • コメント数0

お礼率 47% (121/255)

例えば、道を歩いていて「鈴木宗男についてどう思います」などと聞かれた場合そのことについて深く知らなかった場合、どうしますか?

何も考えずに返答することもできるけど、そういう場合大体はテレビで流されている報道の受け売りで答えてしまうことが多いのではないでしょうか?
でも、これ少し危険では?

そんな感じで答えていいのでしょうか?

真実はなかなか簡単にはわからないと思います。
そういう場合、どのような判断であなたはあなたの意見を言いますか?
通報する
  • 回答数9
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全9件)

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 22% (11/48)

順接と逆接の考え方はご存知でしょうか。鈴木宗男のように利益誘導型の政治家がいる『けれども』あの行為は政治家の資質であって政党が悪いのではない。という考え方をするかたもいます。鈴木宗男は悪い『けれども』、地盤、カバン、看板がないと政治家はやっていけないんだから、鈴木はカバンを重視しただけだ、という考え方も。

こういう場合、逆接は保守的、既得権益保護、利益誘導、長いものには巻かれろ型、現実派などという言い方もできます。

順接なら、革命的、革新的、反骨精神、理想主義、少数派などと表現できると思います。

犯罪行為の事実認定が同じでも要は順接逆接、の選択で指示する党派や政治への考え方も異なると思うのですが。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 27% (139/514)

もし私でしたら、やはりテレビや新聞から得た情報を元に、自分の意見を言ってしまうと思います。

マスコミが報道している内容の中にも、信憑性がない情報もあるでしょうが、政治経済の話題に関しては、かなり信用しています。あなたの仰る通り真実は簡単には分からないと思いますし、極端な話、真実を知っているのは本人のみ、とも言えるでしょう。しかしその本人が真実を語らなければ、結局私達が情報を得る手段はマスコミの報道だけなのではないでしょうか。ですので、返答がテレビの受け売りの形になってしまうのは、仕方のない事だと思います。

また、聞かれた事に対して殆ど知識がない場合は、私でしたら「よく知らないので」と言って返答は避けるでしょうね。間違った返答をして、恥をかきたくありませんので・・・。何が真実かを見極めるのは、難しい事だと思います。
  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 12% (2/16)

>そういう場合、どのような判断であなたはあなたの意見を言いますか?

そういう場合、オタフク回答に徹します
補足コメント
otafuku-tiger

お礼率 47% (121/255)

何すか一体オタフク回答て?おちょくっているんすか?
投稿日時 - 2002-06-24 21:48:43
お礼コメント
otafuku-tiger

お礼率 47% (121/255)

!!



あなた、何者すか!?
投稿日時 - 2002-06-22 10:53:57
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 4% (6/140)

自分の思想信条に従います。
この場合なら「スズキムネオはひどい人ですね。」
と答えます。
  • 回答No.5

以前から指摘されているマスメディアによる情報操作ですね。
私は.忘れた頃に現地調査に出かけます。
お礼コメント
otafuku-tiger

お礼率 47% (121/255)

なぜ、忘れたころにいくんですか?
投稿日時 - 2002-06-24 21:51:18
  • 回答No.8

>忘れたころにいくんですか?
へんなどんでん返しがあるのです。

なぜ.政府が何を隠していて.マスコミが何を宣伝しているのか.マスコミが宣伝しているときに.その影で何が起こっているのか。
今回.鈴木宗男氏の行動は.役人の行動の妨害にしかならないので.たたかれているのでしょう。しかし.役人の横暴については.隠されたままです。
今回の報道では.サラリーマンの健康保険の負担増加.消費税増税.国民の報道の自由(表現の自由)の制限に関しての議論はマスコミから消えています。
また.財務省(?)により中小企業を潰すという発言があり.現在積極的に中小企業つぶしが行われていますが.中小企業つぶしの現象に関する報道はされません。

マスコミが鈴木宗男と騒いでいる間に.その影で政府は何を使用としているのか.それを今調べるのは困難です。しかし.しばらくたってから.あっちこっちを現地視察すると.政府が鈴木宗男騒動の影で何を行ったのかが.理解できるのです。
お礼コメント
otafuku-tiger

お礼率 47% (121/255)

そうですね。
政府などは巧みに世論を操っていますね。

それに乗ってしまうのが悔しいというか…
投稿日時 - 2002-06-26 15:09:05
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 33% (12/36)

確かに、新聞テレビなどマスメディアの言ったことに基づいて自分の意見を言ってしまうかもしれません。
マスメディアはそれぞれ自分の政治姿勢というのがありますもんね。

以前サリン事件である男性を容疑者と決め付けて報道したばかりに、情報選択能力の無かった国民がそれをそのまま理解し、その男性に脅迫文を送りつけるなどした事件がありました。
マスメディアの言うことを信じたばかりに、私もその人が犯人だと思い込んでしまいました。

そこで私達が出来るのは、できるだけ信頼できるマスメディアの情報を信じるなど、情報を取捨択一していくことだと思います。
基本的に私の場合は、意見を言い過ぎる新聞社は信じませんが・・・ 
マスメディア、その情報をどうするか私達次第です。
出来る限り真実に近づけるため情報選択能力をつけようとおもいます。
本人に問いただすことも出来ないし、私達が出来るのはそれが限界だと思います。残念ですが・・・(-_-;)

coelacanthさん、otahuku-tigerさんの質問は鈴木宗男という極端な例をあげただけだと思いますよ。
言いたかったのは「マスメディアが流す情報が『真実ではない』というとき私達はどうするのか」ということだと思います。

それでは一意見でした。お役に立てれば幸いです。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 19% (56/291)

otafuku-tigerさんのご質問の意味がよくわかりません。鈴木宗雄氏のマスコミ報道は真実ではなくて真実でないマスコミ報道を信じて鈴木宗雄氏が悪いと言うのは危険とのことでしたらマスコミ報道は真実を伝えない故にマスコミ報道規制をするべきだとの質問になるのではないでしょうか。
otafuku-tigerさんの考え方が危険と思いますね。
  • 回答No.9
レベル14

ベストアンサー率 25% (805/3197)

マスコミから一方的に垂れ流される情報を、むやみに信じ
てしまうことについての危険性は、otafuku-tigerさんの
意見に同意します。

また、道を歩いていてマスコミからインタビューされるこ
とはまぁ滅多にないかと思いますが、自分としてはいつ誰
から聞かれてもいいように、世間のニュースには常に鋭敏
であるように努力しています。


大事なのは、常に複眼的な視点をもつことです。
同じニュースを聞くにしても、立場が異なれば意見も異なります。
マスコミにしても、発信するニュースに、そのマスコミの
意見が巧妙に織り込まれていることが多いので、むやみに
マスコミの情報を信じると、無意識のうちに洗脳されてし
まう危険性があります。

その危険性を避けるには、情報の入手先を常に複数持つことです。
テレビのニュース番組にしても、民放とNHKのニュース
では、微妙に表現が異なります。
新聞にしてもそうで、朝日・毎日と読売・産経では、報道
の姿勢がかなり違います。
さらには、世界的な事件の場合、日本のマスコミと外国の
マスコミ(CBBやBBCがオススメ)では、報道の仕方
も評価もかなり異なります。

常に複数箇所から情報を入手し、それらを比較検討することで、
マスコミの情報操作や誤報を信じ込む危険性を、かなり下
げることができるかと思います。
お礼コメント
otafuku-tiger

お礼率 47% (121/255)

そうですね。その姿勢が大事ですね。

英米系のメディアと独仏またはロシア、中国のメディアの論調はやっぱり違うのでしょうか?

英米系の情報に操作されているような現状を憂います(と、言ってみる)。
投稿日時 - 2002-06-26 15:14:53
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ