-PR-
解決済み

資格のステイタスについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.297173
  • 閲覧数3936
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 27% (10/37)

一般的に資格のステイタスの格付けが気になっています。
たとえば、

司法試験
公認会計士試験
税理士試験
不動産鑑定士
司法書士
行政書士
社会保険労務士

を挙げた場合に、どのような順序になるでしょうか?
もちろん、同位があっても構いません。

「資格があっても、営業努力をしないと駄目」とか
「分野が違うから一概に比べるのは無理」といったことは十分承知です。
パッと上記の資格を挙げられて自分なりに並べるとどうでしょう?
通報する
  • 回答数7
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 52% (13/25)

「実際に自分が試験を受けたら・・・」というのもあり、また、「仕事でつきあいのある○○士を見ると・・・」というのもありますので、資格試験のステータスと実際の業務のステータスで分けた方が現実に合ってるかなと私は思います。

以下、私なりのランク付けです。

【資格試験のステータス】

1 司法試験=公認会計士=不動産鑑定士
(合格した後も、司法修習や実業務をこなさないと名乗れない資格ですし)

2 税理士=司法書士
(記述がけっこうきつそうです。時間的に)

3 行政書士=社会保険労務士
(ほぼ択一のみなので)

【業務のステータス】

1 弁護士
(彼らは権力がありますから)

2 税理士=公認会計士=司法書士=行政書士=社会保険労務士
(分業の関係にあるので、同格だと感じます)
(公認会計士は、税理士業務しかしていない人しか知らないので、同じランクで・・・)

なお、不動産鑑定士は付き合いがなく何ともイメージがわきません。

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

司法試験
司法書士
公認会計士
不動産鑑定士
税理士
社労士
行政書士
補足コメント
jumpey

お礼率 27% (10/37)

ありがとうございます。
司法書士が2番目にきましたか。
それは最近の業務拡大と試験の難易度UPということを踏まえてのことでしょうか?
投稿日時 - 2002-06-23 15:52:38
  • 回答No.1

あえて書くなら

行政書士→社会保険労務士→司法書士・税理士試験→不動産鑑定士→公認会計士試験→司法試験

だと思います。
補足コメント
jumpey

お礼率 27% (10/37)

ありがとうございます。
なるほど、税理士と司法書士は不動産鑑定士より下に来ましたか。
それはやはり、不動産鑑定士の試験が大掛かりだからなのでしょうか?
あるいは「3大国家試験」というフレーズが効いているのでしょうか?
投稿日時 - 2002-06-23 15:50:15
  • 回答No.3

次の通りでしょう。

司法試験
公認会計士
不動産鑑定士
税理士・司法書士
社労士
行政書士
補足コメント
jumpey

お礼率 27% (10/37)

ありがとうございます。
その並びは最初にお答えいただいた方と同じですね。
あえて再び問いますと、やはり不動産鑑定士は税理士よりも上ですか?
私のイメージだと、
司法試験
公認会計士
税理士=司法書士
不動産鑑定士=社労士
行政書士
だったのです。不動産鑑定士は試験が大掛かりにもかかわらず、
資格をとってもあまり食っていけそうになく、独立も厳しそうということで。
役所とばっちりくっついていれば別ですが。その意味では社労士と同じレベルだろうと。税理士と司法書士は裁判への参加などもあって、上に来るなあと思っていました。
投稿日時 - 2002-06-23 16:07:40
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

>>それは最近の業務拡大と試験の難易度UPということを踏まえてのことで
  しょうか?
・・・その通りです。 どちらかというと試験難易度UPのほうです。 
業務拡大を踏まえもう少し易しくなるものと思っていましたが、やはり地方の
登記所の統廃合による将来的な書士のダブつきを回避するために現状でも2%
とか3%の合格率になっているみたいです。
また〇〇補という制度もなく、科目合格制も無いので最終合格を経ないと資格が
もらえないので司法試験の次にと位置付けました。
  • 回答No.5

私も少々の資格には興味があり、本やなとで販売されている資格試験全書などを読んで感覚的に書いたまででありますしかし司法書士試験が公認会計士試験 より上と言うのは業務拡大したとしても仕事内容から絶対にないと思います。
  • 回答No.7
レベル9

ベストアンサー率 10% (5/50)

受け取った名刺の肩書でどう思うかをいえば、司法試験、公認会計士、不動産鑑定士合格者は別格。ここでまず大きな線が引けると思います。あとの4つは無試験でも、例えば高卒でも税務署職員をある年数続ければ試験を受けずに税理士になれるなど、簡単になれる訳で、そういう肩書があってもはっきりいって、少しもすごいとか価値があるとかは思わないものです。またその人が得意な一部の知識以外あてになりません。税務相談なら普通に税務署に、保険相談なら普通に社会保険事務所等にしたほうが、はるかに正解ですね。登記関連は法務局で聞くとはいかず、司法書士に相談するしか手はないですけど。試験的にはどうかなー・・自分は残り4つ受かってますが(税理士は一部)誰でもすぐ受かると思える行政書士は論外として、社労士も独特ですが実は試験範囲はすごく狭いものです。またステイタスは前述のように低いのですが、税理士は最終的に合格するってすごいことではないでしょうか大変な大変な根性が要ると思います。司法書士は登記という独特の世界ですね。法律が得意であっても勉強法が難しいと思います。収入的には同じ資格でも人によってピンきりでしょう。周りの知人を比べてもそう思います。ステイタスとはちょっと別ですね。環境やら運やら考え方でしょうか。全然ちがいますからね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ