締切済み

溶存酸素濃度センサーについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.296698
  • 閲覧数442
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 53% (16/30)

溶存保存濃度センサーの測定方式であるガルバニック式の原理と仕組みについて教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 31% (44/139)

ガルバニ電池方式であると思いますが、この原理については、鉛などの卑金属と銀などの貴金属を電解液中に組み立てて、定電圧が発生する電池を構成させると、電離溶圧の差に相当する電圧が発生します。
このとき、酸素がないと分極作用のため電流は生じません。
水中の酸素が隔膜を通って電極内部に拡散すると復極電流を生じ、その量は溶存酸素濃度に比例します。
これを測定しているわけです。
お礼コメント
dragonashdaisuki

お礼率 53% (16/30)

詳しく教えていただきありがとうございました。とてもためになりました。
投稿日時 - 2002-06-22 00:17:31
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ