• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

円安はいつまで続く???

日本は輸出企業が多く円安に寛大です。 G7でも容認でした。アメリカが困るから?? 経済力から考えるとこの円安は異常であることは知っています。 1$=\80 1EUR = \100 ぐらいかいいとか悪いとか。 原因は円キャリーとも言われていますがキャリーの規模は実は投機総額からすると たいしたことないとも聞きます。 日本人も自らFXにチャレンジする人から、金余りの人が世界分散、インド、中国などへの 投資信託を買えば買うほど円安になります。 金利については上げてしまうと日本の借金が大変!と言う理由や、中小企業への融資など いろいろあり上げにくい状況ですが、年6回利上げ、目標誘導金利5.00%などは考えにくいです。 ドルはアメリカならではのリスクと金利であればもう上げるより下げるしかない。 というのが現実で、成長率とかもどうなるかわかりません。 今後の見通しについては、どんな分析をしようと上がるか下がるかの2つですし、 突然特定の通貨が急騰、急落すれば調子に乗って??3ヶ月後には・・・とかいう記事も 出ることもありますね。ほとんどあたりませんが。 逆にイギリスやニュージーランド、欧州は自国通貨が高すぎて困らないのでしょうか? ニュージーランド、欧州は高すぎて困っている。とロイターで覧たことありますが、 イギリス、スイス、カナダとかは聞いたことありません。 円安はまだ続くと思いますか?長期チャートではかなり円安ですけど。 円高になるきっかけがあったら急速になる気がします。 投機筋の損切りの誘爆、それに伴う逆ポジ、投資信託なども反対売買するでしょうし、 売ってしまった円はいつか買い戻さないと利益確定もできませんよね。

  • 5S6
  • お礼率59% (1504/2542)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6005
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

一物一価の法則により、最終的には各国の商品価格は収斂すると考えます。まだまだ日本の物価は高いですから、円安は続くでしょう。個人的には、あと数年で1ドル=150円ぐらいまで円安が進むと思っています。 ちなみに私は輸出関連企業に勤めていますが、日本の国力は相対的に衰えていると感じます。そういう意味でも円高になる理由はないのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ユーロなら200円いきそうですが、ドルは・・・ なにが起こるかわからない通貨ですからね。 なるほど、日本の国力は衰えていますか。 日本にいるとよくわかりますが、自ら比べたことがないので 実感がありませんでした。

関連するQ&A

  • 海外の投資信託

    海外の投資信託ってあるんですか? 国内で販売(日本の業者)されている外国債やMMFとかでなく、 アメリカ国内で販売されている投信のようななものです。 できればドル建ては先行き不安なので、オーストラリアとか ニュードーランド、インドなどで販売されているものがいいです。 日本からは買えないのでしょうか? 海外口座は持っていますが、そのときはパスポートのコピーなどを FAXしてサインすればOKでした。 投資信託というか、投資家、投機筋に依頼するというのがいいですね。 ようするに代わりに運用して貰うのだから投資信託なんですけど。

  • 円安は良い事?国内輸出企業がもうかるから?日銀は金利を上げようとするの?

    こんにちは、みなさん!! 現在、円は外貨に対して、円安であると思います。背景には 金利が日本は低く、一方で、外国は高いため、円を借りて売り 外国の債券などに投資する円キャリード取引があると考えられ ます。 そこで、質問です。 Q.円安の状態は、日本の輸出企業がもうかり良い事ですか? Q.現在の状態を続かせるためには、日銀は、短期金利を上げる   必要はないと思うのですが、なぜ上げようとするのですか? ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 円安に失敗

    久しぶりの円安になっています。 失敗しました。 少し前の107円で、ドルから円に換金してしまいました。 40万ぐらい儲けそこなっちゃいました。 夏に車をぶつけて保険を使えず、40万ぐらい修理代にかかり、穴埋めしなくてはいけないのに何やってんだろう。 投資信託も損して解約したのに、 私って投資に向いてないのでしょうか? どちらかと言うと、計算高く無いので、今迄無駄にして来た金が半端ないです。 一応収入は低いですが、今迄正規で働いて来たからなんとかなっていますが、無駄に使った金は1000万近くになるとおもいます。 こんな人生どう思いますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

最近の円安に関しては円キャリートレードの影響も少なからずあるとは思いますが、そもそもの原因は日本を含め欧米政府当局が円安を本音では容認していることが一番の原因かと思います。 日本の場合ですと輸出企業が日本の景気を引っ張っている部分があるので輸出企業に打撃を与えるような円高はどうしても容認出来ないということになりがちで、その結果円安地合、ということになってしまいます。(欧米の顔を立てるため敢えて相場はファンダメンタルに従うべきだ、等と言ってますが本音は円安がうれしい) その一方で高値を更新し続けるユーロですが、ユーロ高になると輸出企業が困るからユーロ安希望か、というとそんな事はなく、ユーロ圏内では日本と違い域内貿易の割合が多く占め、輸出企業もグローバル化しているのでユーロ高になっても一部の企業を除きそれ程困らないという現状がありますし、それなりのヘッジを企業は施しています。 それに加えて、当局にとってユーロ高よりも懸念すべきはインフレ懸念です。 ユーロ高は利上げをしなくとも必然的にインフレを抑えることになりますから非常に好都合であり、当局も一応は輸出企業に気を使い、ユーロ高牽制の発言をしたりしますが、これは見かけだけです。 このインフレに関しては米のドルも同様であり、サブプライムローン問題などで住宅問題が懸念されていますが、インフレ指標も依然として高い数値を指し示しており、景気減速感があるからと言っておいそれと利下げをするという状態ではありません。 米もユーロ圏内の輸出企業同様、グローバル化していますから120円を超えた位の円安ではびくともしませんし、インフレ懸念を抑えるには円安になった方が好都合であると思っているのは米当局も同様です。 ただし、NZやオーストラリアなどの輸出大国はかなり深刻なようで、下手をすると為替介入などのサプライズがあるかもしれません。 このようにザッと見てみますと、円高になるのは、日本や欧米などの先進国が円高にならないと本当に困る時に円高転換するのであり、従って現状においてはそれを正当化する確固たる理由がありませんから、多少の調整をこなしながらも円安トレンドは続いていくだろう、と私は見ています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

円安が続いているので円安は続くと皆言います。 理由は感という方から様々な経済分析をしている方までいますよね。 今回は別でしたがG7前では円高になるとか。 いろいろな思惑がありますよね。

  • 回答No.1

日本の利上げ、米国の利下げ、サミットで議題になる、そんなことがあれば円高に振れるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

つい最近では日本の景気が予想よりよかった。 ということで円高になりましたがやはり円安トレンドは変わりませんね。

関連するQ&A

  • 投資信託って本当はどうなの?

    投資信託は利益が上がらないという事や手数料が高いなどあまり投資信託に対しての評判が良くない意見が多いように思います。 確かにリーマンショック等の影響で急激な円高が進み、外国投資は基準価格の低下により当初はマイナスであっても、この所の円安で基準価格も上昇して利益も上がっている人も多いのではないかと思います。 円安と言っても異常な円高であったため円安と思えるだけで、中長期的にはまだ円安方向に進むように思います。 ドルコスト法とか言われていますが、今の時期だからこそ投資信託がチャンスだと思えるのですが~ ファンド基準価格一覧表でもこの3年間の暴落率ではかなりの銘柄で大きくプラスになっていて投資信託は儲からないと言うのは事実と異なるのではないかと思い質問させていただきました。

  • 円高・円安の調べ方

    ちょっと恥ずかしい質問ですが、当日の円高・円安を知るのは、ホームページの、どこで見れば解るのでしょう?外資投資信託も円高・円安の影響を受けるのですよね。円高の時に購入した方が得なのでしょうか?

  • 円安の理由?

    こんばんは。 最近円安がますます進んでますが、理由は何なのでしょうか? ドルに対してはアメリカの金利が上昇のためという記事を見ましたが、そうなのでしょうか?この金利(短期?長期?)はこの先もあがる気配なのでしょうか? ではどうしてユーロに対してまで円安が進んでいるのでしょうか? 私はドルと円を持っていて、近々ユーロを買わなければなりません。。。 少しでもユーロが安くならないかと待っているのですが、待てば待つ程高くなって行くようで。。どうして円はこんなに弱いのですか?

  • 投資信託について

    まとまった資金が手に入ったため、一部を投資信託で運用しようと考えています。 円安が進んでいる今、どんなファンドに投資すべきでしょうか。 個人的には対円で上昇度合いの低いレアルなら将来性もあると思い、ブラジルの投資信託を考えていますが、どうなのでしょうjか。 あと、アメリカの債券に投資したもので基準価格が低いファンドがあったのですが、今後アメリカが金利を上げた時やはり債券価格が下落するので、アメリカの債券ものはまずいのでしょうか。 もちろん投資は自己責任の上で行います。投資は初心者のためアドバイスをお願いします。

  • 円安はどこまでいくと思いますか?

    98年の超円安の頃に投資信託に興味を持ち始めました。為替相場がわからず148円の頃、米ドルMMF50万円購入してしまいました。あと元本を元に月々分配金が出るファンド(米ドル)も110万円分程購入してしまいました。その後だんだん円高になっていったので少しずつ米ドルMMFを買い足していきました。300万円分ぐらいになってます。平均して115円ぐらいで購入している計算になると思います。最近の円安の時に円に戻しておこうと思うのですが最近また円高になってきてますよね。できれば最初に購入してしまった148円以上で戻したいと思うのですがそこまではいかないでしょうか?それと分配金が出るファンドはまだおいておいた方がいいでしょうか?私ITファンドやミニ株などで30万円程の含み損があるので少しでも多く稼ぎたいです。

  • 1億円持ってるんですが、円安について?

    1億円持ってるんですが、すべて円で保有しています。 今回の円安でかなりの打撃を食らっています。 海外旅行によく行くので悲惨な目にあっています。 今もタイのバンコクからこれを書いています。 事業で稼いだんで投資のことが全然わからないんですけど、 1)これ、去年から考えて、いくら損したことになりますか? 2)あと、今後、円が105円までいったらいくら損することになりますか? 3)リスクヘッジのために別の通貨を買いたいのですが、最もいいのはドルですか?中国元も気になるんですが。 円安リスクヘッジのためどの通貨を買えばいいか教えて下さい。 4)元・ドル・円の連動について教えて下さい 5)あなたならどうするか教えてください。 円を5000万、ドルを5000万買うとか、 あなたの考えるアセット・アロケーションについて答えてください。

  • 米国・欧州の金利上昇と基準価額

    テレビである専門家が近々米国の金利その後は欧州の金利が上がると言っていました。 この場合、米国や欧州などの債権や株式に投資している投資信託の基準価額にどんな影響が考えられるでしょうか。

  • もう円高はやってこない?

    多少の円高、年に数回ある突発的な事件などにより各通貨に対して5%、ポンドなどでは10% 近い円高になってもここ数年円安が続いています。 円キャリー、全体からすればたいしたことない割合のようですが、ふつうのFX取引では GBP/JPYあるいはマイナー通貨でTRY/JPYなどスワップねらい。夢は利息生活。 これを実現するには統計上なるべくドル以外の通貨で現在のレートから15%程度の円高に 耐えることができれば夢ではない?? という方も多いでしょうし、本来キャピタルゲイン目的といってもやはり円ショートのほうが しやすいと思います。投資会社、ヘッジファンド、投資信託、海外からの円建て債務。 などその規模も莫大です。 この円安は異常などはよく聞かれますが、仮に円が毎月0.25%,18ヶ月かけて5.00%にする。 などという発表をすれば円だからなると思いますか? 私は日本はM&Aしにくい(買収企業は悪人扱い)などの理由から円高にはもうなりにくいのでは? と感じます。おかしいでしょうか? 来月から10%にする。GBP/JPYロングをするとマイナススワップ200円とられる。 とかなら一気に170円ぐらいまで円高になるような気もしますが。 日米の圧力でUSD/JPY=100は切らせない、口先介入する。とかも考えられますが。 やはり円高になるよう要素がないような気がします。 G8でも欧州からの警告を取り入れられなかった等・・・ 欧州がユーロ売り円買い介入や、ヘッジ規制などもするとも考えにくいです。

  • 投資信託を活用して長期運用(15年程度)したいです。

    投資信託を活用して長期運用(15年程度)を考えています。資金は500万円程度、米国・アジア・日本・欧州と分散投資してより安定感を高めたいと考えています。国債の利率や今後の金利の上昇に負けないように(言葉おかしいですが・・)5%程度の運用を目指しています。おすすめの投資信託や避けたほうがよい投資信託があれば教えてください。また、分散投資する場合、各地域ごとの投資信託を持っていたほうがいいのか、もしくはひとつの国際分散型の商品にまとめたほうがいいのでしょうか?

  • 超円安、ハイパーインフレ対応としてのETF

    仮に巷で危惧されている国家財政が破綻し、国債価格が暴落(金利は上昇)、ハイパーインフレで超円安となった場合の対応策として、円資産からドルなどの海外通貨資産にシフトし、海外資産の割合を増やすためETFを購入するとします。 投資対象は、新興国、先進国の株式・債券でも、超円安、ハイパーインフレ対応としては国内ETFではなく海外ETFでないと意味がないのでしょうか。通貨を海外通貨で持つという意味ではそうでしょうが、海外資産という意味では国内のETFで海外の株式等に投資するETFでもよい気がします。 どう考えればよいのでしょうか。教えてください。