• 締切済み
  • すぐに回答を!

放射化学について

目的核種に照射した際に励起(壊変も?)するわけですが 飽和に達した時間以上照射した場合 目的核種は全元素、励起(壊変?)するのでしょうか? 全元素が励起する、もしくは元素の何%かまでしか励起しない理由があるのなら教えてください。 放射化学の本で調べてみましたが書かれていないので カテゴリー違いなのかもしれませんが…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数87
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

再びお邪魔します。 なるほど。そういうことですか。 以下、勝手に考えた説明です。 モデルを単純にするために、照射される物体を、目的核種の組成が100%の非常に薄い板であるとしましょう。 照射される粒子は、目的核種に当たるか、板を突き抜けるかの2通りの運命しかありません。 当るか否かは確率事象なので、未励起の目的核種が板の中に多ければ多いほど当りやすくなります。 残った目的核種が少なくなるほど、当りにくくなります。 これを式で表すと、 当りやすさ = 残った目的核種×定数 当たるということは、「未励起の核種を減らす」ということと同じなので、 照射量をφ、残っている目的核種の数をNとおけば -dN/dφ = 定数×N dN/N = -定数・dφ logN = -定数・φ + 定数その2 N = e^(-定数・φ+定数その2)  = 定数その3 × e^(-定数・φ) 照射量φがゼロ(未照射)のときの目的核種数NをN0と置けば、 N0 = 定数その3 × e^0 = 定数その3 よって N = N0 × e^(-定数・φ) つまり、照射量が増えて「定数×φ」が1増えるごとに、Nは約2.7分の1ずつ減っていくことになります。 つまり、 残っている核種の数は、指数関数的に減少していきますが、正確にゼロになることはないということです。 元の何分の1になったところを飽和と定める、といった約束事が必要になると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

この関係を大学で習った者です。 「全元素」という言葉がどう意味なのか分かりませんが、 目的核種が、その元素の同位体の一つだけであるならば、 その同位体がほぼ全部、励起なり放射化すれば、それを飽和と呼ぶのでしょう。 ほかの同位体は、目的核種ではないので、考慮の対象外でしょう。 飽和の後にそれ以上照射しても、同位体は残りわずかなので、新たな励起や放射化はほとんどないのでは。 もう少し、具体的に核種名とか照射粒子名とか式とかのあるご質問文章だとよいのですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 「全元素」という表現は適切ではありませんでしたね。 目的核種を一定の時間照射したら飽和状態となるわけですが そのときの核種の100%が励起するのでしょうか、それとも100%は励起しないのでしょうか? ということでした。 100%反応しないのであれば原因あるでしょうか? 拙い文章で申し訳ありません。 ちなみに具体的な核種名や照射粒子名は関係なく一般的にどうなのかと思い質問しました。 もちろん核種や照射粒子によって挙動は明らかに違うのですが。

関連するQ&A

  • 放射化学-問題

    放射化学の問題です。解答をお願いします。 (1)37[MBq]のTc-99mの質量を計算せよ。Tc-99mの半減期は6[h]とする。 (2)226Raはα壊変して222Rnとなる。1[g]の226Raから800[year]の間に放出される222Rnは何[ml]となるか。226Raの半減期は1600[year]とする。 (3)ある試料を中性子照射したところ,核種A(半減期12[h])と核種B(半減期36[h])を生成し,その放射能は等しかった。この試料を36[h]放置したときの両核種の放射能の比(A/B)を求めよ。

  • 放射性核種物質が放出する放射線について

    今回、原発事故で放射性物質、言い換えれば放射性核種とも言うのでしょうか この放射性核種が放出する放射線について、お聞きしたく思います。 二点程お聞きしたく思います。 放射性核種の物質は、原子核が壊変しやすく、α線、β線、γ線、その外に、 中性子線、X線などを放出されると聞いています。 またα線の本体は、ヘリウムの原子核で、β線の本体は電子(この場合、原子核 の周りを回っている電子ではなく、原子核の中から放出されるもの)、γ線の本体 が、電磁波と言った事は聞いています。 最初の質問をさせて下さい。 放射性核種物質の原子核が壊変し、α線、β線、γ線、中性子線、X線などが 放出されるわけですが、中性子線、X線が放出される場合は、特定の崩壊とか、 特定の名称で呼ばれているのでしょうか? α線、β線、γ線は、それぞれ原子核が、α崩壊、β崩壊、γ崩壊する事によっ て、放出される放射線だと聞いています。 二つ目の質問をさせてください。 同じくγ線、中性子線について、お聞きします。α線やβ線の本体は、それぞれ ヘリウムの原子核、電子だと理解しているのですが、γ線や中性子線については、 いまひとつよく分りません。γ線は紫外線より波長が短い電磁波としか、聞いてお りません。具体的には、どう言った物質なのでしょうか? 同じように、中性子線についても、陽子とともに、原子核を構成している中性子 が本体なのかも、よく知りません。 またX線についても、最初の質問同様に、原子核を構成するどう言った物質が作り 出すものかも、よく分りません。 ご迷惑をおかけしますが、教えていただきたく思います。

  • 緩和放射線療法のできる病院を教えてください

    がんの放射線療法は根治を目的に行われてきましたが、近年、末期がん患者の痛みを和らげるために放射線を照射する緩和し放射線療法というのが行われてきているそうです。しかし、地元の病院に聞いてみたところ、どこもそういう治療(照射)はしていない、と言っていました。 まだ一般的でないのかも知れませんが、国内で行っている病院がありましたら、教えてください。 ※骨転移の際に放射線を照射することは以前からしていたようですが、その他の臓器に照射することはあまり行われていないようです。必要でない正常細胞に悪影響が出るから、というのがその理由です。

  • 放射性同位体はなぜ無くならない?

    タイトル通りです。化学かもしれません。 放射性同位体は、α、β壊変して、最後は安定同位体になるわけですが、これでは、放射性同位体は世の中に存在しなくなりませんか。 特に半減期が短いものはすぐに無くなる気がします。 疑問です。 どうか、教えてくださいませ。

  • 年代測定の問題

    以下の問題がわからなくて困ってます。  ある放射性核種について、最初に存在した元素をN0,t時間後の原子の数をNとしたとき、下式の関係がある。N/N0=0.5であるとき、tは次のうちどれか。 N=N0e^(-λt) 1.時定数 2.壊変率 3.平均寿命 4.壊変定数 5.半減期  年代測定の逐次壊変のことをいっていると思う(そもそも逐次壊変のこと自体、よくわからない)のですが、この問題をわかりやすく説明していただけないでしょうか。

  • β線の放射とγ線の放射について

    60Coと204Tlの2種類で放射線量の測定を行い、吸収体を用いて飛程を求めたのですが吸収曲線の形が少し異なり60Coの方がバックグラウンドが大きくなってしまいました。実験途中でGM計数管が不具合を起こしたので、そのせいでおかしくなったのかと思いましたが、調べてみるとCoの方はβ線の他にγ線の放射量が大きいとありました。γ線は透過しやすいのでその分がバックグラウンドに寄与したのは分かったのですが、何故60Coの方がβ線ではなくγ線が多いのですか?元素によって放射線の種類やエネルギーが違うとの事ですが、そこに理由はあるのですか。それとも固有の物でそういうものとするしかないですか? また元素の半減期の違いから放射線のエネルギーが高くなったりしますか?

  • 放射性元素の崩壊熱とは?

    核分裂で発生する熱は、アインシュタインの式から判る質量欠損による膨大なエネルギーであることは理解できます。 一方使用済み核燃料などで、原子核が放射線を出して崩壊し、安定な核種に変化する過程で出るエネルギー、すなわち崩壊熱なるものの源はなんでしょうか。核分裂による質量欠損ではないと思いますが。 また、地球内部でマントルを溶かしている熱はこの崩壊熱であると言われていますが、マントルの中に大量の放射性元素が含まれていると聞いたことはありません。火山から流れ出る溶岩が大量の 放射性元素を含んでいるということは聞いたことがありません。それなのになぜ地球内部の加熱 方式が崩壊熱と言えるのでしょうか。 もし崩壊熱の説が正しいとして、地球内部にこのような放射性元素が集中してたまっていないと、永続的にマントルを溶かしていることは不可能でしょう。一部は地球表面にウラン鉱石などで露出して いるとしても、そのような大量な放射性元素が地球内部に集積している理由はなんでしょうか。

  • 高校化学の実験

    カテゴリー違いでしたらすみません。 高校で行う化学の実験の様子を詳しく解説している本などありますか? 器具の扱い方や実験の目的・結果(色の変化など)が写真つきで載っているものが良いのですが… もしそういう本がありましたら教えていただけると嬉しいです! よろしくお願いします。

  • 放射について

    放射線についての質問です いくつか質問事項を書かせていただきます どれか1つでもいいので回答いただけるものがあれば回答お願いします 参考になるサイトや文献の紹介でも構わないのでよろしくお願いします ・β線が進行中にエネルギーを失う過程・要因は? ・P-32は本来、アクリル、鉛の順に遮蔽すべきであるが、実際にはアクリル板のみで遮蔽する理由は? ・Co-60の方がP-32よりも飽和後方散乱の立ち上がりが早いのはなぜ?P-32の方が飽和後方散乱係数の値が大きいのはなぜ? ・Sr-90のみを30日放置すると放射能は取り出した直後の何倍になる? ・GM計数管の分解時間が使用の度に減少する理由は? ・Sr-90,Ra-226,Cs-137,H-3,I-131,Pu-239はそれぞれ人体のどこに蓄積されやすい? ・ラドンが発がんを引き起こすメカニズムは? ・ウラン化合物、トリウム化合物と娘核種は原子炉等規制法による規制を受ける理由は? 以上です よろしくお願いします 質問ばかりですみません しかし私は今必死なのです 誰か力をお貸し願えませんか? ぜひ回答お願いします これは私の人生がかかってます

  • 化学の問題についての質問です。

    化学の問題についての質問です。 (1)ベンゼン環の不飽和結合がエチレンの二重結合と異なることは、化学反応にどのような違いとして   あらわれるか、ごく簡単に20字程度で述べよ。 (2)ナフタレンを代表として、芳香族炭化水素は昇華しやすい。その理由を記せ。 以上の2問がどうしてもわかりません。 どなたか教えてください。 お願いします。