• ベストアンサー
  • 困ってます

水のポンプの吸い込み高さについて

水の吸込み高さはポンプの能力に関係なく限界値は10mですよね? <調べた計算式> 1気圧=1013.25hPa=101.325kPa  重力加速度:9.80619920m2/s  101.325/9.80619920=10.33274m 質問(1) なんとなくポンプの能力の大小で吸込み高さは変わってくる気がする。 大きければ大きいほど吸込めませんか?(10m以上でも) 質問(2) 吸込み高さと1気圧、重力加速度がどう関係するのかが理解できませんので教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数10330
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • ht1914
  • ベストアンサー率44% (290/658)

ポンプで水を吸い上げる時、高さの差がある値以上になると吸い上げることが出来なくなるというのは早くから知られていたことです。多分ガリレオの時代からでしょう。問題になった場面は鉱山でのわき水のくみ上げです。トリチェリーの真空で有名なトリチェリーはガリレオの弟子です。トリチェリーがあの実験をやってみようというきっかけにもなっていると思います。 1mほどの片方が閉じているガラス管を横にして水銀を満たします。開いている方を下にして縦にすると液面が下がって76cmの高さのところで釣り合います。水銀の上には空間が出来ます。これが真空だというのはかなり議論を呼んだことのようです。ガラス管を斜めにするとこの空間がどんどん小さくなります。寝かしてしまうと消失しますので空気のような気体が入っているものではないというのは示すことが出来ます。高さの差が76cmですから斜めにするとガラス管に沿っての水銀の長さは長くなります。 この実験はご存知ですか。 水銀の気圧計も血圧測定の圧力計もみな同じ考えを使っています。 水の場合も長いホースに水を満たして持ち上げていくと同じような実験が出来ます。でも実際はなかなか難しいようです。古い本ですが岩波かがくの本のシリーズ(板倉聖宣著)に実験がのっていました。透明なビニールホースを川に沈めてから欄干に引き上げるということをやっています。気密性を確保するのが難しかったようです。水の重さもかなりになりますので欄干に引き上げるのも大変です。断面積が5cm^2だとすると50kgほどになりますから。 水銀の密度が水の密度の13.6倍であるということが76cmと10mの違いです。 10m以上ある時は吸い上げポンプでは駄目ですが押し出しポンプでは可能です。川の水を堤防の上にくみ上げたいときはポンプを水面近くに持っていきます。 ポンプの能力が大きくなると一度に吸い込む水の量が大きくなります。 >1気圧=1013.25hPa=101.325kPa  重力加速度:9.80619920m2/s  101.325/9.80619920=10.33274m この数値はどこで見られたものでしょうか。物理を知らない人の書いた数字だと思います。9.8という値は日本の標準値です。その下の桁の数字は場所ごとに変化しますので普通の計算では9.8という数字を使いましょうという約束だと思って貰うといいです。物理の教科書に出てくる値です。ポンプの吸い上げ能力を理解するのには細かい数字は必要ありません。 重力の加速度の値は地球の自転の影響を受けますので緯度が高くなると大きくなります。地球の内部構造の影響も受けます。日本で9.80を越えているところは東北地方から北です。9.806という値は北海道になります。沖縄の那覇で9.791です。最後の1のところは沖縄の中でも変わります。 (場所ごとの細かい重力の違いから地殻の構造などを知ることができます。そのために比較の基準となる値が国際会議で決められています。9.80619925という数字は北緯45°での海面での基準値です。1980年のものです。細かい数字には細かい数字を使わなければいけない場面が想定されています。) 一人で勉強するときに細かい数字に引きずられると現象が見えなくなることがあります。大きな現象の意味を理解するつもりの方がいいと思います。 4桁以上の数字が出てきた場合は別の本を調べて見る方がよいようです。書いた人が現象の意味がよく分かっていない可能性がありますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 水の吸い上げの限界

    ポンプで水を押し上げるのには限界はありませんが 吸い上げるのには約10m程度と聞いたことがあります。 でも具体的な計算方法がわかりません。 推測で書いてみますが合っているか判らないので どなたかご指摘お願いします。 1気圧≒1024hPa=102.4kPa 水1m分の質量×重力加速度=1×9.81=9.81kPa ∴102.4/9.81=10.438m でいいのでしょうか? 又、比重0.8の油の場合 102.4/(9.81×0.8)=13.05m で良いでしょうか?

  • 真空ポンプで水を吸い上げる

    強力な真空ポンプで水を吸い上げることにする。水は最大何mの高さまで上がるか? 水の密度は1.00g/cm^3 重力加速度は9.80m/s^2 大気圧は101.3kPaとして計算する。 水蒸気圧は0.00Paとする。 この問題の計算式がわかりません。 わかる方回答お願いします。

  • 渦巻きポンプのサイフォン現象における計算が分かりません

    海水を渦巻きポンプで冷却機に送るのに、サイフォン現象を考慮するべきだと考えたのですが・・・ここで質問です。 サイフォン現象における計算をしたいのですが、計算するあたってどのような項目が必要でしょうか? もちろん低い位置(h)と高い位置(H)の高さ、抵抗ρ、重力加速度gが必要かと思いますが・・・ 調べたのですがなかなか適当な資料が無くて困っています。 どなたかご存知の方は教えて頂けませんか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

質問(1)ポンプの能力によらず、その場所の大気圧(気圧)次第で上限が決まります。一気圧の標高(海抜ゼロm)の所では約10mが限界です。 質問(2) 下記を見てください。 吸い込み高さ分の水柱の下端の水面に加わる圧力が 水柱の底面の標高の水面に加わっている大気圧と釣り合います。 これを等式で結べば良いですね。圧力は水柱に加わる単位面積あたりの力[N/m^2]です。力Fは水の質量Mに重力加速度gをかけたものになります。 このため重力加速をが吸い上げ水柱の高さの上限に関係してくるわけです。 吸い上げ式ポンプでは、1気圧の場所では >水の吸込み高さはポンプの能力に関係なく限界値は10mですよね? >101.325/9.80619920=10.33274m そうです。 この約10mです。 パイプの下側を水中にに沈めると、水面が外部の水面と釣り合います。もしその場所が海抜ゼロmの水面ならその上に1気圧に相当する空気の重さがかかっています。 パイプの上端をポンプで空気を抜いていき真空にするとパイプの外の大気圧の圧力分の高さまでパイプ中の水柱の上端が吸いあがります。 この水柱の高さが吸い上げ式ポンプの吸い上げ限界になります。 >重力加速度:9.80619920m2/s 9.80619920[m/s^2]ですね。 101.3327[kPa]/9.80[m/s^2]=10332.74[N/m^2・s^2/m] =10332.74[m・kg/s^2・1/m^2・s^2/m]=10332.74[kg/m^2] これを水の比重1[g/cm^3]=0.001/10^-6[kg/m^3]=1000[kg/m^3] で割れば 水柱の高さ=10332.74[kg/m^2]/1000[kg/m^3]=10.33274[m] が出てきます。 1/3気圧の高山では水の吸い上げ上限は一気圧の地上の吸い上げ上限の1/3の10.33274[m]/3=3.44425[m]ということです。 加圧式のポンプであれば限界はなくポンプの加圧能力次第ですね。 水道の場合、送水管の水道水に水圧をかけていますので10m以上の高さんアパートでも水圧は弱くなりますが水道から水が出ますが、加圧圧力や高い標高の土地の建物や高層ビルでは、汲み上げポンプや加圧ポンプで水を高い所の貯水槽まで水を汲み上げてから給水することが行われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • N64
  • ベストアンサー率25% (160/622)

ポンプの吸い込み高さは、そのポンプのNPSH(有効吸込みヘッド)によります。ポンプによっては、全く吸い込み高さのとれないものもありますので、注意が必要です。そのポンプのNPSHはカタログに載っていることもありますが、ポンプのメーカーに問い合わせないとわからない場合もあります。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • inara
  • ベストアンサー率72% (293/404)

「水のポンプの直列接続について」(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2958914.html)で回答した者です。 ANo.1で紹介したURL(http://www.optic.or.jp/sangisin/sien/setubi/Pump/)の「ポンプの性能」→「1.ヘッド(水頭)」→「3.大気圧と吸い上げ高さの限界」に、いろいろなポンプについて、水温と吸い上げ揚程の関係が出ています。 前質問(水のポンプの温度による影響について)についても、「異常現象と原因」→「1.キャビテーション」に解説が出ています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

? なんか計算が変ですね。 kPa = 1000 Pa = 1000 kg/m^2 101.325kPa = 101325 Pa = 101325 kg/m^2 101325 kg/m^2 / 9.80619920m/s^2 = 約1万 kg・s^2/m^3 というわけで、わけのわからない量になってしまいました。 上記の計算は忘れましょう。 こちらの「ストローを口にくわえた図」が分かりやすいです。 ご覧ください。 http://homepage3.nifty.com/kuebiko/science/freestdy/WtrClmn.htm 口の中が真空(P1=0)になっても、P’=P2 ですから、いかに強いポンプでも水柱の高さを10m以上にすることが出来ません。 水柱の密度をρ[kg/m^2]、水柱の高さh[m]、水柱の底面積をS[m^2]と置きますと、 水柱の質量は、ρhS[kg]。 水柱の重さは、ρhSg[kgf]。 図で、PとP’が押し合いしている箇所では、大気圧Pと水柱の重さとは面積Sで戦っていますから、 大気圧P = 水柱の重さρhSg/水柱の底面積S  = ρhg となり、Sが消去されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • gyunami
  • ベストアンサー率20% (112/552)

ポンプの力は空気を出す圧力は幾らでも上げられますが、吸う力は0気圧(真空)より下は無いと思いませんか?もし、それより吸う力が強いポンプはポンプではなく重力発生装置で、製作者は間違いなくノーベル物理学賞をもらえます。 気圧は高さにより変わります。高い山の上では気圧が下がりますよね。 こんなところで・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

質問(1) 井戸のポンプも10mを超えると使えません。 (どんな強力なポンプでも、内部が真空になり、水を引っ張れなくなる) この場合、ポンプの方を沈めて水を押し上げます。 質問(2) 10m分の水圧が1気圧と釣り合うからです。 重力加速度は分かりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ポンプの水を揚げれる高さについて。

    ポンプの水を揚げれる高さについて。 水を散水するにあたってポンプを探しているのですが、全揚程が10m以下のものがほとんどなんですが、 100m以上揚げるにはとても大きなポンプを買わなくてはいけませんか? わかる範囲で使用状況を説明させていただくと、 山に沿ってホースを設置、高低差が150mほど、1分間に25Lほども吐出できれば十分なのですが…。 ホース径等は特に指定なく、ホースの先には散水用の拡散吐出口のようなものをつけれたらいいなと思っています。 こういった機械の知識が全くないため色々不備があるとは思いますが、 補足が必要なら喜んでいたしますので何とぞよろしくお願いします。

  • 密度 g/cm^3

    問題で 圧力を求める計算で p = ρ(密度)g(重力加速度)h(高さ)で、 単位を考えているんですけど 数値は全部1.0で与えるとして 密度は 1.0(g/cm^3)で与えて、 重力加速度は9.8(m/s^2) 高さ 1.0(m) とします。 ここの密度は 1.0(g/cm^3)、これをMKS単位に変換すると 1.0^4 (kg/m^3)という変換でよろしいのでしょうか? 1.0^4×9.8×1.0=98KPaでいいのでしょうか? P=

  • ポンプで吸い上げる高さ

    井戸などポンプで吸い上げれる高さに 限界があったと思いますが 何mまででしたでしょうか? また、その理由は気圧?でしたでしょうか? 計算式をお教えください。 油田などは上記の限界を超えているように思いますが 下からの圧力がない場合はどうやって汲みあげているのでしょうか?

  • 高校物理の問題

    仕事率P[W]のポンプで高さH[m]の位置にあるタンクに一定の速さで汲み上げる。ポンプが毎秒汲み上げることができる水の体積を求めよ。ただし水の密度をρ[kg/m^3]、重力加速度をg[m/s^2]とする。 この問題の解き方を詳しく教えてください。

  • 流体、容器の水が半分になるまでの時間

    一様な断面積Sを持つ容器に高さHだけ水が入っている。この底面に面積aの小孔をあけたとき、 水が半分になるまでの時間はどれだけか?ただし重力加速度をgとする。 というもんだいがわかりません。教えてください

  • 仕事の問題で分からないのがあるので教えてください。

    1分間に6×10^2kgの水を高さ10mのところまでもち上げるエンジン式ポンプがあります。重力加速度の大きさを9.8m/s^2とします。 (1)ポンプが1分間に行う仕事は何Jか。有効数字2桁で答えてください。 (2)ポンプの仕事率は何Wですか。有効数字2桁で答えてください。 このポンプでは、燃料を1kg燃焼させたときに4.2×10^7Jの熱量が発生し、その40%が水をもち上げる仕事に変えられているものとします。 (3)ポンプを10時間運転させるために必要な燃料は何kgですか。有効数字2桁で答えてください。

  • 重力加速度?

    地上から真上に小石を20m/sの速さで投げあげた。2.0秒後の地上からの高さは何mか。 ただし、重力加速度を10m/s2とする。 s2←2乗って意味です! SPIの問題なんですが、 やったことがない問題で 全く分かりません… 計算の仕方も教えていただけるとありがたいです!

  • 重力加速度について

    重力加速度を求める実験についての質問です。 重力加速度を求めるために、おもりを紙テープの先端につけて、記録タイマーに通して落下させ、打点の間隔から重力加速度を測定するという実験を行いました。 そこで質問があります。わからないことだらけですが、その中から特によくわからないこと挙げてみました、困っているので回答お願いします。 1.計算した重力加速度は3回やってすべて理論値の9.8m/s^2よりも小さかったのですが、これはなぜなんでしょうか? そして、これを改善(理論値に近づける)ためにはどうすればよいのでしょうか? 2.おもりを増やしても値は変わらない、とされていますが、実際実験してみるとおもりが多いほうがより9.8に近づきました。 このような実験において、測定値はおもりの数や大きさの違いに依存するのでしょうか? よろしくお願いします。 2.

  • 位置エネルギー

    ある質量の物体が基準水平面から高さHにあるとき、その物体がもつ重力による位置エネルギー なお重力加速度は9.8とする

  • 流体力学

    恐れ入ります。 ポンプの仕事率を求める問題がわかりません。 ポンプに水が流れています。ポンプの入り口と出口の断面積、体積流量が与えられています。 ポンプの入り口と出口からU字管水銀マノメーターに つながれており、水銀の高さの差が与えられています。 水銀と水の密度、重力加速度が与えられています。 以上からポンプの仕事率は導出可能でしょうか? 教えてください。

専門家に質問してみよう