解決済み

税・医療の相談業務と業法兼ね合いについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.295120
  • 閲覧数65
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 90% (258/284)

今、葬祭関係を行っている方や介護に携わるの方などと一緒に、その方たちが持つ、長年のノウハウと人脈を融合させて、葬祭・福祉に関する相談を請け負うビジネスを検討しています。
具体的には、葬祭に関すること、介護や福祉に関する相談はもちろん、これに付随して、葬祭関連では、相続や財産管理、税金対策に関する相談、福祉では、医療相談も行っていきたいと考えてます。
そこで問題になるのが、税金関連の相談業務は確か、税理士もしくは公認会計士、医療相談行為は、医師(看護婦もはいるのかな?)の独占業務であると法的に定めてあった記憶があります。
そうなると、以下の疑問点がわいてきました。
(1)こうした専門業務を行う有資格者がいないと違法行為になるのか。
(2)民間法人がまとめて、こうした業務を行うのは、各種業法上、問題があるのか
(3)これから設立しようとする法人で受注して、法が規制する独占業務については外注する場合は問題ないのか。
(4)そもそも、税金相談、医療行為について規定(規制)する法律名は何か?
本来なら、検索エンジンでたどっていって、自分で調べるべきなんでしょうが、今回時間がないものなので、皆さんに頼らさせていただく次第です。
これらの疑問点について、回答・アドバイス・情報がありましら、是非よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 24% (702/2850)

1.違法。
2.問題あり。
3.問題あり。
 直接、税理士や医師等が相談者から相談を受ける形式は、問題生じない。
4.税理士法、医師法。
お礼コメント
wakanet

お礼率 90% (258/284)

お礼が遅くなり、申し訳ありません。
大変助かりました。
投稿日時 - 2003-04-24 13:46:09
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『会社設立、開業、法人化に関する』悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

起業支援の専門家
アックス
経営支援事業部

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ