• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ハンニバルライジングはグロでした?

こんにちは。上記映画見た方、どうでした?僕も、「羊たちの沈黙」「レッドドラゴン」は、非常にスリリングで面白いと思いましたが、「ハンニバル」あたりから、どうもグロテスク路線へかなり傾斜したような感じがします。あまりグロでしたら、見ないでおこうと思うのですが、どうでした?昨日、本屋で「~ライジング」の小説をちょっとだけ立ち読みしたんですが、多分、映画の中で、ハンニバルの妹が幼少時にドイツ兵かに殺され食べられてしまうシーンがあるような気がしますがどうでした?例え映画とはいえ、あまりショッキングなシーンあるようでしたら見たくないので、どなたか見た方、教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数717
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

某サイトにも出ておりましたが、見せずに観客に想像させてはらはらどきどきさせることを選んだシリース1作目、ジョナサン・デミの「羊たちの沈黙」と、見せまくって度肝を抜いた2作目のリドリー・スコットの「ハンニバル」と、見せても見せなくても観客に相応の効果が期待できますよね。自分も見て参りましたがライジングはどちらかと言うと1作目に該当します。確かに痛いシーンは何箇所かありますが。ただこのシリーズを映画館で見ようとする方の多くはそれも含めて足を運ぶんでしょうからこれはアリでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

見せないでハラハラさせる1作目に該当しますか。それでしたら見に行くことに決めました。今回は日本的なものも描写されているらしいので、怖い反面、多少興味がありましたものですから。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • ハンニバルのシリーズについて

     現在公開中の『ハンニバル・ライジング』を今度観に行きます。 私は、今までに公開された3つの前作『羊たちの沈黙』・『ハンニバル』・『レッドドラゴン』 は、後者の2作は観たのですが、『羊たちの沈黙』は観ていません。 内容もほとんど知らず、『ライジング』とどのようなつながりがあるのかわかりません。 前に観たことのある2つの作品の内容もいまいちよく覚えておらず、 観に行くのはいいものの、やはり関連性がわからないままでは いくら、内容が始まりの部分と言えども気になって仕方ありません。 3つの作品の関連性を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 「ハンニバル」小説と映画 両方知ってる人に質問です

    「ハンニバル」の小説と映画の終わり方が違いますけど、どうしてですか? 原作のままだとバットエンド?だからでしょうか。 あとクラリス役が「羊たちの沈黙」でジョディ・フォスター、「ハンニバル」ではジュリアン・ムーアになった理由も教えてください。

  • ハンニバルシリーズ

    「羊たちの沈黙」が一作目ですよね? シリーズの順番を教えてください! あとどのような内容なのでしょうか? てかなんで名前が変わってるんですか?? 「ハンニバル」という映画はグロイですか? 15才未満禁止という文字をみたので(汗 私は一応、高校生なので大丈夫ですが。。。 新作のライジングが気になっています。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

「ハンニバル」よりグロクありませんよ! R指定15にするほどでもありませんでした。 グロイというよりリアルでした。 ぜひみにいってくださいよ!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

リアルということは、おそらく医学映画のような内臓シーン有りみたいですね。当方、監察医務院での実際の解剖にも立ち会ったことがあるので、別にただの内臓シーンは平気ですが、ただその内臓を生で人間が食らっているような食人族のようなシーンには、吐き気を催します。そのようなシーンがないことを願っています。ありがとうございました。

  • 回答No.2

 初日に見に行きました。  全然グロくないです。  受け取りに個人差もあると思うのですが・・・先日、地上波で放送していた「ブラックホーク・ダウン」がもっとグロいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

少し安心しました。情報、ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • yoshi170
  • ベストアンサー率36% (1071/2934)

私は見てないのですが、某ラジオ番組の映画紹介では、「見に行く時間に気をつけて」と。続けて「食事の後は避けたほうがよろしいのでは」と言っていました。 なので、程度は人の感覚によるのでしょうが、そのようなシーンがあるのは間違いないのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

昨日、「~ライジング」の小説をちょっとだけ立ち読みしているだけで、多少、胸クソ悪くなってきたものですから映画はどうかなと?参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • テレビドラマ版「ハンニバル」

    テレビ(ドラマ)版「ハンニバル」について。 最近全エピソードをDVDで見たのですが、毎回夜中の1-2時くらいでないと見る時間が無かったものですから、そういう時間帯で見て、おかげでかなり何度か睡魔に襲われてしまい、未だに解せない箇所が数か所あります。 とくにシーズン3の前半はかなり何度も眠りに落ちてしまいました。いかん、と思って何度か前の方に戻ったり、という事を繰り返したのですが・・・ その、未だに分らない部分は、 (1)養豚場を営んでいる金持ちな男(終いに彼の顔は大変なことになってしまいました)が、妹の涙を薄い紙に染み込ませ、その染み込ませた紙を水槽に入れたり、という場面が何度かありました。(その水槽には肉食の獰猛なウナギのような魚が買われているんですね) 妹の涙以外にも、彼は養豚場に見学に来ていた男の子の涙も薄い紙に染み込ませ、それをケースに大事そうにしまっていました。・・・それらの行為の意味が分かりません。涙の染み込んだものは、その凶暴な魚に与えているのだ、という事は察せられますが、何のために、でしょうか? (2)シーズン3で、ウィルにいきなり妻子がいて、びっくりしました。映画のレッドドラゴンで妻子がいたのを思い出しましたので、まあ、そういう事なんだろう、と無理やり納得したのでしたが、しかしやはり気になります。きっと居眠りしてしまっている間に、それに関する流れがあったのでしょう。 ウィルはどのような流れで、結婚したのでしょう? (3)シーズン3の終わりごろ、ハンニバルをレッドドラゴンに殺させるために、移送中にあえてハンニバルを逃がすように仕組みますが(ウィルとジャックによる企み)、その直前、アラーナ・ブルームが監獄にいるハンニバルに会いに行き、そこでその脱走計画について話します。そもそもその脱走計画は、ハンニバルにはヒミツの筈ではないでしょうか。なのに、アラーナブルームは、それをハンニバルに伝えるのが当然であるかのように彼に語っていたので、・・・ワケが分かりません。ハンニバルが殺人鬼だと判明したあと、彼女はもう彼に対する色恋感情を捨てたようなので、ハンニバルの為を思ってその仕組まれた脱走計画について教えてやった、というのではない、・・・そんな気がします。 彼女は何のためにハンニバルにそれを教えてやったのでしょう? 長い質問になってしまいました・・・ 出来れば、上記の3つの答えに関し、「この場面でそれは触れられてるよ」というように、お教え頂けたらありがたいです。

  • 「悪魔を見た」を観た方へ

    すごく興味があるんですが、怖くて観る勇気がありません。 わたしは「セブン」「羊たちの沈黙」が大好きです。 一番はじめの「ソウ」はおもしろいと思いました。 2と3は正直怖い場面が多すぎて、(特に3) 目を覆ってる時間がかなりあったと記憶しています。 「シャイニング」怖いけど好きです。 「告白」これはおもしろかった。 「バトルロワイヤル」あまりリアルではないので見れなくはないです。 「エクソシスト」や「ポルターガイスト」等は観たことがありません。 あ、「es 」「CUBE」大好きです。 「13人の刺客」(役所さんのやつ)けっこうグロいと思いました。あんまり好きじゃありません。 ハンニバルもグロくて苦手です。 怖いとか、後味の悪い、で観たことのある映画を思い出してみたのですが こんなわたしに「悪魔を見た」はおススメ出来ますか? 耐性がないのでやめておいたほうがいいと思いますか? 映画の内容自体はすごくおもしろそうなのですが・・・ あ、因みに今まで観た映画の中で一番後味が悪い&きつい&怖いと思う映画は 「タイタス」です。 それからもうひとつ質問なんですが 「悪魔を見た」を紹介しているテレビや文言を見ていつも気になっていたのですが ギョンチョルにGPSチップの入ったカプセルを飲ませるんですよね? これって、どれくらいか分からないけど、排泄されますよね? される度に飲ませるんですか? それとも最初の一回だけ居場所が分かればいいんですか? 観る観ないは別として、すごく気になっています。。 宜しくお願いいたします。

  • 「ハンニバル」クラリスの銃

    「ハンニバル」の原作を読んだ方にお尋ねしたい事があります。 クラリスの使用した銃についてなんですが、映画ではSIGとGLOCKになってましたが、 原作では‘女だてらに’45口径を使っているとか?しかもカスタムされていて それを使ったせいで始末書を書かされる羽目になったと聞きました。 その銃の具体的なモデル名、カスタムの内容、なぜ始末書を書いたのか等、 わかる範囲で教えていただけたら嬉しいです。 本屋でパラパラッと立ち読みしましたがわかりませんでした。 ま、買ってじっくり読めばいいんでしょうけど。

  • 自分に読めるダーク系漫画

    こんばんは。 私は今まで手を出したことのない、ガンツやベルセルク等のダーク系?漫画を読んでみたいのですが、自分に読めるかどうか分からないです。 この間、進撃の巨人1巻を買ったのですが、どうも自分に合いませんでした。 (ストーリーには引き込まれ、勢いで最後まで読んだのですが、巨人が人を食べるシーンをグロいと感じてしまい受け付けなかった) 立ち読みが手っ取り早いのですが近くに古本屋が無く、自分に合うのか確かめられません。 アマゾンのレビューでも漫画のグロさはよく分からず… 参考にならないかもしれませんが、 漫画…デスノート、ひぐらし、うみねこは読めました。ブラックジャックは少し苦手です。 ゲーム…バイオハザード、ホラー系、洋ゲー(兵士になって戦う系)は苦手です。 モンハンは慣れで大丈夫になりました。 パラサイトイヴは小説は大丈夫でしたがゲームは駄目でした。 ゲーム・映画のホラーやスプラッタ、医療系番組やドラマ(リアルな血)が苦手だと思っていたので漫画なら大丈夫かな…と進撃の巨人を買ったのですが、失敗してしまいました。 自分はダーク系漫画が大好きって訳ではないです。 買うのは少年漫画ばかりなのであまり手を出したことがなく興味があります。 あまりグロくない、自分でも読めそうなお勧めのダーク系漫画、教えてください。

  • この小説のタイトルを教えてください

    去年あたりに本屋で立ち読みした小説です。 内容はホラーかサスペンスか… 特にインパクトのあったシーンは被害者発見と検死(?)のシーンです。 「犯人は外科手術に優れた者だろう。被害者に痛みを全く感じさせず、『手術』を施した。被害者は生きながらにして自分の頭が開かれるのを、目の前に置かれた鏡で見ていた。更に脳をスプーンで掬われ、自らの脳の味を味わって狂いながら死んだのだ」 こういう内容でした。 確か、角川で、カバーの黒いシリーズ(?)の文庫サイズ。 同シリーズにはホラーっぽいものが多かったように記憶しています。 ご存知の方、タイトルと作者名を教えてください。

  • 死ぬほど怖い作品を紹介して下さい。

    死ぬほど怖い作品を紹介して下さい。 ★映画・ドラマ鑑賞履歴MYレビュー評価★ http://okwave.jp/qa/q6072190.html ↑以外で、オススメがあれば、教えて下さい。 私が怖い作品を見る上で大事な要素とは、 ・迫りくる恐怖感★★★★★ ・ストーリー★★★★ ・グロさ★★★(血しぶき程度) ・バイオレンス★★(ちなみに集団レイプ(輪姦)は★★★で、キツイです) 後味は爽快で! なので、後味が悪い下記のような系統の作品と、白黒は【NG】です。 「マーターズ」「屋敷女」「ファニーゲーム」「ピアニスト」「ブラックサイト」など これらは【グロさ&バイオレンス★★★★★】 ハッキリいって生理的に?ムリ。ヤリすぎ!!描写が残酷過ぎます 見ないほうがよかったと後悔した作品 下記の作品も上記同様に救いは無かったけど、やっぱり違うものですよね?  「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「SAW」はよかった つまり、ジェットコースターやお化け屋敷のような怖さが欲しいです。 かと言って「ホーンテッドマンション」は★★でしたが・・・難しいな ちなみに、今後レンタル予定作品 【「キャリー」「イベント・ホライゾン」「REC2」「エスター」 「マスターズ・オブ・ホラー 恐-1グランプリ 三池崇史 」 「ストレンジャーズ・戦慄の訪問者」「ブラッディ・バレンタイン」 「ピッチブラック」「スペル」「永遠のこどもたち」「チェイサー」】 以上 宜しくお願いします。

  • 数年ぶりの再会について

    幼少期に分かれた幼馴染と、大人になってから再会した 生き別れた身内と、十数年ぶりに再会した ずっと音信不通だった親友と、感動の再会を果たした こんなシーンがさまざまな映画や小説などで見受けられると思うし、実際体験した方もいらっしゃるかもしれません フィクションの場合、物によりますが大体は出会った瞬間にその人物(幼馴染、身内など)だと断定できることが多いように思います。 もし自分がこういうことを体験したら、再会できた人が思い出深いその人自身だと、どのくらいでわかると思いますか?また、経験した人は、どのくらいでそうだとわかりましたか?

  • 映画『レッド・ドラゴン』にて冒頭で演奏される曲のタイトルは?

     『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』に続いて制作された、映画『レッド・ドラゴン』にて、冒頭、登場人物の一人であるレクター博士がオーケストラの演奏を聴き、フルート奏者の酷い演奏に眉をひそめるシーンがあります。  新潮文庫から出ている『レッド・ドラゴン シナリオ・ブック』には、この曲を「ボッケリーニのチェロ協奏曲二長調(アレグロ・ピアチェーレ)の第三楽章」としているのですが、この曲ではありませんでした。  ちなみに、劇中で演奏に使用されている楽器は、映像で確認できるかぎりでは、バイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、トランペット、ホルン、ティンパニ、小太鼓だと思います。  最終的にはこの曲のCDを手に入れたいと考えているので、その入手方法や良質演奏・録音のものについても助言していただけるとうれしいです(同作のサウンド・トラックCDには収録されていませんでした)。

  • 映画『レッド・ドラゴン』にて冒頭で演奏される曲のタイトルは?

     『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』に続いて制作された、映画『レッド・ドラゴン』にて、冒頭、登場人物の一人であるレクター博士がオーケストラの演奏を聴き、フルート奏者の酷い演奏に眉をひそめるシーンがあります。  新潮文庫から出ている『レッド・ドラゴン シナリオ・ブック』には、この曲を「ボッケリーニのチェロ協奏曲二長調(アレグロ・ピアチェーレ)の第三楽章」としているのですが、グーグルで検索してもそれらしき曲名はヒットしませんでした。  ちなみに、劇中で演奏に使用されている楽器は、映像で確認できるかぎりでは、バイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、トランペット、ホルン、ティンパニ、小太鼓だと思います。  最終的にはこの曲のCDを手に入れたいと考えているので、その入手方法や良質演奏・録音のものについても助言していただけるとうれしいです(同作のサウンド・トラックCDには収録されていませんでした)。  カテゴリーを映画(洋画)にするか迷ったのですが、音楽に詳しい必要があると考え、こちらに質問させていただきました。  はじめての質問なので至らない点が多々あるかと思いますが、これについても注意、助言をしていただければ幸いです。

  • 公開ほやほや映画「マイアミ・バイス」の様なオススメ作品は?(ちょびっとネタバレ有

    昨日、マイアミ・バイスを観て来ました。 久しぶりにああいった映画を観て、娯楽として楽しめました。 そこで、皆さんにアドバイス頂きたいのですが、 あの様なタイプの、DVD化されている映画でオススメのものはありますか? `あの様なタイプ’とは… ◆世界をまたにかけちゃう感じ  (欧州は無論、東南アジアなんかも出てくると映像的にエキゾチックでステキ) ◆CIAとかFBIとか出てくる感じ  (やはり、自分が知り得ない世界を描いているのは観ていて楽しい) ◆あまりコミカルではない感じ  (マイアミ・バイス程度が丁度/Mr&Mrsスミス等がNGにあたる) ◆あくまで主役は男性のもの (自分が女性なので、同性の主人公だと`んなアホな’となってしまいます。) ◆映像的に動きがあるもの  (シリアナなどがNGにあたtる) ◆拷問などグロい場面は平気です ◆悟れる程度の、ちょっと洒落(ギャグではない)がきいてるもの  (ラストのイエロ?が殺されたシーン、最初の方の台詞であった`抽象的な壁画’を(多分)意識していた様に…) ◆古い映画では無いもの  (時代や外国の地のバックグラウンドに疎いので、手軽に楽しめない) 注文が多くてすみません^^; 元々の好みは、スパイ、猟奇殺人、などです。 ですが、SAWの様な暗いモノ(お金かかってない)や、ハンニバルシリーズなどには飽きてしまいました。 今は、爽快に、ダイナミックに、クールに、そんな風に娯楽としてサラっと楽しめる映画が観たいです。 どうでもいい事ですが、上にNG例として列挙した映画も面白かったです。 ちょっとズレるんですが、マイボディーガードも好きです、思ったより単純なボディーガード映画じゃなかった&変わった感じの音楽がツボでした。