• 締切済み
  • 暇なときにでも

取りつく「島」

「取り付く島もない」という言葉がありますが、 語源は井原西鶴の「世間胸算用」であるということまではわかったんですが、 その「島」はどんな島なんでしょう? ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 日本の「和句解」には「四方(しほう)から見える山(やま)」が省略されたものということになっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 井原西鶴 『世間胸算用』

    井原西鶴の『世間胸算用』について学校でプレゼンテーションを行わなければならないのですが、「作者は何故同じ日の話ばかりを20も書いているのか」について良いアイディアが浮かびません。何か参考になるようなものはないでしょうか??よろしくお願いします。

  • 世間胸算用について

    世間胸算用とはどういうものなのですか?? 突然国語の宿題で調べろと言われました。 井原西鶴が町人の様子を書いたものとまでわかりました。 質問があります (1)これは俳句ですか?それとも物語ですか? (2)大晦日を限定して書かれたものなんですか?? (3)1つの話ですか?それとも短編がいくつもあってまとめて世間胸算用ですか?? (4)その他知っていることや発表に役立ちそうなこと教えてください

  • 西鶴の「世間胸算用」では、なぜ紅葉(もみじ)のことを木偏に色とかく漢字で表記するのか教えてください

    井原西鶴の「世間胸算用」巻一の三「伊勢海老は春のもみじ(もみじの漢字は木偏に色とかかれている)」という話では、同じモミジでも木偏に色とかく漢字が使用されていますが、これは なぜ、もみじは「紅葉」とせず木偏に色とかく漢字としたのか。何か意味に違いがあるのか、ご存知の方教えてください。僕は、大漢和辞典で調べてみましたが使い分けなど書かれておらず大変短い説明で終わっていたのでがっくりしてしまいました。

  • 江戸時代の貨幣と現代

    質問のカテゴリが間違っていたらすみません。 井原西鶴の本を読んでいて思ったのですが、よく話の中に○○両と出てきます。 現在の貨幣価値で言いますと、一両いくらくらいになるのでしょうか。 参考になるようなサイト・書物などがありましたら、それも教えて頂きたいのですが。  よろしくお願いします。

  • 歌祭文について

    井原西鶴の「好色五人女」は、当時の歌祭文をもとに書かれたという話を聞いたのですが、その頃の人々にとって歌祭文とはどのようなものだったのでしょうか?「歌祭文」といってもピンとこないので、何か関係する資料などがあれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 古典的なエロ小説

    井原西鶴の「好色一代男」「好色一代女」の現代語訳版は現在(古本ではなく)発売されていますか。高校の国語の資料集で粗筋は知っていますが、文庫本などで容易に購入可能であれば読んでみたいです。但し、現代文約でなければほぼ読めません。

  • 近世文学の卒論について

    こんばんわ。私は日本文学科の大学4年です。 卒論のテーマを考えているのですがなかなか思いつきません。 今は井原西鶴についての作品を読んでおり、何か現代のことと結びつけたり比較したりしながら書けるテーマを探しているのですが何かアドバイスを頂けないでしょうか?? 簡単なアドバイスでも、おすすめの著書でも何でも結構です。 どうぞお願い致します。

  • 浮き世の月

    浮き世の月 見過しにけり 未二年 井原西鶴の辞世の句です、金銭に対する嫌悪が表現されているとの解釈がありますが、西鶴の名前ぐらいしか知識の無い私には、句の意味合いがよく判りません。 浮き世の月で検索すると「忠臣蔵」ばかりヒットしてしまいます。特に、最後の一節は意味が不明で困っています。 カテゴリーに迷いましたが、ご存知の方、お教えください。

  • 古文の題名、教えてください。

    こんにちは。 たぶん井原西鶴だったと思いますが、勘違いしているのかもしれません。 内容は、ある魚屋がたこの足を数本切り取り、「たこの足は○本だ」と言い張って商売をし、それが嘘だと露見し、とがめられたか、罰せられたか・・・。 というようなものだってと思います。 「足きり八助」か「たこきり八助」だと思っていて、いろいろと検索したのですが、それらしきものはヒットしませんでした。 ご存知のかた、よろしくお願いします。

  • 近世(江戸)文学の卒論テーマについて

    卒業論文において近世文学を取り扱うことになりました。 自分だけではどうにもとっかかりが掴めず、知恵をお借りしようと思い質問しました。 近世文学で論文を書く上で面白そうなテーマやおすすめの作家など があれば教えてください。 井原西鶴や上田秋成など、作品が現代語訳されて出版されて いるものであればなお有難いです。 とっかかりが掴めるまで自分でも模索するつもりですが、幅広い方から意見が いただければ嬉しいです。 どうかよろしくお願いします。