• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

theなどについて

いつもお世話になっています(*^_^*)  英語が大の大の苦手な学生ですo なのでがんばろう!と思いましたo 参考書の例文から質問です。 (1)彼のスーツは灰色でネクタイは黄色だった。 His suit was gray and the tie was yellow. Q1どうしてスーツは[the]がないのにネクタイだけ[the]が付いているのでしょうか。 (2)授業後私は彼と話した。 I talked to him after class. Q2例文のなかの[to]はwithではだめでしょうか。 英語が苦手でわからないことがたくさんありますが一生懸命がんばります。よろしくお願いします・・

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数76
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

theについては面白いですよね 学校ではあまりわかりやすく教えてくれませんが theというのはあなたと私と、その文を読んで同じものを思い浮かべる事ができるものにtheを付け、そうではないものにはaやanをつけるんです。 例えば太陽や月はひとつしかありませんから、the sun,the moon お店で売ってる犬はThis shop sell a dog。 なぜならその犬は柴犬かゴールデンハスキーか黒いのか、白いのか大きいのか私もあなたも想像できないからです。 例文を見てみましょう。 His suit was gray and the tie was yellow. 彼のつけているネクタイは地面に落ちたものですか? それともショーウィンドウの向こうにかかっている売り物のネクタイ? 違いますよね、彼のスーツにくっついている彼の所有している黄色いネクタイですよね。つまり、そのネクタイは彼のネクタイなんだなとわかるのでtheをつけます。 これが前の文章がなく the tie was yellow. だと、?って意味になっちゃいます。わかるでしょうか。 talk toだれそれはお決まりの文句です。 talk withでも外国の人は脳内変換で理解してくれますけど、 ああ、この人は英語苦手なんだなって思うでしょう。 私も英語が苦手なまま英語を勉強しなくてもいい年になって いまさら英語を勉強しています。 お互いがんばりましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!とってもわかりました(*^。^*)

関連するQ&A

  • 英語の訳の中でhaveの意味がわかりません。

    英語の例文で I would like to have this suit altered. 日本語の訳が ”このスーツのリフォームをお願いしたいのですが” とあったんですが色々意味を考えるとhaveにあたるのが ”お願い”の部分になるんですが正しいのでしょうか 分かる方解説お願いいたします。

  • 'enough to'の例文

    中学生に英語を教えるのですが、'enough to'の例文を考えていたら、だんだん訳し方がわからなくなってきました。 ・She was happy enough to sing a song.  (彼女は歌を歌うほど幸せだった) ↑この例文は正しいでしょうか。 辞書(ジーニアス英和辞典)を引くと、  ・The suitcase is light enough for me to carry.   (スーツケースは私に持てるくらいの軽さだ) という例文があるので、「~するほど…だ」という表現もアリのように思うのですが、  ・I was lucky enough to see her there.   (そこで彼女に会えたのはラッキーだった) という例文もあり、このやり方で訳すと、初めの例文(She was happy enough to sing a song.)は、「彼女は、歌を歌えたのは幸せだった」となるような気がして、どうも違和感を感じます。 海外生活の経験もなく、英語の感覚がわからず困っています。英語に詳しい方、回答お願いします。

  • 日本語のあいまいさについて

    よろしくお願いします。 「この報告書は彼に渡されました。」 と言う表現 「~に」は、2通りに解釈できます。 この報告書は、彼から渡された ものという解釈と 報告書は、彼へ渡された ものという解釈 英語なら、 This report was handed to him. This report was handed by him. と明確ですが。 こういった日本語が、英語をわかりにくくしているような 気がしますが、いかがですか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

参考書の例文は、theの使い方を例示しているのでは。 はじめのsuitにtheをつけることはできません。 読者が分かっているものしかtheをつけられませんから。 His suitなら簡単です。次のtieにtheをつけるのは、 もう誰のものかわかっているからtheをつけられる。 すこしくどいですが、his tieでも可。 余談ですが、参考書だけでなく、本当に実になる英文に チャレンジすると英語が楽しくなると思います。 ・詩:岩波から対訳で、英詩選、米詩選が出ています。 ・小説:二十世紀の英文学の最高峰James Joyceの短編集     Dubliners(英文はペンギンから、和訳本は     ダブリン市民という題名で文庫本で出ているはず) ・海外の雑誌:アメリカのAtlantic onlineはWEBで読めます。 ・ほかにも、Gutenberg projectで検索すれば、いろんな小説や  リンカーン、ケネディの演説などが只で読めます。(リンク添付) ・外国語の学び方全般について一度岩波新書から出ている  渡辺昭弘著「外国語の学び方」を読まれることをお勧めします。   もうひとつの提案は意味論(Semantics)を勉強することです。 アメリカの教育過程では導入されてますが、日本はいつになっても 導入されず、非合理なことを発言する人がおおい。英語を読むとき にも役立ちます。岩波で出ている「思考と行動における言語ーS.I. ハヤカワ」がお勧めです。というか、日本ではこれくらいしかない。 以上、ご参考です。  

参考URL:
http://www.gutenberg.org/wiki/Main_Page

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました^^@

  • 回答No.3

普通名詞を単数形で使う場合は、単独では使えません。a や the や his などの単語が必要です。また、his と the を同時には使えません。His suit で始まっているので、his tie と言ってもいいのですが、英語は同じ単語を繰り返すのを避ける傾向にあります。the tie と言えば、当然彼のネクタイと判断できるので、the を使っていると思ってください。His suit がなければ、当然 his tie としなければなりません。 talk to も talk with も同じ意味で使えますので、もちろんOKです。ただし、to と with はニュアンスが違うので、以下のような意味でも使います talk to ~ ~に話しかける talk with ~ ~と話し合う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

  • 回答No.2

1、His があるので the は不要。tie に関しては、his tie とすると his が2回出てくるので、そういうのを英語は避けます。所有格+名詞..the 名詞 で同じ人物のものを言うことは良くあると思います。 April 6th or the 7th などはたまに見かけますが、the は April のかわりっす。 2、talk to / talk with の違いは「主体がこちらにある」が to 、「話し合う」というフィーリングが with 。簡単に言えばですが。後は辞書の例文をよく検討しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうござました^^

関連するQ&A

  • 時制の一致について

    I heard from him earlier that the plan was going to be canceled. 上記の文ですが「彼から前にこのプランはキャンセルされることになっている」 と聞きましたと言う場合はthat以降は時制の一致で過去形になりますでしょうか? この例文の場合「was going to」するとするつもりだったが実際はしなかったと言うように受け取れるような気がします。 実際nativeは時制の一致を行わず現在形を使っている場合もあると思うのですがいかがでしょうか? I heard from him earlier that the plan had been going to be canceled. had beenにするとどのようになりますでしょうか? 文法上はHe said "The plan was going to be canceled" と同じになるので そのときの時点ではキャンセルされる予定だったとなる認識でよろしいでしょうか?

  • "morning" と "mourning"

    普通、日本では「礼服」(フォーマルスーツ)で黒い「モーニング」と言えば、白いネクタイで結婚式、黒いネクタイで喪服となりますが、英語で言う "morning suit" とは日本と同じで黒いネクタイで "mourning dress" (喪服)として併用が可能なのでしょうか? また、チャゲ&飛鳥の「モーニングムーン」という歌は、曲の雰囲気から勝手に "Mourning Moon"(狼が月に吼えるさま)と理解しておりましたが、最近、"Morning Moon"(残月)と知り、「あ~あ、まんまか」とちょっとがっかりしました。 "mourning moon" で「(狼のように)月に向かって慟哭する(遠吠えする)」ような解釈は間違っているのでしょうか?(一応、かつて、このような表現には出くわしたことがないのですが・・・) ご見識のある方、ご教示願います。

  • 英語_代名詞に関する質問です。

    代名詞が本来の名詞より先に(前に)出ることはあるのでしょうか。 例えば、次のある文法書で見つけた文ですが、"him"と"the man"は同一人物を表しています。When I saw him, the man was wearing a hat.「その男性に(彼に)会ったとき、彼は(その男性は)帽子をかぶっていました。) このことは、中学英語の従位接続詞でつながれた文の書き換え問題を採点する際にも関連してくると思います。中学校などでは、ただ単純に前の文と後の文を入れかえても意味は同じである、と機械的に教えています。ですので、例えば、My mother was cooking dinner, when I talked to her.=When I talked to her, my mother was cooking dinner.は正解とします。これでいいのでしょか。 よろしくお願いします。

  • すみません。初学者です・・・

    現在、1から英語を勉強している初学者です。 質問させていただきます。 英語の本に I went to america to run with a big coat と書いてました。 また、その後に The shop was crowded with young people と書いておりました。 今回疑問に思ったのは"with"です。 withは"~とい一緒に"の意味だととらえておりましたが、この例文を見る限りどこにも一緒にという関係が無いような気がします・・・ 何故、"with"なのでしょうか? もう一つは 2つめの例文の"was crowded"です。 自分は The shop crowded with young people でも良いのでは?っと思いました。 "was"が入ってる事で何か変わっているのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳有りませんが、悩んでいます。 どなたか回答をお願い致します。

  • 書き換え??

    ある書き換えの問題ありました。例文は以下の通りです。 He's easy to amuse. → It's easy to amuse him. そして問題文は下記の通りです。 (1)She's nice to talk to. (2)The box was too heavy to lift. (3)It's a bad place to live in. 例文にしたがって書き換えたのですがどうでしょうか? (1)It is nice to talk to her. (2)It is too heavy to lift the box. (3) ??? でも違和感があります。 (2)はおかしいような。“その箱は重かった”ではなく“その箱を持ち上げることが重すぎた”になって変ですよね? (3)は書き換えられるのでしょうか?

  • 中学英語の文法の疑問点

    こんにちは。私は英語の文法は得意で好きなんですが、幾つか疑問があります。どれでも、答えられるものにお答え頂いて構いません。 (1)形容詞は名詞を修飾します。では、“My car is yellow.”の yellowは なぜ形容詞なんでしょうか?それでは “This is a car running on the road.”と言った場合、runは動詞なのに名詞を修飾している形になりますが、動詞と形容詞の根本的な違いって何なのでしょうか? (2)love,have,knowなどの動詞は中学でも最初に習う動詞ですよね。そして、英和辞典で調べると「愛する」、「持っている」、「知っている」という訳語がありますが、和英辞典で引く場合はそれぞれ、「愛する」、「持つ」、「知る」で調べなければなりません。それでは、日本語でも「~いる」の付かないそれらは英語でどういうんですか?つまり、例えば「持つ」と「持っている」は英語ではどう区別するんですか? (3) 例えば try onという群動詞は、try on a suitという形で使われますが、a suitを代名詞に置き換えると、try it onになりますよね。この場合のonの品詞は何になるんでしょうか? その他にも look forのforとか 副詞か前置詞か区別の難しいもがありますが、どうやって品詞を区別したらいいでしょうか? (4)「この鳥は死んでいる。」は英語で“ This bird is dead.”と言いますが、なぜ“This bird is dying”では間違いなんでしょうか? (5) 不定詞の分類で、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があるのを習いますが、how to do, what to do, where to do は それぞれ どの用法になりますか? (6) 英語で「私も」という時 “Me too”と言いますよね。MeはIの目的格ですが、この場合、Meが必ずしも主格を表わすとは限りませんが、これはどう説明しますか? また、比較の構文で“He is older than me.”という表現も見かけますが、この場合は thanは接続詞ではなく、前置詞として使われているんでしょうか?

  • 高校初級  4択問題 答えを教えて下さい(4問)

    正解はなんとなく解るのですが、なんとなくの範囲です。なぜ他の選択肢が不正解か教えて戴きたいです★ (1)He went out of the room,(     )me alone. 1)leave    2)leaving   3)left    4)and leaving (2)He is the boy (     )yesterday. 1)who I talked    2)I talked     3)I was talking    4)I talked about him (3)Monday is the day(      ) I am very busy. 1)which     2)for which     3)on which     4)on when (4)The name of the baby panda will be announced to public on Monday. この場合、赤ちゃんパンダの名前、という英文は The baby panda's nameでは英文的に不自然でしょうか?(ネットの無料翻訳機だと同じ日本語訳になります) ご指導よろしくお願いします。

  • 「私はなすすべがなかった」(思い知った、という意味で)とは英文でどうなるでしょうか。

    先日見たドラマで、英語で言ったらどうなるのかな?と思うセリフがありました。 一人の人物が会社の内部の不正みたいなのに立ち向かおうと決心して色々裏づけを取ったりとするのですが、結局、信じていた社長(は誠実な人だと信じていた)が実は大変卑劣な人物だと分かり、さらにその社長が腕のいい弁護士を雇い、それに立ち向かう前に「社長には勝てないのだ」と悟る、というものでした。 そして「自分は戦わずして負けたのだ。何もなすすべがなかった」と つぶやくのです。 最初の文は「I did not fight and was overcome」でいいのかな、と思ったのですが、後半の「何もなすすべがなかった」が分かりません。 「すべ」を辞書で調べたら「means」でしたが、その例文では I was at a loss what to do. 私はなすすべを知らなかった。 と書いてあり「means」を使った例文はありませんでした。 「私はなすすべを知らなかった」は例文で分かりましたが、でもこれが「なかった」という場合だと、どのようになるのでしょうか? 「知らなかった」と「なかった」では意味が違うと思うのですが、↑の例文を見てもそのように作り変えることができません。 「私はなすすべがなかった」という意味をこのドラマのシチュエーションだと「思い知った」という思いを含んだものだと思うのですが、そういう形で表すにはどのような英文になるでしょうか? どうぞよろしくお願いします。

  • 日本の中学の英語の教科書の英文はお行儀がよすぎて不自然では?

    こんにちは。似たような質問が過去にも何度かありましたが、具体例をあげて検証してみます。 これは外国人向けの英語の入門書から拾った英文です。かなり自然な英文だと思います。 Dave: Cathy, Mike's arriving from Texas this afternoon. Can you meet him at the airport? Cathy: But I don't know him. How can I recognise him? Dave: You'll recognise him as soon as he gets off the plane. He's at least six feet tall and weighs twenty stone. He's got long grey hair, blue eyes and a white beard. He always wears a yellow and black shirt, red leather cowboy boots and an enormous green hat. Cathy: Yeah, no problem. しかし、日本の中学の英語の教科書だったら、次のように書き直すのではないでしょうか? Dave: Cathy, Mike is going to arrive from Texas this afternoon. Can you go to the airport to pick him up? Cathy: But I don't know him. How can I know who is him? Dave: You will know who is him as soon as he gets off the plane. His height is one hundred eighty centimeters at least and his weight is about one hundred thirty kilograms. He has long gray hair, blue eyes and a white beard. He always wears a yellow and black shirt, red leather cowboy boots and an very big green hat. Cathy: Oh,yes, that's all right. みなさんはどう思いますか?

  • 英文の添削をお願いします

    教材の例文に以下のように載ってるのですが、 おかしいところがあるかと思い確認をお願いしたいです。 1.I did a blood fluid transfusion on you.  (僕はキミと血液交換した) blood fluid transfusion ではなくて、 transfusion blood fluid ではないでしょうか? 2.His wife rightly suspected that he was seeing another woman.  (彼の妻は浮気を心配していた当たっていた) His wife と rightlyの間に is が必要ではないでしょうか? 3.Men will not be admitted without a tie.  (男性はネクタイなしでは入場できません) Men には A が必要ではないでしょうか?