-PR-
締切済み

卵の殻はどうして出来るの?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.29141
  • 閲覧数801
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

毎日目にする卵ですが、どうやって殻が出来るのか?ニワトリのモツをみても、卵の卵黄は確認できますが、殻を先につくり中身(卵黄、卵白)を入れるのか?それとも中身(卵黄、卵白)のまわりに殻を付けるのか?とれとも別の方法があるのか?科学的に説明をお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 48% (117/243)

 排卵された後、卵黄に卵白が付き、さらに回りに殻が付いていきます。輸卵管を通過中に卵殻膜(薄皮)、卵殻と順に分泌された成分が、付着するように卵を取り囲みます。産卵直後は、卵殻は粘液が固化したクチクラで覆われざらざらしています。
 卵殻の主成分は炭酸カルシウムです。一度、卵殻を取得した卵が、また、輸卵管を戻って、再び卵殻を取得すると二重卵(卵の中に卵がある)ものができることもあります。
 急ぎますので、簡単に
補足コメント
kz-yama

お礼率 0% (0/3)

お急ぎの所ありがとうございます。
では、輸卵管を通過するスピードで回りに殻がつくのでしょうか?
もし、出来るのなら輸卵管は原子炉のようなウランを鉄に変えることができる、自然界の原子炉なのでしょうか?「タンパク質(アミノ酸)をカルシュウムに変える?」みたいに・・・・・・・・・・・・・・・・
投稿日時 - 2001-01-17 11:17:43


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 48% (117/243)

 追加です。卵管内で卵殻が形成されるのは、卵管内にある卵殻腺からカルシウムイオンCa2+が放出され、これが、炭酸イオンCO32-と結合して、炭酸カルシウム(不溶性)の物質となるのです。この結合が、卵の表面で行われるので、卵の外側に殻が形成されていくわけです。
 かなり、専門的になりますが、以下のURLへどうぞ
  • 回答No.3
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

卵は鳥の体の中で卵黄から作られ始めます。
カラは一番最後です。
カラが出来る過程ではカルシウムが子宮内で分泌されて付着し
カラとなります。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ