• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

タイヤサイズと燃費

知人が購入予定の車は235-50-18となっているが、摩耗交換時にはもっと細いタイヤ(外径は同じ)にして燃費を良くしたいと言っていた。良くなるのなら、私のヴィッツも185-60-15から175-65-15にしたいが、周りの人は、 1.元々不必要に幅広タイヤなので転がり抵抗減(他に空気抵抗、パワステロス、重量減)で1~2%燃費効果はある、 2.タイヤ接地面積は同じ=タイヤの潰れが大きくなる=相殺で変化なし と言っていますがどちらなのでしようか。又、他の影響もあるでしようか。ヴィッツは普通の運転、年間15000km、市街平均21km/h、高速平均90km/h、車重1.03t。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2019
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • posh156
  • ベストアンサー率37% (231/620)

タイヤを変えると運転時のフィーリングも変りますので、自分の走りに合ったタイヤを見つけると良いでしょう。 メーカー標準サイズは、諸性能やコスト,宣伝効果など多くの要素の最大公約数的になっているので、個々の性能はベストでは無いと考えます。 ご参考に:http://www.murakamitire.co.jp/insider/insider0501.html ただ、タイヤサイズを変える場合は自己責任で。  メーカーの保証はなくなりそうです。 参考にヴィッツの取扱い説明書、下のURLの6ページ目に警告があります。 http://gazoo.com/nvis/im/torisetu/7217/M52686_7_4.pdf サイズ変更時はタイヤの強度も要注意です。 ロードインデックスと呼ばれ、タイヤサイズ「185/60R15 84H」の場合の84です。 この数字は原則としてメーカー標準以上とすべきで、小さくなる時は別途注意が必要です。 で、自分は燃費の為に細くしようとは思いません。 理論的にタイヤは細いほうが燃費が良くなるのは確かですが、燃費に影響する因子は他にも多くありますので。 タイヤの場合、サイズより低燃費(転がり抵抗が低い)タイヤの選択、空気圧の管理をマメにするでしょうか。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >取扱い説明書、下のURLの6ページ目に警告 タイヤのオフセットが僅かに変化しますが、操舵の変化で不具合が出る程のものでもないので175でも問題なしと判断しました。 >サイズより低燃費(転がり抵抗が低い)タイヤの選択、空気圧の管理 175でも扁平率で調整するので外径は同じになるが、車体取付け状態での外径は変化する(空気圧や摩耗でも変化するので問題ないように思えますが)とタイヤ屋さんに言われ、185で転がり抵抗の少ないものを選ぶ事にしました。

関連するQ&A

  • FF車のタイヤについて

    FF車の場合、後ろのタイヤなんてついてるだけですよね。この場合、燃費を稼ぐために前だけ低転がり抵抗タイヤとか、冬には前だけスタッドレスとか、そういう手はありですか? で、後輪なんか安いどうでもいいタイヤはかせとくとか。 そもそもFFの場合に前後とも同じタイヤでないとまずい理由ありますか? もちろん偏摩耗しないのでローテーションなんかしない前提です。実際、3年目車検で4万km走って溝の残りは前2輪は5mm、後ろ2輪は6mmで偏摩耗無しでした。

  • ジムニーの燃費について!

    ジムニーの燃費について! いろいろ悩んだ挙句ジムニー(最新型・AT)を購入しようと考えています。 そこで、嫁を説得するのに実燃費を知りたいのですが、 実際最新型のジムニーに乗っている方がみえましたら教えてください。 レビューサイトを見ると非常にばらつきがあり、信憑性が薄いと思い質問させていただきました。 私が調べた限りでは平均燃費は10程度で高速で12~といったところでしょうか? ちなみに当方片道21kmの通勤です。 ホワイトレタータイヤにあこがれているのですが、 やはりbfgoodリッチのタイヤは燃費よくないですかね??

  • 車のタイヤの転がり抵抗と燃費の関係

    自分の車(アテンザGJ20)で考えてみます。 条件 転がり抵抗(RRC) 10(転がり抵抗 B) ⇒ 7(転がり抵抗 AA)になった場合、 80km/hで一定速走行 車重1600kg(乗員1名、燃料や荷物込) 熱効率30%と仮定 ガソリン1Lの熱量 9.6Kwh 80km/hで23.3km/l((RRC=10(転がり抵抗 B)のタイヤでクルコンで高速を走った実績) ⇒70km(≒69.9km)走ると3Lのガソリン消費。走行に使われたのは9.6kwh×3L × 0.3 = 8.64kwh 転がり抵抗(RRC) 10(転がり抵抗 B) ⇒ 7(転がり抵抗 AA) に変わった場合 走行抵抗差 1600kg×(10-7)/1000 × 9.80665 = 47.1 N ⇒ 70km(≒69.9km)走ると 47.1 N × 70,000m / 3600sec = 915wh = 0.915kwh つまり転がり抵抗(RRC)が10(B) ⇒ 7(AA)になった場合、80km/hで一定速走行すると、 0.915kwh / 8.64kwh = 10.6 % も走行抵抗が減ることになります。 つまり10%くらい燃費が良くなるはずだという事です。 実際にこんなに違うものですか? 違わないとすれば上記の中でどこが実際に異なりますか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • Sompob
  • ベストアンサー率21% (110/516)

メーカー標準のタイヤは、一部の車を除いて明らかにオーバー サイズ。車も商品だから見た目も重視しないと。おバカな大衆 にはウケないでしょ。 タイヤは重量を支えられる限り、細ければ細い程宜しい。 よい事だらけです。 1.起動抵抗の低減。→駆動系の負荷低減。 2.続けて転がり抵抗の低減。 3.単位面積当たりの荷重が増え、雨天は幅広過ぎるタイヤ   よりもグリップが宜しい。 4.ホイール系の重量が減り、つまりバネ下が減るのでサス   の負担軽減。 5.タイヤ交換時のコストも低減。 弱点は細くなった分、ドライ限界特性が低くなりますが、 公道では99.99%関係在りません(そんな速度で走らな いから)。 太過ぎるタイヤの唯一メリット。 穿かせた本人が格好いいと思う事。 尚、ヴィッツと同程度の重さの、昔の車から検索すると 初期型セリカLB・2000ccの車重が1050kg。 これのタイヤが175ですよ。だからヴィッツでも この175クラスが妥当と(重量からは)判断されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >明らかにオーバーサイズ 標準車(1.01t)のタイヤは、165-70-14なので、車重増加20kgで185-60-15までは必要がないと思いましたが、セリカ2000でも175なら幅狭にしても実用上は十分ですね。

  • 回答No.4

1.2.はともあれ、、、 3.細いタイヤの方が円周部が軽いので加速時に必要なエネルギーが少なくてすむ。 を考えると、結論は燃費がよくなるということになると思います。 「同じ回転数でも軽いタイヤのほうがエネルギー状態が低い」 ので燃費がよくなります。 (回転したエネルギーはとまる時に回生せず、熱としてそのまますててるので無駄です。) 1.や2.はどうも重量や圧力、抵抗とかの1時元の静的なつりあいしか見てないように思えます。 エネルギーで考えると動的な話がわかりやすいのではないでしょうか。 ざっと考えたので間違えている部分もあると思いますが、参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>円周部が軽いので >エネルギーはとまる時に回生せず、熱としてそのまますててる 細タイヤの加速に使うエネルギは少なく、加速で蓄えられたエネルギを捨てるとしても、幅広タイヤよりは少ないので燃費向上になる、という事ですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.3

タイヤサイズなどはメーカーが適当に決めたわけではなく、気の遠くなるようなテストを繰り返して全ての妥協点を出したサイズです。 変更するならサイズではなく、低燃費をうたった銘柄にしたほうが好結果になると思います。 サイズ変更は何らかの弊害があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >低燃費をうたった銘柄にしたほうが好結果になると思います 転がり抵抗の少ないタイヤも検討してみます。

  • 回答No.2
  • dimma
  • ベストアンサー率27% (3/11)

タイヤのメーカー,銘柄によって、サイズが185でも実際の幅は180mmってこともあります。 逆に、175でも180mmの場合もあります。 ただ、この数字はタイヤの幅だった思うので接地面の幅が細くなれば燃費も良くはなると思いますが誤差の範囲で終わりそうな気がします。 それよりは、今付いているホイールがもしスチール製なら出来るだけ軽いアルミホイールにした方が燃費は上がります。 これは、バネ下荷重と言って、サスペンションによって車体から吊り下げられている部分で 車体を軽くするよりその部分(一番簡単な所ではホイール)を軽くするほうが効果は高くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 >誤差の範囲で終わりそうな気がします そんな気もするのですが、誰か実車テストした人がいて、データを教えてもらえたら、と淡い期待をしているところです。

  • 回答No.1

私は、新車購入時の時のタイヤのサイズが良いのではないかと思います。 幅広は確実に燃費が悪くなります。(グリップの影響もあると思います。) しかし操作性は良くなります。 裏返せば細くなると操作性が悪くなるのではないかと思います。 新車の時は車にふさわしいタイヤをつけているのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。昔乗っていた車は、145-70-13のタイヤで1500cc、車重は830kgでした。それより200kg重いとはいえ、185-60-15までの必要性を感じないので、燃費向上になるなら幅狭にしようかと考えているところです。

関連するQ&A

  • 年式の古いプリウスの燃費はどのくらいですか

    知人が2014年式のハイブリッドフィットをレンタルした時に、旅行で760km 高速と下道を合わせて平均燃費21km/Lだったそうです。 車にしては凄い燃費で驚きましたが、これは最新式かつ小さいフィットでの燃費ですよね? 少し年式のおちた古いプリウスではどのくらいの平均燃費なのでしょうか? 初代プリウスなどの燃費は今よりもっと悪いのでしょうか?

  • 燃費を維持するために

    フィットを買いました。期待通りの燃費の 良さに気に入っております。エアコンを 付けないで15km/Lくらい走ります。 そこでこの燃費の良さを10年10万キロ維持したい のですが、どのような事に注意すれば いいでしょう? 1 エンジンオイルを半年ごとに変える。 2 ミッションオイルも期間ごとに変える。 3 タイヤは転がり抵抗の小さいエコタイヤにする。 他に何かありますか?教えてください。

  • タイヤサイズを変えても同じ空気圧で良いですか?

    (1) 今回レガシーのスタッドレスタイヤを更新しました。新車時のサイズは195/60R/15だったんですが、値段が高いので185/65R/15にしました。車の適正空気圧の表示は 前2.2 後2.1 です。タイヤサイズが変わっても表示通りの空気圧で良いんでしょうか? (2) 空気圧は高めにする事が多いようですが、辺摩耗(中心部)やグリップ力の低下の心配がないのは10%増くらいまででしょうか? 70km制限の高規格道路を主に走るので、普段は80-90kmくらいの走行が多いです。 以上、詳しい方か自信のある方の回答をお待ちしています。よろしくお願いします。

  • なるべく安く車に乗るために燃費のいいヴィッツにしようかどうか

    現在中古車を探しています。  私は車にはお金をなるべくかけないことを第一と考えているので、燃費がよく、本体価格も比較的安いヴィッツを考えています。そこで平成11年式あたりのものを中心にネットでいろいろ目星をつけました。  しかしヴィッツは燃費がいいと聞きますが、このくらいの年式だとあまりよくないですか?gooで調べたらこのくらいの年式のヴィッツが16キロくらい、現在乗っている発売当初(4年前)くらいに買った1300ccのイストが18キロ。今乗ってるイストはあまり燃費がいいと思っていませんでした。  少なくとも今よりは燃費がいい車に乗りたいのですが、ヴィッツが燃費がいいというのは新しい年式のものだけなのでしょうか?  もしそうだとしたら他の車も考えてみます。本体価格50万以内で今のイストの燃費を超える車はありませんか?通勤距離が往復100キロで最近はガソリンも高いので燃費のいい車に乗りたいです。車にこだわりはないのでよほどセンスの合わない車じゃなきゃ大丈夫です。明日中古車を見て回るつもりなのでよろしくお願いします。

  • オートクルーズを使う方が燃費は良い?

    最近、フィットハイブリッドを購入しました。 高速を2,000キロほど走ってみたのですが、 往路は9割方オートクルーズで90km/h走行。 復路は車が多かったので、流れに乗って走りました。 往路の平均車速が79km/h。復路が76km/h。 燃費が、往路は26.2km/L。復路は25.8km/L。 結果を見ればオートクルーズの方が燃費が良いのですが、 復路は70~130km/hと、かなり雑なアクセル操作をしています。 でも違いはたったの0.4km/L。 オートクルーズの燃費ってこんなものなのでしょうか?

  • 【タイヤの接地面積】

    『タイヤの接地面積が大きくなるとグリップがよくなる』と言うのは正しいですよね? 例えばサーキットでレース用の車がスリックの幅広タイヤを履くのは、溝をなくして、その分の接地面積を稼ぎ、 そして幅広タイヤでよりいっそう接地面積を稼いでいるのだと思うのですが…。 この大前提の元に疑問点がいくつかあるので教えてください。 (1)一般的なラジアルタイヤの山がなくなった坊主の状態は設置面積が大きくなった状態とも言えるのに、なぜスリップするのか。 (2)上記(1)の坊主状態ではスリップしやすいにもかかわらず、なぜハンドルを据え切りする場合にはハンドルが重くなるのか。 タイヤの溝は雨水やゴミを排出する為にあるのは解るのですが、ドライの比較的ゴミの浮いていない道路でも坊主ではスリップしますよね? スリックタイヤは柔らかく、ラジアルタイヤが固いと言うことはもちろん知っているのですが、 物理的に『接地面積が大きければグリップがよくなる』と言う理屈は共通して言える前提だと思うのですが…。 どなたか素人にわかりやすく説明していただけませんか?

  • 燃費を悪くしたい!

    初めて質問させて頂きます。 変なタイトルですが、車の燃費を悪くする方法って存在するのでしょうか? スパークプラグやエアークリーナー、オイルなどは問題のない状態にしておいて、それでも燃費を悪くする方法を教えていただけませんか? 燃料高騰が落ち着いたといえ経費節減でうるさい昨今、営業車の燃費のバラツキに疑問をもっており知識を蓄えようと質問させて頂きました。 営業車はヴィッツなのですが、リーターの平均が16ぐらいに対し、10そこそこしか走らない車が数車あります。 メンテナンスもこまめに出している(出さざる得ない・・・)車だけに、どこか細工をすると燃費がガタ落ちするパーツがあるのではないかと思っています。 素人でも簡単に触れば燃費が落ちるよとか、見た目に分らないけれどココを触れば(こんな事すれば)燃費が落ちるよって部品や方法を教えていただけませんか? メンテを頼んでいる業者の話を素直に聞いているだけでは、不安なので質問しました。 お願いします

  • ファミリーカーのタイヤのサイズ。

    20数年前、社会人になって、数年後に念願の自動車を買いました。最初の車は中古のフォルクスワーゲンゴルフIIでした、その後、プジョー306、フォルクスワーゲンルポ、アウディTT、と乗り継ぎ、今はフォルクスワーゲンポロ、に乗っています。車はやっぱり自分の気にいったものでないと、すぐに飽きるので、もちろん懐具合との相談とはなりますが(いくらポルシェが好きでも、買えません・・。)ベストな車に乗ってきました。なぜかみな外車ばかり。国産がいやなわけではないのですが、わたしは見た目で車を選ぶのですが、デザインの気に入ったものがなぜか外車ばかりでした。アウディ以外は国産車でいえば、ヴィッツやフィットと同クラスのハッチバック型の小型車ばかりです。買い替えるたびに(ほどに)疑問に思っていることがあります。燃費や馬力は車ごとでまちまちで、新しくなるほど良くなっている、あるいは馬力アップしているわけではありません。むしろ燃費は悪くなっていっている気もします。ただタイヤのサイズがどんどん大きくなっていくのです。特に幅です。最初のゴルフは175というスタンダードなサイズでしたが、それから、車はむしろ小さくなっているのに、(TTを除く)185、195 と標準サイズが大きくなっていくのです。扁平率はあまり変わらないのですが。燃費がよくなるわけでも、所詮ファミリーハッチで、馬力アップで高速走行するわけでもないのに、なぜ標準タイヤが太くなっていくのでしょうか?調べると国産車も同じ傾向があるようです。街でみかける現代のファミリーカー(ワンボックス、多人数乗れるワゴン)のタイヤをみると、昔からすればスポーツカータイヤか?とおもうほどぶっといタイヤです。不思議でなりません。

  • タイヤの摩耗について

    くだらない質問です。 大量の車が走行する時代です。 車にはタイヤが付いています。 タイヤはゴムです。 走行していればゴムは摩耗します。 さて問題なのですが、廃タイヤ自体は回収されますが、摩耗したゴムはどこへ消えてゆくのでしょうか。 他のホコリや塵と一緒に空気中をさまよったり、雨に流され最終的には海へ行く付いたりしているのでしょうか。 自動車社会全体で見ますとかなりの摩耗量になりますが、環境への悪影響はないのでしょうか。 地球レベルでは全く考えるにも満たないような出来事なのでしょうか。 排出ガスばかりが気にされる昨今ですが、タイヤの摩耗も環境負荷が無いとは言い切れないのではと考えます。

  • 「ハ」の字に開いたタイヤ

    都内の一般道を走っていた時のことです。 私の車を右から追い越していくスポーツタイプの車がありました。10mほど先行されて後ろから見て、驚いたのはそのタイヤの角度です。明らかに前輪後輪ともタイヤが「ハ」の字に開いていました。通常なら車体とツライチであるタイヤの接地面は車体面から10cmは外側にあったかのように思います。 その2日後にまた同様の車を見かけました。国産車ではないようでした。 最初の車を見た際には、「あれ? タイヤの取り付け方が甘くて、車体の重みで外側に開いてしまったのか」と思いましたが、2回目の目撃で「これには何か理由があるのだろうか」と考えたのです。 普通に考えればタイヤが「ハ」の字に開いていれば、その接地面の摩耗も均一ではないはず。非常に危険ではないか、と思いました。車軸への負担も大きいでしょう。 このようなタイヤの取り付けには、何か理由があるのでしょうか。またこれは車検をパスしない違法改造なのでしょうか?