• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電圧制御は電流制御よりすぐれてる?

通常のトランジスタは電流、FETは電圧を制御、増幅するものと聞きました。トランジスタを使ったほうが安価で簡単だけどFET(電圧制御)のほうがすぐれており(何にすぐれているかは不明)、またオーディオアンプに使用した場合真空管に近いあたたかい音色が出るとも聞きました。 電気に詳しくないもの(私もそう)からすれば電流で制御しようが電圧で制御しようが掛け算でにしたら電力は同じに思えます。電圧制御のメリットとは具体的に何なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数880
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

トランジスタとFET (通常の)トランジスタはベースに流れる電流「で」出力電流を制御します。 FETではゲートに加える電圧「で」出力電流を制御します。 出力電圧「を」制御する、という手の話とは異なるかと。 電圧で制御する場合と、電流で制御する場合の利点は先の回答にあるとおりかと。 アンプに使った時の特性 通常のトランジスタでは、ベースに加えた電圧とベースに流れる電流には指数関数の関係があります。このため、ベースに加えた電圧と出力電流の関係がちょっと複雑な関係になって、高い次数の高調波が出やすい、 これに対して、(垂直型の)FETではゲート電圧と出力電流の関係が通常のトランジスタほどややこしい関係になってなくて、高い次数の高調波が出にくい、 この違いが音質の違いとして現れる、 という説明がされているようです。 以下余談 電圧制御の回路と電流制御の回路 出力電圧を制御する回路と、出力電流を制御する回路では、状況によって、挙動が変わります。 たとえば、負荷抵抗が低くなったとき、電圧制御がかかっていると負荷電流が増えて電力が増えますが、電流制御がかかっていると負荷電圧が下がり電力が下がります。 また、スピーカやモータのように内部に電圧発生源があるような場合にも挙動が変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。

関連するQ&A

  • 真空管の玉を変えるとなぜ音が変わるのか。

    真空管とはどういう物かなと興味を持っている者です。 同じ環境のオーディオシステムで、違う種類の真空管の玉だけをを変えると、なぜ音色までもが変わるのかが分かりません。 オーディオ用の真空管は増幅作用がメインの仕事ですから、種類の違う真空管を使った場合、アンプの出力は変わるかとは思いますが、なぜ音色まで変わるのかが分かりません。何故なのでしょうか。 この考えを発展して、真空管ではなくてトランジスタを組み込んだ場合でも、音色が変わるのでしょうか。 ご教授お願いします。

  • 電圧または電流に比例した電流制御

    電源はDC24V、30Aのスイッチング電源です。 これの電流を、0Aから30Aまで、電圧または電流の制御信号に比例して流したいと考えています。 この場合、どんな素子が良いでしょうか? 私は、 バイポーラトランジスタ: ベース電流で制御できる MOSFET: ゲート電圧で制御。ただし、ゲート電圧に比例してドレイン電流が流れる範囲が小さい IGBT: ゲート電圧で制御。ゲート電圧に比例してドレイン電流が流れる と考えて、バイポーラトランジスタかIGBTがいいのではないかと考えたのですが、、 どうぞよろしくお願いします。

  • 定電圧、定電流回路

    NPNトランジスタを使い、電力増幅器を作ろうと思っています。 エミッタ接地でエミッタ-GND間には抵抗等何も入れません。 バイアス回路として定電圧、定電流回路を入れ、トランジスタのコレクタ電圧とコレクタ電流を一定にしたいと考えています。 (例えばトランジスタのhfeがばらついても2V、10mAとなるように) なるべく簡単に構成できる定電圧かつ定電流回路をご教授願います。 (トランジスタひとつと抵抗数個とかで構成できるのが理想です) 大元のDC電圧はボルテージレギュレータを使うため一定とお考えください。 以上、宜しくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率28% (1453/5183)

電流がほとんど流れない電圧制御であれば後の回路が前の回路に影響を与えないし、電流が流れることによる電磁誘導が無いので優れていると言えます。 FETをオーディオアンプに使用した場合、暖かい音と言うのはFETの特性による部分も大きいようです。 トランジスタでは直線性は優れていますが3次高調波歪みが発生しやすくこれが耳に付く音となりやすいようです。 FETや真空管は2次高調波歪みが主で暖かい音と感じると言われています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。 なるほど、現実の回路では電磁誘導が無視できないですね。

  • 回答No.1

電力=電圧×電流 なのはご存知の通りです。 電力が発生する際には熱も発生します。 ここでオームの法則が登場します。 電圧=電流×抵抗 ですね? これをそのまま電力の計算式に当てはめると… 電力=(電流×抵抗)×電流   = 電流の二乗 ×抵抗 となり、電力(発生熱)は電流の二乗に比例する、とも言えます。 逆に言えば、発生熱を抑えるために電流は変化させないでおいた方がイイのです。 と言う事で電気回路には電圧制御の方が都合がいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。 納得がいきました。

関連するQ&A

  • 増幅率 トランジスタ 真空管

    完全な初心者の素朴な疑問です。 トランジスタや真空管には増幅作用があると読んだのですが、 じゃあ、いくつもつなげればいくらでも電流が大きく出来るということでしょうか? その場合、エネルギー保存の法則はどうなるの?

  • アンプで電流を増幅したいのですが・・・

    少しカテゴリ違いかもしれませんが教えてください☆ ちなみにアンプに関してはずぶの素人です☆ 実験でアンプを使って電流を増幅して出力しなければならないのですが パワーアンプの出力は電力(ワット)で表されています☆ これはパワーアンプのツマミをひねると出力電力が変化するということですか?? そして(電流)=(電力)/(電圧)で計算すれば出力電流は求まるのでしょうか?

  • B電源用トランスの2次電圧ついて

    真空管の電圧増幅回路を作成するためにB電源用トランスから出る電圧を知るためにはどのような計算をすればよいですか。B電源用トランスは定格電流値に回路に流れる電流値が近づくほど表記された電圧値まで電圧降下するのは学びましたが、定格電流値以下で電流が流れる回路の場合、電圧降下はどれくらいになるのか知りたいため質問しました。その電圧値を整流・動作回路の抵抗値の算出に使うため困っています。安定稼働している回路に流れる直流電流値は79.2mAです。 使用する真空管は 五極管 WE717A(US8pin)・GE6J11(コンパクトロン菅、12pin)をそれぞれ2つづつです。 使用するトランスは http://noguchi-trans.co.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=112_247&products_id=4030 です。 CR結合でWE717×1→6j11×1の順に接続し、両方とも三極菅接続です。(ステレオプリアンプです。) データシートに乗っている推奨値に合わせて動作回路は設計します。 WE717A http://tubedata.jp/sheets/127/7/713A.pdf 6J11 http://tubedata.jp/sheets/201/6/6J11.pdf 自分は初めての真空管プリアンプ完全自作のためアンプ製作経験者様や電気回路に詳しい方など回答よろしくお願いします。

  • トランジスタとFETの違い

    ある部品の回路部品の変更内容を聞いたら トランジスタからFETに変更と言っていました。 FETもトランジスタなのではないでしょうか? 電圧制御か電流制御の違いだと思うのですが・・・。 回路設計の世界ではトランジスタとFETはまったく別物なのでしょうか?

  • アンプの事で・・・

    過去ログを見てたらトランジスター式のアンプでは感電しないと書いていたのですが本当でしょうか?それともトランジスターでは死に至るような強い電流は流れないということでしょうか??真空管とトランジスターってそもそもどうちがうのでしょうか??あまり詳しく書かれてもわかり難いので簡単に教えていただけると有難いです。

  • 海外のオーディオ用半導体について

    秋葉原あたりに行くと真空管については各国の製品が並んでいますが、トランジスタやFETについてはほとんど見かけません。金田式DCアンプに使用される部品が僅かにある程度です。 そこで、海外に居住された(されている)経験などから、外国のオーディオ用半導体事情などをお教えください。(よく使用されるメーカ等)

  • 微小電流の増幅について

    電気回路初心者の学生です。 大学でMOSトランジスタの微小な電流を抵抗器を介して増幅し、オシロスコープ上で確認したいと考えています。 測定対象につながれたプローブとオシロスコープの間に抵抗器を並列に接続し、また抵抗をGNDにつなぐことで抵抗の電圧降下を利用して電流を増幅しようとしています。 100KΩまでの抵抗器を接続した場合は、抵抗値にあった電流増幅(100K倍)がオシロスコープで確認できるのですが、1MΩ以上の抵抗器を接続するとそれ以上の電流増幅が見られません。10MΩの抵抗器をつけて10M倍の増幅をしたいと考えています。アンプを利用した場合はどのゲインでも増幅が見られますが、波形が飽和してしまうためアンプを使わないで増幅したいです。いろいろと検索はしてみたのですがよくわかりません。 わかる方がいましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • マイコンで電流・電圧制御のやり方

    マイコンで、シリアル通信で、他の機器を制御したいのですが、やりたいことを書きますと、 1、電圧(電流?)を制御して、モーターの回る速度を調節 2、ライトの光量の強弱の変化 on/offは、トランジスタを使ってできているのですが、上記のは、なんの部品をつければ可能でしょうか? 一応、on/offの信号を高速で変えて、モーターを遅くしたりはできているのですが、これだと強引で、寿命が縮みそうなので・・・

  • 真空管アンプの駆動段 出力250Vppほしい

    プッシュプルのオーディオアンプの話です。 ある真空管を駆動するのに、250Vpp程度のオーディオ帯域の電圧が必要です。 今手元にある電源電圧は、Ebb400V-410V程度。前段出力は数10Vppまで出ます。調整できます。 6BX7でいっぱい電流を流して、トランス負荷、容量結合で増幅し、250Vppまでいったことはあります。これでも目的を達成することはでき、いちおうこれでも良いのですが、できれば抵抗負荷、容量結合でやりたいです。 タマをかえていくつかやってみたのですが、抵抗負荷・容量結合では、私がやれる範囲では150Vppくらいで出力電圧が飽和してしまって、うまく250Vまでたどり着きませんでした。 また、次段でカソードフォロワし、終段をダイレクトに駆動するので、この段はとにかく飽和せずに、いくらか増幅して250Vpp出せれば良く、電力はいりません。ただトランスは使いたくありません。 このような条件なのですが、お詳しい方、適切な回路をご紹介いただけませんでしょうか? なお、電源電圧は最悪500V弱までは上げられます。A3000のドライブ段など、電圧を上げていけば問題なくいけるのだろうと思いますが、まずは400Vから。使う真空管は何でもOKです(真空管限定ですhi)。 宜しくお願いします。

  • トランジスタについて

    トランジスタのベース接地電流増幅率αが1より小さいのに、なぜ電圧増幅や電力増幅ができるのでしょうか?? また、トランジスタについて詳しく書かれている本があったら教えてください。 よろしくお願いします

専門家に質問してみよう