-PR-
締切済み

化学のレポートで分からないことがあるんですが・・助けて!!

  • すぐに回答を!
  • 質問No.28990
  • 閲覧数754
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 0% (0/19)

まぜるな危険!!などと書いてあるおふろの洗剤がどのような材料でできていて、どのような性質がいかされてきれいになるのか教えてください。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

既に回答されていますように、塩素ですネ。
塩素はキッチン●イターなどの台所用の漂白剤に使われたり、サラシ粉の成分だったりしますネ。また、水道水にも入っていますし、プールの水の消毒にも。
便利ですが、使い方を誤ると危険なものです。
以上kawakawaでした


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 33% (53/157)

こまかいことは置いておくとして…

塩素が入っています。
教科書にも書いてあると思いますが、塩素には漂白作用があります。
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 25% (14/54)

おまけです。
混ぜるな危険にはこんなことが?!
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 48% (117/243)

 塩素系漂白剤と酸性洗剤の混合による塩素ガスの発生により、毎年何人かの人が生命を失っています。
 塩素系漂白剤(お風呂のカビ取り洗剤など)の主成分は次亜塩素酸ナトリウムNaClOです。この物質が酸例えば塩酸HClと反応すると、毒ガスの塩素Cl2を発生します。反応式は以下に
 NaClO+2HCl→NaCl+H2O+Cl2
詳しくは以下のURLへ
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 8% (1/12)

以下の答えであっています。
弱酸の遊離という現象です。
  • 回答No.6
レベル10

ベストアンサー率 43% (84/192)

dragon-2さんのいうとおり、塩素系漂白剤に含まれている注意すべき物質は、次亜塩素酸ナトリウム NaClO です。

この物質は、次亜塩素酸 HClO と水酸化ナトリウム NaOH の中和によって生じる物質で、塩となっているので、この状態では比較的安定に存在できます。

上述の 次亜塩素酸は、塩素を水に溶かすことによって以下の反応で生じます。
 H2O + Cl2 → HCl + HClO
塩素が発生するためには、この逆の反応を生じさせれば良いことになります。
ですから、塩酸を次亜塩素酸ナトリウムに加えると塩素が生じることになります。
そのため、塩素系漂白剤と塩酸を含んでいる物質を混合すると塩素が発生することになります。逆に、塩酸を含んでいない酸を加えても塩素は生じません。

では、なぜブリーチを使用すると塩素の臭いが生じるのかというと、以下のような酸化剤としての反応を示し、その結果塩化物イオンが生じるために、塩酸を加えたのと同様の効果が現れて、塩素が生じるのです。
 ClO- + 2e- + 2H+ → Cl- + H2O

ですから、よくある勘違いとして、ブリーチのような塩素系漂白剤には、塩素Cl2が溶けている思っている人が多いのですが、間違いです。
塩素Cl2は、たしかにそのまま、毒ガスとして使われたことがあり、危険な物質ですが、水に対しては、少ししか溶けないので、そのまま水溶液としてはかなり不安定な状態です。

ところで、肝心の質問の「おふろの洗剤」ですが、通常は次亜塩素酸ナトリウムではなく、もう一方の酸化剤である、過酸化水素 H2O2 が使われていると思います。「お風呂の洗剤」の場合は、ブリーチなどの塩素系漂白剤を使った時とは、異なりあの塩素のいやな臭いがしないハズです。ですから、酸化剤としては過酸化水素を使用していると考えられます。
この過酸化水素の酸化剤としての変化は以下のようになります。
 H2O2 + 2e- + 2H+ → 2H2O

また、湯垢の主成分は油脂であるので、この酸化剤で分解して溶けやすくしているのだと考えられます。
また、この油脂は、酸によって加水分解するので、リンゴ酸などのカルボン酸も含まれていると考えられます。固まってしまった油脂を通常の界面活性剤(石鹸や合成洗剤など)だけで取るのは大変です。そこで、「酸化剤」や「酸」を用いて分解して溶かしていると考えられます。
酢酸もカルボン酸の一種ですが、特有の臭いがきついため、比較的臭いの穏やかなリンゴ酸などを用いていると考えられます。

では、なぜ、「混ぜると危険」とかいてあるのかといいますと、過酸化水素には、還元剤としての性質もあり、次亜塩素酸イオンが存在していると、次の様に変化します。過酸化水素よりも次亜塩素酸イオンの方が強い酸化剤であるために、過酸化水素は、立場を「還元剤」へと変えるのです。
 H2O2 → O2 + 2e- + 2H+

この変化をするため、次亜塩素酸イオンに効率よく電子をあたえ、塩素イオンCl-とH+を生じて、次亜塩素酸ナトリウムに塩酸を加えたのと同様の現象が生じて塩素Cl2が大量に発生するのです。
ですから、「混ぜるな危険!!」と書かれているのです。

助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ