• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

偏食の心理学的研究について

偏食という現象に関心があります。心理学は門外漢ですのであまり専門的なことはわからないのですが、偏食の要因や心理メカニズム、その解消法についての専門的な著書や論文、またはその内容を水準を落とさずに説明しているような一般書が在ればご紹介下さい。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa514031.html などの回答にあるような、個人の経験則や感想文ではなく、特定の書籍や論文名をお願いします。専門的に研究をしている研究者(日or英語圏)でもかまいませんので。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数879
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gokko
  • ベストアンサー率71% (10/14)

『今田純雄編、有斐閣選書『食べることの心理学』2005』の第3章(63p~91p)に食物好悪について書かれてあります。偏食もです。 英語論文の文献案内も載ってありましたよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。有斐閣選書なら趣味の読書でもなんとか読めそうですね。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 心理学に関する職業

    私は今、看護の専門学校に通っています。 ですが私はあまり看護師という職業に魅力を感じられません。いずれは別の職業につきたいと思っています。 私が今興味があるのが心理学です。学校で精神看護などを学びとても興味が湧きました。 なので学校卒業した後、大学へ行き心理学を専門的に学びたいと思っています。 ですが心理学を専門的に学んだ後の就職が不安です。臨床心理士をとっても資格としてはあまり意味がないと聞きました。 そこで質問です。 (1)臨床心理士以外で、心理学を学ぶことでとれる実用のある資格は何かありますか? (2)また資格の有無を問わず、心理学を専門的に学んだことで生かせる職業は何かありますか? ちなみに医大へ行って精神科医になるというのは経済的にも、学力的にも難しいです。

  • 心理学の要因と水準について

    学校で、1年生、2年生、3年生にそれぞれ質問紙調査を行いました。26の質問をしたのですが、心理学で言う検定を行う前に、要因と水準の意味が分かりません。私のやり方を例にとれば、どれが要因で、どれが水準なのでしょうか? 教えてください。

  • 心理学の課題

    大学で心理学を専攻しています。 好きな論文を選んで、構成概念や信頼性・妥当性を考察してくる。 という課題が出たのですが… 「慢性疾患患児を育てる母親の心理的ストレスおよび生活の満足感に影響 を与える要因を明らかにする。」 という論文の場合、何が構成概念にあたるのでしょうか? ご指導いただけるとありがたいです。

  • 心理学関係の書籍を探しています!

    閲覧どうも有り難うございます。 私の学校では今の時期から課題研究なるものをやるのですが、その中で心理学の内容を含んだ研究をしようと思っています。 そこで、心理学のいくつかの種類の中でも 認知心理学 知覚心理学 異常心理学 社会心理学 深層心理学 生理心理学 上記のものが、特に関係が深いと考えています。 それで、上記の心理学が詳しく記されている書籍を探しているのですが、中々PC等で探してもどれが良いのかいまいち分からない状態です。 なので、心理学に詳しい方や、書籍で分かり易いものを知っている方がいたら、教えて下さい。 私は現在高校生なので、難し(専門的)過ぎると困るのですが、ある程度詳しいものでないとちゃんとした研究ができないので、その辺が厄介なのですが、自分で良いと思ったもので構いません。 出来る限り教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 心理学統計 分散分析について。お願いします。

    心理学統計で困っています。 2×3の2要因分散分析を行おうとしています。 それぞれの要因で主効果が見られ、同時に交互作用も見られたときは、 3水準を有する要因についての多重比較を行うことなく、 交互作用の方の単純主効果を見るだけで良いのでしょうか? 回答よろしくお願いします。

  • 心理学の問題について

    心理学の期末試験で次のような問題が出題されたんですが・・・  1、人間の行っている思考についてその概念と推理を用いて説明せよ。  2、生理学的情動の起源説を説明し、その妥当性を示す根拠とそれに対する疑問点を説明せよ。    3、発達に及ぼす、遺伝と環境の二要因の影響について言語を題材にして説明せよ。    4、性格の記述方法である類型論と特性論を証明しその長所と短所を述べよ。 問題が僕にとって専門的すぎ、教科書にも詳しく載ってないうえに、教授の授業もわかりにくくて・・・インターネットも調べたんですがサイトが多すぎたりしてお手上げ状態です!!どれか一つの解答でも少しのヒントでもいいのでどうかお願いします!!!

  • 患者、クライエントが心理学を学ぶ

    私は、自分自身が患者、クライエントの立場で (パーソナリティ障害、アダルトチルドレン) よく書店などで、その手の本(心理学や精神科医が書いた本、自己啓発など) を買っては読んでいます。 主に、一般向けに書かれた本です。 それでも、書いた人間(著者)は専門家であることが多いので、 言葉は平易なものであっても、あちこちに専門的知識が織り込まれていることが多く、 それを読む私は、それら雑多な知識を中途半端に取り込んでしまっている、というところです。 なぜそれらの本を読むか、と言えば やはり、自分の悩みを解決したい、ということです。 大学の公開講座などで、心理学の講座などがあります。 一般市民にも、出席することができそうです。 そこで、ばらばらの知識を中途半端に仕入れているくらいなら、 もっと体系だって、心理学の知識を きちんとした場所で学ぶべきか・・ そうしたら、自分の心の働きや、どのセラピーが有効か、とか 私の問題は、どの部分に該当するか、など 見えてくるかもしれない、と思ったのです。 しかし、知識が増えるとむしろ、弊害もあるかもしれません。 変に知識を入れてしまうことで、 どんな弊害がありますか? 頭でっかちになる、ということもあります。 どうでしょうか?

  • 心理学の測定尺度について

    先行研究で作られた尺度の使用に関して質問です。 心理学の研究論文(非営利目的)を書いていますが、いくつかの概念の測定尺度として、他の人が学術論文で発表している尺度を使いたいと思っているのですが、単に引用という形でこれらの尺度を使ったらまずいのでしょうか? こうした尺度使用には、作成者からの使用許諾がいるのでしょうか?使いたい尺度の中には海外の研究者が作成したものもあるので、使用許諾を得るのも大変そうです。 ご回答よろしくお願いします。

  • 現代の自殺研究(研究者・著書)について教えてください

    少なくとも、社会学的アプローチから「自殺」そのものを研究対象にしている人物は、ほとんどいないのではないかと思っていますが、 関連する「研究者」と「著書」を、ご存知でしたら教えてください。できれば、かいつまんだ解説もお願いします。心理学、社会学、その他、どの方面からでもかまいません。 また、「このようなことをしている研究者が、どこぞの大学にいる」という情報もありましたらお願いします。

  • 相談業務の中での心理学など

    カウンセラーになるという主業務としてではなく あくまで、相談業務の一環としての心理学?の学び方についてお聞きしたく質問致します。 私は、法律職なのですが、業務(労働、離婚、多重債務など) の性格から、どうしても心理面も問題となる相談が少なくありません。 うつ病や統合失調症、依存症の方も見えられますし、そうでなくとも悩みを抱かれた方の相談を受けるわけですので、ある程度の心理的側面に対するケアは業務に必須になっています。 しかし、専門的知見も全くなく、毎日の対応が正しいことなのかに非常に疑問を抱く毎日です。 心理学または精神医学の基礎を学ぶ必要性にかられていますが、 比較的容易に取得できる民間のカウンセラー資格はどれも信用できるものではありません。 かといって、大学院に行って臨床心理士というわけにもいかないのが現実です。 相談業務を充実し、クライアントの解決の一助となる為に、体系的に学びたい気持ちはあります。 どういう方法で学ぶ形がありうるのか、皆様のお知恵をお貸しいただければ幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。