• 締切済み
  • すぐに回答を!

考古学に化学はどのように関わっているか

・・・何度も立て続けに投稿して申し訳ありません・・。 今度は「考古学に化学はどのように関わっているか」という質問です。たとえば放射性元素などからみた年代測定、DNA解析からみた現在の日本の食物の起源など・・ 何かありましたら解答お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数43
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • mission
  • ベストアンサー率31% (44/139)

科学ではなく、化学となりますとなかなか難しいですが、自分の考えつく範囲では、発掘された金属製道具や土器などの成分分析による製造技術レベルや原料産地の推定といった、遺物の物質的特性が考古学と化学の接点でしょう。 本来、化学は物質の学問ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

成分分析で原料産地の推定や製造技術の度合いを知る・・そうですね・・・物質そのものを分析するという事ですよね・・そこに化学の技術や手法が入ってきているということですものね。 アドバイスありがとうございました。

関連するQ&A

  • 考古学の英語論文を探しています。

    他学部の授業のレポートを書くのに、考古学に関する英語論文を探しています。 全くの素人のため、探し方さえ分かりません。次の条件に合う論文をご存知の方がいたら、ぜひ教えてください。 ・考古科学、文化財科学に関する、英語論文 ・2010年のものに限る ・内容は、「年代測定法」か「古食性分析」あたりに関連するもの ・初心者向けの簡単な論文 以上のような条件に合う論文はあるでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 統計 考古学調査でのサンプル数と結果の妥当性

    統計について知識のないものからの質問です。 サハラ砂漠には様々な古墳がありますが、その中で「鍵穴型円墳」が約1000基あります。その内7基の年代測定をしたところすべて紀元前3000年前後に集中しています(CalBC3340-3030~CalBC2910-2700の範囲)。  この結果を受けて、「この形式の古墳は紀元前3000年前後のもの」と断定してよいものでしょうか。母数に対してサンプル数が少なすぎないでしょうか。 結果の妥当性はどのように考えれば良いのでしょうか。  別の方の質問への回答で、「正規分布でない場合は最低6-8サンプル必要」との説明を見つけましたが、このサンプル数での妥当性はどのように考えるべきでしょうか。 よろしくお願い致します。(素人の考古学愛好者からの質問)

  • 世界的な考古学者ゴードン・チャイルドについて

    世界的な考古学者ゴードン・チャイルドについて ヴィア・ゴードン・チャイルドという考古学者は日本では全く知られていませんが(相当古い人です)、西洋では相当有名なようで、インディ・ジョーンズの映画の中にもジョーンズ教授が名指しで彼のことを褒めるシーンがあるほどです。 一体この人はどういう業績を残した方なのでしょうか? また例として、コーリン・レンフリューという考古学者は放射性炭素年代測定法を考案した今でも世界的な考古学者です。 あとは有名で知っているのならばシュリーマンぐらいです。 逆に人類学者や比較言語・民族学者でも構わないので、ぜひ私が知らない世界的な権威を持つ考古学関連の学者様とその業績を教えていただけると嬉しいです。 また考古学を専攻して、一般人が絶対に知らないような人を挙げてくださっても大歓迎です。よろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#211914

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「考古学と化学をむすぶ」 ご参考まで。

参考URL:
http://www.utp.or.jp/shelf/200007/002078.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お教えいただきありがとうございます。早速サイトを覗いてみたところ・・目次を読んでいくうちにはた、と気付きました。ブックワンのページで関連書物を探していたときに見つけたものでした・・やはりこの本なのですね・・何とか私の行動範囲内でお目にかかろうと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#21649

数年前の化学と工業か化学と教育に乗っていたと思いますので.日本化学会のサイトを探すか.がいどう雑誌を読み返してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「化学と工業」か「化学と教育」ですね。日本化学会のサイトも探してみます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 年代測定の方法、精度について

    何でもwikipediaで調べるぐらいしかないほど、考古学などについての知識は皆無なのですが、素朴に疑問に思ったことがあり投稿させていただきます。 例えば先史時代について調べていると、旧石器時代は約250万年前頃から、中石器時代は2万年前ごろから、猿人は600万年前ごろに登場し、130万年前ごろまで存在していた。などの目もくらむほど大昔のことが詳細に書かれているのを見ることがあります。一方で年代測定によく使われる放射性炭素年代測定は1万年程度前までしか計測できない上に地域環境によってかなり誤差が出るというのも見たことがあります。 何十万年前や何百万年前といった年代の計算はいったいどのようになされているのでしょうか?また、その精度はどの程度のものなんでしょうか? あまりに無知なため、子供のような質問で申し訳ありませんが、分かりやすく教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

  • 年代測定

     生物の遺骸の年代を測定には14Cを用いることがあるのに地層の年代測定ではなぜ他の元素を使うのですか?

  • 14C

     生物の遺骸の年代を測定には14Cを用いることがあるのに地層の年代測定ではなぜ他の元素を使うのですか?

  • 放射能が必要な生物がいたら?

    「宇宙戦艦ヤマト」に出てくるガミラス星人は、 放射能が必要で地球を放射能で満たしました (「放射能」が指す意味が掴みきれませんが、 放射性元素を必須元素としている宇宙人ならありえますね)。 また、今回の原発事故に於いても 「少しくらいの放射線は生物には必要だ」と言う学者もいます。 放射線はDNAを傷つけたりして良い点など何も無いと思うのですが 生物が放射性元素や放射線被曝を必要とするとしたら どんな機構でしょうか? 例「癌細胞に対する治療みたいなことを放射線で常にやらないといけない」

  • 放射性元素の組成

     よく、放射性元素から、現代を推定することが行われています。 たとえば、化石から、その生物が死んだ年代を、 遺跡(?)から、その遺跡が作られた年代、 さらには、空の星のスペクトルから放射性元素の組成を測定し、星が誕生した年代まで推定されるということまでされています。  放射性元素は、指数関数に従ってその割合が減少することは理解していますが、 なぜ、上述のような年代の推定ができるのかが理解できません。 ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 安定同位体比とはなんの役に立つの

    考古学や地球化学に安定同位体比が出てくるのですが 調べる事で何がわかるのでしょうか。 やっぱり試料年代がわかるのでしょうか

  • 遺跡の年代測定

    遺跡などの年代は放射能を測定すると分かると、人から聞いたことがあります。その人が言うには、炭素の中に放射性同位元素があるから、それが微量の放射線を出しているということなのです。しかし、その遺跡(建物など)が作られた時にどれくらいその炭素の放射性同位元素が含まれているかも分からないのに、どうやったら年代が測定できるのだろうと不思議です。その測定に放射性同位元素の半減期を使うことは知っています。教えて下さい。

  • 恐竜の時代を推定する仕組み

    放射性年代測定の原理は分かっているのですが、詳しいことが分からなくて質問します。 1 どの方法を使っているのでしょうか? 2 化石、まわりの岩石など資料はいろいろありますが、どの資料を調べているのでしょうか? 詳しく教えてください。

  • 放射性年代測定

    あるアニメで謎の石碑があり放射性年代測定をしていました。 そこで疑問なのですが、生物の化石なら炭素、溶岩でその岩ができたときならアルゴン等あるでしょうが、石が加工された時期というのは測定法があるのでしょうか? どうやって測定するのでしょうか?

  • 年代測定の問題

    以下の問題がわからなくて困ってます。  ある放射性核種について、最初に存在した元素をN0,t時間後の原子の数をNとしたとき、下式の関係がある。N/N0=0.5であるとき、tは次のうちどれか。 N=N0e^(-λt) 1.時定数 2.壊変率 3.平均寿命 4.壊変定数 5.半減期  年代測定の逐次壊変のことをいっていると思う(そもそも逐次壊変のこと自体、よくわからない)のですが、この問題をわかりやすく説明していただけないでしょうか。