• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

教科書検定での沖縄戦の質問

今日教科書検定で特に歴史教科書で沖縄戦で記述問題が話題になっていました。そこで質問したいことがあります。質問の仕方に知識不足もありますのでご容赦お願いします。 1.沖縄の新聞社は沖縄タイムスかもう一つしかないと聞いたのですが、 読売.朝日.毎日とか比べものにならないと聞いたのですが、どうして 圧倒的なのでしょうか。また前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか。 2.なぜ、米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか。当時の軍本部はなぜいそぐことはできなかったのですか。知識不足もあるのですいません。 3.これは、一番大事と思うのですが。事実とうそが混在するようにとおもうのですが民間人(子供赤ん坊も含めて)が洞穴に避難しているところへ兵隊が追い出して自分だけ助かる兵隊や民間人全員(小さい子供も含めて)邪魔だから殺したと思います。本来兵隊とは民間人を守るのになぜこんなことがおきたのでしょうか。 4.教科書でバランスのとれた書き方はどんな書き方がよいと思いますか。各国の教科書も自分の都合いい書き方になっていると思います。 5.また中には民間人を守った兵士がいると思います。どうして触れないのでしょうか。 6沖縄戦で名誉毀損て訴訟をおこしている人がいますが、どんな事件でしょうか。 私も歴史は今の一面の基準で考えてはいけないと思います。今の考え方 で判断してはいけないと思います。もしその当時生きていれば当時の判断で生きていたと思います。また二度と悲劇なことにならないことを祈って、教訓として行きたいと思いますので、よろしくご回答お願いします。

noname#45761

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数129
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

NO3です。 先に質問6について、他の方がお答えくださいました。 質問3について、当時の日本人は「個人の考え・生き方より、家長を中心とする家、すなわち天皇という家長を中心とする日本という国家に忠誠を尽くす事が最大の美徳」戦争が始まってからは「アメリカ人に捕まれば男は奴隷にされ、女性は陵辱される」と教育されてきました。このような思想背景をふまえていただいた上、やはり沖縄戦が「本土決戦を少しでも有利に行うための時間稼ぎ」といった面を否定できないこと(守備軍の参謀である八原大佐は、米兵に犠牲者が増えれば、アメリカの国民世論を動かし、講和条約を結べるかもしれないと考えていた。また昭和天皇も似たような考えを持っていた)、それがためにいざ戦闘となってしまえば日本兵が敵を倒すことが第一と考えていたであろう事は容易に想像できます。 ただ、国家・天皇第一という考えは沖縄県民にも根付いていました。鉄血勤皇隊、ひめゆり学徒隊に代表される少年少女も含んだ県民一体の協力は、海軍部隊指揮官の大田中将が「沖縄県民かく戦えり。県民に対し後世特別のご高配を」と感謝するほどでした。沖縄を守りきれず、県民に多大な犠牲を強いてしまったこと、さらに現在まで続く米軍に関する諸問題を、本土特に私も含め軍隊に縁のない土地の人にとっては忘れてはならないことだと思います。 質問5にも関連して、日本の学校の教科書は、沖縄戦について負の歴史を強調しすぎるきらいがあります。またそれに賛同する一部マスコミもあります。「日本軍はこんな悪いことをした。だから戦争・軍隊はいけない」と言いたいのでしょう。基本的には暴力組織である軍隊は無いにこしたことはありませんが、日本人を組織的に誘拐する国、その国内組織、日本の資源をかすめとろうとする国などがある以上、教科書上の限られたスペースのなかでの記述は考える必要があるのではないでしょうか? 南京事件の例などをみても、どこまでが真実なのか、タイムマシンでもない限り確認しようがありません。でもやはり私は自分の生まれた国が好きになりたいし、日本を敵視し、いつまでも謝れと繰り返す国の役者にオバサンどもが入れあげるのには嫌悪感をおぼえます。 質問者様がより良い回答を得られますよう、願っております。 長文、失礼致しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答大変ありがとうございます。私は基本的国家がしなければならないことは基本的なことは国防、外交、治安この3つのうち戦後日本は国防についてアレルギーを示しすぎて、国家の基本である軍隊まで否定しかねない傾向がありました。確かに反省することは大切です。だからって、軍隊を廃止しろは行き過ぎの面です。もし自分が襲われたときどんなことしますか。警察を呼ぶと思います。中国や韓国について、こう反論すればいいと思います。平和条約で解決済み、日本は戦後一度も侵略しなかった。イラク戦争は国連に基づき派遣していると。国内の一部の人に配慮しすぎです。私は軍国主義者じゃありません。もちろん沖縄戦 みたいな戦争は反対です。ただ国家の基本的なことは大事にすべきです。ただ戦前は戦後と比較すると教育の仕方を除けば軍隊の重要性を認識した面もあります。

関連するQ&A

  • 沖縄戦について

    沖縄戦は、兵隊の死者よりも、民間人の死者ほうが多いと聞いたことがあります。沖縄戦は、日本で唯一の地上戦ですが、だからといって、なぜ、民間人ばかりが死ぬのかよくわかりません。(民間人は、兵隊と違い、戦わず、防空壕に入って入れれるのでは…。)

  • 沖縄戦

    沖縄戦は民間人も戦闘員にした所で 効果があると思ったのでしょうか? 足手まといになるとは思わなかったのでしょうか?

  • 教科書検定調査官意見書はどこで見られますか

    教科書検定調査官意見書はどこで見られますか  3月30日付新聞によると、今年度の小学校教科書検定に関して、調査官意見書が公開されたといいます。 しかし、文科省HPにはプレス発表にも、教科書検定調査審議会のページにも、該書類が見当たりません。HP内検索にも引っかかりません。 そこで、文科省にメールで問い合わせましたが、梨のつぶてです。 そこでお聞きします。この文書はどこで全文見られるのでしょうか。それとも一般人には開示されないものなのでしょうか。あるいは、新聞社に問い合わせるべきなのでしょうか。 参考 朝日新聞 "教科書調査官、検定意見に強い影響力 89%がそのまま" 産経新聞 "小学教科書検定 検定透明化へ審議概要を公開"

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

本土の人間です。どうしても自分の主観が入ってしまいますが、ご容赦ください。また、沖縄の方がご覧になったら不快に思われる文章もあるかもしれませんが、ご容赦ください。資料はウイキペヂィアを参考にしてますので質問者様も興味あったらみてみてください。 1、「沖縄タイムス」と「琉球新報」ですね。島嶼県という土地柄、地元発行、地元密着の新聞が好まれるのは必然なのではないでしょうか。 2、長くなります。東京の陸海軍首脳部(以下、大本営とします)、沖縄守備軍首脳部、沖縄県(当時・泉知事)それぞれの意思疎通が図れていなかったようです。サイパン島陥落とそれにともなうバンザイクリフに代表される一般住民の悲劇を見るにつけ、政府は沖縄県民の本土・台湾などへの疎開を検討したのですが、泉県知事の反対(諸事情により知事は軍を信頼してなかった)により頓挫。さらに一時は沖縄防衛に全力を用いるはずだったのが、大本営の方針転換により、一旦配属された精鋭部隊を台湾防衛に転属させる事態になりました。これによる戦力の弱体化を県民からの徴兵によって補おうとしました。(当然この間、米軍潜水艦の出没などにより輸送事情は悪化し、対馬丸の悲劇なども起こって本土への疎開が難しくなる)ただ、徴兵対象以外の県民は沖縄本島北部への疎開を守備軍が要請したのに、またも泉知事は北部の食糧不足を理由に拒否。軍との関係修復を図れないまま、泉知事は香川県へ転属させられました。米軍上陸が迫る中での転属に「泉知事は沖縄を捨てて逃げた」と評判になったようです。ちなみに、後任には皆が嫌がる中、島田叡・大阪府内務部長が着任し、守備軍との関係修復に努めました。県民からも信頼され、沖縄戦のさなか命を落としています。現在でも島田知事の名は沖縄県高校野球の優勝校に与えられる「島田杯」の名で残っているということです。 3はとりあえず後述、4、教科書というものは、本来そのようなもの(自国に都合の良いことしか書かない)であると考えます。日本が特殊なのです。中国や韓国、北朝鮮は国定(国が責任もって発行)ですもの。兵役もあるので、「自分の国は過去にこんな悪いことをした」なんて学校で教わったら、国のために戦おうなんて思わなくなりますよね?(続)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>1.沖縄の新聞社は沖縄タイムスかもう一つしかないと聞いた ~ また前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか。  直接「沖縄タイムス」のページを読んでご自分で判断するのが一番でしょう。  http://www.okinawatimes.co.jp/ >2.なぜ、米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか。  当時は、沖縄の周囲にアメリカの潜水艦が張っていましたから民間人を船舶で本土へ避難すること自体無理な状況でした。1944年にはいると沖縄民間航路の船舶が毎月のように魚雷攻撃により沈没しています。それでも同年8月には「対馬丸」という大型民間船を使って学童疎開を決行しましたが、これも潜水艦攻撃で1661名の犠牲者を出してしまいました。 >3.これは、一番大事と思うのですが。民間人(子供赤ん坊も含めて)が洞穴に避難しているところへ兵隊が追い出して自分だけ助かる兵隊や ~ 本来兵隊とは民間人を守るのになぜこんなことがおきたのでしょうか。  地元沖縄の「月刊沖縄社」から刊行された『日本軍の沖縄作戦』(85年)にはこのように書かれています。  当時米軍の猛攻の前に手も足も出なかった日本軍将兵のうちには追い詰められて絶望的な抵抗と云うより逃げ隠れるのに精一杯で理性や人間的な心を失ない逆上同然の状態となった者も少なくなく異常な戦場心理も手伝ってかかる残虐行為を敢えてしたものと考えられる。 >4.教科書でバランスのとれた書き方はどんな書き方がよいと思いますか。  バランスといっても読む人の立場が異なれば、異なった解釈をするのではないでしょうか。ただ、いわゆる「南京虐殺事件」や「従軍慰安婦問題」のように史実の立証を経ないままに教科書に掲載するような軽率なことは止めるべきでしょう。 >5.また中には民間人を守った兵士がいると思います。どうして触れないのでしょうか。  個々のエピソードを採り上げても沖縄戦により多数の民間人の犠牲を強いた事実を美化することはできません。また、約6万5千名の本土出身者将兵が沖縄防衛の任務に斃れたことも忘れてはならないでしょう。さらに朝鮮半島出身の戦没者も存在します。   沖縄戦から得る教訓は、戦争は二度としてはならない、という一事につきるのではないでしょうか。 >6沖縄戦で名誉毀損て訴訟をおこしている人がいますが、どんな事件でしょうか。  いわゆる「渡嘉敷島集団自決事件」のことでしょう。これも「沖縄タイムス」のページを参照してください。沖縄では戦後さまざまな「戦争伝説」が生まれています。前記事件の他にも「阿嘉島少年義勇隊」といって十四、五歳の少年達が斬り込み隊となって全滅した、という話は有名で、防衛庁戦史叢書にも載っているほどですが、沖縄史料編集所で調査した結果そういう事実はまったくなかった、ということが判明しています。伝説と史実はしっかり区別しなければなりません。  資料 = 大城将保「八文半の軍靴」 『中央公論 歴史と人物』昭53 8月号所収   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。うそと本当ははっきり区別しなければいけません。沖縄戦を悲劇の教訓として二度と戦争をおこしてはならないと思います。

  • 回答No.1

部分的な回答ですが。。。 >比べものにならないと聞いたのですが、どうして圧倒的なのでしょうか 何が比べものにならなくて、何が圧倒的なのですか? >前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか 基地の多くを押し付けられているのだから、反対して当然では? >米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか 民間人を全員避難させるなどというのは、不可能だと思いませんか? >本来兵隊とは民間人を守るのになぜこんなことがおきたのでしょうか 軍隊が守るのは、国家の体制であって、民間人ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 【偏向報道】沖縄の教科書検定の集会【産経】

    先日の沖縄の教科書検定に対する沖縄の集会11万人について産経新聞は切手4枚ほどべた記事でほかの新聞社は写真入りで大きく報道しています。 今日もその関連に文部省等のコメント記事はなく1面の産経?(意見を書くところ)で反論のみです。 いくら意見が違うからといって今の時代組織なしで11万人集めることの重大な意味を理解せず偏向報道するにも限度があります。 このような新聞は無視するしかないのか他の方法があるのか教えてください。 ま   ね     し         た

  • 沖縄戦はそれほど特別だったのか?>太平洋戦争

    この度、太平洋戦争について質問をさせて頂いております。 最近太平洋戦争に関する本を読み進めています。 私の「沖縄戦」の認識はとても悲惨で苦痛に満ち溢れているものです。 民間人の方が多く軍人として?徴用され、そうでなかった民間人が軍人と同じく大量に虐殺されました。 映像で見ても、画像で見ても、現地の生き残った方からの証言を(TVなどで)聞いてもそれは本当に恐ろしばかりです。 見る度聞く度心が痛みます。 ですが、それは日本の占領下にあったどの地域(アジア諸国含め)でも行われていたことではないのか?と思うようになりました。 確かに本州での陸上戦はなかったですが、アジアの国々にいた日本民間人・軍人ともに同じような攻撃を受けていたのではないのでしょうか? 満州では日本軍が民間人を置いて朝鮮に撤収していき、多くの民間人が矢面に立たされ老若男女問わずロシア兵に殺されたと聞いています。 本土以外にいた日本軍は本土(本州のことでしょうか)決戦に備えていたとも聞いています。 マスメディアは特に沖縄戦の悲惨さについてよく報道しています。 私の情報源が乏しいせいもあるのかもしれませんが、沖縄戦に比べ他の戦地での話は殆ど聞きません。 また沖縄県の方たちは今でも当時また現在の日本政府に対し強い怒りをお持ちのようです。 質問 ・沖縄戦は他の戦地よりもはるかに悲惨な状態であったのでしょうか。 ・日本にとって沖縄戦は特別だったのでしょうか?(本州決戦の前哨戦だったことは理解しているつもりです) ・なぜ日本のマスメディアは沖縄戦ばかり報道するのでしょうか。 ・日本全土の大都市はほとんど大きな空襲を経験しています。 その中にあって他都道府県の中で沖縄の方がどうしてそれほど日本政府に強い怒りをお持ちなのでしょうか。 どのような回答でも結構です。 沢山の方のご意見をお聞きしたいと思っておりますので、 質問すべての回答でなくてもご意見をお聞かせください。 どうぞ、よろしくお願いたします。

  • 戦争沖縄戦

    先日、太平洋戦争の沖縄戦実録をみましたが、多くの民間人が殺されています。むやみやたらとアメリカ兵が殺戮したとは思えませんのでなにか理由があったのでしょう。一般人も「ゲリラ戦」として、米兵に立ち向かっていたのでしょうか?単に、洞穴に隠れているだけで、焼き払われるとは思われません。実際のところ、降伏したのは、殺された人の10倍くらいなのでしょうか

  • 沖縄戦はほぼ虐殺に近い?

    先般、沖縄戦の悲惨さを特集したテレビ番組を見てから興味が沸き、大型書店などで関連本を何冊か読んで見ました。日本側戦死者兵士10万人、民間人10万人、アメリカ軍兵士6千人と記されていました。アメリカ側の洗練された兵器とその圧倒的物量はまるで西部開拓時代にインディアンを滅ぼしながら開拓してきた行為とオーバーラップしてなりません。実際、これは戦闘だったのでしょうか?丸腰とまで言いませんが、ほとんど相手にならない日本人を殺し尽くした感がしました。アメリカ軍にしたら6千人もの命を落としたのだから拮抗した戦いだと考えられているのでしょうか?今、東北大震災で亡くなられた人の数でも閉口させられるのに戦闘で20万人以上とはどんなだったか想像もつきません。

  • 沖縄住民の犠牲のような他の例

    沖縄戦で、敵味方双方のために犠牲になった沖縄住民の話は頻繁に聞きますが、両次大戦でほかに似たようなことは起こっていたでしょうか? たとえばスターリングラードでソ連軍が民間人に似たようなことをしたとか。

  • 沖縄戦 / 沖縄本島北部は非戦闘地域だった?

    大東亜戦争末期、米軍が沖縄に侵攻する前に何らかの方法で「沖縄本島の北部は攻撃しないので、非戦闘員はそこへ避難されたい」ということを日本に伝え、沖縄県庁から県民に対して「本島南部の住民は北部へ疎開せよ」という指示が出たと言う話を聞いたことがあります。 ただ、 * 当時も現在も沖縄本島の北部は「何もない」場所であり、疎開しても生活する手段がない * 沖縄県が交通手段や食料を用意するなどの具体的な疎開促進策を取ることもなかった ので実際に疎開する者は少なく、那覇を中心とする地域に米軍の上陸を迎えることとなり、史実のように多数の民間人が犠牲となり、かつ全ての財産を失うと言う悲惨な結果となったようです。 質問ですが 1)「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言し、沖縄県庁から『北部へ疎開せよ』という指示が住民に為されたという事実はあるのか否か。 2) (1)で「米軍が沖縄本島の北部を非戦闘地域と宣言した」事実があった場合、沖縄戦が終結するまで、沖縄本島北部への空襲、艦砲射撃、地上部隊の侵攻などが行われなかったのか否か。 要するに「米軍は約束を守ったのか」ということです。 (3) 沖縄戦について、軍事の専門家が詳細に書いた本と言うのを知らないのですが、ご存じでしたらご紹介下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 沖縄、戦争ひいては地球問題

    辺野古埋め立て問題ですが、先日の選挙で沖縄はオール沖縄で、反対派が全部勝ったにもかかわらず自民政権はしゃにむに問答無用で強引に進めてます。 翁長知事が、中止命令を出す云々まで深刻化してます。これに対して政府の要人は「やれるものならやってみろ」と、まるで戦争も辞さない剣幕のようです。 歴史を振り返ると、沖縄はもともと琉球王国として独立国家でした。日本と中国の真ん中 位置し、かつ弱小だったため振り回され、薩摩藩、明治政府により属国化されました。 その後の沖縄の悲惨な歴史は今さらいうまでもありません。 第二次大戦では、本土防衛のため連合軍の上陸作戦の犠牲となり、いったいどれくらいの民間人が亡くなったのでしょう。 私は戦後生まれですが、戦時中の沖縄戦で米軍が火炎放射器で洞窟の奥に隠れてる民間人を焼き殺す映像を見ました。さらに、沖縄で本来民間人を守るべき日本兵が防空壕にいて、赤ん坊が泣くと、ばれるのでその赤ん坊を銃剣で殺したというのも有名です。防空壕がいっぱいになると、軍人優先だと言って、民間人を追い出したといいますし。 そんなことした連中が、戦後はかつていじめた部下の復讐を恐れ、逃げ回ったのもよく聞きます。植民地だった台湾や満州では、民衆に仕返しされて殺されたり、半殺しになった軍人も多いようです。やはり、自業自得ですね。やった結果はきっちり返ってくる。当たり前ですが。 話が飛んでしまいましたが、軍国主義はなにもいい結果を生まない。過去に勇ましいセリフで国家主義を宣伝して、乗せられて戦争した結果を見れば一目瞭然です。国民は否応無く徴兵され、戦地へ送られる。徴兵忌避は死刑だったんですよ。きちがい沙汰でしょう。 そうしなければ、誰も好き好んで兵士になどなりませんよ。一部の戦争好きを除いて。 考えてみれば、軍国教育で国民を洗脳してお国のために死ぬのを当然と教えた当時の政府も どうしようもない。 沖縄問題を考えたら、結局もっと前の根本からとなりますから必然的にこういう話です。 ただ、私は人類の長い歴史を考えるとこれに似た問題はずっと昔から地球全体であったから 結局人間のやってることは、今も昔も変わりないのかと思います。 話は戻りますが、沖縄はこれ以上本土の犠牲になる必要はないので、昔のように独立も選択肢かと思います。沖縄県民の気持、経済問題などハードルは高いけど、戦時中戦後とこれだけ犠牲にされて黙ってるほうがおかしい。貴重な沖縄のサンゴ、ジュゴンが消えるのを黙って見たくありません。

  • 集団自決を書いた教科書を直すのは悪いこと?

    沖縄戦の「集団自決」の教科書が検定で直されていて、それを又直さないといけないそうですね。福田総理も文部大臣も、やってくれそう。でも家で読んでる新聞は違う、事実を曲げるな政治介入だって書いてある、一応日本で一番多い新聞のはずなんです。 よくわからない、事実って関与があったんでしょ、そのように直すのはいけないの?うちの新聞(読売ね)がいう事実って何?みなが言ってるように正しく直すのがどうしていけないの?もうよくわかんない。 誰か説明してください。

  • 歴史の教科書

    なぜ日本の歴史の教科書で戦争のところは、日本軍がやった悪事をまったく書かないのでしょうか? 教科書にあるのは東京大空襲、広島、日本の戦争孤児など、日本がアメリカにやられていた事ばっかしでパールハーバーの事は写真のみ、情けないですね。 中学生の歴史でも、731部隊 強制連行、沖縄戦の日本軍の悪事、もう証拠も沢山あるというのに全く書きません。私が一所懸命本を見なければのっていませんでした。 日本の不利になる事は全く書かせないのですかね?

  • 政治家として一切踏み込まない公明党?

    公明党の太田代表は、このように発言しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー http://www.komei.or.jp/news/2007/0414/8552.html?kw=%BD%B8%C3%C4%BC%AB%B7%E8  一、(2008年度の高校教科書検定で沖縄戦の集団自決に旧日本軍の強制があったとする記述が削除・修正されたことについて)基本的に国の教科書検定制度は評価する。内容には政治家として一切踏み込まないが、できるだけ沖縄県民の心情を踏まえたものであることが望ましい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1.しかし、この問題に踏み込んでいる政治家は沢山います。自民公明の政治家の姿勢は正しく、野党の政治家或は沖縄の自民公明の政治家の行動は間違っているのでしょうか? 2.それでは、教科書検定に問題があった場合、誰がそれを正すのでしょうか? しかも、いままでの歴史内容を覆すのに専門家のいない4人の審議員とわずか2回の審議でほとんど議論もなかったといいます。 他の審議官はその結果に驚き 文部科学省の根拠とした著書の作者も一部だけを利用されたとして憤っています。 3.これは国の関与によって歴史を書き換えておきながら 「国の関与はいけないことだから書き換えた歴史はもとに戻さない」と言っているのと同じになると解釈されるのですが、違うのでしょうか? 以上3点の疑問への御回答をお願いします。 教えてください。