• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

社外取締役 社外アドバイザー

1年ぐらい前までUSENの宇野社長や楽天の三木谷社長がサイバーエージェントの社外取締役だったみたいです。 http://www.biz-bodycare.net/tech/index.html ↑こちらはキャリアアソシエイツというネット系企業のマッサージ事業部みたいなのを作ってその事業部の社外アドバイザーみたいです。 社外取締役や社外アドバイザーはどういうものなのでしょうか? どういう仕事するんでしょう? どういう役目なんでしょうか? 実際にその会社で働くわけではないわけですよね? 一応給料ももらえるんでしょうね?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数463
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

社外取締役とはその会社の業務の執行にタッチせず、業務の執行をする代表取締役と利害関係をもたない取締役のことで、会社法に定義があります。(参考URL) 社外アドバイザーは社外取締役のように権限は持たないが会社の経営や業務にアドバイスする人でしょうが、これは厳密に定義があるわけではないので会社ごとに決め方が違うかもわかりませんのではっきりとはわかりません。

参考URL:
http://www.azsa.or.jp/b_info/keyword/shagai.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 社外取締役をする理由

    社長をやっている人が、社外取締役をいくつかやっていて、今度また一つふえます。 いままで、無償で社外取締役をやっていたのですが、やはり稼動の優先度が下がってしまうため、今度は給料をもらってやるそうです。 社外取締役になることで、どんなメリットがあるのでしょうか? またデメリットはどんなことがあるのでしょうか? 直接聞いたところでは、1つの会社だけではできないことも、そうやって協力しあうともっと色々なことができるからといっていました。 つまり社外取締役をすることは、自社の仕事のうちということですよね。 でも、給与は個人に支払われるものです。自社からも給与をもらっています。 副業とは違うのはわかりますが、なんとなくわかりません。 どこの会社でも社外取締役というのがありますが、これはどういった位置なのでしょうか? 質問が幅広くてすみません。ご説明いただける部分だけでもいいので、おしえてください。

  • 社外取締役の権限について教えて下さい。

    勤務先のことなのですが・・・。 取締役が5人います。代表取締役社長、取締役副社長、社外取締役3人です。 社外取締役は、銀行から派遣されてきています。 代表取締役がとてもワンマンな人で、好き勝手に交際費を使っています。 また、取締役副社長を気に入らないらしく、すべての権限を剥奪し、、 外部から呼び寄せた代表取締役の元部下を社長補佐として雇用し、その権限を、 社長補佐に与えようとしています。 社外取締役は、うまく代表取締役に丸め込まれているのか、会社の本当の内情を 理解していないのではないかと思っています。 実際、定年制で60歳までだったはずの雇用が、毎年1歳ずつ上がっていき、 7年経過しています。今年も6月の株主総会で、定年年齢が1歳上がるようです。 そして、そこで副社長を解雇するような動きを見せています。 それをなんとか阻止したいと思うのですが、何もできずにいます。 他にもいろんなことがあり、代表取締役の品格というものは、失われていると思います。 夜中の12時であろうが、朝7時であろうが、関係なく社員の携帯に怒鳴って電話を かけてきます。社長の運転手も、社員も、休みであろうがお構いなしに出勤させられます。 そのくせ代休が溜まれば、「休めないような奴は馬鹿だ、仕事ができないロクデナシだ」と 平気で恫喝します。個人経営の会社ではありません。 前置きが長くなりましたが、ここで質問です。 社外取締役とは、こんな状況の時、どんなことが出来るのでしょうか? 社外取締役の権限とは何でしょうか。 また、社外取締役の禁止事項とは何でしょうか? 社外取締役が個人の意見を持たず、代表取締役の言うことを真に受けてばかりいる場合、 どのようにすれば社外取締役の目を覚ますことが出来るでしょうか。 このままだと、会社が今後どうなっていくか不安です。 他の執行役員の方達は、見て見ぬふりばかりです。 代表取締役って、そんなに勝手になんでも出来る権限があるのか・・・。 支離滅裂な文章になりましたが、よろしくお願い致します。

  • 社外取締役って副業ですか?

    友人から友人の会社の「社外取締役にならないか?」と、誘いを受けています。 社外取締役の責任についてはインターネットでいろいろ調べ理解したつもりです。 ただ、今いる会社は職務規定で副業を禁止しているので、今の会社に在職したままこれを受けてしまい、そこから収入が発生した場合は職務規定違反になるのでしょうか? だとすると、よく大手の会社社長が他の会社の社外取締役を兼任したりしていますが、それらの会社は「副業OK」と言うことなのでしょうか?

  • 社外取締役の報酬について

    当方、株式会社の代表取締役社長をしています。 別の企業から社外取締役就任を要請されています。 この場合、役員報酬は代表を務める会社に入るのでしょうか? それとも個人に報酬が入るのでしょうか?

  • 社外取締役、社外監査役の行動制限

    中小企業の経営者です。今般、M&A案件の紹介を受け、検討中ですが 相手企業の評価を行う上で、弊社の ・社外取締役(コンサルタント会社社長)に査定を依頼できますか ・社外監査役(個人法律事務所所長)に査定を依頼できますか ・既に両者とも取締役会のメンバーであり、会社の経営案件に  社外から牽制すべき立場の人達を介入させること自体会社法上に  抵触しますか? 競業取引や無償の利益供与にも該当しますか? よろしくお願いします。

  • 社外取締役と個人事業主兼業、扶養内の収入限度額は?

    私は現在、サラリーマン家庭の専業主婦です。 実家が小さな会社を経営しており、名前だけですが取締役になっています。 (非常勤?社外取締?どらかわかりません) そして、給料月額5万円を支給されている形になっていますが、実際は私の手元には入らず、父の貯金?になっているようです。 今度、個人事業主として講師の仕事を始めようと考えています。 そこで、質問です。 1: 社外取締役(年収60万)と講師(個人事業)を兼業した場合 個人事業の収入はいくらまでなら、扶養範囲内になりますか?        初めは月額2~3万円程度の収入から始めるつもりです。     取締役報酬60万円-所得控除38万=22万円     個人事業主は38万円以下の収入が非課税で、16万円までなら扶養範囲・・という事で     良いのでしょうか?   いろいろ複雑で、良くわかりません。 わかりやすくご説明をお願いします。

  • 社外取締役の退任について納得いきません。

    社外取締役の退任について納得いきません。 司法書士2010年版・述式過去問集2・商業登記法「平成10年(改題)」についてです。 そのまま記載します。 ●登記事項証明書の抜粋(一部省略) ・役員に関する事項  取締役 A 平成21年3月31日就任  取締役 B 平成21年3月31日就任        平成21年7月5日辞任  取締役 C 平成21年3月31日就任        平成21年7月5日辞任  取締役 D 平成21年7月5日就任  取締役 E 平成21年7月5日就任  取締役 F 平成22年5月21日就任  代表取締役(住所省略) A 平成21年3月31日就任  監査役 G 平成21年3月31日就任        平成22年2月14日辞任  監査役 H 平成22年2月4日就任 ・取締役会設置会社 ・監査役設置会社 ・登記記録に関する事項  平成21年3月31日有限会社○○を商号変更し、移行したことにより設立。 ●供述録取書(一部省略)  ・会社の事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までの年1期であり、当期にかかる定時株主総会は、平成22年5月21日に開催され、同総会においては、第1号議案「事業報告書報告及び計算書類承認の件」、第2号議案「定款一部変更の件」、第3号議案「取締役1名選任の件」、及び第4号議案「自己株式の株式取得の件」が付議され、各議案は可決された。  ・第2号議案においては、監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めを廃止する定款の変更が決議された。 ●役員に関する定款の規定(一部省略)  ・「取締役は10名内、監査役は2名内置く。」  ・「取締役の任期は2年とする。ただし、商号変更による設立当初の取締役の任期は1年とする。」  ・取締役・監査役についての増員若しくは補欠についての任期に関する定めはない。 ここからなのですが、この株式会社の取締役は3人以上10人以内であればよく、最低数は3人です。ということは、平成22年5月21日の定時総会の時点ではAのみが権利義務取締役ということになります。そして同総会でFが選任されています。このFの就任によってAの権利義務は当然に解消されるのではないのでしょうか? 私はそう理解していました。単なる登記の懈怠(Aの退任登記の懈怠)と言うことなのかとも思ったのですが、当然に権利義務が解消されるのだとしたら、取締役でなくなった(代表取締役としての員数を欠くことになりますが、取締役としての地位が前提なので権利義務代表取締役としての権利義務も解消されている)わけですから、平成22年5月21日のFの就任の登記をAが代表取締役として申請しても登記官は受理しないのではないかと思いました。 権利義務取締役の退任の登記は、死亡等の場合を除いて後任者の就任の登記と同時でなければできないというのは理解しているのですが、あえて退任の登記をしないということも可能なのでしょうか? 納得がいかずここ2,3日ぷんぷんしています。宜しくお願いします。

  • 取締役の起業について

    はじめまして。 現在、取締役に就任しておりますが、この度起業を考えております。 起業をするにあたり、初めは資金の関係から個人事業で行おうと思います。その際、現在の会社の取締役を辞任せず役員報酬をもらいながら、現在の会社と業務契約を結び報酬を得られるのでしょうか? 私的には無理な気がするのですが、なにかよい方法はございませんか? 社外取締役などはどうなのでしょうか?

  • 自己破産者が新規に法人の取締役になれるか?

    私は、実家の企業を手伝っております(アドバイスしております)。 ある背景があって、叔父が事業パートナー会社の取締役になった方が事業展開し易い局面になり、先方も快諾されているのですが、叔父は自己破産しておりまだ数年しか経過しておりません。叔父は取締役になる資格を保有しておりますでしょうか。 代表取締役ではないです。 所謂、社外取締役です。宜しくお願い致します。

  • 代表取締役になって欲しいと頼まれています。

    私が勤める会社の社長から、新事業企画の提案をしたところ、 受け入れて頂くことができました。 しかし、我が社の本業とする業務とは全く体質の違う分野なので、 「今後営業などで他社へ行ったときに、あなたがこの事業の代表となるわけですから、この際、取締役になってもらい。」との提案がありました。 「もちろんお金の責任なんかはないから、心配しなくてもいい。 ただ、オーナーになるわけだし、これからその事業部のスタッフも増えることになるだろうから。」とのこと。 認められることは本当に嬉しいし、社長やマネージャーが言うことも理解できる。 しかし何かあってからでは、遅いので、どうか経験者様アドバイスお願い致します!!