• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

作家は出版社を選んでいる?

作家と出版社の関係で質問します。 私のよく読む東野圭吾の作品は色々な出版社から出ていますが、連載物や特に書き下ろし作品の場合どの様に出版社が決められているのでしょうか。作家の場合タレントのプロダクションとかマネージャーの様なものがあるというのはあまり聞いた事がありません。無論出版社の担当編集者はいますが、その出版社を決めているのは誰なのでしょうか。出版社としては人気作家に自社から出版してもらいたいとは思うのですが、その調整役を作家本人がしているのか、または何か別の組織とか機関に委託しているか、その辺の所を質問させて頂きます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1043
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

基本的に、出版社の担当者が作家をくどくことが多いです。 出版するかしないかは作家本人と決めます。 作家は有名な方なら個人事務所のようなものを持っていて、経理や法律関係はプロや経験者に任せていることが多いです。 でも本を出版するしないのように重要なことは作家本人の許可が必要です。 無名の作家なら自分の作品をもって、色んな出版社に掛け合います。 有名な作家なら出版したいところはたくさんありますので、 出来上がりを待たず、出版社がお願いする場合もあります。 あらかじめ出版することを前提に、作家が書くパターンです。 よく「書き下ろし」と言われますが、このパターンです。 それから雑誌などに連載している場合、 その雑誌を出版しているところが出版したりします。 これも、出版に関しては作家の許可が必要ですし、 作家によっては多少手直しをすることもあります。 作家にとって出版社は大切な取引先です。 一社としか付き合いが無ければ、 そこと衝突してしまったら終わりです。 なので、色んな出版社と関係を良好に保つことも 商売としては必要なことだと思います。 結果、数社から出版することになります。 出版するしないはあくまで出版社がリードして決まることです。 出版社にとっては、いかに無名で面白い作家を見つけるか、 これが命題だと言えます。 まとまりの無い文章でスミマセン。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほどね。大変参考になりました。 全然まとまりの無い文章ではないですよ。 ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

灰谷健次郎はある出版社を切ってしまいましたね。 ウィキペディアにも載ってます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

作家と出版社との契約、条件によります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 ところでその出版社のと契約、条件等は普通作家本人がするものなのでしょうか。それとも代理人を立ててやっているものなのでしょうか。 よろしければお願いします。

関連するQ&A

  • 複数の出版社から本を出している作家。

    適切なカテゴリーに迷ったので、一応読書のカテゴリーに投稿したいと思います。 少し疑問に思ったことがあるのですが、複数の出版社から本を出している作家さんは、自分で作品を売り込むのでしょうか? それとも出版社の方から声が掛かるのでしょうか? お暇があれば、是非教えて下さい。

  • ベテラン作家に対しての、編集者からの意見はどの程度作品に影響するのでしょうか?

    ベテラン作家に名編集者あり、とはよく聞きますが… ベテラン作家の定義は人によって異なると思いますので、 ここではわかりやすく、以下の様に設定させてください。 作家キャリア5年以上・芥川賞など大きな賞をいくつか受賞経験あり、 人気・知名度があり、作品を出せば文芸作品の売上上位にランクインする。賞の審査員の経験などもある。 例・桐野夏生さん、村上龍さん、山田詠美さんなど。 …のような作家が作品を書くにあたり、 質問1、どの程度、編集者の意見は作品に反映されるのでしょうか? 例えばマンガ家さんのネームのように、何度もボツになる・おおまかな設定や展開は編集者さんが考えることもある、などはベテランでもありえるのでしょうか?  質問2、ベテラン・新米問わず、作家はデビュー後は出版社に依頼されて作品を書くのですか?それとも、作家の意志で書き、持ち込みのようにアピールし、原稿料交渉などで決まるのですか?     質問3、また、同じ出版社から出す本でも、作品ごとに担当は変わるのでしょうか? なぜこんな質問をするかと言いますと、私は東野圭吾さんの作品をいくつか読んだのですが、内容はいいのにタイトルが良くないように 感じたからです。 「秘密」「手紙」「初恋」とシンプルと言えば聞こえはいいですが、使いまわされた言葉というか、もう少しひねったタイトルにしたらいいのに…と思ったのです。 「容疑者Xの献身」は素晴らしいタイトルだと思い、表紙の裏を見たら 元は「容疑者」というタイトルだったそうですが、出版にあたり改題したと書いてあり、直木賞を狙うにあたり出版社からの助言があったのかな、と思ったのです。 「容疑者」だったら手に取る人は減ったのではないでしょうか。 質問が多くなってしまい恐縮ですが、 わかる方、回答お待ちしています。

  • 東野圭吾さん意外の作家さんでお勧め教えて下さい。

    東野圭吾さんの作品が大好きで読んでたのですが、かなり読み尽くしてしまったので、他の作家さんで、お勧め作品があれば教えて下さい。 東野作品で特に好きなのは「容疑者xの献身」「むかし僕が死んだ家」「変身」ですが、面白ければジャンルは問いませんのでよろしくお願いします。

  • おすすめ日本人作家@

    私は今、東野圭吾さんの作品を読みあさっています。東野さんはストーリーに入り込みやすく、時間をかけていても、全然苦にならない作品です。ほかには、貴志祐介さんもすきです。 読書家の方々へ、はずれのない作品を出されている(失礼な言い方ですが)おすすめの日本人作家さんを教えてください。

  • 今度はどの作家の本を読もうか・・・

    題名どおりみなさんのお勧めの作家とその人の好きな作品を教えて下さい。 ちなみに僕はラブストーリーの類は苦手です。。 東野圭吾さんの白夜行や変身(ちょっとラブストーリーはいってますけどw)などが好きでした。 よろしくお願いします。

  • 初めて東野圭吾を読む人に勧める本は?

    こんにちは。 私は東野圭吾さんが大好きです。ほとんどの作品を読んでいます。 今、ある人に東野圭吾さんの本を貸します。 その人は初めて東野圭吾さんの本を読みます。 初めての作家さんの本を読む時ってその作家さんの印象が 完全に決まってしまうと思うのです。好きになるか嫌いになるか。 だから何を貸すべきなのかすごーく迷っています。 貸す相手は20代半ばアクティブな社会人男性。 最近読んでおもしろかったのは「天使と悪魔」。 けど、村上春樹さんとかも好きな人です。 まず3冊程度貸したいと思っているのですが、なにが良いと思いますか? あまり暗すぎないのが良いなぁと思うのですが、東野さんの作品って何気に暗いのが多いですよね~。 みなさんが、初めてこの作品を読んではまりました!ってのでも良いです。ぜひぜひ教えてください!

  • おすすめの作家

    伊坂幸太郎さん、東野圭吾さん、金城一紀さんが好きな作家なのですが、それ以外でおすすめの作家さんっていますか?

  • ヒット作を出せる作家さんになるためには?

    26歳です。 百田尚樹さんや東野圭吾さん、池井戸潤さん、中山七里さんみたいな出す度にヒットする作品を生み出せる作家さんになるにはどうしたらいいでしょうか? 何かコツとか、今から努力して手に入れられるものってありますか?

  • 出版社批判の本を探しています!

    こんにちは。 以前、推理小説の新人賞を受賞した人が小説の書き方というようなハウツー本を出版していましたのを読みました。その本は、全体の4分の1くらい(不正確かも)の分量を費やして、 「出版社はドラマ化を約束しても、それが実現しなかった場合に何の音沙汰もない」 「原稿を無くされた作家もいるが、特に補償はされずに泣きを見ている」 というような批判をしていました。 もう一度読みたいと思うのですが、タイトルが思い出せません……。ご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。 というのも、私は現在出版社と作家・漫画家の関係を調べているからです。 そこで、上記の本以外にも、作家や漫画家自身が出版社や編集者を批判している内容の本を探しています。編集者自身の反省や実体験ものでも構いません。 ご存知の方、教えてください!

  • こんな小説家、ラノベ作家さんを探しています。

    海堂尊さんや、西尾維新さん、成田良悟さんのように、色々なシリーズ作品を書いている小説家、ラノベ作家さんを探しています。 ちなみに、上記の三人の作家さん以外には、川原礫さんや、東野圭吾さん、米澤穂信さんの作品を愛読しています。 お暇な時にでも回答ください。