• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ベタ基礎?

ベタ基礎は何年くらい前から普及しはじめた工法ですか? また、布基礎とベタ基礎の施工割合はどれくらいになっているのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1193
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#78261

平成元年頃は一部上場HMにいましたが(木造軸組が主)地耐力に合わせて布基礎の幅やベタにする地盤改良もすると段階に分けていましたが標準仕様は布基礎でした。その頃はHM社員がコンペネという簡易試験をやったりSSを依頼したりとまちまちでしたね。 布基礎の床下を土ではなく防湿コンクリートにした頃と地盤調査を地盤調査会社でまともにやるようになってきたその数年後からは地耐力も思うように出ないところが多かったせいもありだんだんベタが増えてきました。ベタが増えればお客さんに追加請求するのは毎回のことになってしまいます。あちらが標準仕様になればこちらも標準仕様にとなり、平成10年ごろはベタを標準とするメーカーもずいぶん増えてきていたように思います。 工法は昔からあったけど、地盤調査をきちっと行うようになって標準仕様はベタ基礎にしようという考えが広まったと考えるのが妥当ではないでしょうか。十年ほどでベタ基礎標準仕様が増えたなあと思いますが、地場工務店や大工さん請けの仕事からHMの仕事まで基礎の形状のデータをとったという統計は見たことがありません。 割合としてはいまだに布基礎を採用してるんだあという印象ですが、地耐力が十分あるところであれば問題はないでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ベタ基礎が普及してきた過程がとてもよく理解できました。 大変参考になりました!

関連するQ&A

  • ベタ基礎と布基礎 どちらがいいの?

    地盤によってベタ基礎が合うとか、布基礎が合うとかあると思いますが、最近のハウスメーカーの傾向をみると、どのようなハウスメーカーでもベタ基礎で施工しているように思うのですが、本当のところどうなのでしょうか? 私の知り合いの人が言うには、ベタ基礎の施工は簡単で、布基礎の施工は技術がないと難しいとのことでした。そのようなことがあってベタ基礎が増えているのでしょうか? また、ベタ基礎のほうがシロアリ対策としては、有効なような気がします。もっとも布基礎でもアリダンシートというのを敷いて、シロアリ対策は大丈夫とのことのようですが、本当のところどうなのでしょうか?   どうかわかる方がいたら教えてください。  よろしくお願いします。

  • スーパージオ工法とは

    スーパージオ工法について詳しい方、従来のベタ基礎や布基礎などとはどのように異なるのか教えて下さい。

  • 布基礎のようなのをベタ基礎にする工法

    近所に新築の家が建っているのですが、 やっぱり新しい家が建つとなると他人の家ですがどういった家になるのか気になりますよね。 さて、その近所のお宅なのですが、 この周辺は地盤が弱いので、杭を打っていました。 そして数日後、最近は殆どのお宅がベタ基礎になっていると思うので鉄筋を組んでセメントを流し込むのかと思っていたら、布基礎のような底の無い基礎部分をコンクリートで形成し、 さらに数日後、まだ土である部分(それぞれの部屋になる部分)を掘り返して厚い発泡スチロールの板を埋めていました。 不思議な工法だなぁ、と思っていたら更に数日後、土だった部分にセメントが入りベタ基礎になっていました。 結果的にベタ基礎になった訳ですが、素人が考えるのに・・・ 底は立ち上がっている部分とおそらくですが鉄筋で一体型になっておりません。こういう工法は上に家が乗っかった場合、十分に力を分散するのでしょうか? 何となくベタ基礎で鉄筋を組んだよりも弱い気がしてしまって・・・ こういった工法は、今の標準なのでしょうか、初めて見たもので気になってしまって。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • jg0nww
  • ベストアンサー率24% (67/269)

私が思うに、1995年の阪神大震災から2~3年後から大手HMメーカーがベタ基礎を標準仕様にしたという印象が強くあります。 建築知識1995年5月緊急増刊号 阪神大震災に学ぶ地震に強い建築の設計ポイントには、まだベタ基礎というものは詳しく登場していません。 地耐力3t/m2に満たない軟弱地盤ではベタ基礎が必要である。と一文書いてあるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 ここ10年位で一般に普及しはじめたようですね。 阪神大震災がポイントだったというのは興味深い意見で参考になりました!

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

はじめまして! ベタ基礎は、明治の時代から存在する工法です。 主に鉄筋コンクリート造、補強コンクリートブロック造、積石造などに用いられていました。 木造に関しては、2×4枠組壁工法が入って来た昭和40年代後半から用いられています。 最近は、2×4の住宅が普及し、多いので目立っているのではないでしょうか。 在来工法の木造住宅には、布基礎が普通ですが、地盤耐力の小さい地盤にベタ基礎を用いる場合があります。 特に地盤が弱い場合は、杭打ち基礎にしなければなりません。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 かなり古くから存在する工法のようですね。 大変参考になりました!

  • 回答No.1
  • macal07
  • ベストアンサー率33% (63/189)

>>ベタ基礎は何年くらい前から普及しはじめた工法ですか? 改めて聞かれると困りますね。 私が学生の時(今から30年前)の古い教科書にも載っていましたからね。いわいる直接基礎の一種ですからかなり古くからありました。 布基礎との割合ですが、統計を見た事が無いので判りません。コストがかなり違うので布基礎の方が多いのではないでしょうか。

参考URL:
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%A4%D9%A4%BF%B4%F0%C1%C3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございました。 一般に普及しはじめたのは、ここ最近のことなのでしょうか? 度々の質問でスミマセン!

関連するQ&A

  • 鋼製束を使わない根太レス工法

    鋼製束を使わない根太レス工法 約16畳のリビング部屋を増築してます。 通常の根太レス工法ではなく布基礎のみで、鋼製束の代わりに 4列の布基礎(鉄筋入り)の上に大引きで、24mm構造用合板使用。 この工法は、よく用いられる工法ですか? 通常の根太レス工法は、ベタ基礎に鋼製束だと思いますが、 どちらが強度的に強いですか? 一般的にはベタ基礎の方が地震い強いと言われますが、今回の場合 鋼製束の代わりに3列の布基礎という大きな違いがあると思います。 基礎工事と大工工事の手間を考えると、どちらがコスト高になりますか? 参考までに 布基礎120mm×550mm(鉄筋入り)@17,500×26本=455,000円 24mm構造用合板@2,940×22枚=64,680円

  • 住宅の基礎について

     住宅の基礎にベタ基礎工法というものがあり、布基礎(厳密には布基礎ではないのかな?)の中をコンクリートで覆う工法のようですが、ここで疑問があります。  その内部はコンクリートを厚さ○○cmで構成されるようですが、鉄筋はシングルですので、構造的に意味を成すのかが非常に気になるところです。個人的には、このような工法は単なるクラック防止と湿気防止程度にしか考えられないのですが・・・。この考えは間違っているのでしょうか。個人的には、ダブル配筋くらいはしないとスラブにはならないと思うのですが。  どなたかご存知の方教えて下さい。   

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • 【再】鋼製束を使わない根太レス工法

    【再】鋼製束を使わない根太レス工法 画像添付して再質問です。締め切り前に画像は削除します。 約16畳のリビング部屋を増築してます。 通常の根太レス工法ではなく布基礎のみで、鋼製束の代わりに 910mm間隔で布基礎(鉄筋入り)で、24mm構造用合板使用。 この工法は、よく用いられる工法ですか? 通常の根太レス工法は、ベタ基礎に鋼製束だと思いますが、 どちらが強度的に強いですか? 一般的にはベタ基礎の方が地震い強いと言われますが、今回の場合 鋼製束の代わりに4列の布基礎という大きな違いがあります。 基礎工事と大工工事の手間を考えると、どちらがコスト高になりますか? 参考までに 布基礎120mm×550mm(鉄筋入り)@17,500×26本=455,000円(増築通路含む) 24mm構造用合板@2,940×22枚=64,680円 (増築通路含む)

  • ベタ基礎による、不同沈下について、

    平屋建て約80坪のデイサービスを計画しています。地元二社と大手プレハブメーカーに、設計・施工にて見積依頼いたしました。プレハブメーカーは、軽量鉄骨造・布基礎・土間コンによる仕様。地元二社は、木造・ベタ基礎仕様でした。浴室には、6人程度の現場打つ浴槽と機械浴を設置する予定です。ベタ基礎の場合、特に浴室に大幅な荷重がかかりますが、不同沈下の可能性がありませんか。また、なぜプレハブメーカーは、布基礎・土間コン仕様なのでしようか。また、敷地面積約300坪現況田で、前面道路に上下水道が、あります。区画整理地内です。この条件で、地元一社、外構・設備・建築工事含めて、約2,800万円に対して、他の二社は、約5,000~5,800万円でした。この金額の差は、なんなのでしようか。この規模の適正価格とは、いくらなのでしようか。

  • 基礎変更

    布基礎からベタ基礎に変更した場合の下記の内容につて教えてください 建築面積は100m2です。 1)布基礎とベタ基礎の金額差はいくら位でしょうか? 2)ベタ基礎の場合は残土が大量に出るのでしょうか?   出るとしたら何mз位でしょうか? よろしくお願いします。

  • ベタ基礎立ち上がり下の深い部分

    現在、基礎工事を施工してもらっています。 ベタ基礎の外周の立ち上がり部の直下だけ深く掘って ベースコンクリートを厚くするようです。 これって、建物の外周には特に大きな応力が働くため、 その補強の意味だと理解しています。 現在新築中の我が家は、総二階ではなく、平屋の部分と 二階建て部分があります。 よって、1階の外周部分だけではなく、二階の外周部分の 直下も、ベースコンクリートを厚くする必要があると思う のですがいかがなものでしょうか。 それとも、ベタ基礎とは、建物の形状に関係なく、1階部分 の外周だけを補強するものなのでしょうか? 今回お願いしている工務店の標準は布基礎なので、ベタ基 礎についてあまり詳しくなさそうで不安です。      

  • 鉄骨住宅の基礎

    鉄骨住宅の基礎というのは布基礎?ベタ基礎?どちらになるのでしょうか? 上物自体が重いのでベタ基礎だと土地に負担がかかると思うのですが どうなんでしょうか? ちなみにまわりは田んぼです。 雨水は下水に流せないので浸透枡を使う予定です。 地盤が難弱そうなのでベタ基礎を使ったほうがよい気が するのですが、建物の重さと比較すると布基礎のほうが 良いのでしょうか? ちなみにメーカーでは布基礎が標準でした。

  • 鉄骨系住宅の基礎について

    ダイワハウス・トヨタホームでは、布基礎。セキスイハイムでは、ベタ基礎と説明を受けました。 しかし、セキスイの営業マンに「ダイワ・トヨタは布基礎が標準なだけで、地盤によってはベタ基礎になり、それだけあとから金額が増えますよ」と言われました。 実際、ダイワもしくはトヨタで建てられた方、どうだったでしょうか?変更はありましたか? また、私自身はベタ基礎が一番と思っていましたが、通常(一般的に地盤がしっかりしていれば)は、布基礎でも充分なんでしょうか?

  • 増築します。

    増築(5000×500)するのに基礎部分を布基礎にして増築するのですが、 この増築方法に関してのその後弊害などはないでしょうか。 また、注意することなどありませんか。 本体部分は在来工法で基礎は、ベタ基礎40センチで建てられています。 アドバイスよろしくお願いいたします。