• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バッテリー充電器の出力電流を下げる方法を教えて下さい

12ボルト2アンペアの小型バッテリー充電器を持っていますが、 充電器出力に60オームの抵抗を繋げば電流が0.2アンペア位に下がるのでしょうか。0.2アンペアの充電器として使用できるでしょうか。 シールドバッテリーの充電に使いたいと思いますが、この場合過充電防止回路は働くでしょうか。 又、抵抗は5ワットのもので良いでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数6747
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tnt
  • ベストアンサー率40% (1358/3355)

バッテリーは何ボルトの物なのでしょう。 また、充電器のグレードはどうでしょう。 ある程度まともな充電器であり、 もしも12VバッテリーであればこれでOKです。 バッテリーの充電が進み、端子間電圧が上がれば 電流は流れなくなりますから、 過電流防止回路が働かなくても一応は大丈夫です。 (できるだけ早めに外すことをお薦めします) ただし、実際は60Ωだと電流が少なすぎるはずです。 これは、端子間電圧との差の電圧分で電流が流れるためで、 12Vバッテリーなら放電時でも10Vはあります。 また、たぶん、充電器の出力は14Vぐらいです。 ということは、4V/0.2Aですから、20Ωの抵抗を お薦めします。 これで、充電開始時0.2A、途中で0.1Aとなります。 過放電の時は端子間電圧が低いですから、6Vを覚悟するとして 瞬間的に0.4A、3.2Wなのでやはり抵抗器は5Wですね。 (この場合でも、すぐに端子間電圧は10Vぐらいまで上がります  上がらなかったらバッテリーは寿命です) 途中で0.1A(端子間電圧が12Vまで戻った時)というのが、 少ないと感じるようでしたら、 抵抗器は10Ωにすることも可能ですが、 この場合、過放電のバッテリーの充電初期の発熱に気を付けて下さい。 安全を見ると、10Ωの時は10Wの抵抗器をお薦めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございました。私の考えていることは。バイクバッテリーの自然放電を補うための充電器です。バイクバッテリーは12ボルトです。 端子間電圧との差の電圧分で電流が流れる。・・ このことから、端子間電圧との差の電圧分を電流で割れば抵抗が求められるのですね。

関連するQ&A

  • シールド・バッテリー充電器の違いは?

    デジカメの外部電源として6V9AhK シールドバッテリーを買いました。 ずいぶん昔の(30年前)小さな充電器で最初の充電をしました。シールドバッテリーなどない頃の充電器です。買った店に相談すると、充電可能だというので、テスターでチェックしながら充電しましたが、その時は無知識だったので、長く充電しすぎて、後で教えて頂くと、電圧的に過充電に終わっています。しかし、その初期充電のまま、現在でも快調に使用できています。(今後は、よく監視しながら充電しようと思っています。) その後、セルスターSS-5という充電器を入手しました。 説明書によりますと、シールドバッテリーへの充電は不可とあります。 過充電防止回路も付いてはいませんが、このこととシールドバッテリーへの充電ができないのとは、直接関係はないと思います。 そもそも、シールドバッテリーへの充電が可能な充電器とは、そうでない充電器と比べて、どこが違うのでしょうか?また、セルスターSS-5や前述の古い充電器(SS-5が不可なのだから、当然これもダメということになる)充電をした場合、どんな不具合があるのでしょうか?

  • 一般バッテリー充電器でシールドバッテリーの充電はダメですか

    車のバッテリー充電器ですが、一般バッテリー用の充電器とシールドバッテリー用とではどこが違いますか。 一般バッテリー用充電器でシールドバッテリーを充電するのは、短時間1時間以内でもダメなのですか。

  • 小さいバッテリーに使える充電器?

    毎度お世話になります。 この度、液を自分で補充するタイプのMFバッテリー2つ(容量5Ahと6Ah)を買うことにしたのですが、どうやら液を入れた後の初期充電というのをした方がよいらしく、バッテリー容量の1/10以下の電流で充電すべしとのことでした。(というか、初期充電に限らず通常の充電でも同じ?) ところが、それに従った場合、出力電流と対応バッテリー容量が一致していない充電器がたくさんあります。例えばこちらの人気がありそうな充電器http://www.amazon.co.jp/%E3%83%90%E3%83%AB-BAL-No-1734-%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF%E7%94%A8%E5%85%85%E9%9B%BB%E5%99%A8/dp/B000SR2RGAは、出力電流が0.8Aでありながら1.2Ah以上のバッテリーに対応と表記してありますが、どういうことでしょうか?出力が0.8Aなら8Ah以上のバッテリーに対応、もしくは1.2Ah以上のバッテリーに対応なら出力は0.12Aのはずではないですか? というわけで、充電電流は容量の1/10というルールを守るべきなのか別にいいのかが曖昧でわからない状態です。 仮に守るべきであるとすると、理想のものとしては、今後のことも考え出力が0.1A刻みで調節できるような充電器があればいいのですが…そうなると業務用になるか、もしくは違う容量のバッテリーに対してはその都度違う電流の充電器を用意する必要があるということでしょうか?それにしても出力0.8A未満の充電器というものは簡単には見つかりませんが…。 また、質問文を書きながら調べたことですが、充電器に抵抗をつけて電流を調節される方もいるみたいですが、けっこうポピュラーな方法だったりするのでしょうか? 疑問が多いので雑な文章になってしまいましたが…ご存知の方、よろしくお願いします!

その他の回答 (11)

  • 回答No.12
  • tnt
  • ベストアンサー率40% (1358/3355)

No.1です。 充電器には定電圧充電の物(+充電終了検知付き)と定電流充電の 物があります。 まあ、そのどれでも良いように、No.1を書きましたが、 いろいろと他の方の回答があるようですね。 まず、定電圧充電で、定格電圧の物の場合、電流制限抵抗だけで 行けます。ただし時間が掛かる。 つぎに、定電圧充電で、充電終了検知付きの物の場合(これは高価) 充電終了検知は動きますが、鉛シールバッテリーですから 端子間電圧は充分上がり、定電圧側で終了します。 というのは、鉛シールの場合ΔV検知ができないからです。 (ΔVというのは、充電終了時に電圧が瞬間的に下がる現象です) そして、定電流充電の場合ですが、 起電力が無限である訳がありませんから、(普通15Vぐらい) 実際は定電流電源からの電流を抵抗で制限した形になります。 充電終了検知があるということは、端子電圧を読んでいますから 終了もきちんと検知してくれます。 もしかしたら満充電の少し手前で終わるかも知れませんが。 まあ、いずれにしても、電流を充分制限して、 端子の電圧が定格を上回るようになったら止めれば 問題はありません。 定格充電電流でガスが問題になるようならシール電池として 失格ですし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.11
noname#26663

ここに並列で可変ボリューム付きライト付けては駄目なのかい? (アンペア計付きで) (カナブン並の知恵)^^; オーバーロードは自己責任♪ 破壊は一瞬♪^^

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.10
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

テブナンの定理が使用できるのは線形回路に対してのみです。 充電池は非線形な素子なのでテブナンの定理の応用は慎重にすべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
noname#59315

バッテリーの内部抵抗は消耗時点では微々たるものではありません。 質問者さんが0.2Aとおっしゃっていますから、このような微少電流を考慮するならの話です。 なお、密閉型バッテリー充電器は定電圧供給と申し上げてます。 あくまでも質問者さんが0.2Aとおっしゃっていることに対してのコメントとして、電流制御ということをお話ししたのです。 誤解の無いように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

質問者の意図から離れつつありますが… 「テブナンの定理」ですか? 単に。「オームの法則」では? にしても、電池の内部抵抗は、外部の電流制限抵抗に比べ微々たる値です。 それが問題になるようでは、電池として使えません。 「定電流充電が必要」というならば、「定電流源の内部抵抗は無限大」(理想)です。こんなところで、「電池の内部抵抗」は考える意味がありません。 「定格電流」についてですが、通常電池容量は「AH」であらわされますが、10時間率電流をそう呼ぶことがあります。電池寿命の充放電回数は、この利用を基にしています。 「密閉型は定電流充電」とのことですが、そうなると、充電した総電荷を計数し、充電終了を制御する必要がありますね。満充電でも「定電流充電」を継続するのは危険ですし、ましてや密閉型ですから。 ちなみに、PCの電池では充放電電流を監視し、電荷の出入りで充電を制御し、残り利用時間の表示などをしています。 となると、質問者の利用方法は「もってのほか、無謀」に尽きますね。 #本当に定電流充電なのでしょうか? 満充電に近づくにつれて充電電流は減少させなくて良いのですか? 密閉型では特にガス抜きができませんが(これが開放型との違い)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#59315

違います。 バッテリの充電電流は次で求まります(テブナンの定理)。 (充電器出力電圧 - バッテリー電圧)÷(バッテリー内部抵抗 + 分圧用抵抗) このうち、バッテリー電圧と内部抵抗は充電と共に変化します。 一方、密閉型バッテリー充電器は定電圧供給とすれば、充電電流を0.2Aとするためには分圧用抵抗は可変でなければなりません。 すなわち定電流制御が必要で、これならば最初から専用の充電器を用意した方がマシでしょう。 なお、バッテリーには容量を示すAhの規格はありますが、定格電流というものはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

バッテリの充電電流は次で求まります。 (充電器電圧 - 充電される電池の端子電圧)÷使う抵抗 注意点は、 充電電流は、バッテリの定格電流Cに対し、C/10~C/30が適当。   バッテリの取扱説明書か、メーカサイトで調査してください。 充電完了後は、C/30以下が望ましい。 したがって、充電器電圧が高すぎると、充電完了後も必要以上の充電を継続することになり、過充電=危険です。 これらが計算できず、理解できないとしたら、手を出すのは止めたほうがいいです。過充電は、爆発や火災の元になります。抵抗の電力計算もしかりです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

だめです。充電回路は定電流回路です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

止めたほうが良いです。 充電器は対応する充電池にあわせて設計されているため、対応していない充電池を充電しようとすると電池や充電器の加熱や発熱の危険があります。 たとえ抵抗で充電電流を制限したとしても電池を過充電する恐れがあり、電池が破裂したりするかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ruto
  • ベストアンサー率34% (226/663)

充電器の出力電圧を14.7Vとしバッテリーの電圧を13.8Vとすれば、充電電流を0.2Aにするには直列抵抗Rは R=4.5Ωと求められます。2W程度の抵抗が必要です。  過電流防止回路が単に温度で働くか電圧かでかわります。  電圧で働く場合は動作します。  充電器の出力電流を下げると、出力電圧が上がると思うので、Rはもう少し大きな値でもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バッテリー充電器の改造をしたく思います

    12V低格出力2Aの充電器です。直列に抵抗を繋いで電流を700mA位に減らせば密閉式バッテリー の充電に使えますか。 オームの法則から12V低格出力2Aは内部抵抗6Ωでしょうか。 直列にに12Ωの抵抗を繋ぐと18Ωになり電流は666nmAになると思います 12Ω又は15Ωの抵抗をプラス側に直列につなぐ・・この方法で密閉式バッテリー の充電に使えるでしょうか。 抵抗は3ワットの物で良いですか。

  • 密閉式バッテリーの充電について

    手持ちの充電器が開放式で充電電流が3Aのタイプです。 バイク用の小型密閉バッテリーを充電すると内圧が上がって危ないと聞きました。 直流抵抗を入れて1Aにすればどうかと思っていますが大丈夫でしょうか? あくまで自己責任は自覚してますので、参考情報としてご教示頂けると有難いです。 よろしくお願いいたします。

  • 汎用の12Vバッテリーを6V用の充電器で充電可能ですか?

    汎用のシールドバッテリーを使っています。 この12Vバッテリーを6V用の充電器で充電可能ですか? 教えてください。

  • 充電器の出力電流とリチウムイオン電池について

    画像は携帯用扇風機(ハンディ扇風機)のパッケージの一部です。 赤字の注意書き部分について教えてください。 充電器の出力で5V、1Aとなっているものは、「5Vの電圧で0~1Aまでの電流が出力できる」と解釈していました。つまり、5V、2Aの充電器は「5Vの電圧で0~2Aまでの電流が出力できる」ので、充電池側の入力が画像のように「0.5から1A」となっているものに対しても当然使用できると思っていました。 もしかして、充電池への充電は、充電器の最大電流が流れるものなのでしょうか? 素人丸出しの質問で申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

  • バッテリーを充電してもセルが回らないです。

    ヤフオクで出品者が3ヶ月前に購入したけど使わなかったユアサのシールドバッテリー落札して、半年後に車体に取り付けたらセルが回りませんでした、1Aの充電器で5日間くらい充電して、車体から外してテスターではかったら13,6vあったのですが、セルが回らないです、これはもう復活しませんか? 別のサイトでは電圧でなくて電流と言われました。 ちなみに、中華のバッテリーではセルでエンジンかかります。 国産バッテリーなんで多少の放置でも大丈夫かと思いましたが駄目でした。 ちなみにもう一つあったユアサのバッテリーは3年放置してましたが、充電器で充電しなくても強いセルの回転でした

  • バッテリー充電器の電流調整

    クルマ・バイク用のバッテリー充電器に充電電流を調整できるタイプのものを使っています。 どのようにして電流を調整しているのでしょうか? 自分の考えでは、充電時は電流の調整値によらず電圧・抵抗は以下のようになります。   電圧=一定(充電電圧は変えませんよね)   抵抗=一定(バッテリーの内部抵抗ですよね) よって、オームの法則から電流は、『電圧/抵抗』 に自動的に決まると思うのですが・・・。 ※現在、手元にあるバッテリーを充電しており、電流切換えツマミを切り替えた場合、本当に電流値が変化するのだろうかと疑問に思い質問いたしました。 なお、電流を計測できるテスターは所有しておりません。

  • 原付のバッテリー充電器

    原付のバッテリー充電器について教えてください。 バッテリーの充電器は、普通充電を行う場合、一般的にはバッテリー容量の1/10の電流で充電するのが一般的だと聞きました。 原付のバッテリーは容量が小さく、10時間率容量で3.0Ahとなっていますが、この場合は0.3Aの充電器が最適だと思います。 しかし、アマゾンなどで探してみても、0.3Aの充電器は見当たらず、一番小さくても0.75Aとなっています。 ただ、原付のバッテリーを充電できるものを探すと、5Aのものなどが原付のバッテリー対応となっています。 0.3Aのような小さい電流の充電器はあるのでしょうか? また、上記のような5A充電器でも充電はできますが、本来の適合電流ではないので何か影響はないのでしょうか?

  • バッテリー速い充電

    バッテリーの充電に関してですが、 たまたま100Vではなく、200Vのコンセントがあるのです。 そこで、充電器が200Vも対応するなら、同じバッテリーをどれくらい早く充電できるのでしょうか? 充電器の電流は5Aとあり、充電したいバッテリーは27AHです。

  • 密閉式バッテリーの充電

    バイクのバッテリー充電にて質問します。 バッテリーを開放型からより小型の密閉式に交換して使用していますが 最近バッテリーが弱くなったので充電しようと思っています。 しかし密閉式バッテリーは専用充電器が必要と聞きました。 私が持っているのは相当昔に購入した充電器で「強」「弱」の切り替えスイッチしか付いていません。  おそらく車用とバイク用の切り替えスイッチ?ではないかと思います。 (購入したところがバイクショップでした) 過充電防止装置も付いていないと思われます。 以前開放型バッテリーは何度も充電をおこない 充電状態を示すインジゲーターを参考に5時間程度の充電をして問題なく使用していました。 このままこの充電器を使用するのはまずいでしょうか? アドバイスをお願いします。

  • バッテリー直列2個の充電電流

    トラックは12Vバッテリー2個直列で24Vになってると思います。 同時に充電する場合、1個の5時間率容量の1/10でいいですか? 仮に55A/5hなバッテリー2個なら24V/5.5Aで充電? 本当は個別に充電したほうがいいのですか? 充電器は12/24V切換で電流値を可変出来るタイプです。