-PR-
締切済み

水晶振動子について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.28366
  • 閲覧数210
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

 QCM法でもちいるAT-CUT水晶振動子の周波数が重心の位置によって変化するのではないかと考えていますが(例:振動子の中央の場合と端の場合では同じ重さでも違う周波数を示すのではないか)、参考になる文献が見つかりません。どなたかご存知でしたらお教えください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

ちょっと正確なことは忘れたのですが水晶振動子の周波数を決めるのは、質量や重心位置ではなく、水晶の厚さだったと記憶してますが・・・。 ...続きを読む
ちょっと正確なことは忘れたのですが水晶振動子の周波数を決めるのは、質量や重心位置ではなく、水晶の厚さだったと記憶してますが・・・。
お礼コメント
kurakura21

お礼率 33% (1/3)

ありがとうございます。参考にさせていただきます。振動子の上に物がある場合、その位置によって変化することもあるみたいのなで、もしその位置による変化が分かればまた連絡ください。
投稿日時 - 2001-01-15 16:41:51
関連するQ&A


  • 回答No.2

文献はありませんが、海外(USA)のsasやqcm-research社のウェブから技術資料をpdfでダウンロード出来るかと思います。 具体的には中心部と周辺部では感度(Δf/g )が異なり中心部は感度が高く、周辺部では落ちます。 これは、振動子の厚みすべり振動の振動エネルギーの分布が中心部に集まっていることに因ります。
文献はありませんが、海外(USA)のsasやqcm-research社のウェブから技術資料をpdfでダウンロード出来るかと思います。
具体的には中心部と周辺部では感度(Δf/g )が異なり中心部は感度が高く、周辺部では落ちます。
これは、振動子の厚みすべり振動の振動エネルギーの分布が中心部に集まっていることに因ります。
  • 回答No.3
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

基本的に中心部から周辺部に向かって指数関数的に感度が鈍くなります。(厳密なことをいうと結晶軸の方向で感度分布が異なり面の法線方向から見ると分布は楕円です。) ただ、QCMであれば、電極上ははほぼ同じ感度になるような設計にしてあるはずですから一定と考えてよいと思います。無論設計が悪い(電極径が最適でないとか水晶端面のカットの設計が悪いなど)ということがないのが条件です。
基本的に中心部から周辺部に向かって指数関数的に感度が鈍くなります。(厳密なことをいうと結晶軸の方向で感度分布が異なり面の法線方向から見ると分布は楕円です。)
ただ、QCMであれば、電極上ははほぼ同じ感度になるような設計にしてあるはずですから一定と考えてよいと思います。無論設計が悪い(電極径が最適でないとか水晶端面のカットの設計が悪いなど)ということがないのが条件です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ