-PR-
解決済み

交通事故の賠償問題

  • すぐに回答を!
  • 質問No.28335
  • 閲覧数48
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 26% (9/34)

知人が原付で右折しようとして対向してきた乗用車と衝突して飛ばされ頭を強打し手足肋骨を骨折する重傷を負いました。脳内出血で危篤状態でした。信号は黄色だったそうです。相手はそのまま警察に数日拘留され出てきて病院で申し訳ない、全ての責任は自分にあるのできちんとすると口頭で言ったそうです。しかしその後相手の保険会社が出てきてこちらの決定に不服があれば裁判でも何でもやってくれと言う強気の態度で驚きました。こちらは自賠責にしか加入しておらず相談する保険会社はありません。事故から2か月経って今は車椅子を少し動かせる程度に回復しました。あいさつや簡単な会話は出来ますが直前の記憶すら出来ません。しかしその救急病院は脳外科で退院を迫られ、次は手足のリハビリ病院に行くように言われています。保険会社は責任は7:3だが今までの治療費は全額払う、その代わり転院後は一切払わないと言ってきました。こちらとしては今後の治療費がいくら掛かるのか、いつ頃までかかるのか、どこまで治るのかさえ見当がつきません。40代の独身で介護者もなく今は田舎から母親が出てきていますが限界があると思います。保険会社の強気から察するにこういう場合たとえ裁判になってもこれ以上の賠償は望めないのでしょうか。車の保険の問題、今後の治療に国保は使えるのかどうか、障害者としての福祉の問題、生活保護の問題など色々な方面でご存じの方、教えて下さい。事故の当事者であり責任は自分にあると泣いて詫びていた20代の青年は都合がつかないという理由で全く顔を出さず、両親と保険会社だけが病院を訪れます。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

簡単に回答できる点だけ回答します。

・保険会社の担当者がどんなに強気でも,裁判になったら賠償金を払うことになった例はたくさんあります。

・手続を踏めば国保で治療を受けること可能です。市区町村の窓口でご相談下さい。

・生活保護も手続されておくといいと思います。こちらは福祉事務所で相談して下さい。

・障害者云々の後遺症が残ることか確定してからでないと,いま考えても仕方ないと思います。

かなりひどい事故のようでので,損害賠償に関しては弁護士へ相談されることをお勧めします。
補足コメント
hanayuki

お礼率 26% (9/34)

ありがとうございます。
弁護士さんへの相談に関してですが弁護士さんによって各々専門(得意)の分野があると聞いていますがどうやったらさがすことが出来ますか。費用についてもどの位かかるのか心配です。全く縁のなかったことなので見当もつきません。もしご存じでしたらよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-01-18 00:13:48
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 33% (1157/3448)

私は同様の事故で、最初7:3と言われましたが8:2にまで持っていきました。(青信号で右折車に衝突)

ただし、相手の車両の修理代を払わされました。(相手は車両保険に入っていなかったから)

でも、この場合お金と言うより、誠意がないですね。

不誠実な態度で応対されたらそれを記録しておきましょう。

有利に働くはずです。


  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 34% (32/94)

各地方に弁護士会がありますのでそこに行くと専門の方を紹介してくれます。行ってみて下さい。
そして弁護士が決まったら、事情説明と加害者が最初だけ泣いて詫びたがお見舞いにも来ない、ということを弁護士に話してください。
裁判になったとき、加害者が最初だけで後お見舞いにも来ないというのは裁判官の心証をかなり悪くしますのでこちらの方が有利となります。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ