• ベストアンサー
  • 困ってます

遺族厚生年金の受給資格について。

少し年金の勉強をしています。 遺族厚生年金の受給資格について、 (1)被保険者が死亡したとき (2)1級・2級の障害厚生年金を受けられる者が死亡したとき。 (その他は略します) とありますが、 シロウト考えで、(2)は(1)に含まれるのではないかと思いますが。 単に(1)の場合と、(2)の場合では、支給額等に違いが出るのですか? また、(2)について、 「3級障害厚生年金を受けられる者の死亡の場合」は 規定されていませんが、なぜでしょう?  また、その場合は(1)と同じと考えていいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数363
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

#1の方のとおり、 >(2)は(1)に含まれるのではないかと思いますが。 厚生年金を脱退した後に障害厚生年金が発生する場合は、(2)のみに該当します。 >「3級障害厚生年金を受けられる者の死亡の場合」は規定されていませんが、なぜでしょう? 受給権が発生しないからです。 障害基礎年金が3級の障害状態の場合出ないように、障害状態3級は比較的軽度の障害状態と見られるため、就労が困難であるとはみなされないのです(つまり、社会保険上の保険事故に該当しないと考えられている)。 障害等級3級の被保険者(加入中)が死亡した場合、ご指摘のように「(1)被保険者が死亡したとき」により受給権が発生します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

aoba_chan様 とても参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金の受給について

    遺族厚生年金の受給資格について調べていて わからないことがありましたので、 どなたかご存知の方がいらっしゃったら 教えて下さい。 障害厚生年金の受給者の方が亡くなった場合で、 その方が1・2級の障害等級に該当していた時は、 遺族の方が遺族厚生年金を受給できますが (厚生年金保険法58条1項3号)、 さらに、障害等級3級に該当していた場合でも、 障害の原因となった傷病と死亡との間に因果関係があるときは、 遺族の方は、遺族厚生年金の支給が 受けられることがあると聞きました。 後者の場合、具体的には、どのような場合に 支給を受けることができるのでしょうか? 調べてみましたが、これ以上のことがわかりませんでした。。 できれば、出展等も教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 厚生年金の受給者なのに第2号被保険者でない人

    お世話になります。 厚生年金の説明文に、「障害厚生年金の受給権者が外国で国民年金に任意加入しないまま死亡した場合は、遺族が子供のある妻や子供であっても遺族基礎年金は支給されない」という記述がありました。 ここで質問なのですが、障害厚生年金の受給権者は厚生年金の被保険者であったはずであり、厚生年金の被保険者であれば(わざわざ任意加入などしなくても)自動的に国民年金の第2号被保険者になるはずだと思うのですが、障害厚生年金の受給権者が国民年金に加入していない状況とはどういう状況なのでしょうか? (厚生年金の被保険者がづっと日本国外で居住していても第2号被保険者にれるはずだと思うのですが・・・) よろしくお願い致します。

  • 遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について

    遺族基礎年金と遺族厚生年金の死亡者の支給要件について 質問です。 まず、遺族基礎年金の死亡者の支給要件からです。 「老齢基礎年金の受給権者が死亡したとき」と 死亡者の支給要件の1つとして書いてあります。 何故かと申すと、25年の支給要件を満たして65歳(繰上げ除く) でもらえると明確だからです。 そこで疑問に思うのは「障害基礎年金の受給権者が満たした時」とは書いてありません。 何故でしょうか。そこで自分なりに考えました。 まず、保険料を支払った時期か明確ではないからでしょうか。 次に遺族厚生年金の死亡者の支給要件についてです。 「障害等級の1級又は2級に該当する障害の状態にある障害厚生年金のもらえる人」と 書いてあります。勿論、保険料を払っていたから。初診日に厚生年金の被保険者であったから ですが、特に引っかかるのは「3級」がないことでしょうか。 個人的には基礎年金と整合性を図るためであり、3級は国民年金の法廷免除にならないからでしょうか。 以上自分なりに考えてみましたが自信がありません。 ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

被保険者資格を喪失後であって障害年金を受けている(受けられる状態にある)人は(2)に該当します。支給額に違いはそういう理由ではありません。 二つ目の質問はどなたか回答お願いします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

aquaiwa1969様 とても参考になりました。 ご回答ありがとうございました

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金

    遺族厚生年金の受給について教えてください。 厚生年金加入者が亡くなると、遺族に遺族厚生年金が支給されると思うのですが、定年退職後に死亡した場合はどうなるのでしょうか? 退職後は厚生年金を脱退した事になると思うのですが、加入年数を満たしていれば支給されるのでしょうか。 本人が厚生年金を受給中になくなった場合と、定年後の受給年齢前に亡くなった場合の遺族厚生年金について教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 遺族厚生年金について

    年金受給前の、厚生年金加入中に死亡した場合の受給資格を教えて下さい。 今までの質問・回答などを色々見たのですが、自分なりにうまく解釈できなかったもので・・・ まず、働いている夫が死亡して、遺族厚生年金がもらえるには、 ●死亡日の前日の前々月から過去1年間の間に、保険料をちゃんと払っているかどうか。 ●20歳~死亡日の前々日までの期間に、保険料をちゃんと払っているのが3分の2以上の期間あること。 以上2つの要件を満たせばもらえるのでしょうか?? 20年or25年加入してないともらえないと書いてあったり、上記の要件だったりしてどれが正しいのか分からなかったので。 また、遺族厚生年金は、年金をもらう年齢になった時に給付されるってことでいいんですよね?? 若いうちに死亡したらもらえるまでの年数がかなりあるなぁと思いまして・・・。手続き等は死亡した時にして、受給年齢になったら給付されるようになるんですか?

  • 遺族が複数いる場合の遺族厚生年金額について

    遺族が複数いる場合の遺族厚生年金額について質問します。 例えばある厚生年金被保険者が死亡したとして、老齢厚生年金の計算の例にしたがって計算された額の3/4が100万円だったとします。 ケース1:遺族がこの者の父一人だった場合 父に支給される遺族厚生年金額=100万円 ケース2:遺族がこの者の子供5人だった場合 子供5人に支給される遺族厚生年金額=100万円 子供1人に支給される遺族厚生年金額=20万円 つまり、遺族基礎年金の場合は子供の数が増えるにつれて年金額も増えますが、遺族厚生年金の場合は子供の数が増えると、一人当たりの支給額は減る、という理解であっているでしょうか?

  • 受給権者と受給資格を満たした者の違い

    FP技能士2級の勉強中なのですが、遺族厚生年金の支給条件について、わからないところがあります。 支給条件のうちの一つに、 「老齢厚生年金の受給権者または老齢厚生年金の受給資格を満たした者が死亡したとき」 とあり、受給権者と受給資格を満たした者の違いが分からなかったので調べてみたところ、 「遺族(補償)年金などの給付において、この給付を受ける資格のある受給資格者のうち、最先順位者をいいます」 とありました。 ということは「受給資格を満たした者」というのは複数いる可能性があるということでしょうか? 老齢厚生年金については、受給資格を満たした者というのは、被保険者だけだと思うのですが、他にもいるのでしょうか?(配偶者とか?)

  • 遺族厚生年金について

    遺族厚生年金についておしえてくだい。 A、63歳(男)で他界(国民年金、厚生年金加入期間111ヶ月)(会社社長)配偶者無し B、Aの父82歳(会社社長)配偶者無し、年収600万他もあり C、Aの息子39歳(Bと養子縁組)配偶者、子供あり、年収600万他もあり 上記の条件で国民年金は死亡一時金をBが貰えるのですが、厚生年金のほうが良くわかりません。 A、B、C共、住民票上同住所です。又A、B、C共扶養関係は無く、それぞれが、健康保険の被保険者です。 Bに遺族厚生年金の受給権があるように思えるのですが、収入があるのでAによって生計を維持されていた事にならない様なきがするのですが…… この場合遺族厚生年金はいずれかに受給権は発生しますでしょうか。

  • 遺族厚生年金について(受給資格)

    遺族厚生年金について、教えてください。 配偶者(妻)の受給資格は、結婚して何年以上とか、年齢何年以上とか、何もないのでしょうか。 というのも、ある社会保険士さんのホームページに、”2007年に子供のいない20代女性の遺族厚生年金を永続給付から5年に短縮する”と書いてありました。 と、すると今は、例えば75歳の老齢厚生年金受給資格を持った人の25歳の妻は、配偶者が亡くなった後にずーっと年金を受け取ることができるのですか? 2007年以降、今まで受け取っていた20代の妻は、いきなり給付がなくなるのですか? 30代以降は、これから先も制度は変わらないのですか? 年金ってよくわからないです、、、

  • 遺族厚生年金

    “遺族厚生年金を受けることができる遺族”は、“被保険者の死亡の当時、被保険者に生計を維持されていた配偶者・子・父母・孫・祖父母”ですよね。 そして、被保険者の死亡の当時“胎児であった子”は、その死亡の当時、生計を維持されていた子とみなして、生まれたときから受給権が発生しますね。 さて、そこで疑問なんですが、 たとえば、被保険者(男性・妻とはすでに死別)に、娘さんがいます。 娘さんは19歳になっているので、受給権はありません。 そして、未婚です。 でも、娘さんには、お父さんである被保険者の死亡の当時、おなかにあかちゃん(胎児)がいました。 被保険者にとって孫にあたるその胎児は、“被保険者の死亡の当時、その被保険者によって生計を維持されていた孫”とみなされるのでしょうか? ちなみに、被保険者の父母は、すでに亡くなっているものとします。

  • 遺族厚生年金の組み合わせについて

    今まで障害基礎年金(聴力障害2級)を受給していましたが主人が他界し遺族厚生年金を受給することになりました。 遺族基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせが一番多く受給できると社会保険事務所で説明を受けましたが、私の障害の程度だと遺族基礎年金より障害基礎年金の方が多く受け取れます。遺族基礎年金を受給せずに障害基礎年金+遺族厚生年金の組み合わせはできますか?

  • 特別支給の老齢厚生年金の障害者の特例について

    特別支給の老齢厚生年金の障害者の特例についておたずねします。 特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分の年金受給権者が、 1、被保険者でなく 2、障害等級に該当すると →請求により、報酬比例部分と定額部分をあわせた額で計算する とありますが、障害厚生年金と老齢厚生年金が併給されるのなら、 受給権者にとってメリットがありますが、 障害厚生年金を支給停止して、特別支給の老齢厚生年金を受給するメリットがいまいち分かりません。 受給権者のメリット、保険者のメリットを、教えてください。

専門家に質問してみよう