• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

関係代名詞の非制限的用法は、どのくらい使われているか。

googleで検索すると "He who" の検索結果 約 1,540,000 件 "father who" の検索結果 約 1,350,000 件 "husband who" の検索結果 約 1,270,000 件 のようになり、その中には、カンマが関係詞の前に入っていない例も数多く見られます。 また、自分が教員をやっていた時、ALTに聞くと、カンマを入れる入れないについて、ほとんど意識していないと言う答えをする方が結構多くいました。 英文法として関係代名詞の制限用法と非制限用法の区別は確立しているとは思いますが、現実問題として、かなりあいまいな状況になっているのではないでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数175
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

Gです。こんにちは!! まず、カンマは表記であり発音をするものではない、と言う重大な事に気がついてください。 つまり、フィーリングを伝える方法の基本は「しゃべる事」と言う事から制限用法と非制限用法の違いを出すのはカンマではない、と言う絶対なる表現ルールなのです。 お分かりでしょうか。 tooの前にカンマをおくという学校文法はどうなったでしょうか。 今では使わない人のほうが多いでしょう。 なぜだと思いますか? カンマの価値を認めないからなのです。 先月私が2日間缶詰にあった事を知っていますね。 いま、カンマの使用法は英語表現内で一番大きな「家内騒動」を起こしているのです。 制限用法と非制限用法に戻りますね。 確かに書かれた場合カンマがあるのとないのと大きな違いを「見る」事が出来ますね。 実際に目で見れるのです。 では、この二つの表現方法を使った文章を話した時に、どうやってカンマを見ずに判断すると日本の文法学者さんは言うのでしょうか。 アメリカ人でこの違いを「耳で区別」出来ないビジネスマンはまずいないでしょう。 カンマがあるかないのかを目で見なくても判断できる、と言う事だとお分かりですね。 全く「tooの前にカンマが必要なのか必要でないのか」の逆とも言えることですね。 しかし逆ではなく同じ事なのです。 なくても全く同じだ、だからおかなくてもいい、とすることと、カンマがあってもなくてもどうせカンマは発音しないのだから「発声方法から」の「存在のフィーリングを感じる、と言う事は同じ事である、というわけです。 しかし、これには弊害と言うものがあります。 それは、書く時には「カンマがなくても発声で違いを感じる」フィーリングをどうやって表現するんだ!!と言う事になるわけです。 日本語と同じに、耳から覚えた表現と目から書くルールを習うという事のギャップがここに出てきてしまうわけです。 よって、多くのアメリカ人がこのカンマの使用法と言うものに一貫性を伴うルール的なものが失ってきてしまっているのです。 これは、アメリカだけでなくイギリスでも起こっています。 よって、ビジネス英語だけでも、この一貫性を保つように努力しているわけです。 それが、二日間の缶詰だったのです。 高度な表現方法には必ず高度なりに相手にも伝わらなくてはならないものが必要なわけです。 自分だけの表現方法にこだわっていても相手の理解許容範囲に入っていなければ「言葉としての役割をしない」わけです。 日本の学校英語教育で私が使えない英語を教えてどうする?といっている事と非常に似ているわけです。 (ですから私は、単に馬鹿の一つ覚えみたいに日本の英語教育を批判しているわけではない、といっているわけです) そして、それが、私の言う、日本人の全てが、日本に39年住んでいようと、日本語を使いこなしているわけでも、説明できるわけでも、教える事ができるわけでもない、そして、全く同じ事がアメリカでもイギリスでも、そのまた全ての国で起こっている事なのです。 アメリカ人は文法に疎い、と言っても、それはあくまでも学校文法の普及性と比べての事であって、日本自体の状況を全く無視したコメントなわけです。 私からしてみれば、日本人の日本語は国語の学校文法から見たらとんでもない日本語をしゃべっている、というわけです。 そして、それが悪いとは全く言っていなく、むしろ、どちらの学校文法のほうがまずい、とまで言っているわけです。 と言う事で、「カンマを入れる入れないについて、ほとんど意識していない」と言うコメントには二重の意味合いが出てくるわけです。 つまり、しゃべる時にはカンマをいわないわけだしそれを意識して言うべきかななんて考えない、ということ、カンマがついていても言葉にははっきり意識してポーズなどの発声方法を使っているわけではない、ただフィーリングからその違いをちゃんと出している、と言う事なのですね。 これは文法と同じように、カンマがあってカンマがあるようにしゃべるのではなく、何かのフィーリングを出す為に(非制限用法)しゃべる時に区別をしているのを「何とか記号を使って表現しよう」としたいフィーリングがあったからこそ、「じゃ、カンマを使おうじゃないか」といつの間にか定着したわけです。 そして、tooのようにMr & Mrsのように、A.S.A.P.ではなくASAPでいいじゃん、とカンマやピリオドのh使用度が減ってきたわけです。 (いつもの、日本ではよく省略された、といわれてしまっている「必要のないものは捨てちゃえ!」の精神です) と言う事は、このALTはそれだけ表記ルールを知らない、ということであって、声による表現方法を知らないという事ではない、と言う事なのです。 そして、ビジネス業界では「まずい!」とされるわけです。 つまり、彼の英語力は足りない「部分がある」と言う事になるわけでうす。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつもありがとうございます。 >これは文法と同じように、カンマがあってカンマがあるようにしゃべるのではなく、何かのフィーリングを出す為に(非制限用法)しゃべる時に区別をしているのを「何とか記号を使って表現しよう」としたいフィーリングがあったからこそ、「じゃ、カンマを使おうじゃないか」といつの間にか定着したわけです。 そして、tooのようにMr & Mrsのように、A.S.A.P.ではなくASAPでいいじゃん、とカンマやピリオドのh使用度が減ってきたわけです。 (いつもの、日本ではよく省略された、といわれてしまっている「必要のないものは捨てちゃえ!」の精神です) そうですよね。tooの前のカンマは、日本でもすでにかなり廃れてきています。 もう少し、英語と言う言語が、Gさんのおっしゃるとおり「フィーリング」に支えられたものであるという配慮が日本の英語教育にはあっていいですよね。 しかし、二日間も、缶詰になられていらしゃったとは知りませんでした。先月は非常に忙しく、ほとんど、パソコンに触ることができませんでした。どうぞ、お体を大切に。 重ねてありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

私はれっきとした表現力豊かと認められたビジネスマンではありませんが、日本でALTをやっていました。アメリカでこれほどgood Englishを教えようとする参考書が多い、またセミナーなどがある背景には一つ単純な理由があるのです。 それは、アメリカは移民国家なので基軸言語がなく、言葉が簡単に乱れることを是正しようとの動きがあるからです。 真剣にやっても近い将来アメリカの標準言語はスペイン語になりそうですし、ちょっと淋しいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 非常に自然な日本語を使われるのですね。 近い将来、公用語としてスペイン語と中国語が認められて行くだろうと言われていると聞いたことがあります。 ありがとうございました。

  • 回答No.6

Gです。 シカゴスタイルサイトとは4番さんがご紹介したサイトです。 better writing styleと言うようなキーワードを使って検索してみてください。 日本語に関してこれだけ(見つかるサイトの量と質が)しっかり母国語を大切にしている国なんだろうか、と考えさせられるものがあるのが分かると思います。 そして、使えるサイトをご自分に合わせて使ってみてください。 文法「的」な事が書かれているように一見見えるかもしれませんが、より分かりやすい、と言うフィーリングを大切にしたサイトが多いのにも気がつくと思います。 例としては、http://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Manual_of_Style にはいい説明だけでなくリンクもいい物をリンクさせていますので、使いでのあるものだと思いますよ。 学校文法がなぜ一般会話の為のものではないとうたっていながらビジネスにも通用しないスタイルが根強く教えられているのですね。 「読み書きが重点視されている」と言いながら生徒のほとんどがその読み書きができない、と言う矛盾によく似ているわけです。 このサイトが言っているような事をもっと詳しくしたセミナーで缶詰になっていた、と言う事なんです。 牢屋に入っていたわけではありません。 <g>

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 御礼が遅くなりすいませんでした。 ご紹介いただいたサイト、できるだけ時間をとり、勉強していきたいと思います。 重ねてありがとうございました。

  • 回答No.5

Gです。 tooの二つの使い方、と言う言い方をされていましたが、逆を言えば、カンマの使い方なのです。 私にはこのカンマの使い方と言う解釈・フィーリングのほうを選びますし、tooの使い方と言うせばめられた理解に時間をとるより、カンマをどのようにしてフィーリング表現にうまく使うかを知る、方がもっと重要だと思うからなのです。 I too like the way she plays piano. I, too, like the way she plays piano. どうですか、カンマがあるからこそ、tooがきれいに孤立し(見た目にもフィーリング的にも)ているわけです。 これは、tooの使い方に限った事ではなく、フィーリングをどう表現したら分かりやすくなるか、クリアーになるか、と言う部分でもあるわけです。 ですから、有名な<?>シカゴのスタイルサイトでも、どちらを使おうと表現自体に問題がある、とするわけです。 (カンマをつけるかつけないかだけではフィーリングはちゃんと伝わらないのです) つまり、表現方法を変えろ、と言う事なのですね。 文字による表現の難しさがここにも現れてくるわけです。 なぜれっきとした表現力豊かと認められたビジネスマンが二日間も感ず目になってこの点をクリアーにしようと英語力を磨く事にになったのかはお分かりだと思います。 「カンマの家庭内騒動」はこれからも少なくとも5年は一貫性を持つフィーリング定義を作りながらビジネス文書では定められていくと思います。 ちゃんとした「正しい」英語表現をうたい文句にした学校文法は、今まで言ってきたように、崩れ去る事になり、既に起こっているtooの前と後の用法と同じように学校文法に頼れなくなってくるか、大きな改革が起こらざるを得なくなるわけです。 最近のシカゴスタイルサイトも大きな変動を起こしています。 共通したフィーリング表現を基にしたスタイルと言う英語の一分野も大きく変動していると言う事なのです。 学校英語と違い、「実践に基づいた」ビジネス表現が非常に敏速に反応しているところは学校英語が学ばなくてはならない事だともいえるわけです。 受動態Passive voiceに関しての毛嫌いは既に定着していますね。昔のビジネス的表現がなくなってきているわけです。 参考になれば本当にうれしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 御礼が遅くなり申し訳ありません。 「文字による表現の難しさ」はいつも感じます。 >なぜれっきとした表現力豊かと認められたビジネスマンが二日間も感ず目になってこの点をクリアーにしようと英語力を磨く事にになったのかはお分かりだと思います。 「カンマの家庭内騒動」はこれからも少なくとも5年は一貫性を持つフィーリング定義を作りながらビジネス文書では定められていくと思います。 ちゃんとした「正しい」英語表現をうたい文句にした学校文法は、今まで言ってきたように、崩れ去る事になり、既に起こっているtooの前と後の用法と同じように学校文法に頼れなくなってくるか、大きな改革が起こらざるを得なくなるわけです。 すいません。二日間缶詰になられたということを自分は全く知らないのですが、何が起こったのですか。もしよければ、次の回答で教えていただければうれしく思います。 学校文法が実社会に遅れているというのは、ある意味、よく感じます。大きな改革が起これば良いですね。 それから、シカゴスタイルサイトというのも、自分はよく分からないのですが、できたら、どういうものか教えて頂けないでしょうか。 重ねて、回答をいただき、感謝しています。

  • 回答No.4

曖昧になっている事は事実だと思います。 たぶん、カンマがあってもなくても、それほどその文脈の意味合いが変わらないため、文法のルールではなく、いわゆる個人のwriting styleによるものであると考えられます。 一方、そのスタイルについて、書物をするプロの編集者とかは、いくつかの参考書に頼る事も事実です。 ひとつの例として、Chicago Manual of Styleをご紹介しましょう。そのオンライン版からの抜粋は、ここにあります。tooの前にカンマが必要か否かについてです。 http://www.chicagomanualofstyle.org/CMS_FAQ/Commas/Commas15.html 悪く言えば、日本でのALTをやっておられる外国人の方は、大学卒でありながら、特にwritten Englishの専門家でもないので、このレベルの用法については、あまりあてにしない方が良いかも知れませんね。 ちょっと古めかしいところもありますが、William Strunk Jr.のThe Elements of Styleは一つの文法とスタイルの標準にもなり得る参考書であります。やはり「餅は餅屋」の価値を感じ取れるものであります。英英辞書を使うなら、文法書も現地のものに勝るものはないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 リンクの文章を読ませていただきました。tooにも二つの意味があるのですね。言われてみると、確かにそうで、認識を新たにしました。 The Elements of Styleはいつか機会があったら、ぜひ読んでみたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3

以下は、「現実問題」について、The Japan Timesの第一線の記者、伊藤サム氏(次のサイトに写真が載っています)の解説です。(http://homepage1.nifty.com/samito/) 「関係代名詞の非限定用法ではコンマを付けなくてはなりません。しかしネイティブにとってコンマを付けるかどうかは感覚的な判断で、なくても誤解されにくい表現である場合は省いてしまう人がいます。また、コンマ使用は控えめにしたほうが美しい、と主張する人たちもいます。」 ● 全文は次のサイトの質問と回答にあります。 ・(http://club.japantimes.co.jp/blog/qa/index.php?itemid=97#more)のNo.13、 ・(http://club.japantimes.co.jp/blog/qa/index.php?itemid=98#more) のNo.15。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >新聞記事では、長いセンテンスではおよそ2割のケースで省略が見られます。また、新聞記者ではなく一般のネイティブになりますと、コンマを付けるか付けないかのルールを知らないのが普通(感覚的な判断)なので、もっと恣意的です。 新聞記事でも2割の割合で発生しているのですね。どうりで、結構、ついていない例があると感じるのですね。 ありがとうございました。 それから、ご紹介いただいたサイト、検索機能付で便利ですね。これから自分も使いたいと思います。

  • 回答No.1
  • tjhiroko
  • ベストアンサー率52% (2281/4352)

こんなページがありました。 http://www.grammartips.homestead.com/nonrestrictivecommas.html 日付からして英語の現在の状況と考えていいと思いますが、これによりますと制限用法と非制限用法との意味の違いは大きく、それを区別するには書き言葉ではカンマが欠かせないということになっていますね。 カンマを入れるか入れないか意識していないネイティブの人がいるということは、日本人でも読点の使い方をうまくできず、その重要性の認識すらない人が非常に多いのと同じと考えられるのではないでしょうか。 ALTといっても、たとえネイティブでも英語のプロかといえば決してそうでもない場合も多い、という話も聞いたことがありますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >カンマを入れるか入れないか意識していないネイティブの人がいるということは、日本人でも読点の使い方をうまくできず、その重要性の認識すらない人が非常に多いのと同じと考えられるのではないでしょうか。 その通りと思います。と言うか、自分自身もかなりいい加減に日本語を書いています。どこで区切るか意識して書くのは、かなり正式な文書を書く場合だけで、そういう場合さえ、読み返してみると、はて?と思うことがたびたびですから、いい加減なものです。 こういった言語一般に関するいい加減さはもっと許容されて、外国語として教えられるときにも、ある程度強調されてもいいと思うのですが、どうでしょうか。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 関係代名詞の制限用法と非制限用法

    学校では関係代名詞の制限用法と非制限用法の違いはコンマの有無にあると教わりました。 でも私の本によると、コンマの有無は勿論ですが、 先行詞が人の場合は 制限用法も非制限用法も関係詞はwhoになりますが、それ以外の場合は 制限用法の時がthatで 非制限用法の時がwhichを使うそうなのです。 ということは、whichは制限用法では使えないことになるのでしょうか? 逆に学校では thatもコンマで区切れば非制限用法として使っていたような気がするんですが。

  • 関係代名詞の非制限用法についての質問です。

    関係代名詞の非制限用法について質問です。 関係代名詞には制限用法と非制限用法があると思います。 非制限用法は、先行詞がすでに特定されていて、 関係詞節は先行詞に対して補足的な説明を付け加える・・・であってますか?(? ?;) そして非制限用法には関係代名詞thatが使えないですよね。 (これは近年のことで、昔は使っていたみたぃですが・・・) それが疑問です。 なぜthatが使えないのでしょう? 制限用法での場合、先行詞が強い限定の意味を持つ修飾語がついていると 関係代名詞ではthatを使うほうが好ましいとされていますよね。   Ex. This woman is the most beautiful that I have ever seen.   この場合、限定される先行詞のときにthatを使うのに それならなぜ非制限用法ではthatは使えないのでしょうか? 非制限用法での先行詞は限定されているんですよね。 変な質問かもしれませんが詳しい方、ぜひ教えてください。

  • 関係代名詞の非制限用法について

    関係代名詞に関して質問させていただきます。 次のような問題と解答があります。 問.次の二つの文を関係代名詞を用いて一つにせよ。 My only son often writes to me.  He lives in New York now. 解答.My only son, who lives in New York now, often writes to me. → この問では、My only son を先行詞とする関係代名詞 who を、非制限用法で用いることが求められています。これは先行詞が特定の人物を指しているからだということは、よくわかります。この場合、初学者からは 「who の代わりに that を使ってはいけないのか?」という質問が出ますが、その場合、「that は非制限用法では用いないから」と答えるようにしています。 ところで、 This is the only paper that contains the news. 「これがそのニュースをのせている唯一の新聞だ。」 のように、先行詞にonlyがついている場合にthatを優先的に用いることはよく知られていますが、先ほどの私の解説を逆手にとって、「先行詞にonlyがついているのだから、関係代名詞は非制限用法にせねばならないのではないか。その場合、thatを非制限用法で使えない以上 which を使って、This is the only paper, which contains the news. と書き換える処置をすべきではないか」という意見が学生から出ました。 もちろん、学生が提案したこの文に対しては、the only paper がどんな意味で「唯一」なのかがわからないままにコンマが現れ、そこでいったん意味が途切れてしまうので、この文を読む者は奇異に感じるであろう、と答えることはできるかと思います。 しかし、この場合でも、「先行詞が唯一のものを指す場合に関係代名詞thatを優先的に用いる」というルールと「先行詞が特定できる場合に関係代名詞を制限用法で用いてはいけない」というルールとが両立することを説明するのに依然として苦慮します。 このようなケースにどのように対応すればよいでしょうか。少し長いですが、教えていただければたいへんありがたいです。

  • 関係代名詞について

    関係代名詞で、先行詞の後にカンマがある場合と無い場合では、意味が変わってくるようですが、イマイチどう違ってくるのか分かりません。 どちらも関係詞が先行詞を修飾してることは同じだと思うのですが・・・ どうカンマがある場合と無い場合はどう違うのでしょうか?

  • 関係代名詞について

    英文法の本を読んで疑問に思ったのですが 関係代名詞では先行詞が人でも物でもthatが使えるのに非制限的用法ではほとんどthatを使わないのはなぜですか。 教えてください。

  • 関係代名詞の制限的用法・非制限的用法

    いつも大変お世話になっております。 本日は関係代名詞の制限的用法・非制限的用法に関してお伺いします。 関係代名詞の制限的用法と非制限的用法の違いは、 制限的用法(限定用法):関係代名詞によってある特定のものに限定する場合 非制限的用法(継続用法):付加的あるいは挿入的に説明したり修飾したりする場合 という区別があると考えて、これまで英文を書いてきました。制限用法と非制限用法で文意が大きく変わる場合は、自分の強調したい部分に合わせてどちらかを選択し、文意が変わらない場合は制限的用法を大抵選んでいます。一方先行詞が固有名詞もしくは、文意で意味が特定される場合は、あえて制限する必要が無い為非制限用法を用います。 文法的な話ですが、個人的には固有名詞やmy husbandの様に明らかに先行詞が特定される場合は非限定用法を用いないといけないと思うのですが、それ以外で非限定用法にした方が(文法的に)良いという場合はありますでしょうか?といいますのも、文意で意味が特定される場合かどうかという判断はなかなか難しい面もあります。卑近な例で申し訳ありませんが、my wifeと言ってもイスラム圏の男性が書いた英文である場合は特定されない場合もあるため、制限用法でも文法的には間違いないと思います(勿論私はこの場合非制限用法を用いますが)。 これまで数多くの英文を書いてきて、時として制限用法と非制限用法どちらが相応しいか悩む時があり、その場合制限用法を選ぶ場合が多いです。一方、nativeの書いた英文を読むと区別を意識していないと感じる時もあり、自分自身もこの問題で業務に支障をきたした記憶はないと思います。しかし未だに迷う時がありますので、もし適切なadviceをしていただける方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

  • 連鎖関係代名詞のwhomと関係代名詞の省略について

    10代女です。英文法の関係詞を勉強していてお聞きしたい質問が二つあります。 (1)連鎖関係代名詞のwhomについて  (1)'He is the boy WHO I thought I had met before.' (by @WILL総合英語 P.294/美誠社)   『@WILL総合英語]という英文法参考書に、連鎖関係代名詞の例文でこの文が載っていました。 また、よく入試で問われやすい問題で例えば  (2)'He is the person WHO I thought was a doctor.' というのがありますが、連鎖関係代名詞の場合、'I thought (that) <the person> was a doctor'というようにthat節内の主語が先行詞である→だから関係代名詞はwhomではなくwhoだということは理解しています。  しかし、(1)のように、that節内の「主語」ではなく「目的語」が先行詞(人)の場合は関係代名詞をwhomにしてもよいのでしょうか?これが一つ目の質問です。@WILL総合英語にはwhomでもwhoでも良いとか詳しい解説が書かれていません。私が持ち合わせている英文法の問題集などで調べようとしても、(2)の用法の解説ばかりです。    関係代名詞で、先行詞が人で目的格となる場合、whom/that となりますよね。けどこの'whom'は、口語になると'who'にしても良いとあります。だから、連鎖関係代名詞で(1)と同じ用法の場合の関係代名詞は who でも whom でもどちらでも良いということでしょうか?? (2)連鎖関係代名詞の省略について  二つ目の質問。(1)で使った(1)と(2)の例文(連鎖関係代名詞)の関係代名詞の省略はできますか?  (1)He is the boy I thought I had met before.  (2)He is the person I thought was a doctor.  最後に、私は大学入試に(1)の(1)のような問題が出題されても、されなくても、とても気になってしまいます。みなさんの答えが「who でもwhomでもどっちでも良い」 となるなら、私はそれで納得できます。  たぶんこのような「代用ができる」という問題の場合、4択で問うことになると思いますけど、この疑問を解消したいです。明確な答えを知りたいです。「whomは使えない」のか「whoでもwhomでもどちらでも良い」どっちですか?  <英文法>とは、時には省略できたり・書き換えできたり・・・など答えが一つではないということは重々承知です。けれどそれなら 「省略・書き換え・代用OK」というのをはっきり説明していただかないとすごくモヤモヤしてしまいます。とりあえず、これを機に英文法の解説が詳しく載っていそうな『ロイヤル英文法』を買ってみようかなと思っています。  質問というか確認したいがために、この相談箱に質問しています。支離滅裂でしかも超長文で申し訳ないです。  どうかよろしくお願いします。

  • 関係代名詞の継続用法

    関係代名詞の継続用法 Our teacher, who usually comes on time, arrived late today. この文、継続用法の関係詞節が文中に挿入された例として紹介されているのですが 限定用法に見えてしまいます。 "~で、~"のような継続用法は理解できますが、このような文を限定用法と区別するにはどこに気をつければいいでしょうか?教えて下さい。

  • 関係代名詞の制限用法と非制限用法

     関係代名詞の制限用法と非制限用法の意味的違いと訳的違いがいまひとつわかりません。  ご面倒かと思いますが、教えていただけないでしょうか?  よろしくお願いします。

  • 関係代名詞について質問です。

    英文法の教科書に Her second husband was Conrad Hilton, whom she married in 1942. という例文の後に、「非制限用法なので、whomは省略できない。」とありました。関係代名詞は、非制限用法のときしょうりゃくできないのでしょうか?