• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

有給休暇消化と円満退職について

この度、会社を退職することになったので残っている有給休暇を消化しようと思い ネットでいろいろ調べていると、「円満退職するためには全ての有給休暇を消化することは難しい」とか、 「有給休暇消化のために退職日を延ばすなんてモラルに欠ける」といった内容を見かけました。 有給休暇は労働者の権利であるはずなのに、どうしてそれを行使することがいけないのですか? 何のために円満退職を勧めるのですか? 引継ぎや、退職日までの業務をきっちりやらないということであれば、非難されることは分かるのですが、 それらをきちんと行った上で有給を消化するのであれば問題ないと思うのですが。

noname#31361
noname#31361

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4884
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • hisa34
  • ベストアンサー率58% (710/1205)

この問題は驚くほど本当に良くある問題です。 私はやはり「退職時に未消化の年次有給休暇は取れる」を支持します。 この問題は年次有給休暇(以下「年休」と言います)について労使共に労働基準法の理念に対する認識が足りないところに根本的な問題があるように感じます。特にひどいのは「当社には年休制度はない」などと公言している使用者が大勢いるのには驚かされます。労働基準法でも確かに「与えなければならない」とされていますが、これは使用者に与える義務を課しているのであって、使用者の恣意にまかせられている訳ではないのです。労使共月1回ほどの年休を自由に与える・与えられるにしていないことから、退職時までに消化できずいつまでもこの問題でトラブルのです。 私の知っている会社では計画的付与制度を考えたりしてこの問題を解消する努力をしています。残業でもそうですが、使用者は経営者として年休を付与することもコストとして考えておかなければなりません。 minminmin6さん、自論をながながと話して申し訳ありません(まだ言い足りません)。要は権利・義務を計画的に行使するか、無計画に行使するかであって、未消化の年休をとる退職労働者に“そのつけ”を押し付けることはできないと言うことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまってすいません。 回答ありがとうございました。 有給休暇取得は労働者の権利なのに、モラルや常識という理由をこじつけて、それを退職時に行使することがタブーみたいになっている社会の風潮が気に入りません。 私も自論を述べてしまいましたが、ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 有給休暇を完全消化しての退職に関して

    今度の4月で退職をします。4月になると 新たに有給休暇が10日また発生するのですが 有給休暇を消化して休むのは問題ない事なのでしょうか? 業務に支障が出る可能性があるのですが これは権利ですから堂々と有給休暇申請をして 休む事に問題はありませんか? お詳しい方、宜しくお願い致します。

  • 退職時の有給休暇消化について

    お世話になります。 無知のためお知恵をお貸しください。 退職が決まり、有給休暇が10日残っていたため申請したところ 退職が決まった方には有給休暇は2日になりますと事業者から 言われました。(社内規則がどうのこうのと言われました) 私の認識では有給休暇は労働者(社員)の権利と思っていたため どうしても納得できません。 こういう場合労働基準監督署?に相談した方がいいのでしょうか? なんとしても10日分ほしいのですがお知恵をお貸しください。 よろしくお願いします。

  • 退職時の有給休暇の消化について…

    私の部署で辞められた方は、有給休暇の消化や買い取りもありませんでした(本人は望んでいましたが、上司に言いくるめられたようです)。 しかし他部署ではきちんと消化して辞められたことが分かりました。 労働者に権利はあっても、会社側に義務はないため、忙しいなどの理由で、断ることができると知りましたが、近々退職予定の方が、何ヶ月も前に報告していたし、消化できないのは法律違反だと怒っています。 (うちの部署は忙しく、かつ人手も少ないのもあり、もともと休み自体が取りにくい状態で、病気や忌引など、いかなる理由でも有給休暇として扱ってもらえません。恐らく今回も、上司が断ると思われます。) 権利があり、他部署と差があるなしに関係なく、消化や買い取りは、上司の判断次第なのでしょうか?数ヶ月後に、私も退職が決まっているので…穏便に済んで欲しいなあと願っているところです。 退職経験のある方や、法律などに詳しい方がいましたら、アドバイスよろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

辞める場合は、基本的に利害が一致していないので、 片方にとってうれしいことは、片方にとっていやなのです。 有給行使をすることは、いけないことではありません。 権利ですから、それを会社は拒むことは一切できません。 ただ、会社にとってみれば 辞めた人間よりも、残っている 人間に対して、厚く処遇したいわけですから うれしいわけではありません。 余分にお金がかかると考えますので・・・ 円満退社したほうがいいのは、人間関係は会社を辞めても 続くからです。 社内結婚の寿退社であれば、一方は会社に残るので あいつの配偶者は・・・ と言われたりするかもしれません。 同じ業界に転職するのであれば、変なうわさを言われるかも しれません。 それだけのことです。 No2さんの会社の言い分は、会社にとって都合がいいですが 法的には、まったく間違っています。 そういう性質のものでもありますが、子供の病気で寝ずに看病 するのもそうですし。怪我で入院する時にも使います。 何に使うのを限定せずに、付与されるべきものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまってすいません。 素早い回答ありがとうございました。 確かに、円満退社は人間関係の問題ですね。 私は、寿退社でもなく、同じ業界にも転職するつもりはないので、 円満退社は自分にとってまったく意味をなさないことになりそうです。

  • 回答No.2

うちの会社の有休の考えは、「仕事の疲れをリフレッシュし、次の仕事へのエネルギーにするための休暇」です。 やはり退職のときにもめていた友人がいて、そのときに有休のあり方というその話を聞きました。 俺も個人的に、会社としてのその考えには賛成です。 ただ、職場で一緒にがんばった仲間としては全部取らしてあげたいという気持ちはありますね。 実際、上司もそうで、辞める友人に対して消化させてあげたいのは本心だけど・・・と悩んでいました。 ただ、厳しい言い方ですが、労働者の権利とおっしゃってますが、それは「年間25日の休みが保障される」みたいな内容のはずです。 なら、それを行使するなら、退職される年度は最初は有休をまったく使わず、最後の25日分を一気に取るという感じでしょう。 4月1日だけ出社して2日から有休消化で4月終わりで辞めますというのは当てはまらないのでは? 正確な計算ではないけど、単純に考えて、年間25日の有休保障なら月 2~3日。 だから4月1日だけ出社して、3日間有給消化して辞めますとかなら、まだマシだと思いますけどね。(計算上はこれでも全然甘甘ですが。) 労働者の権利は「もらった休みはすべて使える」と言っているわけではありません。働いていることを前提に、休息として取る意味での保障です。 そういう考えでは納得できませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまってすいません。 素早い回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

「円満退職するためには全ての有給休暇を消化することは難しい」 ↓ 「(会社にとっての)円満退職するためには~」 ですね。 本人にとっての円満退職であれば、有給は消化しきった方が良いです。 > 残っている有給休暇を消化しようと思い 計画的に有給を消化していれば、起こらない問題です。 > それらをきちんと行った上で有給を消化するのであれば問題ないと思うのですが。 計画性が無いのは問題です。 そのせいで、会社としては人は足りないが、人件費が捻出できないって問題を抱え込む訳ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってしまってすいません。 素早い回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 年度途中の退職前の「有給休暇」消化について

    お世話になります。ある人から受けているの相談内容をこの場でご質問いたします。法律用語等難しく、サイトで調べてみてもよくわかりませんでした。わかりやすいご説明をいただけますならば幸いです。 【質問内容】 ◆退職前に有給休暇の残日数を消化するのは労働者の権利だと思いますが、次のようなケースはどうでしょうか? ◆『年度途中(4月に年度切替)』の有給休暇はその「残日数すべて」を消化する権利は労働者にあるのでしょうか?ある程度規制されるものでしょうか? ◆例えば、極端なケースだと、4月になると20日の有給休暇が加算付与されます。4月になるのを待って退職願いを出すと有給休暇残日数が計40日、3月中に出すと残日数20日となります。そこで、4月に40日後の有給休暇消化後の日付を「退職願いの退職日」とすることができると、相談者にとって月給、賞与計算の算定期間も増えて収入面で少しでも助かることになります。 ◆その相談者の社内規定は別として、一般的な判断や判例、法律上の基本的考え方について教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 有給休暇について

    お世話になっております。部下が退職することになり有給休暇が30日くらいあるから、最後に一月全部有給休暇を使いきってから退職したいとのことでした。 私は当然許可をしたのですが、私の上長からそれは無理だ、なぜ、そのようなことを言ったんだ、と逆に責められてしまいました。 私の労働基準法の認識だと、有給休暇は労働者の権利ですので、有給休暇を使いきってから辞めるのは当然という認識でした。 私の労働基準法の認識は誤っていたのでしょうか?誤っているようでしたら、正しい退職時の有給休暇の使い方を教えて下さいませ。

  • 退職前の有給休暇の使用について

    会社を退職したいのですが、有給休暇が40日残っています。業務の引継ぎを約1ヶ月かけてして、その後20日ぐらい有給休暇を使いたいと思っていますが、使う権利はあるのでしょうか? または、雇用者が有給休暇を使うことを却下することはできるのでしょうか? 教えて下さい。

  • 退職時の有給休暇について

    先日、身体上の都合で8年間続けたアルバイトを辞めました。 辞める際に残りの有給休暇を消化して辞めたい旨を伝えたのですが「有給は認めない。会社が認めないと有給は使えない」の一点張りで有給を使えないまま辞めました。 ところが有給は労働者の権利で使えるとのこと。 「騙された」と会社に言えば、有給分支払ってもらえると思いますか? ご存知の方ご教示下さい。

  • 有給休暇消化について

    有給休暇の消化についてどなたか教えて下さい。 私は今年の9月20日に新たな有給休暇が20日間与えられることになっています。 9月20日から合計40日間の有給休暇が残っていることになります。 この新たな20日間の有休が発生した翌日の9月21日に 退職を申し出て受理された場合、全て40日間有休を消化することは 普通認められるのでしょうか? 引継ぎの期間として1ヶ月間くらい出勤し、退職日は12月末日を考えています。 よろしくお願いいたします。

  • 有給休暇の消化について

    先日、会社より有給について記載された書類が送られてきました。 その書類に有給休暇の消化についてという項目があり、そこに書かれている内容に疑問を感じたので質問させていただきます。 有給休暇の消化について  有給休暇は、労働基準法の解釈に従って、所定労働日数(22日と書いてありました)以内でのみ消化することができることとします。 したがって、所定労働日数を勤務している場合には、実際に勤務しない日を有給休暇として届出し消化することができません。 尚、有給休暇の消化対象になるかどうかは、こちらで判断させていただきます。 と書いてあるのですが、私は会社がいう所定労働日数を越えたかったことはないのですが、これって有給休暇を取れませんよね? しかも、社会保険労務士の先生から指導があったと書いてありました。 どうか、お知恵を貸していただけないでしょうか 【追記】 実際に届出して、取り消された方もいるみたいです。

  • 有給休暇を消化してから退職・・・について

    アドバイスお願い致します! 8年間の勤務を経て、既に7月末にて円満退職が決まっている者です。 37日分の有給休暇が残っており、全てを消化することを希望しています。 会社へは37日分を消化したとふまえ、およそ9月末まで在籍扱いにして欲しいと伝えました。 保険証の使用、およびブランクをあけずに転職する個人的な理由からです。 しかし、会社(管理部)から以下の返答がありました。 「基本、有給休暇は先の1年をしっかり働いていただくために差し上げるもの。 今までに円満にやめていった方には 1年分を4で割って 1~3月でやめたら・・・1/4 4月~6月でやめたら・・2/4 ・ ・ ・ と、 いちおうの目安として 差し上げていました。 ですので どこまで通るかわかりません。(原文ママ)」 これは会社規定には盛り込まれておらず、納得できずにいます。 調べたところ、退職時に有給休暇取得に関する時期変更権の行使は会社側はできないとありました。 会社によってこの規定は異なるものなのか・・・労働基準監督署の定める規定に優位性が保たれるのか判断しかねます。 一般通例として、退職時の有給休暇の消化は如何に扱われるものなのでしょうか? ご教示お願い致します。

  • 退職時の有給休暇の消化について

    こんにちは、こちらで転職に関して色々と質問させて頂き色々と参考になる御意見ありがとうございます。 現在は既に転職先の会社も決まっていて、今の勤め先にも退職届を出して後は退職の日を待つだけなんですが、1つ引っかかった事がありましたのでご意見をお聞きしたく投稿しました。 それは有給休暇の消化の事で上司に有給休暇をとる旨を伝えたところ「退職届を出した時点で有給休暇は消滅している、社長に有給休暇を取ることを言っても絶対に認めてくれない」と言われ、結局は有給休暇を1日も消化することなく退職の日を迎えそうです。 念の為ネットやこちらの掲示板で色々と調べましたが、有給休暇が退職届を出した時点で消滅するなんて事は書かれてませんでした。 退職届を出した時点で有給休暇が消滅して社長が有給休暇を一切認めないと言うのは法律違反でしょうか?それとも合法なのでしょうか? 長々とした文で申し訳ありませんが、御返答の程よろしくお願いします。

  • 退職時に有給休暇が使えない

    私は今 勤めている会社を退社します。 その意思を会社に伝え、了承を得ているのですが、退社する際に 有給休暇を取ろうを考えていたのですが、会社側から一方的に 「有給など無い」と言われてしまいました。有給休暇は消化出来ないのでしょうか? 詳しい経緯は以下の通りです。 *昨年12月28日に退社の意志を告げ、書面で「退職願」を出しました。 *退職願には「2月末日を持って」と記載しました。(2ヶ月後) *今の会社は「株式会社」です。 *勤続年数は6年になります。 *会社側からは有給の詳しい説明なども受けていません。  「有給について」の書面や会社概要などもありません。 *この会社に在籍中、何度か有給を使用しました。  (取った年・取って無い年がありますが、年間で最高4日) *会社側の有給無しに対する言い分は「今、人がいない」です。  以上が主な内容です。 会社内に規定等が無くても法律上 最低限の有給休暇などは 無いのでようか?退職金もかなり少ない金額らしいです。 もし、行使出来る「労働者の権利」があれば教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 有給休暇の消化について、どの程度労働者の権利として守られていますか?

    現在医療法人の施設で働いています。二年勤続したのすが、全く有給休暇を消化させてもらえませんでした(有給休暇初年次11日、以降年次毎に一日加算され、20日まで繰り越し可能という職務規程はあります。)。 しかし、法人側の慣習によると、年間を通しての公休以上休んだ人に対して、有給休暇扱いにするということになっています。そんな場所なので、組合もなく、普通に働いている職員は、公休すらも繰り越し休として残っているのが現状です。 それで、今年度末で退職予定なんですが、有給休暇の消化について申請書を提出しようとしたところ、「慣例のないことだし、退職者に働いてもいないのに有給休暇を認めるわけにはいかない。残った者の身にもなって欲しい。」とのことで、申請書の受理を拒否されているのですが、どうも納得いきません。法律上では、有給休暇の消化は労働者の権利だし、雇用者の義務ではないのでしょうか?ただ、人手不足の職場で、特に退職時の申請の場合、雇用者は受理しなくても法律に触れないとも聞いたことがあります。労働者として、この権利って守られるのでしょうか?