-PR-
解決済み

『シュールレアリズム』って?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.27774
  • 閲覧数387
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 82% (205/248)

『シュールレアリズム』っていったいどんなコンセプトなんでしょう?

そのような考え方に基づく絵画作品の特徴ってなんかありますか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

シュールレアリズムについては下記のURLが参考になると思います。
代表的な作者(画家)には「サルバドール・ダリ」(スペイン)、「ルネ・マグリット」(フランス)などがいます。
ピカソなどの抽象画と違って、ある種興味をそそられる面白さがあります。つまり、観ていて飽きない、もっと他の作品も観てみたいと思ってしまうのです。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

ダイレクトに『シュールレアリズムとは?』で、一瞬『おお~』と思いました。

ちょっと、難しかったですが、、、

少し、ダリの作品を見てみたのですが、確かに
『もっと色んなのが観たい』って感じた部分がありました。

masmasさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-23 08:06:38
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 22% (4/18)

人間の心の中の未知な部分を探り それを表現しようとする動きである。 現実世界が複雑さを増し それに対する密かな不安感が多様な表現を生んだ。 「ディペイズマン」「オートマティスム」「フロッタージュ」「デカルコマニー」といった多くの新しい技法が生み出され、後の芸術家達に大きな影響を与えた。 だそうです・・・(笑) ...続きを読む
人間の心の中の未知な部分を探り
それを表現しようとする動きである。

現実世界が複雑さを増し
それに対する密かな不安感が多様な表現を生んだ。

「ディペイズマン」「オートマティスム」「フロッタージュ」「デカルコマニー」といった多くの新しい技法が生み出され、後の芸術家達に大きな影響を与えた。

だそうです・・・(笑)
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

人の心を絵画で探求するというのはなんかいいですね。
なんか興味が湧いてきました♪

katan99さん、簡潔なご説明ありがとうございます。

『だそうです・・・(笑)』
これ、面白かったです。
投稿日時 - 2001-01-16 19:58:51


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 21% (11/52)

そんなことを聞くのはダリだ! スミマセン、ひとりごとでした・・・。 ...続きを読む
そんなことを聞くのはダリだ!






スミマセン、ひとりごとでした・・・。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

ひ、ひ、ひえー (@O@)

hyoutantugiさん、参りました。
投稿日時 - 2001-01-14 21:05:08
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 21% (30/139)

心の中の願望や不安などありえないことをまるで現実のことかのように表現しようとする芸術活動。絵画で言えばダリやマグリットが有名で、20世紀初めの映画や演劇、小説など他の文化的活動にも影響を与えました。現代のバーチャルリアリズムの先駆と言ったら良いかもしれません。 ...続きを読む
心の中の願望や不安などありえないことをまるで現実のことかのように表現しようとする芸術活動。絵画で言えばダリやマグリットが有名で、20世紀初めの映画や演劇、小説など他の文化的活動にも影響を与えました。現代のバーチャルリアリズムの先駆と言ったら良いかもしれません。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

『現代のバーチャルリアリズムの先駆』ですか!

確かに、夢や精神活動の視覚化というような点では
そんな感じもします。

しかし、シュールレアリズムって
思っていたより、世に与えたインパクトが大きかったんですね。

telette18さん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-23 08:39:07
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 71% (5/7)

特徴はすでに諸氏が述べられたとおりです。でも、何より自分で一度見られるのがいいと思います。小学館が刊行している『週間美術館』(一週間に一人または二人の画家を紹介)にダリ、マグリット、エルンスト、マン・レイなどがすでに取り上げられています。また、参考図書としては「カラー版 西洋美術史」(美術出版社)などがいいと思います。 ...続きを読む
特徴はすでに諸氏が述べられたとおりです。でも、何より自分で一度見られるのがいいと思います。小学館が刊行している『週間美術館』(一週間に一人または二人の画家を紹介)にダリ、マグリット、エルンスト、マン・レイなどがすでに取り上げられています。また、参考図書としては「カラー版 西洋美術史」(美術出版社)などがいいと思います。
お礼コメント
clown

お礼率 82% (205/248)

早速、本屋にいって買ってきました!

『ダリ&エルンスト』というものだったのですが、
両者の絵を見て、シュールレアリズムの一端を
感じた気がしました。

そうですね、やっぱりその画家の絵画を観て、感じる事が大切なんだなと
改めて思いました。

皆さんのご説明と感覚とがちょっぴりだけ繋がった、そんな感じでした。

そのうち、機会があったら美術館に足を運んで、絵画を直接見てみたいですね。

muhomatsuさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-23 09:38:19
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ