• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

勘定科目を教えてください。

勘定科目を教えてください。 消費税を税抜処理で申告しています。 一昨年の損益計算書で 仮受消費税が800円 仮払消費税が2000000円 でした。 昨年の確定申告で消費税が 1950000円還付されました。 その場合の総勘定元帳への 勘定科目はどのように記帳すればよろしいでしょうか?

noname#93021

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1207
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

ほぼ回答がでているのですが追加で・・ 1.まず、一昨年の消費税の申告書を確認してください。 還付請求額がいくらになっているのか?。 おそらく1,930,000円前後になっているかと思われます。 2.次に一昨年の確定申告書を確認してください。 貸借対照表の未収入金の残高にその金額が含まれているか確認してください。(個人の申告の場合は貸借対照表が無い場合もありますが) 3.次に損益計算書の雑損失の金額を確認してください。 1,999,800円-還付請求金額 が計上されているか? 上記2.3にそれらしき金額がなければ修正申告・更正の請求をすることになります。(税務署・税理士等に相談しましょう) さて、ここからが本題 還付金の処理ですが、みなさんの回答でほぼ問題は無いと思われます。 が、1,950,000円の還付金には「還付加算金」というものが含まれているはずです。 その金額は、(1,950,000-上記1の金額)です 税務署からの「支払い通知書」でも確認できます。 この「還付加算金」は法人と個人によって取扱いが違います 法人の場合は・・・「雑収入」で処理 個人の場合は・・・「事業主借勘定」で処理(事業所得ではなく雑所得として取扱われる) 個人の場合は特に注意が必要です。(よく確定申告で忘れてしまいます)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 一昨年末の仮受消費税が800円 仮払消費税が2367614円 昨年の還付が3月23日に2273510円 9月27日に更正の請求をして更に100993円 還付されました。 この場合の、借方及び貸方の仕訳はどのようにすれば よろしいのでしょうか? お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 勘定科目について

    勘定科目について教えて下さい。 ゴルフ場にゴルフキャンセル代を現金で支払った場合の、借方勘定科目は 雑費が適当でしょうか? 以前、交際費で仕訳していたところ間違いを指摘されたことがあります。 また当社は内税方式(仮払消費税)を採用していますが、 ゴルフキャンセル代は非課税となるのでしょうか?

  • 建設業勘定科目について。

    小さな建設業の事務をしております。 税理士さんの作成してくれた総勘定元帳の勘定科目の振り分けについて疑問があります。 税理士さんには伺いにくいこともあり、こちらでお伺いします。 よろしくお願いします。 ・社員にかけている特定退職金共済の掛金の勘定科目は何になりますか?総勘定元帳では保険料(工)となっているのですが、私は福利厚生費(工)かなと思っています。 ・建退共の証紙の勘定科目は何になりますか?総勘定元帳では法定福利費(工)となっていますが、これも利厚生費(工)ではと思っています。 また、もし、細かい勘定科目がかかれてあるサイトをご存じであれば、教えて下さったら助かります。

  • 軽油引取税の勘定科目

    ただいま、お客様向けの経理事務に関する資料を作成しております。その中に仕訳に関する説明をつけなくてはいけないのですが・・・。 お客様の販売商品の中には「軽油」があり、当然軽油の売上があれば、軽油税を含んだ代金をいただくわけですが、その売上時の仕訳をどうすればよいのかがよくわからないのです。 消費税でしたら 借方)現金        貸方)売上高    仮受消費税 となりますが、軽油税の場合は、例えば「仮受軽油税」などといった勘定科目になるのでしょうか? それとももっと何かそれなりの勘定科目があるのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#46899

#3です。この補足質問には回答できません。 私や#4や#5の方が指摘していることは、その後の仕訳の前提なのに、それがきちんと行われているかどうかに全く触れずに新たな質問をするのは、仕訳をするのに必要な情報が何かを全く理解していないように思われます。 個人事業か会社かすらも書いていないなど、質問の仕方が非常に稚拙であると感じます。 課税仕入れだけで5千万円もあるような仕事をしていて、経理をするのにこのレベルのことがわからないのでは、はっきりいってお話になりません。 税理士などの専門家に直接相談してください。 http://www.nichizeiren.or.jp/association/association.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

#5のものです 一部間違いの為訂正 3のところ 1,999,800円→1,999,200円です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • kamehen
  • ベストアンサー率73% (3065/4155)

違う回答もありますが、まず、税抜経理方式であれば、端数部分を除いては、雑収入はありえない事となります。 そもそもは、一昨年の決算時に、次の仕訳を起こしておくべきものです。 仮受消費税   800円/               /仮払消費税 2,000,000円 未収入金 1,950,000円/ 雑 損 失   49,200円/ (おそらくは課税売上割合の関係で、全額は還付されなかったのですよね?)  未処理の場合には、還付金が入金された時には、上記の未収入金が預金等の科目と入れ替わる事となりますが、但し、雑損失部分は、控除対象外消費税に当たりますので、それが資産の購入によるものである場合には、雑損失ではなく、資産の取得価額に含めるべきケース等がありますので、下記サイトをご参考にされて下さい。 http://www.taxanswer.nta.go.jp/6921.htm http://www.bizup.jp/cgi-bin/zolar/qa/16consume/q16_10_06

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 一昨年末の仮受消費税が800円 仮払消費税が2367614円 昨年の還付が3月23日に2273510円 9月27日に更正の請求をして更に100993円 還付されました。 この場合の、借方及び貸方の仕訳はどのようにすれば よろしいのでしょうか? お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いします。

  • 回答No.3
noname#46899

税抜処理で経理しているなら、仮受消費税や仮払消費税が損益計算書に計上されるはずはありませんし(貸借科目ですから)、一昨年の決算の段階で 仮受消費税    800/仮払消費税 2,000,000 未収消費税 1,999,200 の仕訳が起きているはずです。この「未収消費税」は昨年に繰り越されているはずであり、還付金はこの未収消費税に充当されるのが正当な処理です。雑収入に計上することはないはずです。 還付金が1,999,200円でなく、なぜ1,950,000円なのかもよくわかりません。課税売上割合が低いために仮払消費税のうち差額の49,200円が控除できなかったのなら、その金額は一昨年の雑損失か租税公課に計上する必要があったはずです。

参考URL:
http://www.maeno.net/modules/news/article.php?storyid=9

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 一昨年末の仮受消費税が800円 仮払消費税が2367614円 昨年の還付が3月23日に2273510円 9月27日に更正の請求をして更に100993円 還付されました。 この場合の、借方及び貸方の仕訳はどのようにすれば よろしいのでしょうか? お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いします。

  • 回答No.2
noname#155383

こんばんは。 基本的には#1様のお答えでいいと思います。 ただ, 昨年度の決算において,「未収還付消費税等(いわゆる未収金)」として 雑収入にあげているとすれば 今年還付を受けたときは  現預金 1,950,000 / 未収還付消費税等  1,950,000 となります。 摘要は「還付消費税等」という感じでよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

決算で確定していますので雑収になります。 摘要に消費税還付金とでも入れておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 勘定科目について

    質問です。 次の勘定科目は貸借対照表もしくは損益計算書の どの勘定科目に位置するのですか? 教えてください。 1.利益準備金 2.任意積立金 3.未処分利益 よろしくお願いします。

  • 勘定科目明細書とは

    法人の確定申告書(含む勘定科目明細書)を出さなければいけないのですが、この勘定科目明細書は決算報告書に含まれている(手元では一緒に綴じてある) 「預貯金等の内訳書」 「売掛金の内訳書」 「人件費等の内訳書」 「地代家賃等の内訳書」 などのことですか。 総勘定元帳のことではありませんよね。 すみません、こんな質問で。 どうぞよろしくお願いします。

  • 消費税還付の勘定科目

    消費税課税事業者で税抜処理をしております。 一昨年末の仮受消費税が800円 仮払消費税が2367614円 しかし、一昨年に未収消費税として計上しなかったため 貸借対照表に仮受消費税、仮払消費税が残ってしまっています。 そして、昨年の消費税還付が3月23日に2273510円 9月27日に更正の請求をして更に100993円 還付されました。 この場合の、今年度(昨年)の借方及び貸方の仕訳は どのようにすればよろしいのでしょうか? お忙しいところ申し訳ございませんがよろしくお願いします。

  • 勘定科目って役割はなんですか?

    お金の動きが知りたいので記録を着けるため簿記の入門書を読んでました。 勘定科目って自分は「カテゴリ」かと思いましたが、借方と貸方の両方に勘定科目がありますよね? まだ入門書なので解らないのかもですが、伝票で記載する勘定科目は総勘定元帳へ転記する時の場所決めでしかないと言うことでしょうか? 勘定科目ごとに出入りが一致するとばかり思ってました。 複式簿記の必要性はなんとなくわかりましたが、勘定科目を別ける意味を分かりやすく教えて頂けると助かります。

  • 勘定科目について

    勘定科目について 車両仕入れ時の自賠責保険、消費税、自動車税、重量税およびリサイクル預託金についての勘定科目を、それぞれ教えて下さい。また、この車両を販売する際には上記勘定科目はどのように処理すれば良いのか併せて教えて下さい。

  • 勘定科目別消費税について

    勘定科目別に消費税ありなしを 判別したいのですが、どのように 勉強または調べたらいいでしょうか? 教えて下さい。

  • 勘定科目、仕訳について

    初めて、質問します。 勘定科目、仕訳の件で何点かお教えください。 1.ガソリン代について 給油 55.07L @123円 6773円 (内、ガソリン税 @53.80円 2963円) この場合、仕訳として 車両維持費 6450/ 現金 6773            仮払消費税  3223 の仕訳でまちがっていませんか? 2.会費について  ある団体に入会したのですが、  入会金の勘定科目を教えてください。  また、入会金は非課税扱いになりますか?  同じく、毎月会費を支払うのですが、この会費の勘定科目は  諸会費でよいのでしょうか?  また、非課税扱いでよいのでしょうか。  いろいろ質問し、申し訳ありませんが、困っています。  ご教授お願い申し上げます。

  • 消費税の勘定科目について

    月末に消費税を預金から支払ました。 このときの借方の勘定科目を 教えてください。

  • この場合勘定科目はどのようになりますか?

    会計・経理関係に全く無知な者です。どなたかご教示いただければ幸いです。 値段が6,000円の買い物をして税込6,300円を支払った。 あとで値段が3,000円違っていたことがわかった。本来3,150円返ってくるはずが、店側から返されたのは3,000円だった。 この場合、消費税分150円の勘定科目はどのようになるのでしょうか? もちろん店側に消費税分も返してもらえばいいのでしょうが、 それができない場合としてどのように処理すればいいのかわからず困っています。 よろしくお願いいたします。

  • 勘定科目を諸口にするのは転記だけで仕訳はしない?

    簿記の質問なのですが、相手勘定科目が複数ある場合に、諸口という勘定科目にするのは仕訳帳から総勘定元帳に転記するときだけで、普通に仕訳をする段階では、 例えば、家賃と光熱費を現金で払ったという場合では、二つをまとめて諸口という勘定科目にする必要はないのですか?