• 締切済み
  • すぐに回答を!

決算業務を勉強したいのですが

私は零細企業(卸売業)で経理を担当している者です。転職して来まして2年目です。 顧問税理士さんと契約していまして決算業務(税務申告書作成等)を全て引き受けてもらっていまして経理担当の仕事といいますと日々の仕訳を会計ソフト(会計王を使用)に入力する位なのです。 税理士さんは以前から決算業務を全部してもらうような契約になっているみたいでお付き合いも古いので私のような新参者が物言う事が出来ない環境です。 このままでは経理的なスキルも身につきませんし本等を購入したりして勉強はしているのですがなかなか身に付きません。 今また転職を考えているのですが年齢も30代半ばを過ぎ面接に行っても結構なスキルを要求される事が多いですし、どのようにすればこういったスキルが身に付けられるでしょうか? 顧問税理士には聞けない状況です。 学校とかあるのでしょうか?本等見に行ったりしているのですがこれと いった物がありません。御教授願えないでしょうか? 駄文・長文で失礼しました。

noname#156391

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1147
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.5
  • subamo
  • ベストアンサー率45% (79/172)

>税理士科目の事でしょうか? お書きの通り、税理士試験の科目にもありますが、その試験に限定することなく、一般的な財務諸表論のつもりで記しました。 >ただ実務面のスキルが付くような教材若しくは学校とかあるのでしょうか? 実務においては、会社毎に様々なやり方をしているのが実情と思われますから、実務を指導する学校は存在し得ないことになります。そして、正規の実務処理を習得するのならば、会計学(簿記+財務諸表論)を基礎から理解することが良いかと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びのご回答誠にありがとうございました。 仰るとおり会社によってやり方が違いますね。 基礎からやって理解する事が望ましい訳ですね?! 参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 税理士の業務について

    小さな会社で経理を担当していますが、税理士の業務についてよく分からないので教えてください。 本当に基本的な質問なのですが、税理士と契約して会社の経理をみてもらうのに、経費について質問しても、まったく領収書を確認せずに、「大丈夫です。経費として落ちますよ。」とか「それは○○費として、計上したらいかがですか。」っていうのはありなんでしょうか? それも、2年間。 簿記2級は持っていますが、営業事務しか経験したことがなく、最初にこの税理士に会った時に、経理に不慣れだということを説明しました。 税理士は、任せてくださいと言っていましたが。。。 決算も、最終で税理士が出してきた未払い金の帳尻があっておらず、こちらから指摘したこともあります。 税務署に決算書を提出しに行ったら、「税理士の委任状が付いていませんが?」と言われました。 毎月の顧問料と決算費用を払って、この税理士と契約する必要があるのでしょうか?

  • 決算

    現在会社で経理を担当しています。会計ソフトを使用していますが、決算書類は税理士が手書きで提出しています。今年税理士が高齢を理由に引退するため自分で決算書類を作りたいと思うのですが、会計ソフトを使うとしても基本が分かっていないと間違いに気がつかないので、勉強したいと思っています。高校時代に簿記2級はとりましたが、実践的な勉強はどうやってやるのが良いか教えてください。市販の本で充分なのか、資格取得の勉強をやるべきなのか。現在の税理士に教えてもらうことはできそうもありません。決算のできる方教えてください。

  • 連結決算について

    一部上場企業で経営管理的な業務(事業計画や支店別、サービス別収支の進捗等)を行っていました。急な訳ありの人事異動で経理部の連結決算担当に異動することになり、いきなり平成24年3月期末の本決算を迎えることになります。担当は私一人とマネージャーでかなり焦っています。 管理会計的な業務は行ってきましたが、経理の決算業務は初めてです。しかもいきなり連結決算です。私自身の経理的な知識は2006年に税理士財務諸表論、2008年に簿記論に合格しているレベルです。いずれもだいぶ前の知識で、最近のB/Sのその他の包括利益とか、少数株主持ち分などが???といった状態です。また連結会計の知識も2008年の簿記論で学習した程度のレベルです。 当然マネージャーにレクチャーを受けながら進めざるをえないのですが、突貫工事ではありますが、私自身の基礎知識を身につけるため、何かお薦めの参考書(2~3週間程度で理解できるもの)があれば教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4
  • subamo
  • ベストアンサー率45% (79/172)

簿記だけでは、決算に不安を覚えると思いますので、財務諸表論を学ばれてはいかがでしょう。簿記+財務諸表論で決算を含めた企業会計は、ほぼ網羅できると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございます。財務諸表論というのは 税理士科目の事でしょうか?確かに勉強すれば良いのでしょうね。 ただ実務面のスキルが付くような教材若しくは学校とかあるの でしょうか?

  • 回答No.3
  • dan7
  • ベストアンサー率29% (121/417)

40代の男性の意見です。 決算業務をマスターする、乃至は転職に向けて客観的に評価できる実力をつけるには、日本商工会議所の簿記検定を受けるのが良いと思います。 ちゃんと履歴書にも書けるし、一定の評価もされます。 4級から1級まであって、社会人は3級から受けて行きます。 3級は個人商店を念頭においた商業簿記、2級は、簡単な株式会社の決算(商業簿記)と原価計算など工業簿記と言われる分野です。 実は、この工業簿記の考え方が大変役に立ちます。 1級は大雑把に言って、2級の難易度を高めたものです。 勉強法ですが、独習書はたくさんあります。 しかし、実社会で役立てる為に本腰を入れて取り組むなら、大都市に住んでいるなら、TACや大原簿記学校など、所謂専門学校に入るか、通学が無理なら、これら専門学校が提供している通信教育ということになります。 最近は、カセットテープだけではなく、DVDやブロードバンドを使って、教室授業をパソコンで再現してくれ、試験前には模擬試験もしてくれます。 私の経験では、多少お金はかかりますが(3級で3万円前後、2級で7万円前後)、これらの学校を利用する方が、短期間で効率的に習得できると思います。 私は、普段経理の仕事をしている訳ではありませんが、切っ掛けがあって商工会議所の簿記の試験を受けてとてもよかったと思います。 なぜなら、ただ本を読むだけなのと、試験を受けるのでは、真剣の度合いが全く異なるからです。 そして仕事の様々な場面で、ここで得た知識を生かしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答誠にありがとうございました。2回同じ回答を頂いております のでこちらに書かせて頂きます。 質問文章に記載せず誠に申し訳ございませんでした。 日商簿記は一応2級収得しております。 ただ、簿記の勉強だけでは本決算業務や税務申告等の作成まで理解 出来なかったのでこのような質問をさせて頂きました。 お時間を割いて頂き誠に申し訳ございませんでした。

  • 回答No.2
  • dan7
  • ベストアンサー率29% (121/417)

40代の男性の意見です。 決算業務をマスターする、乃至は転職に向けて客観的に評価できる実力をつけるには、日本商工会議所の簿記検定を受けるのが良いと思います。 ちゃんと履歴書にも書けるし、一定の評価もされます。 4級から1級まであって、社会人は3級から受けて行きます。 3級は個人商店を念頭においた商業簿記、2級は、簡単な株式会社の決算(商業簿記)と原価計算など工業簿記と言われる分野です。 実は、この工業簿記の考え方が大変役に立ちます。 1級は大雑把に言って、2級の難易度を高めたものです。 勉強法ですが、独習書はたくさんあります。 しかし、実社会で役立てる為に本腰を入れて取り組むなら、大都市に住んでいるなら、TACや大原簿記学校など、所謂専門学校に入るか、通学が無理なら、これら専門学校が提供している通信教育ということになります。 最近は、カセットテープだけではなく、DVDやブロードバンドを使って、教室授業をパソコンで再現してくれ、試験前には模擬試験もしてくれます。 私の経験では、多少お金はかかりますが(3級で3万円前後、2級で7万円前後)、これらの学校を利用する方が、短期間で効率的に習得できるともいます。 私は、普段経理の仕事をしている訳ではありませんが、切っ掛けがあって商工会議所の簿記の試験を受けてとてもよかったと思います。 なぜなら、ただ本を読むだけなのと、試験を受けるのでは、真剣の度合いが全く異なるからです。 そして仕事の様々な場面で、ここで得た知識を生かしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • 11-22
  • ベストアンサー率34% (45/129)

本を購入して勉強しておいでなら、一度過去の資料を元に決算を自分で組んでみてはいかがですか? 答えは税理士の作成したものとして答えあわせをしてみる。 それで異なれば質問してみる。 そういった流れでも勉強できると思いますよ。(^-^) 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々のご回答誠にありがとうございます。本と言っても経理実務 が解るという類いの本ですので決算が出来るような事は載って いないのです。もっとよく見て買えば良かったと後悔してます。 何か良書をご存知でしたら教えて下さいませんでしょうか?

関連するQ&A

  • 決算書の作り方

     もうすぐ年度末で、4月になったら決算書を作成することになります。 パートで働いているのですが、今年度の途中から諸事情により、 経理を担当しています。 小さな会社ですので、1ヶ月の出金・入金もさほど多くなく、 会計ソフトは使わず、帳簿等は手書きで 毎月の計算書はエクセルを使って作成しています。  毎年、法人税の申告書類等は税理士の方にお願いしているようです。 もちろん、今年も税理士の方にお願いしますが、 せっかく経理を担当することになったので、 お金の流れや会社の状態を知るためにも、 自分で決算書を作成してみたいと思っています。  なので、決算書の作り方など分かりやすく載っている本などがありましたら、 是非、教えてください。 簿記の資格は持っていますが、経理の実務は初めてです。 宜しくお願いします。

  • 税理士事務所の業務について教えてください

    税理士事務所の月次監査や経営者への財務アドバイス、決算などの業務について、税理士をめざさないと、事務所で存在しづらいでしょうか? 現在、30代半ばの女性ですが、税理士事務所に試用期間つきで内定し、現在、検討中です。上記業務を行うということで、研修で教えて頂けるということです。当初は資格取得をめざしており先方にそのように伝えた所、所長は、資格に受からなくても監査業務はできると言ってました。最近になり、やはり、5科目の受験は難しいかと考えております。しかし、上記業務には興味があり事務所での業務に携わりたいと考えております。簿記2級はあります。 やはり、資格取得をめざして勉強していかないと、事務所内で存在しづらいでしょうか? また、1科目しか合格していない、または、1科目も合格していなくて、年齢も重ねていった場合や、家庭を持っていると、他の事務所に移るのは難しいでしょうか?(少人数の事務所ですし、結婚・出産などで戻れない可能性もあり、再転職が必要となるかもしれません。) また、決算時は残業や休日出勤が多いときいております。事務所によるのかもしれませんが、子育てなどをしながら、残業はできないが、休日出勤で残務処理をすることは可能でしょうか? あと、事務所から企業の経理に移るのは難しいと聞いておりますが、規模の大きくない会社で会計ソフトを使うような経理であっても、やはり難しいでしょうか? また、企業の経理についてもご存じであれば教えて頂きたいのですが、小規模の企業の経理からも内定がでて、こちらは会計ソフトを使った業務です。経理のキャリアとしては、仕訳や決算に携わっていた方がよいと聞いております。やはり、会計ソフトを使用した業務ですと、転職が必要になったときに移りにくいでしょうか?

  • 税理士補助業務について

    こんばんは。 今回転職を考えておりまして、求人の中に税理士補助業務の求人を見つけました。 税理士業務、会計業務、コンサル、労務管理を行う事務所での税理士補助業務との事でした。 任される業務内容は求人票によると 会計財務補助、決算補助、会計データ入力、給与計算、事務所内雑務 とありました。 簿記二級の資格を有しており、前職での経理経験で日々の仕訳計上や決算業務は経験しており存分に経験を活かせます。 しかし給与計算のみ未経験となります。 もちろん長く続けて行く事が大前提ですが、税理士事務所はスキルアップにつながるでしょうか。 またスキルアップし、自己啓発も含めて将来的に会計士や税理士、簿記一級の取得を行いたいと思います。 税理士事務所は長く働ける環境か、また税理士補助業務にどのようなやりがいがあるか、どのようなことが大切か。などもし経験されてる方やご存知の方お教え頂ければと思います。

  • 税理士の決算報酬

    税理士の決算報酬というのは、単に書類作成料でしかないのでしょうか。 知人が個人事業を営んでいて、顧問税理士には5ヵ月分の決算報酬を支払っているそうです。 会計はパソコンを使って、知人が行っています。 (わからない部分を税理士に相談しているようです。) 申告書を作成する段階で、税理士が仕訳のチェックをしていないことがわかったそうです。 それを指摘したら、ミスを発見するのは会計担当者(この場合、知人ですね)の仕事だ、と開き直ったとか。 税理士って、そんなものですか? この話を聞いて、ちょっと呆れてしまいました。

  • 決算業務ができるようになるには

    現在、会計事務所に勤めて2年になる正社員です。 課長からいじめを受けてまして、転職を考えてます。 具体的には、同時期に入った社員には教育をして、 私には全く何も教えない、わざと雑用しかさせないという状態です。 会議にも、ことごとく、私1人だけはずされます。 それまで実務経験がなかったのだから仕方がないなと始めは 考えていましたが、同じ状態で入社したほかの社員には念入りに教育 してるのを見てきて、納得がいきません。 先日、新入社員が入ってきましたが、その方にも全く私とは違う 対応でした。 転職しようと思い、求人を見ていますが、よく目にするのが、 「決算業務ができる方」という文字です。 今までこんな目にあってたわけですから、当然決算業務には かかわっておりません。数字が決まってから内訳書を作ったりといった 簡単なことしかしてません。 何とか決算業務ができるようになりたいのですが、どうしたら いいのでしょうか。 やりなおしたいので、是非アドバイスお願いします。

  • 粉飾決算はなぜ防げないのですか?

    オリンパスの粉飾決算事件ありましたけど、企業内部の経理と経営陣の癒着が原因で起こったことですか? 就職活動の話のネタとして詳しく知りたいのですが、企業の内部に公認会計士などをおいてるわけですよね? その人たちも経理部で働いてて、自分が不正をしてると知っていて、経営陣に粉飾しろと言われたことに逆らえず、粉飾決算を行ったわけですか? また、例えば中小企業で内部に公認会計士などをおかず、外部の税理士事務所などに会計業務を委託している場合でも、最終的には中小企業内の経理部の人がチェックするわけですよね? そこで中小企業側が、外部の税理士などに対して、粉飾決算を指示することなどは実際上あるのですか? また、企業に指示されて、うちはそういう虚偽の決算書類は作れません。などいうことはありますか?なぜかというと税理士は企業が顧客なので、逆らいたくないわけですよね? 実際問題どうなんでしょうか?

  • 税理士の顧問料の相場や業務の内容について

    過去の話しになりますが以前、先代(父)の会社を承継し代表を務めていました。 顧問税理士は創業当初からお世話になっていた関係上、代が変わっても継続して業務委託契約をしていました。 顧問料は月額25,000円、決算申告報酬は別途年一回10万円を決算終了後に支払っていました。 当社規模は年商1億に満たない程度の中小企業。従業員40名以下、業種はサービス業です。 顧問税理士に業務委託していた内容として 四半期ごと最終月に一日来社してもらい、請求書類/伝票等の書類を仕分け後まとめて持ち帰って作業していました。 経理上の質問事項ややり取りはすべてメールか電話で済ませています。 会社の経理計算業務はおおよそ全て税理士に任せていました、他には株主総会の立会いをお願いしていたくらいでしょうか。 就任数年目にM&Aがあり、土曜日に弊社で買収会社のDD監査立会い がありました(監査は3時間程度、質問の受答えは主に私がしていました) また後日その監査立会いは別途料金を希望され、その日は休日出勤になる為それも請求したいと言われました。 私としては、売却の話は随分前から話していた事とその辺りも毎月の顧問料に当然含んでいるものと思っていました。 休日出勤云々もそれは委託している税理士事務所の勤怠であって私どもには関係のない事だと思っています。 顧問というのは通常、経理計算業務の他に上記の様な会計上の相談や説明も含めてのものと考えていましたので最後は少し嫌な形で終わってしまいました。 会社売却や事業清算、倒産などでは税理士の方との顧問契約が契約中途で終わる事が多いと思われますが、会社顧問である以上契約しているその会社(経営者)の最期まで誠意をもって仕事を全うするものだと思っていますが、その辺りはどのようにお考えでしょうか。 ただ、毎年更新している業務委託契約書には会社の最後の事や売却を見越した事まで謳っている訳ではありませんのでその辺り士業の方にお聞きしたいと思っています。 正直、上記の弊社業務内容から25,000円の顧問料は少し多いと考えていますがいかがでしょうか。また、妥当でしょうか。ご意見お聞かせください、次の会社での参考にさせていただきたいと思っています。 宜しくお願い致します。

  • 急に経理を任される事になり困っています

    経理担当者が急に会社を辞める事になり、私が後任となる事になりました。私は、日商簿記3級しか持っていません。簡単な仕訳と会計ソフトへの入力しか出来ません。あと、給与計算はソフトを使ってやった事があります。 会社のお金を扱うので、新しい人を採用するより、経理の手伝いをした事がある私を担当にしようと社長が思った様です。 経理担当になると、決算や各種税務署への申告などをやる事になります。顧問の税理士はいますが、数ヶ月毎に入力した会計データをサーッとチェックする程度みたいです。 簿記2級を勉強すればよいのか、経理に関する本を買って勉強すればよいのか、とにかく1年間の流れや、決算やら法人税って何?等の基礎知識を得たいです。でないと、税理士への質問も何を聞いてよいか分かりません。 お勧めの本や2級を取得した方がいいとか、勉強方法について教えてください。

  • 一人社長の会社の決算、難しい? 不可能?

    お世話になります。 個人事業主から法人成りして一人社長の会社です。 以前、無料税理士相談に行ったさい、税理士から 「個人事業主ならパソコン経理ソフトだけで税務署への提出書類が全部出来上がるから簡単だけど  会社だと難しいよ。一人社長なのか、他人を10人雇っているのか、100人雇っているのか、という規模の話じゃなくて、”法人”というだけで個人事業主とは雲泥の差なんだ。  一人じゃとてもとても税務申告なんて無理だよ」 と言われました。 しかし、話を聞いてみると 「ウチの事務所にも期末になると駆け込んできて  ”先生、決算だけ面倒見てくれ!”  という社長さん、たくさんいますけどね。期末だけ、決算だけ、というのは税理士にとっては大変なんだ。普段からその会社の内情を知っているわけじゃないからね。だから決算だけの作業であっても半年から1年分ぐらいの報酬はもらうよ」 ということでした。 つまりは、「安くあげたければ、顧問税理士の契約を結べ」とこういう事らしいです。 まあ、いいたいこともわからなくもないのですが、税理士一人契約したら会社の利益がふっとんだ、というのでは笑い話にもなりません。 本当に一人社長の決算業務、税務申告は無理なのでしょうか? ちなみに経理ソフトは弥生会計、給与ソフトはやよいの給与計算を使っています。規模も仕事内容も個人事業主時代とほとんど変わらないのですが・・・ 詳しい方、よろしくおねがいします。

  • 税理士。会計士。について。

    新しく個人から法人にした会社の経理担当となりました。自分達で個人からの延長の経理をやっていましたが、やはりきちんと会計ソフトを導入してやっていこうということになりました。小さな会社ですので税理士さんには決算時にお世話になろうと思うのですが、顧問として毎月お願いするのは必要なのかどうか悩んでいます。